Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月16日

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張は社会生活の中で必要不可欠なことです。そこで、自己主張が苦手な方のために、自己主張できない人の原因や自己主張が苦手な人の特徴、自己主張をトレーニングする方法、自己主張が強いか診断するチェック項目などをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張できない人の原因

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張できない人にはいつくかの原因があります。自分が自己主張できないと感じたときや、周りに自己主張できない人がいる場合は、なぜ自己主張ができないかを理解して自分の生き方の参考にしたり、周りの人との付き合い方の参考にしましょう。

この後で自己主張できない人の原因をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

自己主張をして馬鹿にされたことがある

自己主張をして馬鹿にされたことがあると、自己主張をするとまた馬鹿にされるのではと考え、自己主張ができなくなります。馬鹿にされるのは子どものときが多く、間違った意見を主張してしまい友達に馬鹿にされて、自己主張がしにくくなります。

また、大人になっても知識がないために、自己主張したことが的を外れていたりして、目上の人や友人に馬鹿にされることがあります。その場合も自己主張はしない方が楽に生活できると感じて自己主張をしないようになります。

誰でも馬鹿にされるのはいやなので、馬鹿にされないための自己防衛が自己主張をしないという方法になります。

子どものときに親に厳しく育てられた

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

子どものときに親に厳しく育てられると自己主張をしなくなります。親が自分の意見が絶対に正しいと考え、子どもが自分なりの意見をいったときに否定ばかりしていると、何か発言してもどうせ否定されるだけだと考えるようになり、親だけでなく、友達などにも自己主張をしないようになります。

子どものときに自由に発言でき、親がよく話を聞いてくれた場合は、自己主張ができるようになります。自己主張するということは自由に考えたことを発表できるということで、そのためには、親子の関係も対等であるべきです。

親が子どもを家来のように考えて、否定や命令ばかりしていると自己主張がばかばかしくなり、しなくなります。

日本人の遠慮がちな性格のため

日本人は昔から遠慮をしたり、控えめにしたりすることが美徳として考えられています。現在でもその考えは根付いていて、会社での電話の対応で相手の声が聞き取れないときに「誠に申し訳ありませんが、もう一度お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」などと自分が悪いことにして、名前を聞き出そうとします。

自分が悪くもないのに、相手を悪い気分にさせないために下手にでます。アメリカならこの態度は、仕事ができない人間だと思われ馬鹿にされます。日本的な文化の影響を強く受けている人は、遠慮して自己主張をしない場合が多いです。

学歴が低い

学歴が低い場合は自己主張をしなくなる場合が多いです。中卒や高校中退などの学歴が低い人が、大卒や高卒、専門学校卒の人と話をする場合は、自分の能力が劣っていると考え、あまり余計なことを言わないように自己主張しなくなります。

学校により長く行っていた方が、勉強する時間や、サークル活動などの友達との経験値が多くなり人間的に深みができます。学歴が低く、中卒や高校中退で働き始めた場合は、社会の中で学歴が低い場合の給料の安さや、偏見などを感じることになります。

実際には、大学を出ていても適当な人もいれば、中卒でも努力して社長になった人もいますが、精神的に弱い場合は高学歴にひるんで、自己主張をしなくなります。

引っ込み思案な性格のため

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

生まれつき引っ込み思案な性格の場合は自己主張ができません。引っ込み思案な性格は持って生まれたものの場合が多く、その場合は自己主張をせずにおとなしくしています。

引っ込み思案な性格は、なるべく人と話すようにするなどのトレーニングによりある程度は改善されますが、基本的な性格は変わらないので自己主張はほとんどしません。

自己主張をするのがカッコ悪いと考えている

自己主張することをカッコ悪いと考えている場合は、自己主張ができません。大きな声で発言したり、人がうざいと思うくらい自分の意見を主張したりするのが、スマートな自己表現ではないと考えている人は、自己主張を最小限にとどめようとします。

このような考えをもっている人は、言葉ではなく、絵や音楽などの芸術で自己表現をしようとする場合が多いです。たくさん話して安っぽく見られるよりも、誰が見たり聞いたりしても素晴らしいと感じる作品を作ることに情熱を注ぎます。

自己主張が苦手な人の特徴

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張が苦手な人は共通の特徴があります。自分や周りの人にこの特徴がある場合、自己主張が苦手な場合が多いです。自己主張が苦手な人をよく知るために、その特徴をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

自己主張が苦手な人は内向的な性格

自己主張が苦手な人は内向的な性格の人が多いです。人に対して意見を言うのが苦手で、自分の中に考えはあるのですが、それを声にだして言うことができません。

考えを持っていても周りの人に伝わらなければ、何も考えていない、主張がない人だと思われます。

自己主張が苦手な人は周りの意見に流されやすい

自己主張が苦手な人は周りの意見に流されやすいです。自己主張が苦手な人は、自分の意見と周りの人の意見を比較すると、周りの意見の方が正しく感じます。

それは、自分に対して自信を持っていないからで、意見を言う前から、自分の考えは周りの人よりも劣っていると考えています。誰かに強い調子で意見を言われると、パワーと堂々とした態度に圧倒されて自分の意見が間違っていると感じてしまいます。

自己主張が苦手な人は喧嘩が苦手

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張が苦手な人は喧嘩が苦手です。他の人と喧嘩をしてまで、自分の意見を通す意味がないと考えているので自己主張をしません。

周りと協調して穏やかに生きていければいいと考えているので、自分の意見を押し殺して、他の人の意見を優先させます。

自己主張が苦手な人は話すのが苦手

自己主張が苦手な人は話すのが苦手です。自己主張が苦手な人は自分の意見が頭の中にあっても、それをまとめてわかりやすく表現することが苦手なので、周りの人に意見を言いません。

自分が話しても話がわかりにくくて、伝わらないだろうとか、伝わらないで恥ずかしい思いをするのが嫌と考えているので、周りの人に意見を言わなくなります。

自己主張が苦手な人は興味のあることにしか意見を言わない

自己主張が苦手な人は、自分の興味があることに対しては意見を言う場合がありますが、興味がない場合は何も言いません。

関心がないことに意見を言うのが面倒くさく、言っても何の得にもならないと考えているので、意見を考えることもしません。

自己主張が強い人の特徴

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張ができない人には特徴がありますが、自己主張が強い人にも共通の特徴があります。自己主張が強い人の特徴をご紹介しますので、ご覧になって自己主張が強い人を理解してください。

自己主張が強い人の男女別の違い

男性と女性で自己主張が強い人の特徴にも違いがあるのでご紹介します。

自己主張が強い男性

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張が強い男性はプライドが高いです。人に負けるのが嫌なので自分の意見を常に主張します。意見は人が聞いていてもいなくても主張することで満足するので、人の態度を気にせずにどんどんと主張し続けます。

会社の上司や社長がこのタイプの男性だと、社員は意見を聞くばかりで、発言できないのでストレスが溜まることが多いです。しかし、適当に仕事をやっていこうと考えている人には、自分で考える手間がかからないので楽に仕事ができます。

自己主張が強い女性

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張が強い女性は、自分が相手より頭がいいことを主張します。その方法は会話の中で勝つことで、相手の意見を受け入れて協調するよりも、相手の意見の上をいく意見を言って、相手を打ち負かすことに全精力を注ぎます。

相手も話している間に面倒くさくなって、女性の意見が正しくなくても正しいことにして話を終わらせようとします。

赤ちゃんは泣いて自己主張する

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

赤ちゃんは話すことができないので泣いて自己主張します。お腹が空いた時や、おしっこが出たとき、怖いときなど、何かをしてもらいたいときや守ってもらいたいときには、大きな声で泣いて自己主張します。

赤ちゃんは自分では何もできないので、誰かに頼るために大きな声で泣いて自己主張をします。赤ちゃんの自己主張は本能によるものですが、だんだんと知能が発達することで、言葉による自己主張ができるようになります。

自己主張しない人の特徴

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張しない人に共通して言える特徴は、自分を押し殺して生きていることです。自分なりの考えを持っていても、元々の控えめな性格や、協調しようと考えることで、自己主張をしなくなります。

自己主張をすると周りの人と意見をぶつけて議論することになるので、周りの人を傷つけることにもなります。自己主張しない人は心が優しい人で、周りに気を遣いすぎる人です。

自己主張が弱いのはデメリットか

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

全く自己主張をしないことはデメリットです。自己主張をしないと周りの人から頭が悪い人だと誤解されるので、グループの中での自分の立場が非常に弱いものになってしまいます。

しかし、自己主張が強すぎると周りから面倒くさい人だと思われ、適当に返事をされ避けられるようになります。

周りの人と一番うまく付き合える方法は、ほどよい自己主張です。周りの人の意見を取り入れ、尊重した上で自分の意見を入れて発言できるのが、ほどよい自己主張です。

ほどよい自己主張をすることで、グループ内のまとめ役になったり慕われたりします。バランスのいい自己主張を心がけましょう。

アサーションで自己主張をトレーニングする

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張をトレーニングするにはアサーションという方法があります。アサーションを実践することで、いままで自己主張が全くできなかった方でも、少しずつ自己主張ができるようになります。

アサーションとはどういうものなのかをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

アサーションは相手と自分の気持ちを大事にする

アサーションの考え方が生まれたのは1949年で、その年に発売された精神医学の本により提唱されました。アサーションの基本的な考え方は、「相手と自分の主張をどちらも大切に考えて、相手を傷つけずに、自分の主張も言う。」ことです。

アサーションは、相手と自分の自己主張のバランスをとって、円滑に話を進めるためのテクニックです。自己主張がない人も、自己主張をし過ぎる人も、アサーションの考え方を学べば、周りの人と円滑にコミュニケーションが取れるようになります。

アサーションのテクニック

アサーションにはいくつかのテクニックがありますのでご紹介します。どれも少し話し方を変えるだけで実践できることなので、ぜひお試しください。

意見を「あなた」から「私」に変える

あなたを主語にして主張すると、相手を傷つける言葉になりやすいので、あなたのここが悪いと言いたいときでも、私を主語にして言い方を考えます。

例えば、「あなたは、仕事のスピードが遅くて迷惑です。」と言うところを「わたしが、あなたの手伝いをするので、仕事のスピードを上げていきましょう。」などと言い方を変えれば、相手が同意しやすくなります。

相手のプライドを傷つけないように、言い方を変えるテクニックです。

言いたくないことは言わない

全てを正直に言うのではなく、時には相手を傷つけないように自分が思っていることを言わずに相手に同調することも必要です。

例えば、「あの映画、面白かったよね。」と言われたときに、「私はそんなに面白くなかったけど。」と言わずに、「面白いよねー。」と同調します。相手が求めているものは、共感なので否定的な意見を言うと、バッサリと会話が終わってしまいます。

会話を続けるために、一旦共感してから、自分の意見を少しずつ主張していきます。相手は最初に面白いと共感してもらった前提があるので、話を受け入れやすくなります。

お願いする

相手にものを頼むときに命令口調で話さないで、お願いすることで相手が意見を聞いてくれやすくなります。

例えば、「予定をきっちり立ててからはじめてください。」を「大変ですが、予定を立ててからはじめてもらえますか。」にすると言葉が少し和らぎます。

命令口調には逆らいたくなりますが、お願い口調にすると相手のプライドを保つこともでき、お願いを聞かないと悪いという気持ちも生まれ、自分の意見が通りやすくなります。

自己主張が強いか診断するチェック項目

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張が強いか診断するチェック項目をご紹介しますので、自分に当てはまるかチェックして、自分は自己主張が強いか弱いかを確認しましょう。

話すときに相手の目をじっと見る

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

話すときに相手の目をじっと見る人は、自己主張が強いです。話す相手に自分の意見を間違いなく伝えたい、理解してもらいたいという気持ちが全面にでるので、自然と相手の目をじっと見るようになります。

適当に会話をしておけばいいと考えていると、目を合わせないか、たまに目を合わせるぐらいになります。目をじっとみるのは、自己主張のパワーの表れです。

話の内容が100%本当だとは考えない

人と話していて、話の内容を100%本当だと信じない人は自己主張が強い人です。自己主張が強い人は、常に自分の意見を通すために、話している相手に言いくるめられないように注意を払っています。

相手の話の本当と嘘の部分を見分けて、嘘の部分に関しては間違っていると主張し、自分の意見がいかに正しいかを主張しようとします。疑り深いのが自己主張の強い人です。

声が大きい

会話の内容は覚えていなくても、相手の声が大きかったとか、表情が強かったとかの印象は強く残ります。自己主張が強い人は、自分を強いイメージに見せたいので、大きな声を出して会話をします。

大きな声で威圧感をだせば、相手がひるんで意見がとおりやすくなるので、近くで話していても大きな声で話をします。

ほどよい自己主張をしよう

自己主張できない人の原因・苦手な人の特徴・強い人の特徴・診断項目

自己主張はコミュニケーションをとる手段として大切なことですが、しすぎると反感をかうことがあります。自己主張ができない人は少しずつでも自己主張をするようにトレーニングが必要ですが、ほどよい自己主張にするように心掛けましょう。

ほどよい自己主張は、自分の意見もとおりやすくなり、相手を傷つけることも少なくなります。自分と相手の気持ちのバランスをとりながら自己主張をしましょう。

Related