Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Driver works logo
ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!
2019年01月17日

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

自分の力を過信してしまうと、さまざまなデメリットを被ることになってしまいます。そのため、決して自分の力を過信してはいけません。そこで、過信しないためにはどうすればいいか、過信する人の特徴はどのようなものかをご紹介していきます。

過信の意味と使い方

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

「過信」という言葉は、さまざまな場面で使われていますが、その正しい意味と使い方は意外と知られていません。例えば、「過信している」と言われてしまったとしても、具体的にどういう状態なのかわからないということもあるでしょう。

どの言葉でも言えることですが、言葉の意味や使い方を知っておくことで、自分がそれに当てはまっているかどうかを確認することができます。

それでは、「過信」とはどのようなことかを解説して行きましょう。

過信の意味とは

「過信」の意味は、「自信を持ちすぎること」です。あるいは、自分を信用・信頼し過ぎることだとも言えます。いずれにせよ、自分を実力以上に過大評価し、自信を持ってしまうということを意味しています。

また、過信には「自分はこんなにもできる人間なのだと信じ込んでしまう」という意味もあります。自身を信じることは悪いことではありませんが、行き過ぎるのは問題でしょう。

過信の使い方とは

一般的に、「過信」は悪い意味で使われることが多い言葉です。「自分の能力を過信していたためにミスをしてしまった」などのように、過信していたことによって悪いことが起こった、という流れで使われる言葉です。

ですから、過信は良い意味では使われません。過信していたために成功した、といったように使われることは、まずありません。誤った使い方をすると違和感が生じるので気をつけましょう。

過信するデメリット

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

過信することは、時として大きなデメリットを生じさせます。自分の実力をきちんと把握できていないということに繋がるので、ビジネスなどの場面において支障が出てしまうのは避けられません。

その他の場面でも、自分の力を過信していると、上手く行くはずだったことが結果として失敗に終わる、という可能性すらあります。

つまり、過信するということには、デメリットが多いと言えるでしょう。

過信はミスを招く

さらに、「過信」することはミスを誘発するとも考えられます。自分はミスをするはずはない、絶対にできるだろうから気にする必要はないなどという考えで突き進んでしまうと、するはずのないミスをしてしまいます。

過信している人間がミスをすることは珍しくありません。「絶対に自分なら大丈夫だ」と高を括っていると、注意力が散漫になり視野が狭くなるので、細かい所まで目が行き届かなくなることも考えられるからです。

過信すると人はついてこない

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

自分を「過信」している人間には、周囲の人達はついてきてくれません。そういう人間は態度も大きくなりがちですし、その人がいつ失敗するかわからないという危うさも持っています。そういう人間について行こうと考える人は、まずいないでしょう。

つまり、「過信」は、自然と周囲の人達を遠ざけてしまっているということになります。人を導く場合や、誰かと協力して何かをしなければならない場合などには、「過信」は禁物です。

過信は禁物の理由

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

ここまで見てきたように、「過信」はしないに越したことはありません。それは、自分の身を滅ぼすことに繋がってしまうからだというのが一番の理由でしょう。「過信」による数々のミスが重なった場合、周囲からの印象はとても悪いものとなってしまいます。

信頼される人となり、良いイメージを持たれたいのであれば「過信」は禁物です。「過信」することで、良いことは何一つ得られないということを心に留めておきましょう。

思わぬところでつまずく

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

自分の力を過信していると、思いもよらぬところでつまずくことがあります。「自分であればどんな困難でも乗り越えられる」、と信じていたのに、思いもよらないところでのつまづきに驚いてしまうことでしょう。

また、そうなった場合でも、今まで何の対策も練っていなかった訳ですから、大慌てで対処する必要が出てきます。余りにも「過信」が過ぎると、いざという時の対応にも困ってしまうということです。

大きな失敗をしてしまう

「過信」することは、大きな失敗に繋がるという可能性も考えられます。何事においても、大きな失敗をしないためには、万全の準備をしておかなくてはなりません。

しかし、自分を「過信」している人はそれをしません。そのために大きな失敗をしてしまい、周囲に迷惑をかけたり、トラブルを巻き起こしてしまったりと、取り返しのつかないことにさえなりかねません。

「過信」のデメリットは、決して自分だけのものではありません。

過信と慢心の違い

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

「過信」によく似た言葉に「慢心」というものがあります。これら二つの言葉は、同じような使われ方をすることが多いですが、実際には少し違う意味合いを持っています。

「過信」と「慢心」の使い方を混同していると、会話や文章の中で相手に正しく意図を伝えることができないので、十分に注意しておきましょう。

このように、似たような言葉の使い分けは、辞書を引いただけでは完全に理解することは難しく、経験の中で身に付きます。

過信とは

「過信」とは、「慢心」とは違い、自分自身の能力などに自信を持ちすぎている、というイメージが強い言葉です。「自分は誰よりも高い能力を持っていると信じ込んでいる」という意味合いが強い、と考えればいいでしょう。

「過信」という言葉は、自分のスキルに必要以上に自信を持っていると考え、「慢心」との使い分けをしてください。また、「過信している」とは決して良い言葉ではないということも、忘れないでおきましょう。

慢心とは

慢心とは、傲慢になり、その場所にあぐらをかいているという意味合いの強い言葉です。自分の能力というよりも、権威をかさに着ているといった意味合いが強いでしょう。

「慢心」という場合には、自分の能力を研鑽することなく、ただその場に停滞しているイメージを持つといいでしょう。現状に甘んじて、スキルを向上させようとする意思がないというニュアンスです。

「慢心」という言葉には、傲慢さが強くにじみ出ています。

過信しない方法

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴
Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

ここまで見てきたように、「過信」には全くいいことがありませんから、「過信しない」方法を考えるべきでしょう。過信しないための第一歩は、自分を見つめ直すことです。無意識のうちに自分を甘やかしているからこそ、「過信」が出てくると言えるでしょう。

もし、自分を過信しているのではないかと思い当たる節がある人は、この機会に、自分と向き合ってみましょう。

また、過信しないためにどうするかを知りたい人も、予備知識として下記の項目をチェックすることをおすすめします。

謙虚になる

過信しないために何よりも大切なのは、謙虚になることです。自分はまだまだ周りの力を借りなければ何もできない、というように謙虚な気持ちを持って仕事に取り組んだり、人と接したりすることによって、過信することは避けられます。

もし、本当に優れた能力を持っているとしても、それをひけらかすように生きていくのは好ましくありません。慎ましやかに、あくまでも謙虚に物事に取り組んで行きましょう。

自分の実力を客観的に知る

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

過信しないためには、自分の実力を客観的に知ることが大切です。自分の力は本当はどれだけのものなのか、果たして自分で思い込んでいるほどのものか、客観的に知る必要があります。

自分を過信している場合、往々にして勘違いということもありますから、まずは自分が本当に高いスキルを持っているのかどうかを冷静に見極めなければなりません。

客観的に実力を測ることは難しいですが、今までの功績や資格試験などで自分の能力を知ることはできるでしょう。

本当に自分にできることか確かめる

物事を始める前に、本当に自分にできることかどうかを確かめるようにしましょう。自分の力を過信していると、後先考えず、すぐに始めてしまうこともあるでしょうが、それは危険です。

自分にできるかどうか、きちんと吟味した上で物事に取り組まないと、後々手に負えなくなったり、自分のスキルだけではどうしようもなくなったりすることがあります。

自分の力を過信してしまうと、破綻を招くこともあり得るという認識を持ちましょう。

「過信」の類語

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

「過信」の類語として、「驕り」「自信過剰」「思い上がり」「うぬぼれ」「居丈高」などが挙げられます。これらに共通するイメージからも、「過信」という言葉の意味は想像できます。

「過信」という言葉には、自分を人よりも上に見ているというイメージもあります。「自意識過剰」などといった言葉も、類語として当てはまるでしょう。「過信」という言葉には、おごり高ぶっているという意味も含まれていると考えてください。

ことわざ

「才子才に倒れる」(さいしさいにたおれる)ということわざがあります。これは、才能にあふれた者が、その才能を過信して失敗するという意味のことわざです。

他にも、似たようなことわざに「策士策に溺れる」(さくしさくにおぼれる)というものがあります。このように、「過信は良くない」ということは、古来のことわざに描かれるほど周知の事実です。

生きていく中の教訓として、しっかり胸に刻んでおきましょう。

自信

「自信」も「過信」に近い言葉だと考えられますが、あまり悪いイメージでは使われません。むしろ、「もっと自信を持った方がいい」、「自信を持って仕事に取り組むべきだ」という言葉をかけたり、かけられたりする場面も多く、どちらかと言えば前向きなイメージが強いでしょう。

「自信」を持つこと自体はとても良い事です。自信は、モチベーションの維持にも繋がりますし、一歩踏み出す勇気にも繋がります。

しかし、それが行き過ぎると「過信」になってしまい、悪い方向に向かってしまいます。何事も、「過ぎたるは及ばざるが如し」です。

過信に関する名言

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

「自信は必要である。しかし謙遜のなかの自信でなければならない。」(宮城道雄)という名言があります。これは「自分を過信せず、分相応な自信を持つべきである」という素晴らしい名言です。

確かに自信を持つことは大切ですが、過信をしてしまっては意味がありません。謙遜を忘れてしまった自信は、ただの「傲慢」でしかありません。そのような自信には何の価値もないと言えるでしょう。

自分を過信する人の特徴

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

自分を過信する人には、共通した特徴があります。往々にして、自分の能力を過信してしまうような人は、態度や考え方もパターン化されていることが多いです。

身近に、下記のような特徴を持っていると思われる人がいたら、その人は自分を過信していると考えられます。

「あの人はこのような特徴を持っている」ということを知っておけば、自分の周囲の人をチェックできますし、さらに自分自身がその特徴に当てはまっていないかどうかを確認することもできます。

それでは、どのような特徴なのかを見ていきましょう。

人の言うことを聞かない

自分の能力を過信している人には、周囲の言うことを聞かないという特徴があります。「自分は絶対に正しく、このまま自分のやり方を貫いていけば間違いない」とさえ信じ込んでいます。そのため、周囲の意見は全く受け付けないという傾向にあります。

例えば、周囲の人がアドバイスをしたとしても、絶対にそれを受け付けず、撥ねつけるということを繰り返しすので、人がどんどん離れて行くのは無理のない話です。

プライドが実力以上に高い

「プライドが、自分の実力以上に高い」というのも自分を過信している人の特徴のひとつです。実際には実力がそれほどないのに、プライドだけは高いというのも自分を過信している証拠になります。しかし、プライドは邪魔になります。

自分を過信する人は、犯してしまった失敗を認められず、自分のプライドを守ることに必死になってしまうことも多々あります。

プライドが守れないと一気に自信喪失してしまうため、それを防ぐためにも、決して失敗を認めないようにしていると言えるでしょう。

自分なら何でもできると思っている

「自分なら何でもできる」と考えがちなのも、自分の力を過信している人の特徴です。頑ななまでに、自分であればどんな仕事でもできるし、どんな困難でも乗り越えられると信じているのが、過信している人の考え方です。

もちろん、実際には何でもできるということはないので、困難な場面に突き当たった時には、過信している人はとても脆いです。

「自分は何でもできる」と信じ込んでいればいるほど、本当は何もできないという現実を突きつけられて、崩れ落ちてしまうでしょう。

過信せず、自分の実力を正当に受け止めよう

過信するデメリット・禁物の理由・過信しない方法・しすぎる人の特徴

ここまで「過信」について見て来ましたが、いかがだったでしょうか。

自分の実力は、自分で決めるものではなく、周囲の評価の上に成り立ちます。本来であれば、過信することはお門違いだとも言えるでしょう。

たとえば、何か物事が上手くいったとしても、それは自分だけの力ではなく、周囲の力もあったのだと考えて、感謝の気持ちを持ちましょう。

自分の実力を過信することなく、正しく把握しましょう。時として、少しは過信したくなってしまう時もあるでしょうが、あくまでも謙虚に自分の実力だけをとらえて行くことで、物事は上手く進みます。

常に自分を客観視することを忘れずに、本当の意味での自信を身につけて下さい。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

Related