Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Driver works logo
ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!
2019年03月18日

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

この記事では、「浅はかな」考えや行動をしてしまう人の原因や、その行動を改善するための対処法を紹介していきます。さらに、浅はかな考えや行動というのはどういうことを指すのかも詳しく見て行きますので、自分の行動が当てはまるのかを考えるきっかけにして下さい。

浅はかな考えをする人の原因

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

「浅はかな考え」というのは、文字の意味するとおり「考えが浅い」というのが主な問題点です。そのため、考え方やその姿勢を少し変化させるだけで改善することができます。

つまり、慌てたり諦めたりしてしまう必要は全くないということです。少しずつでも構いませんので、色々なことに気を配りながら、今後の行動や考えを改めて行きましょう。

それでは、浅はかな考えをしてしまう人の原因となりやすい部分をいくつかご紹介していきます。

浅はかな考えをする人の原因1:めんどくさがり

考えが浅はかになってしまう一番の原因は、考える事に関する本人の意欲や意識にあります。考えることや学ぶことを面倒がっているようでは、深い考えや広い見識とは、どんどんかけ離れて行きます。それどころか、さらに浅はかになる可能性すら高まってしまいます。

まずは、日々の生活の姿勢や考え方を改めるようにしましょう。無理に博識になったり、常に頭をフル回転させ続ける必要はありません。

考える必要がある場面を見極め、その時々に合わせて頭を働かせるようにするというのが大切です。ただし、考えが深い方がいいとか、考えが必ず正しくなければならないという難しい話ではありません。

その物事について、「考えたかどうか」というシンプルな部分が最も重要であるということを覚えておきましょう。

浅はかな考えをする人の原因2:偏りのある考え

いくら時間をかけて考えたとしても、その考えの元となる知識が偏っている場合には、逆に浅はかさが深刻なものになってしまいます。「浅はかさ」には、考えの深さだけでなく、幅や方向性など、あらゆる面が関係しています。

自分の好きなものや、それに関する知識だけが深くなったとしても、他の重要な事柄を知らなければ、他人から見れば「浅はかな知識」になってしまいます。

そして、ただ広い範囲を大まかに理解するような浅い知識でもいけません。広さも深さも、ある程度まで身に付けてこそ、偏りのない「本当に使い物になる知識」と言えます。

浅はかな考えをする人の原因3:変化を嫌う人は浅はかになりやすい

その人が「浅はか」かどうかというのは、基本的には自分の判断ではなく、他人が自分のことを見て判断します。つまり、自分の考えが他人とは違うということも往々にしてあると言えます。

自分を見る他人の目や考え方というのは一定ではなく、年齢や仕事、立場など、さまざまな条件で変化します。もちろん自分も年を重ねるにつれて成長して行くため、自分の中での基準にも多かれ少なかれ変化が起きます。

さまざまな変化に柔軟に対応することができず、自分だけの世界や古い考えに固執してしまうと、浅はかな考えを持ちやすくなります。

自分の成長や、環境の変化などに合わせて、考え方を常にアップデートし続けることがとても重要です。

浅はかな考えをする人の原因4:浅はかな考えを続けてきた人は今後も続きやすい

「自分の考えが浅はかかどうか」ということに関心を持たないまま過ごして来た人にとっては、その考え方が普通です。

たとえば、社会に出て指摘を受けたりすれば自分で気付いて改善することもできますが、そういった経験がないままの人は、何らかの変化がない限り、浅はかな考え方をずっと続けることになります。

これまで問題がなく、特に誰かに咎められたりしたこともなければ、考え方を変化させようとする人は少ないでしょう。そのまま、きっかけがなくなってしまうと、なおさら改善は難しくなってしまいます。

このような場合には、強烈なきっかけなどが必要になり、多少の意識の変化では改善し切れなくなってしまうこともあります。

浅はかな人の特徴

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

「浅はか」と言われてしまう人には、共通した特徴があります。また、浅はかな人というのは、数多くの特徴を持ち合わせていることが多いと言えます。

ここからは、浅はかな人の代表的な特徴をいくつかご紹介して行きますので、自分にはどのくらい当てはまるかを考えてみましょう。

以下は、「浅はか」とされる人の代表的な特徴です。どの特徴もあまり誉められるような内容ではありませんが、多くの項目が当てはまる人は「浅はかな人」と見なされる可能性があります。心当たりのある方は、今までの行動を少し振り返って考え直してみましょう。

浅はかな人の特徴1:あまり深く考えない

性格で言うと「せっかち」や「短気」といった人がこれに当てはまります。「浅はか」という言葉は、「考えが浅いさま」という意味ですので、あまり深く考えないというのは「浅はか」とほぼ同意と言えます。

特に、昔から「短気は損気」という言葉に表されるように、すぐに怒り始めてしまう人は要注意です。この行動は、基本的には相手を否定したり、自分を強く肯定していることが前提となっているので、あまり考えずに、すぐに怒るというのは「浅はか」だと言えるでしょう。

深く考えないことと、決断が早いことというのは良く似ていますが、考えるのが「早い」ことと「考えていない」ことでは全く違うので混同しないようにしましょう。

浅はかな人の特徴2:目先の事だけを見ている

「井の中の蛙大海を知らず」を筆頭に、ことわざや格言には目先の事に関する言葉が数多くあります。それらの言葉の共通の意味には、目先の事だけで全てを知ったつもりでいるというのは良くないといった意味があります。

つまり、「その場しのぎ」や「行き当たりばったり」といった考え方は、あまり良いとは言えないということです。

もちろん状況によっては、目先の問題を解決することに全力を尽くすべき時もありますので、その場合は目の前の問題をしっかりと考えて比較した上での行動であれば、それは浅はかではありません。

しかし、そうした事前の熟考もなく、目先の事だけに集中してしまうのであれば、「浅はか」と言われても仕方がありません。

いつまでも浅はかなままの人

人は皆、この世に生まれ落ち、年を重ねながら少しずつ学び成長する生き物です。最初から完璧ということはあり得ないので、若い時分や、初めての経験でミスをしてしまったとしても、いきなり「浅はか」と言うことはできません。

いつまでも「浅はか」と言われてしまうのは、過去の経験を活かしきれず、同じようなパターンで繰り返しミスをする人のことです。

一方、賢明な人は、それまでの経験上、深く考えなくてもやめるべき事に気付くことが多いでしょう。賢明な人というのは、ミスをした後に深く考えて原因を突き止め、同じミスを繰り返さないように努めます。

良かれ悪しかれ、その経験を自分のものとして消化できるかどうかで、「浅はか」かそうでないかが変わると言えるでしょう。

浅はかな人の特徴3:本を読まない

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

「本を読まない」というのは、多くの偉人が口を揃えて挙げている、「浅はか」になりやすい人の特徴です。「読み書きは心の糧」という言葉や、偉人達が幼少期に本を読み漁ったという逸話のように、本が心や頭を育ててくれたという話は数多くあります。

最近では、アニメや映画といった映像の作品がとても増えていますが、映像の場合、自分の意思に関わらず動き続け、どんどん先に話が進んで行ってしまうため、実は見落としてしまう部分というのも少なくありません。

もちろん、映像も繰り返し見て確認する事はできますが、読書の場合は、常にその繰り返し作業と隣り合わせだというのがメリットです。

頭の中で文章のイメージを作るには、それまで読んできた内容を思い出したり、これから先の予想をしたりと、とても複雑な作業が必要です。

最近では、「読書」は子供の教育に効果的だと見直されつつあります。

浅はかな人の特徴4:いつも焦っている人

これまで説明してきたように、「浅はかさ」には、深く考えて行動しているかどうかが大きく影響します。

他の状況としては、物事が緊迫していて焦っている場合にどうしても深く考えられず、「浅はか」な考えをしてしまいやすくなります。

しかし、そういった状況が常に続いているという場合は、本人が浅はかである可能性が出てきます。焦る理由には色々なものがありますが、「浅はかな人」の場合、身の程を超えた仕事を自ら引き受けてしまったり、予定の調整を間違えてしまったりと、自分で原因を作って焦っていることが多々あります。

それで焦る状況が続いているとすれば、それは「浅はかだ」と言わざる得ません。ただし、自分ではどうしようもない理由が重なっているのなら話は別です。

周りに常に焦っている人がいたとしても、必ずしも、浅はかな考えでそうなったと言い切れないことに留意して下さい。

浅はかな知識の例

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

ここでは、浅はかな知識の一例をご紹介します。

イタリアの天文学者ガリレオ=ガリレイは、それまで主流だった天動説に異を唱えるべく、自身で天体望遠鏡を作って研究するなど、誰より熱心な姿勢で地動説を唱えました。しかし、彼の唱えた学説は他の学者などによって否定されてしまいます。

その否定は、宗教的な理由による部分が強く、さらに他の学者の地動説に関する知識の浅さゆえの偏った考えがはびこっていました。

その後の研究で、やはりガリレオの地動説が正しかったと認められます。今でこそガリレオは、「天文学の父」と称されて学者達から愛されていますが、否定した学者達に関しては、「ガリレオに対する間違った否定をした人々」とされてしまいました。

もちろん、これは極端な例ですが、浅はかな行動が大きすぎると後世にも汚点を残すということの表れと言えるでしょう。

浅はかな行動をする原因

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

一概に「浅はかな考え」と言っても、考えただけで終わる場合と、それを実際の行動に移す所まで行ってしまう場合とがあります。これらは、似ているようで全く異なる状況です。

浅はかな考えというのは、行動の有無は別として、多くの人の頭の中にあります。また、たとえ浅はかな考えであっても、何かしらの行動を起こす際の選択肢の中には、少なからず入っている場合が多いでしょう。

つまり、浅はかな行動をとらない人は、その中から「浅はかな行動は選択しない」という賢明な判断ができているということです。

つまり、浅はかな行動の分かれ目というのは、考えが思い浮かぶかどうかではなく、思いついたとしても、その行動を選ぶかどうかの差と言えるでしょう。

浅はかな行動をしてしまわないようにするには

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

これまで紹介してきたように、浅はかな考えや行動を起こしてしまう人の特徴や原因は、明確に存在します。

そこを部分的に改善をするだけでも、浅はかな行動をとることをかなり抑えることができるようになります。結果を大きく分ける原因となる部分に、特に気を付けるのが効果的です。

つまり、浅はかな考えを思い付いたとしても、「行動に移す手前で止めることができるかどうか」という事がとても重要になってきます。

思いついたことを行動に移すのを防ぐために、考えるべき材料を増やすことで改善を図るのが効果的でしょう。

他人の意見を聞いてみる

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

自分の中で出した考えが「浅はか」かどうか、自分だけで結論を出してしまうと、場合によっては間違いに繋がることがあります。

特に、浅はかな行動が目立つ人というのは、自分だけで出した結論で行動している可能性がかなり高いです。まずは、自分の意見とは違う意見に耳を傾けてみることが有効な改善策です。

自分の中だけで試行錯誤していては、どうしても考えの偏りというのは取り除きにくいものですが、自分以外の人であれば、全く別の観点で物事を考えてくれます。

もちろん、常に誰かを頼り続けるということは難しいでしょうが、頼れる人がいる時には積極的に意見交換をしてみると良いでしょう。

行動に移す直前にもう一度考えてみる

ここまで見てきたように、浅はかな行動の一番の原因は「考えが足りない」という所にあります。しっかりと考えることは何よりも重要ですが、それと同じくらい、行動する「直前」に考えてみるというのが大切と言えます。

「行動の直前」というのは、それを行うかどうかを選択できる最後のチャンスです。物事が目の前に迫っている状況ですので、想像していただけの時とは、見える景色や考える材料などが違ってくることも多いでしょう。

もちろん、考える時間がそれほど確保できないことも多々ありますが、その短い間でもしっかりと最善を尽くす姿勢というのが、浅はかさをなくす重要なポイントになります。

しっかりと考える事を第一にした上で、さらにタイミングも重要だということを覚えておきましょう。

終わった後にまた考える

「行動の直前によく考える」ということを先述しましたが、次はその後の行動です。物事が終わった後ですので、その行動が間違っていた場合は取り返しがつかないこともあります。

例えば、今失敗したとしても、次は同じ過ちを犯さないようにするというのはとても重要なポイントです。それまで、過程も結果も全て見てきたのですから、それを精査して行くことができます。

どこが間違っていて、本当はどうすればよかったのか、といったように、原因と結果を擦り合わせて考えると答えにたどり着きやすいでしょう。

また、上手くいった時でも、何が良かったのかを再確認し、その経験を次回への自信に変えることで成長につながります。

浅はかと軽率の違い

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

「浅はか」と似た言葉に「軽率」というものがあります。「深く考えずに行動を起こす」という意味ではどちらも同じなのですが、「軽率」という言葉の対義語には「慎重」という言葉が当てはまります。

この「慎重」という対義語こそが、二つの言葉の違いに関係している重要な言葉です。「慎重」という言葉は日常でも頻繁に使われているので詳しい説明は省きますが、軽率はその対義語なので、簡単に言えば「慎重ではない」という意味になります。

もちろん、「浅はか」にも「慎重さを欠いた行動」に近い意味合いはありますが、軽率の場合は特にその部分の意味が強調されるのが特徴です。

従って、慎重さが必要とされる場面でそれを欠いた行動をしてしまった場合には、「浅はか」ではなく「軽率」を使うのが適切です。

浅はかと言われたときの対処法

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

自分が「浅はか」だと言われた時には、まず落ち着いてその言葉を受け入れましょう。

そこで怒ってしまえば、それこそ「浅はか」な行動と見なされます。まずは、言われたことを受け止め、何が原因でそう思われたのかを探りましょう。

もし、相手に確かめる勇気があるならば、本人に直接聞いてみるのが一番手っ取り早い方法です。相手の勘違いや、そもそもの価値観の違いの可能性もあるので、本人に直接聞くのが有効です。そして、自分の行いを顧みて、思い当たる部分があれば改善できるように心がけましょう。

自分を改めようとする姿勢そのものが、「浅はかな自分」から脱却するために一番重要な部分なので、完全に改善し切れなかったとしても、努力の跡を示すことができれば評価は好転して行くでしょう。

「浅はか」の対義語・反対語

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

浅はかの対義語や反対語には、「考え深い」や「思慮深い」という言葉があります。文字を見ればわかるように、「浅い」という字に対して、「思慮深い」も「考え深い」も、「深い」という言葉が用いられています。

「浅はか」という言葉には、たくさんの意味が含まれていますが、特に重要な意味の1つに、「考えが浅い」という意味があります。その反対の意味なので、「思慮が深い」、「考えが深い」といった言葉になります。

浅はかなや考えや行動をしないため、普段から思慮深く、深く考えて行動するように心がけてみましょう。

「浅はか」の類語・言い換え表現

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

日本語や世界の言葉には、「浅はか」という言葉の類語や言い換え表現が多数あります。

日常でも使うことが多い表現は、格言やことわざの中に出てくる物が多く、その多くは中国の漢文や戦国武将など、歴史上の偉人の言葉が元になった物が多いです。

これらの言葉は学校で学ぶことが多いため、知っている人の割合がとても高く、必然的に良く使われます。また、最近の三國志ブームなどの影響で、漢文の言葉も日本で使われることが増えています。

ここからは、日本や海外における「浅はか」の類語や言い換え表現などを紹介して行きます。その言葉ができた背景などを知ることで、より一層ためになる知識となるでしょう。

井の中の蛙大海を知らず

「浅はか」を表す際、日本で最も有名で、日常的に使われることわざは、この「井の中の蛙大海を知らず」でしょう。

井戸の中の蛙が、海に住む亀に井戸の暮らしはこの世で最高だと自慢話をしたところ、亀に海の大きさなどの話をされた上に、蛙のいる井戸からそう遠くない場所に海があることを教えられ、驚きのあまり言葉が出なくなってしまったというお話を由来とすることわざです。

「浅はか」という言葉にはいくつかの意味がありますが、この格言は「見識の狭さ」を表現する場合に最も適しています。

似たような意味のことわざに「井に座して天を観る」などがあり、これも狭い自分の空間から見える景色だけで、大きなものを知ったような気になるという意味です。

短慮・浅慮・軽佻

これらの言葉は、それぞれが文字どおりの意味を持っています。「慮と」いう字には「思慮」という言葉があるように、「考える」という意味があります。「佻」の字には気持ちの軽々しさといった意味があります。

「短」、「浅」、「軽」という文字には「悪い」、「劣っている」という意味も含まれており、これらの文字を組み合わせた言葉ですので、どれも「考えや思慮が悪い・足りない」といった意味になります。

ただし、「短慮」と「浅慮」はほとんど同じような意味で使えますが、「軽佻」は少し違います。「軽」という字と、調子に乗るといった意味のある「佻」の字の組み合わせから、「軽い考えですぐに調子に乗る」といった意味になります。

そのため、「短慮」や「浅慮」と比べてその後の行動まで言及していますので、もし誰かに言われた場合には、かなり重い意味が込められた言葉であると言えます。

shallow

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

英語における、「浅はかさ」を表す単語の一つに「shallow」があります。

この言葉は、一般的には単純に「浅い」という意味で使われます。そして、その他の意味の一つに、「浅はか」という意味があります。

高校3年生以上の水準の単語なので、ある程度英語の勉強をしていれば出会うこともあるでしょう。そもそもの意味が、「浅い」と単純なものなので、比較的物事を真っ直ぐに伝える言葉として頻繁に使われます。

ただし、相手に浅はかだと伝えるために「shallow」だけを口にするのは、それこそ浅はかで滑稽なことなので、知識の一つとして頭に入れておく程度にしておきましょう。

常に浅はかかどうかを自問自答してみましょう

浅はかな考えをする人の原因・浅はかな人の特徴|行動/軽率

ここまで紹介してきたように、浅はかな考えや行動の一番の原因は「考えが浅い」という部分です。ほんの僅かな時間でも構わないので、「これでいいのだろうか」という疑問を自分に向けてみましょう。

何事にも自問自答するという行動は、浅はかさを無くすために一番効果のある行動です。自問するのは、行動を起こす前でも後でもどちらでも構いませんし、確認する方法もたくさんあります。常に周囲にアンテナを立て、自分の行動に疑問を持ち、できるだけ色々な方法で確認しましょう。

もちろん、考えが偏っている場合には自分の答えだけでは及ばないこともありますが、そのような場合でも、疑問を持ちましょう。

自己満足で終わらないように、常に向上心を持って考えるようにできれば、思慮深さが身について来るはずです。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

Related