Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月12日

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

気遣いができる人の特徴から、気疲れしたときの対処法まで、「気遣い」に関することを幅広くご紹介していきます。「心遣い」や「気を配る」との違いとは何か、気遣いできる人の特徴など、コミュニケーションが不足していると言われる現代で、必ず役立つ内容になっています。

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

気遣いの意味と使いかた

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

社会人になると、ちょっと難しい言葉や、あまり使い慣れていない言い回しを耳にする機会がたくさん出てきますが、それをよく分からないままにしておくと、いざというときに困ってしまうのは自分です。大切な取引先とのメールのやり取りや接待など、そんな大事な場面で言葉の使い分けが上手にできていたら好印象を与えられます。

今回は、「気遣い」についてご紹介していきます。会話やメールの中で素敵な「気遣い」ができれば、印象は良くなりますし、自分の自信にもつながります。

「気遣い」とは、あれこれと気を使うことであり、相手の気持ちに寄り添える人のことを「気遣いができる人」といいます。

気遣い・心遣い・気配りの違いは?

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

では、「気遣い」によく似た言葉である「心遣い」と「気配り」の言葉にはどんな違いがあるのだろうと疑問に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。簡単に説明すると、「心遣い」は心を込めて接することで、「気配り」とは失敗のないように気を使うことです。

例えば、お客さんを家に迎え入れたときはお茶を出しますが、このとき「お気遣いなく」と言われます。これは、気を使わなくても大丈夫ですよということで、「お心遣いなく」とは言われません。

また、「気配り」は相手や自分が失敗しないように心配して気を使うことなので、相手を思いやる意味の「気遣い」「心遣い」とは少し違うニュアンスなのが分かります。

「心遣い」は気持ちが伴っていることで、「気配り」は失敗しないように神経を張り巡らせることを指します。

気遣いができる人の特徴とは?

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

「気遣い」の意味を理解したところで、「気遣い」ができる人の特徴を詳しくご紹介してきます。その特徴をマネすれば、だれにでも「気遣い」のできる人になれます。特に難しいことはありませんし、簡単にはじめられる事ばかりですので、「気遣い」ができる素敵な大人への第一歩が踏み出せるはずです。

自然な「気遣い」ができるようになれば、ビジネスやプライベートでも充実した日々を送れるでしょう。

気持ちを察することが得意

相手の気持ちが理解できない人は「気遣い」なんてできません。

理解の範疇を超えるような相手なら話は別ですが、そんな人はあまり居ません。また、理解までできなくても「彼は今、こういう気持ちなんだな」と察することができれば大丈夫です。気持ちを察してあげる・理解してあげることで相手への接し方が分かります。気持ちを察する・理解するにはその人の表情や態度から読み取りましょう。

小さな変化に気づける

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

これは、俗に言う「素敵な彼氏象」と同じです。彼女の前髪の長さやカラーコンタクトの色、ネイルのデザインなど、小さなことに気付けるのは、日ごろから彼女のことをちゃんと見ているということです。小さなことだけど、気付いてくれるとやっぱり彼女は嬉しいです。そして、そういった観察力は、ビジネスにおいても重要な役割を果たします。

会社の上司や取引先の相手をよく観察し、何か良い変化があったら、さりげなく「気付いてますよ」とアピールしましょう。

気持ちに寄り添うことができる

悲しいとき、気持ちに寄り添ってくれる人がいたら、その人には、なんとなく心を許せるような気がしてくることもあるでしょう。

相手の気持ちに寄り添うというのは大事なことで、ただ「察する」ことや「理解する」のとは、思いやりの深さや伝わり方が違います。相手の気持ちを理解するのはもちろんですが、その気持ちを自分に置き換えて考えられるのが「気遣い」ができる人の特徴です。

理解しようと努力している

相手の考えや気持ちを理解しようと努力する姿勢が大切です。

もし、相手の考えや気持ちがよく理解できない・共感できない場合はまず、理解する努力をしてみましょう。相手の趣味嗜好が自分の知らない世界であるとき、「よく分からないから」とバッサリ切り捨ててしまうのは相手が傷つきますし、なによりもったいないです。自分の知らない世界だからこそ、理解しようと努力してみましょう。

誰にでも平等でいようとする

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

明らかな差別や偏見は、周りに良い印象は与えません。

会社や学校など、集団で生活することの多い私たちは、どうしても人と人を比べがちです。人と比べることによってやる気がでたり、悔しい思いから頑張ろうとするのは良いことですが、差別のような比べ方はよくありません。誰にでも分け隔てなく接することができれば「気遣い」ができる人へ近づきます。

視野が広い

視野が広いということは、物事を広い範囲で見ることができるということです。

視野が広く一度にいろんな情報を入手できる人は、その情報を処理する能力も持ち合わせています。その情報の中には、ビジネスに関することだけでなく、人の気持ちに関することも含まれますので、「この人は今こんな心理状態だから、こう接するようにしよう」と考えることができるようになります。

見返りを求めようとはしない

「気遣い」とは決して見返りを求めるものではありません。

そもそも「気遣い」とは人に「やってあげる」ものではありません。自分の判断で行うものですので、これに見返りを求めるのは間違っています。また、相手方が何かお返しをといってきたとしても「そんな大したことではないよ」とその気持ちだけもらっておくねと言えるのが「気遣い」のできる人の特徴です。

賢く知的である

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

ここでの賢いというのは、勉強ができるということではありません。社交的な賢さのこと指します。賢い人というのは人の気持ちまできちんと考えることができます。たとえ学力に自信がなくても、人の気持ちを理解して行動できる人はたくさんいますし、そういう人は友人が多い傾向にあります。

たとえ勉強が苦手であっても、人の気持ちを考えることのできる人は「賢い」といえます。

素直に対応できる

自分に素直な人は、人に対しても素直に行動できます。

自分の気持ちに素直な人は、根っからの正直者であるといえます。反対に、自分の気持ちに蓋をし、見えないふりして行動する人には人の気持ちはあまり理解できないといえるでしょう。「気遣い」のできる人は、自分に素直だからこそ、人の気持ちを理解して行動に移すことができます。

頼りにされている

これまでにご紹介してきた内容からすると、「頼りにされる」のは必然といえるでしょう。

なにしろ、自分の気持ちを理解してくれる人ですから、何か困ったことがあったら頼りたくなります。

ときには、仕事に限らず、恋愛に関することであったり、家庭のことであったり、そんなプライベートなことまで頼られることもあります。

なにか解決策がほしいのではなく、話を聞いてくれるだけでも気がまぎれるので「気持ちを理解してくれる」人に相談するのは当然です。

プライベートなことでも頼りにされている人は普段から「気遣い」をしている証拠です。

気遣いの言葉とは?

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

「気遣い」のできる人の特徴をご紹介してきましたが、「気を遣う時にはどんな言葉で伝えればいいの」と疑問に思った方もいるでしょう。言い方次第では「恩着せがましい」と思われることもありますので、そこは十分に注意してください。

自分も相手も気持ちのいい言い方で伝えましょう。

上司・目上の人に対する気遣い

上司や目上の人に対する気遣いには少し注意が必要です。あまり親しくない間柄だと、気持ちを察することはできてもそれを言葉に表してしまうと「余計なお世話だ」と言われてしまう可能性も。

ですから、上司や目上の人と接するときはまず、その人の特徴や好みなどの観察からはじめましょう。ある程度分かってきたら行動開始です。例えば、コーヒーを飲むタイミングが把握できたら用意しておけば「気が利くな」と思われますし、上司が困っているときにそっと助け舟を出せれば評価も上がります。言葉ではなく、あくまで態度で「気遣い」を示すのが無難でしょう。

気持ちを理解するというよりも、仕事の面で小さな「気遣い」を見せることが大切です。

同僚・友人に対しての気遣い

同僚や友人に対しては、先ほどご紹介した「気遣いができる人の特徴」を踏まえて接する事ができれば十分です。

何か困っている友人がいれば、深入りはせずとも「なにかあった?大丈夫?」と声をかけることはできます。そこで相談をされるのであれば、気持ちに寄り添う言葉をかけてあげましょう。具体的な解決策を提示するのも一つです。

また、仕事につまずいている同僚がいれば、「なにか手伝えることはあるかな?」と一言声をかけてあげるだけでも全然違います。

ただ、注意してほしいことが一つだけ。「気遣い」を多用することで、相手側からは「それが当たり前」だと認識されてしまうケースも珍しくありません。相手との距離が近いからこそ、適度な「気遣い」が重要です。

文章で気遣う時には

言葉の直接なやりとりだけでなく、メールや手紙などで連絡を取り合うこともありますが、その場合はどんな言葉を添えればいいのでしょうか。ビジネスにおいては体を気遣う一文を、友人にはいたってシンプルな内容で送ってあげましょう。

例にあげると、「先輩も無理せずに、体に気をつけてください。」「あまり体調が優れないようですが、大丈夫でしょうか。どうかご自愛ください。」「○○は頑張りやさんだけど無理しすぎるところがあるから、たまには相談に乗らせてね。」など、ただ要件を伝えるだけでなく、たった一言添えてあげるだけで印象はがらっと変わります。

さりげない一言でも、言われた方は「自分を見てくれている」と喜びます。

うまく言葉にできないとき

困っている人がいる、悲しんでいる人がいる場合、なにか気の利く言葉を言いたくても、うまく言葉にできないこともあります。気の利くセリフが出てこなくて結局そのままにしてしまったなど、経験したことがある方も居るのではないでしょうか。

まず、「気遣い」は言葉にする必要はありませんし、「気遣い」に無理をするというのがそもそもの間違いです。それでも、このまま放置しておくには胸が痛いような場面があるのも確かです。

相手が何も手につかないような状態であれば、さりげなくフォローしてあげたり、失恋してしまった友人であれば、何も言わずそばにいてあげるとか、そんなささいな事でも相手からすると安心材料にはなります。

言葉にすることが全てではないことを覚えておくといいでしょう。

気遣いをしすぎて疲れたときはこう対処しよう!

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

人に気を遣いすぎて疲れてしまったら無理せずに少し休みましょう。

本来、「気遣い」というのは相手だけでなく自分も気持ちよくなるものですが、疲れたと感じるならば、それは「してあげてるのに」という気持ちが少なからずあるといえます。

気を遣うあまりにその瞬間を楽しめなかったり、相手のリアクションを気にしすぎて、自分のことはおろそかになってしまったりと、良いことは何もありません。

疲れたと感じるのであれば、気の遣い方を間違えている可能性が高いです。

一人の時間をもつ

心身ともにリラックスすることが一番です。

まずは、人のいない空間に移動しましょう。そうでなくても、自分の知らない人が多い場所、とにかく自分が気を遣う相手がいない場所に移動してください。気疲れしたときに一番効果的なのは、心と体をリラックスさせることです。

ある程度落ち着いてきたら、なぜここまで疲れてしまったのか考えてみましょう。あなたがしてきた「気遣い」は過度ではなかったか、あなたのエゴではなかったかもう一度振り返ってみましょう。ここまでする必要はなかったかな、自分のための「気遣い」だったかなと、ほんの少しでも気付けたら、それと同時に、もうその「気遣い」はしなくていいと気付けるはずです。

妥協してみる

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

「気遣い」の結果、相手を怒らせてしまったり、いやな気分にさせてしまった場合など、上手くいかないこともあります。そんなときは「まぁ、自分も人間だしな、仕方ないな。」と妥協することも大切です。

もちろん、仕事でミスしたときに「まぁ、いいか。」なんておもっていたら大問題ですが、「気遣い」に関するミスは、思いつめるほどのことではありません。人と人とのコミュニケーションは難しいものですし、同じ失敗を繰り返さなければ大丈夫です。

怒らせてしまった場合には、そんなつもりは無かったことを含めきちんと謝罪しましょう。悪気がなかったと誠意をもって伝えれば、相手もこれ以上は怒れません。

終わったことを悔いてもなにも良いことはありません。思い切って妥協することも一つの手です。

万能ではないと気付く

そのままの意味ですが、あなたに限らず、人は万能ではありません。先ほどの「妥協」すると似ていますが、「気遣い」をする前に「万能ではない」と心構えておくと何か失敗しても気持ちは楽です。「気遣い」はお互い気持ちのいいものでないといけませんし、どちらか一方が疲れてしまっては意味がありません。

自分は万能ではないと心構えをしておけば、変に落ち込んだりすることも少なくなるでしょう。

気遣いが迷惑だと考える人もいる

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

これは、ぜひ覚えておいてもらいたいことですが、「気遣い」を迷惑行為だと認識している人も少なからず存在します。個人差はあるものの、「人に気を遣われることに疲れる」人もいますし、「恩着せがましい」ととらえる人もいます。そんな人には、無理に気遣うことはせず、ほどよい距離感を保ちましょう。

好意の押し付けのように感じている人もいることを忘れないでください。

気遣いができるのは長所といえる?

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

その「気遣い」の度合いによっては短所にもなりえます。

過度な気遣いは自分も相手も疲れてしまうので、その「気遣い」は長所とはいえないでしょう。反対にさりげなく気を遣うことのできる人は、それはもちろん長所といえます。過度と適度は人により度合いが違ってきますので、相手の表情や態度で、どこまで気遣えばいいのか判断しましょう。

気遣いは自分にも相手にもプラスになる

気遣いができる人の特徴・言葉・疲れたときの対処法|心遣い/気配り

いかがでしたでしょうか。これまで、「気遣い」ができる人の特徴や疲れたときの対処法などを紹介してきましたが、ご理解いただけたでしょうか。

何度も出てきますが、「気遣い」はお互いが気持ちよいものでないと意味がありません。「してあげてる」や「やってもらって当然」と勘違いしてしまうのは、よくありません。自分のエゴで気遣うことや、相手の都合のいいような人にならないように、気をつけましょう。

適度な「気遣い」ができるようになれば、あなたも素敵な大人の仲間入りです。

Related