Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

癖が強い人の特徴・心理・対処法・診断できるチェック項目|性格

癖が強い人の特徴・心理・対処法・診断できるチェック項目|性格

なくて七癖、あって四十八癖といいますが、世間には癖が強い人がいます。独自の世界観とこだわりを持ち、ときに傍若無人ぶりを発揮する癖が強い人には、どのような特徴があるでしょうか。癖が強い人の心理や上手な付き合い方についてご紹介します。

初回公開日:2018年11月12日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年11月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別癖が強い人の特徴とは?

「なくて七癖、あって四十八癖」ということわざがあります。この意味は、癖がないように見える人でも、少しは癖を持っているということです。ましてや、癖の多そうに見える人には、48もの癖があるという意味です。

その癖のある人には、「癖が強いな」と感じさせる場合があります。癖にもいろいろありますが、人と違うように見られる部分が「癖が強い」と受け止められます。人と異なるということは、個性があるという意味でもあるので、場合によっては「癖の強い人」は面白い人ともいえます。

そんな個性的な人と、彼女や彼氏として付き合えたら、とても楽しい日々になるでしょう。そこで、「癖の強い人」と付き合うために、その特徴と対処方法についてご紹介します。

彼氏・彼女が癖が強い人だったら?

癖の強い人とは、個性的と言い換えることができます。普通の人より個性的であり、ユニークな性格の彼女や彼氏なら、付き合っていても楽しい毎日が過ごせます。しかし、癖が強いゆえに、付き合い方にもコツが必要です。

逆に言えば、ポイントをうまく押さえれば楽しいお付き合いができるといえます。まずは、彼女や彼氏が癖が強い人なのかどうか、診断してみましょう。次に、そのチェック項目をご紹介します。

癖が強い人か診断できるチェック項目

癖の強い人には、通常とは異なる特徴的な行動パターンがあり、それゆえに独特の個性があるとされます。では、どんな行動パターンがあると「癖が強い」とされるのか、以下に挙げてみます。

・会話をさえぎって自分の意見を言う
・場の空気を読めない
・言いたいことは遠慮なく言う
・独特な言い回しをする
・好きな物しか食べない


この5つの行動パターンに当てはまる場合、通常とは異なる「癖が強い人」とされてもおかしくありません。では、「癖が強い」とはどういう状態なのか、考えてみましょう。

癖の強さとはどういう状態なの?

癖が強い人か診断できるチェック項目として、5つの行動パターンを挙げましたが、いずれの行動もかなり変わっている人という印象を与えるものばかりです。つまり、癖の強さとは人と異なり、かなり変わっている個性を持つことといえます。

いきなり会話をさえぎって関係ない話を始めたり、その場の雰囲気をぶち壊しても言いたいことを口にしたりすれば、変わり者といえます。

独特な言い回しや偏食も癖が強い証拠

癖が強い人と会話していると、話の展開に関係ない唐突な言葉に驚かされることがあります。とくに、語尾に会話と関係なくかならず「○○するピョン」とか、「ホニャララするダベシ」などと方言でもない言葉を付けたりすれば、かなりの変人といえます。

また、食べ物に関しても、こだわりという以上に1つのものしか食べない、どんな食べ物にも特定の調味料を大量にかけて食べるなどの行動も、相当な変人ぶりといえます。

しかし、周囲がどう受け止めようが本人はまったく気にせず、自分の楽しみやこだわりに満足しているのが「癖が強い人」だといえます。

癖が強い人の性格の特徴とは?

癖が強い人は、人の目を気にしたりせず、周囲に配慮することもなく、自分自身の満足のために行動します。それが周囲になんらかの影響を与えるため、癖が強い人は周囲から浮いてしまうこともあります。

しかし癖が強い人は、グループから浮いてしまうことを気にするどころか、嫌われても平気です。それは、次に挙げる特徴的な性格によるものといえます。

・どんな場合でも自分のルールを優先する
・自分が満足するまでやめない
・発想が異次元の考え方


次に、この3つの特徴について考えてみましょう。

マイルールがすべての行動規範

大人になり社会に出ると、人との付き合い方は学生時代と異なり多様化します。それに伴い、勝手気ままな振る舞いはできなくなっていきますが、癖が強い人はどのような状況でも「自分のルール」を優先して行動します。

それゆえの「癖が強い人」ですが、どのような場合でも自分のやり方を変えません。社会的規範に則ればドレスコードは無視できない場合がありますが、そのような場でも「堅苦しい服は自分らしくない」と思えば、Tシャツとジーパンで押しとおします。

普通は、周囲と極端に異なる服装を恥ずかしいと感じるものですが、癖が強い人にとってマイルールがすべてのため関係ありません。

とことん遊び徹底的に仕事する

大人には、仕事や遊びには時間制限は付き物です。限られた時間内に、遊びも仕事も終了させなければ、次の行動に支障をきたします。

しかし、癖が強い人は自分の欲望を最優先させるので、満足するまで仕事も遊びもやめません。普通なら控えめにするべき場所でも、突拍子もないことをしでかしたりします。時間を無視して、やりたいことを満足いくまで徹底的にやり抜くのが癖が強い人です。

そんな発想が異次元のパフォーマンスでも、かえって面白く受け止められたりするのも癖が強い人の特徴といえます。

癖が強い人の外見の特徴は?

マイルールがすべてに優先する癖が強い人は、行動パターンだけでなく外見もユニークで個性的です。自分独自のファッションセンスを持つ場合もあれば、まるで見た目にこだわりを持たない場合もあります。以下に、癖が強い人の外見で特徴的なパターンをご紹介します。

・独自のヘアスタイル
・独特のファッションセンスを持つ
・自分の見た目を気にしない
・インパクトのある顔立ち


次いで、癖が強い人の外見上の特徴について紹介します。

髪型に特徴はあるの?

ヘアスタイルはその人に合っていれば、最新のカットでなくても十分にオシャレに気を遣っているといえます。しかし、癖が強い人は、世間の流行廃りよりも自分の好みを優先します。

そのため癖が強い人のヘアスタイルは、最新のファッション誌を参考するというより、独自のカットを好みます。ヘアーサロンでカットしてもらうなら細かい指示をしたり、ときには、自分で鏡を見ながらハサミでカットしたりします。

その結果、いささかアンバランスなヘアスタイルになろうが、自分自身が満足できれば癖が強い人は幸せを感じています。

寝癖もユニークさの現れなの?

Bottom banner

周囲の受け取り方など気にしない癖が強い人は、ヘアスタイルに気を遣わない場合も多々あります。ヘアスタイルはファッションの一部などという考え方はせず、髪の毛は行動の邪魔にならなければほったらかしという場合も多々あります。

なかには、寝癖のついたクシャクシャのヘアスタイルでも気にしない人もいます。髪の毛にどんな癖が付いていようが、見た目をどう思われようと関係ありません。クシャクシャの髪の毛が似合う雰囲気を醸す人柄ならば、寝癖も立派なヘアスタイルです。

人に見せるためのファッションではない

癖が強い人の服装は、ときに奇抜なファッションとなる場合があります。カラーコーディネイトがセオリーを無視していたり、TPOに合わせた着こなしをしなったり、サイズも合っていなかったりします。

しかし、それが癖が強い人なりのファッションセンスの現れといえます。自分が満足するためのオシャレであり、他人の目は気にしません。人と異なることに満足するのではなく、自分自身を満足させるためのファッションであり、オシャレが特徴です。

なかには、ファッションやオシャレを意識しないことが、癖の強さになっている場合もあります。そのケースでは、オシャレというより珍妙なスタイルになることもありますが、本人は周囲の目など気にしていないためスタイルを変えることはありません。

癖が強い人の心理とは?

行動規範はマイルールで、ファッションもヘスタイルも独特でユニークな独自路線を行くのが癖が強い人です。

では、彼ら・彼女らは、どのような考えで行動するのでしょうか。癖が強い人の代表的な心理状態を、以下に挙げます。

・自分のこだわりがある
・どんな理由があっても変えたくない
・自分アピールが大好き


癖が強い人の3つの心理状態について紹介します。

こだわり抜くことが大事

癖が強い人の言動は、場合によっては周囲に理解されないことが多々あります。普通なら理解できない、恥ずかしくてできないという行動も涼しい顔で行えます。たとえば、フォーマルなパーティにサンダル履きで行くような行為です。

恥ずかしいと感じないのは、自分なりのこだわりを大事にするがゆえです。癖が強い人にとって、何より大切にしているのは自分自身が満足することです。その満足のためのこだわりは、どんなものより大切です。

人に指摘されようが、奇異な目つきをされようがお構いなしです。自分の心の求めるこだわりを貫くことは、何者にも縛られない自由な心の持ち主ともいえます。

やり方を変えず自慢することもある

だれしも経験のあることだとですが、自分だけのジンクスを大切にすることがあります。歩き出すときはかならず左足からと決めているとか、食事は汁物から始めるなど、日常の些細な決めごとはありがちです。

癖が強い人は、そのやり方が徹底しています。いかなる状況下でも、自分のやり方を変更することがありません。コース料理で前菜が出てきても、スープを飲むまでは手を付けません。

顰蹙を買おうが嘲笑されようが、自分がおいしいと信じている食べ方を変えないことが大事だからです。それどころか、こういう食事の順番のほうが体にいいぞとか、絶対においしいからなどと自分のやり方を勧めたりします。

自分のこだわり方を自慢するのも癖が強い人の特徴で、絶対の自信を持つがゆえの行動といえます。

飲むと人が変わるのも癖の強さなの?

酒が入ると人が変わるタイプの方がいます。なかには、かなりエキセントリックな言動に変化する人もいて、飲酒によりかなりの変人ぶりを表すこともあります。その中には、奇矯な言動やときには他人に迷惑のかかる行為も含まれます。

しかし、飲酒による言動の変化は、癖が強いというより酒癖の悪さというべき行為です。酒癖の悪い人は、お酒さえ飲まなければいつもはいい人なのにと言われます。つまり、性格の変化はお酒によって引き起こされています。

癖が強い人は、ほかの何者にも影響されずに自分自身の変人ぶりを貫くことで、ある意味筋の通った人といえます。

癖が強い人への対処法は?

癖が強い人と仕事や友人として関係を持つ場合は、どうすれば上手に付き合えるでしょうか。なにしろ、独自のこだわりを持つので、一緒にいると大変な迷惑を被ることもあります。

そんなときに、一緒にいても不愉快な思いをせず、周囲にも迷惑をかけずに済む付き合い方があります。

癖が強い人と、上手に付き合う方法をご紹介します。

柳に風と受け流す

癖が強い人の言動は、自分自身が満足するための行為です。そのため、周囲の反応は気にしていません。こちらのとるべき反応は、まともに受け止めるよりも、適当に受け流すくらいで正解といえます。

多人数での会話で、癖が強い人が妙なことを言い出しても、その人のペースに巻き込まれないように話半分で対応すれば大丈夫です。じつは、癖が強い人も相手の反応を半分も気にかけていません。こちらがいつもの態度を保っていればそれで十分でしょう。

成立しない会話を楽しんでみる

自己中心的な世界で生きている癖が強い人は、自分自身の世界観で完結しているといえます。その人が疑問に感じた話題をこちらに振ってきても、こちらの答えに納得するとはかぎりません。むしろ、異次元の発想で斜め上にずれた会話が続くことになります。

そこで、会話を成立させようと努力するよりも、とんちんかんな会話を楽しむくらいの対応がよいでしょう。会話のキャッチボールが成立しなくても、相手も気にしていません。ひととおりの会話が終われば、癖が強い人は話に飽きてしまいます。

話題のネタ作りくらいのつもりで、成立しない会話を楽しむのも癖が強い人と付き合うコツです。

癖が強い人は楽しくて面白い

癖が強い人と真正面から向き合うと、心底疲れてしまいますが、相手が斜め上の発想でくるならこちらは受け流す付き合い方で対処しましょう。周囲の反応を気にしないことが癖が強い人の特徴であり、こちらもその点を考慮して付き合えば十分です。

距離を置いて、癖の強さを客観的に眺めると、彼や彼女が面白くて楽しい人物だと気づきます。楽しめるポイントをつかめれば、彼や彼女との付き合いも楽になります。通常では理解できない変人でも、ずれた会話を楽しめるくらいの余裕と距離を置くことで、こちらも十分に楽しめる友だちとして付き合えます。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人