Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

綺麗事ばかり言う人におすすめの仕事・特徴・あるある・嘘なのか

綺麗事ばかり言う人におすすめの仕事・特徴・あるある・嘘なのか

皆さんの周りに常に綺麗事ばかりを口にする人はいませんか。綺麗事ばかりを言う人は全く本心が見えず、付き合いづらいと感じている人も多いでしょう。綺麗事を好む人には共通する特徴があります。その特徴やあるあるなどをチェックして、人間関係を円滑に保ちましょう。

初回公開日:2018年10月16日

更新日:2018年10月16日

記事に記載されている内容は2018年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


綺麗事とは

私たちは長い人生の中で、たくさんの経験を積み現実を目の当たりにします。思い通りにならないことも多く、辛く悲しい気持ちになることもあるのが普通です。

大人になると多くの人が現実を見つめ、我慢をしながら仕事をしたり家庭生活を送ったりしているのですがこの現実を見つめると言う行為ができない、もしくは理想が高い人が中には存在します。

「努力は必ず報われる」「願えば叶う」などの言葉を口にし、行動や現実が伴っていないとそれは単なる綺麗事になってしまいます。

綺麗事は悪いことなのか

綺麗事と言うと悪い意味で捉えられがちですが、ポジティブな言葉や励ましの言葉が悪いと言うわけでは決してありません。ネガティブな言葉を口にしている人より、ポジティブな考えを持つ人の方が付き合いやすいですし頼りになることも多いでしょう。

問題は、ポジティブな言葉を口にするにも関わらず行動が伴っていない場合に起こります。高い理想を持ったり日々前向きに過ごすのは良いことですが、実際には何も努力しない、口に出すだけだとその言葉は綺麗事と捉えられます。

口にする言葉と現実にあまりにも大きなギャップがあると、聞いている方は違和感を感じて「あの人は綺麗事ばかり言う人」と言う印象を抱いてしまうでしょう。

綺麗事の例

綺麗事の具体的な例を見て行きましょう。

先程上げた「努力は必ず報われる」や「願えば叶う」は単なる願望であり、必ずしもそうなるとは言えません。普通は大人になるに連れて理想と現実は異なると言うことを学び、不確定な未来への希望や耳障りの良いだけの言葉は口にしなくなります。

「常に前向きに」や「感謝」「誰とでも仲良く」と言った言葉も綺麗事と捉えられます。人間ですから何があっても前向きにと言うのは難しいことですし、他人に押し付けられることでもありません。

人が集まる魅力を持った人もいますが、そんな人ですら苦手だと感じる人がいるのは当然のことです。

綺麗事ばかり言う人におすすめの仕事

綺麗事ばかりを口にする人は、正義感が強く曲がったことが嫌いな一面を持っています。この良い部分を仕事に生かすことができれば、仕事上の人間関係も上手く行き充実した人生を送ることができるでしょう。

逆に職業の選択を誤ってしまうと、周りから疎まれる存在になりかねないので注意が必要です。綺麗事ばかり言う人に向いている職業をご紹介しましょう。

ボランティア

綺麗事を口にする人は「仕事はやりがいが一番、儲けは二の次」「人のためになりたい」と言う趣旨の発言が目立ちます。口にするだけの人もいますが、心の底からそう思っている人も中には混じっており、そのような方にはボランティアの仕事に従事するのが向いています。

無償で人のためになることをする、それを実行できれば綺麗事は綺麗事ではなくなります。なかなか難しいことですが、世の中にはボランティアに命を懸ける方もいますので不可能なことではありません。

タレント

綺麗事が好きな人は口が達者で表面を取り繕うことが得意でもあるので、自分の良い部分を前面に押し出せるタレントにも向いているでしょう。

綺麗事は受け取り方が人によって異なるので、ある人から見れば綺麗事に聞こえても誰か他の人にとってはとても求心力のある発言に思えたりします。ですから、タレントやコメンテーターとして頭角を現すことができれば綺麗事が「まっすぐな発言」と受け取られることも多いにあるでしょう。

場合によっては経営者にも

場合によっては経営者にも向いているでしょう。と、言うのも人を雇って会社を経営して行くには綺麗事だけでは済まないことも多々あるからです。

大変な苦労を完全に隠して、ポジティブな姿のみを見せ続けることができればそれは大きな魅力に映ります。社員を言葉で鼓舞することができる優秀な経営者は綺麗事と現実のバランスがしっかり取れている人と言えるでしょう。

綺麗事ばかり言う人の特徴

綺麗事ばかり口にする人の特徴を上げていきましょう。インターネットやSNSなどで誰もが情報や自分の考えを世界に向けて簡単に発信することができるようになった現代では、気をつけていないと他人の綺麗事を間に受けて自分と比べてしまいがちです。

人間関係で悩んだりSNS疲れを引き起こす前に、他人の綺麗事を見抜く力を身に付けましょう。

無責任

綺麗事ばかり言う人で、行動が全く伴わない人はとても無責任な人でもあります。口では良いことばかりを言うけれど、自分の発言に責任を持たず後のことは知らんぷりと言う場合が多くなってしまうでしょう。

例えば仕事の上司で具体的な解決策は何も提示せず、「まだ頑張れる」と言ったり、結果だけを求めるような人は部下の立場から見るととても無責任で頼り甲斐のない上司に思えてしまいます。

甘い

綺麗事ばかり言う人は、無責任に加えて考えが甘い傾向がとても強いです。

現実に起こりうる事態の想定をせず、あやふやな理由で乗り越えられる、なんとかなると考えている人が多く行き当たりばったりが行動の基本です。

口が達者なので出会ったばかりの頃は自分にも厳しく、真面目な人なんだなと感じる場合が多いのですが、しばらく付き合いを続けて行くと言葉と行動が伴わないと感じることが増えて行くでしょう。

うざい

綺麗事を言う人は承認欲求が強く、他人に認めてもらいたいと言う感情が人一倍強い人でもあります。

自分の意見や言い分を他人に押し付けると言う事態もよく起こります。正論を好むので間違っているわけではありませんが、何もかも完璧にこなすことは不可能ですし全てが思いどおりになるわけはありません。

他人を自分の意見に従わせようとするので周囲の人たちは疲れてしまい距離を置かれてしまうのはよくあることです。

胡散臭い

綺麗事ばかり言う人は、受け取る相手によっては「胡散臭い人」「何を考えているのか分からない」と思われてしまうでしょう。

綺麗事ばかりを並べ立て、自分の考えを言っていないように見えてしまいます。先述したように、何もかもを完璧にこなせる人はいません。綺麗事ばかりを口にする人は人間味が少なく人として魅力的には見えない場合も多い、と言うことを覚えておきましょう。

綺麗事ばかり言う人あるある

Bottom banner

綺麗事ばかり言う人あるあるをご紹介します。

夢や希望を語る

綺麗事ばかり言う人がよく口にする言葉が「夢」や「希望」でしょう。綺麗事が好きな人は夢や希望に代表される、目には見えないけれどポジティブな言葉が大好きです。

現実は厳しく自分の都合の良いようには行かないにも関わらず、とても難しい壮大な希望を語ったり夢のためなら何でもする、と言うような発言を繰り返します。

大きな夢を持っている自分はすごい、と言う勘違いから発生するもので自分に酔っている人が多いでしょう。

「感謝」をやたらと口にする

綺麗事ばかり言う人は「感謝」をやたらと強調するのもあるあるです。

確かに感謝をすることはとても大切なことではありますが、私達人間の感情は一筋縄ではいかないことも多いです。感謝するべき、と分かっていても素直になれないこともありますし、日本語には「ありがた迷惑」と言う表現もあります。

「出会った全ての人に感謝」など簡単にできることではありませんし、本当にそこまで人間のできている人は軽々しく「感謝するべき」などと口には出しません。

綺麗事であるからこそ周囲に「自分はこう言う人間だ」と思ってほしいと言う気持ちが強く、感謝を強調してしまうのはよくあります。

口が達者

綺麗事を好む人は口が達者で雄弁であるのもよくあることです。

上辺を取り繕うことを得意とする人が多いので、一見とても明るく良い人のような印象を与えます。ポジティブで魅力的な人に見えますが、それはすべて言葉による印象操作によるものと言えます。

実際には行動が伴わず、最終的に「口だけの人」と評価をされてしまうのは綺麗事を言う人が陥りがちな問題です。「口は災いの元」や「沈黙は金」と言う言葉を教えてあげたいと感じてしまうでしょう。

自分が大好き

綺麗事ばかりを言う人は「正しいことを言っている自分」が好きな方がとても多いです。

話の内容は自分の自慢に絡めた綺麗事が多く、みんなが自分の話を聞いている、自分のポジティブな言葉に影響を受けていると勘違いしてますます綺麗事を口にするようになります。

実は周囲の人は呆れているか、好きに話させているかのどちらかである場合がほとんどです。

自己顕示欲が強い

綺麗事を口にする人は自己顕示欲が強く、注目されたい、目立ちたいという気持ちを強く持っているのもあるあるです。

SNSなどに頻繁に写真とともに「今日も一日頑張ろう」とコメントを載せたり、いかに自分がステキで前向きな生活を送っているのかと言うことを発信したがります。

弱音をSNSなどに載せてしまう「かまってちゃん」とは根底の部分では良く似ており、注目を集めて憧れられたい、人にかまって欲しいと言う気持ちを持っています。

否定されると怒る

綺麗事を好む人は視野が狭く、世間知らずとも言えます。自分の経験したことや自分の物差しでのみ人を測るので、反論をされたり少し否定をされると急に怒り出す人も少なくありません。

「感謝」や「調和」を口にする割に自分の意見に従わない人を嫌い周りから排除しようとしたり、他人の助言を自分に対する反論だと捉えて人間関係がこじれてしまったりすることもよくあります。

言うことがコロコロ変わる

綺麗事が好きな人は日によって言うことがコロコロと変わるのもあるあるです。

耳にした良い言葉や本で読んだことなどをそのまま自分が考えたように話したり、明らかに受け売りのことを大真面目に話したりします。自分の中に確固たる芯がないので、テレビで見た情報などに影響されやすいのも特徴です。

気分によって言うことが変わるため、周囲の人からは胡散臭く見えたり中身のない人と思われたりします。

八方美人である

綺麗事を言う人は八方美人と言うのもよくあることです。

あちこちに良い顔をして良いことばかりを話しているので、本当に他人からの信頼を得ることはできません。口達者で人当たりは良いように思えますが、蓋を開けてみると誰からも信頼されていないと言うことが起こりがちです。

八方美人もほどほどにしておかないと、職場や学校で孤立する原因になってしまうでしょう。

人間関係は上手くいかない

他人に本心を明かさず、表面だけ取り繕っているので友人が少ないのも綺麗事ばかり言う人のあるあるです。

自分の本心を明かさないのに他人が心を開いてくれるわけがありません。「あの人は口だけの人」と見限られて周囲から人がいなくなるか、良くても適当に話を合わせてくれるだけになってしまうでしょう。

心底信頼のおける人と言うのは、意見の交換がスムーズにでき、価値観の違いを双方が埋めて行ける関係の上に成り立ちます。表面だけ綺麗な言葉で飾っても、それは薄っぺらな関係になってしまうでしょう。

実は弱気で小心者

綺麗事を好む人は実は自分に自信がなく、小心者であることがとても多いです。本当は自分の意見や考えがあるにも関わらず、気が小さいために表現できずその代わりに受け入れられやすい綺麗事を口にします。

気の弱さと自信のなさ、加えて自己顕示欲の強さの間でバランスを取っている難しい性格の持ち主と言えるでしょう。

綺麗事ばかり言う人は嘘なのか

綺麗事ばかりを言う人は胡散臭く、嘘を言っているように思えてしまいますが本当にそうなのでしょうか。

もちろん、中には嘘だと自覚してそれでも無理矢理ポジティブな言葉を口にする人もいるでしょう。しかし全員が嘘を言っているとは限りません。綺麗事を言う人の性格を見て行きましょう。

必ずしも嘘とは限らない

綺麗事を言う人の中には心そこからポジティブなタイプと、綺麗事を表面を取り繕うために使い本心を決して明かさないタイプがいます。一概に嘘だと決めてしまうのは人間関係を狭める原因になるので注意が必要です。

心の底からポジティブな人は、綺麗事を言っているのではありません。綺麗事ではなく本心からそう言う性格ですから、行動が伴うのがポイントです。大きな仕事をやってのける人は前向きで口だけではなく行動する人が多いでしょう。

耳障りの良い言葉を並べても、行動が伴う人である場合は見習うべき部分がたくさんあります。綺麗事を言うだけなのか、行動が伴う立派な人なのかはしばらく付き合ってみないと分かりません。

綺麗事はやめた方が良い

今回は綺麗事ばかり言う人の特徴や性格などについてお話しました。今みなさんの頭の中に数人の人が浮かんでいるのではないでしょうか。

綺麗事ばかり口にする人は、実は自分に自信がなく虚勢を張っていることも多いです。言葉を鵜呑みにして信じてしまったり、その人と比べて自分自身を卑下する必要はありません。

また自分の言葉が綺麗事と思われている心当たりのある方は行動することを念頭に置いて言葉を選ぶようにしましょう。口に出す前に行動で示す方が素敵ですし、説得力が増します。人間関係も良くなることでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related