Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

仲間外れにする人の心理・仲間外れにされる人の特徴・いじめなのか

仲間外れにする人の心理・仲間外れにされる人の特徴・いじめなのか

この記事では「仲間外れ」をテーマとして書いています。仲間外れする人の心理、仲間外れをされる人の特徴を知っておくことはとても大切なことです。この記事では、あなたやあなたの大切なお子さんが仲間外れにされてしまった場合の対象法などを紹介しています。

初回公開日:2018年10月01日

更新日:2018年10月01日

記事に記載されている内容は2018年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


仲間外れにする人の心理

何年の月日が流れても、文明がどんどん進み進化しても、いつの時代にも仲間の輪には入ることができない人がいます。大人でも子どもでも、男性だからとか女性だからといったことは関係ありません。いつの時代でも仲間外れの人は多くいます。

仲間外れにする人や仲間外れにされる人には一体どんな特徴があるのでしょうか。特徴や心理、傾向と対策がわかれば、いざというとき対処できる可能性が高いです。

まずは、仲間外れにする人の心理から見ていきましょう。

寛容性に欠ける自己中心的な人物

仲間外れにする人は、自分の好き嫌いで判断をして行動に移します。

好き嫌いへの執着が異常です。一般的に人はキライなものには触れず避けたいと考えます。しかし、このような人物は「この空間に一緒ににいることをキライ、排除しよう」という考えです。そして自分の理想の居心地の良い空間を作ります。

誰かが愛されることへ嫉妬心

誰か特定の一人が注目を浴びたり、目立ったりすると面白く思わない人がいるでしょう。「その子だけが愛されている」という嫉妬心から、仲間外れにするという心理が働きます。

原因は、その子だけが愛されてるという嫉妬心からの仲間外れです。

強い自己防衛本能の現れ

誰かを仲間外れにするということは「誰かと一緒がいい」「仲間の一員でありたい」といった思いから、誰かを仲間外れにしないと自分が仲間外れにされてしまう不安や恐怖を常に抱いている人です。そうすることで自分を守り、周りに人が居ることで安心感を得ていると言えるでしょう。

単にいじわるをしたい人

ただ単順にいじわるをしたい人です。子ども社会にはよくある仲間外れの心理ですが、大人になってこのような心理の方は、精神的に未熟な方が多いです。

仲間外れにされる人の特徴

中には一人が好きだと言う方もいますが、学生時代、仲間の輪に入れず一人ぼっちで過ごした方、職場で馴染めず一人ぼっちで過ごしている方もいるでしょう。

仲間外れにされている人にはある共通の特徴があります。仲間外れされている特徴を知ることはとても大切なことです。仮に仲間外れされている人は一度照らし合わせてチェックしてみるのもいいでしょう。

職場

大人社会で最も多い仲間外れは職場で起きています。職場で仲間外れにされている人の特徴みていきましょう。いくつか仲間外れされる特徴はありますが、ここでは以下の3つを見ていきます。

仕事が他人より出来ない

職場内で起きる仲間外れの原因その1は、周りの人より仕事ができないです。

職場において仕事ができないということは、周囲の人に多かれ少なかれ迷惑をかけます。多少のことは我慢しますが、度を越えるレベルだと多大な迷惑になります。そうなると、周りの人は極力関わりたくないので自然と離れていき、仲間外れにされてしまいます。

あいさつをしない

あいさつは仕事をして行く上で最も重要な一つです。あいさつをしたのにあいさつが帰ってこない、こんな時、あなたはどう感じますか。

多くの人は「感じ悪い人」「無愛想な人」などとマイナスイメージを抱きます。その結果、その人に次に会ってもあいさつをすることはなく、仲間外れとなることでしょう。

報連相ができない

仕事上では、報告、連絡、相談は必要なコミュニティツールなので、必要不可欠なことができない人は仲間外れにされます。

会社の規則やルールを守れずに自分勝手に自由にやる人もいます。そのような一部の人は、当然信用をなくします。一緒に行動すること同類と思わrれてしまうので一緒の行動を避けます。

子供

子どもが仲間外れされる原因は何でしょうか。仲間外れされる子どもの特徴を3つ見ていきましょう。

自分の意見が言えない気が弱いタイプ

「自分の意見を言う自信がない」「恥ずかしくて自分の意見が言えない」という子は多いです。最初は気にかけ話てもくれますが、徐々に苛立ちを覚えてきます。その結果、周囲とのコミュニケーションが取れなくなり、まわりは離れ孤立していき、仲間外れにされてしまいます。

Bottom banner

すぐに泣く・短気

自分の意見を言えない子と逆で、自分の意見を感情むき出しに表現する子も多いです。その表現方法は「すぐ泣く」です。

「泣く」という行動は周りと自分の意見の違いがあり、それに対して「納得いかない」と反発している現れの一つが「泣く」です。

言い方を変えると納得できないから怒ってるとなります。「すぐ泣く=短気な子」です。短気でいつでもどこでも怒っている子は好かれませんので、仲間外れとなります。

優しさがなく自己中心的

自分のことばかり考えている自己中心的で周りの子に思いやりがないタイプの子どもは仲間外れにされやすいです。

中学生

中学生で仲間外れにされる時期は、中学2年生の思春期のころに起きやすいです。きっかけとなる原因の多くは「ささいな一言」で、いつもグループから仲間外れにされ、生意気、目につく、目立っている子どもなどが仲間外れにされることが多いです。

ママ友

ママ友で仲間外れにされるときは、「仲間外れにしましょ」という露骨なことはありません。仲間外れの原因は主に「ボスママに目をつけらる」「自慢したつもりはないが自慢された」といったことです。

仲間外れはいじめなのか

悪意を持って相手の心を傷つけるので、仲間外れはいじめとなります。それを集団で行えば完全にいじめです。相手が嫌がっている姿を見て笑ったり、楽しんだりしていることは確信犯なので集団いじめとなります。

仲間外れにされたときの対処法

現状、これだけの多くの人が生活をしています。十人十色と言葉があるように色んな種類の人が存しているので、仲間外れをなくすことは難しいことでしょう。

仮にあなたが仲間外れにされてしまった場合や、仮に現在仲間外れされている方は、仲間外れの対処法を知っておくことで、今までと違った世界が目の前に現れる可能性もあることでしょう。

子どもと職場で仲間外れにされたときの対対処法を見ていきます。

職場での仲間外れ対処法

ごはんや飲み会に誘われない、休憩時間などでは輪の中に入れない、仲間外れされて辛い気持ちになるでしょうが、職場には友達作りや仲良しごっこしに来ているわけでなく、お金を稼ぎに来ていることをしっかりと認識しておきましょう。

【対象方法】
・仕事だけに集中する
・仕事に支障がでれば人前で注意をする
・上司や上長に相談する
・頼りになる人、味方になってくれそうな人の耳に入れておく
・言う相手がいない人は、パワハラで相談する部署があるので相談する

子どもが仲間外れのときの対処法

子どもが仲間外れにされたときの解決法6の手順は以下のとおりです。

1.こども同士で解決することができるのか様子をみる
2.こどもに適切なアドバイスをする
3.親は子どもの味方ということを伝える

4.担任の先生に相談する
5.親・子ども・先生と交えて話し合いをする
6.習い事をして新しい友達もつくる

まずは、この解決方法1~6を順番に進めてください。早い段階から子どもの様子に気付いてあげることが解決となる手段です。

仲間外れされたときに読んでおきたい本

「人から嫌われても自分を失うよりましだ」「ひとりでもかまわない」という覚悟を持たせてくれる本です。

この覚悟をもてないために「人に合わせたり」「しがらみに縛られたり」「自分を見失ったりする」人が多いです。批判した考えやことばを知るだけで人間は気持ち的に楽になり解放されます。もし行き詰ってしまったときにはおすすの1冊です。

「宝くじで1億円当たった人の末路」で著者の事を知り、読んでみたくなり
読んでみた本。とても良い内容でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A4%E7%8B%AC%E3%81%A7%E3%8... |

道は一つではない楽しく行きましょう!

仲間外れについて紹介してきましたがいかがでしたか。仲間外れはいつの時代でも存在します。仲間外れにされてしまうと職場では仕事が手につきません。子どもや学生であっても周囲が気になってしまい集中することできないですし、過剰なストレスがたまるでしょう。

限りある人生です。目の前の道がすべてではありません。道は無限に広がっています。今現在仲間外れにされている人にも言えることです。人生の道は無数であなたの気持ち一つでいくらでも変わっていきます。

あなたの本当にやりたいことは何か、これからどのようにしたいのかを見つめ直してください。そうすることで、あなたの将来の道はきっと明るく照らされていることでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related