Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

父親が嫌いな子供の原因・嫌いな人の特徴・会いたくないのか

父親が嫌いな子供の原因・嫌いな人の特徴・会いたくないのか

父親と仲良しで大好きな家庭と、父親と不仲で嫌いな家庭の違いについて考えていきます。父親のことを嫌いと感じる原因を詳しく解説します。父親と不仲な人は、自分自身と比べながら読んでみると当てはまる所があって理解しやすい場合もあります。

初回公開日:2018年10月01日

更新日:2018年10月01日

記事に記載されている内容は2018年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


父親が嫌いな子供の原因

父親のことを大好きと感じている子供と、父親のことを嫌いな子供の違いを取り上げていきます。

父親のことを嫌いと感じている子供たちには、共通しているところが数多くあります。その中でも、多くの子供たちに共通しているのは「父親からの愛情を感じていない」ということです。

父親側は子供に対して愛情を持って接しているつもりでも、子供がキチンと親からの愛情を感じ取っていなければ、お互いの気持ちが交わる事が無くすれ違ってしまいます。

一般的に娘が父親のことを嫌いと感じることは「娘の成長過程の中で」一度や二度は訪れることがあると言われています。嫌いと感じる時期は、思春期が多いです。

思春期を迎えた娘の心の成長過程の中で、自分と同性ではない父親の存在をウザイと感じたり、汚いと感じることが起こり始めることがあります。

本当はそんな風に感じていなくても、周りの友達が父親のことを嫌いだと言い出したのを見て真似しないとと思い込む子供もいます。

息子

息子が父親のことを嫌いと感じるには、いくつか原因があります。その中でも一番多いのは、父親の存在感が強すぎるときです。

良くも悪くも「父親の存在」は息子には絶対的で、理不尽なことでも言う事を聞かないとダメな相手なんだと小さい頃から植え付けられている場合です。

その他にも、男の子は母親と心が通じやすいと言われている所もあり、なかなか父親とは通じづらい傾向が強いと報告されています。

大人

子供の頃に父親のことを嫌いでも、子供が大人に成長するにつれて嫌いな気持ちが落ち着いてくることが多いですが、中には父親のことを嫌いだと感じている気持ちから抜け出せないままの人もいます。

子供の頃からの父親に対する根深い気持ちを大人になってから消化するには、一人で解決するのは難しい場合がほとんどです。自分の気持ちを正直に話せる相手にイヤだった過去について聞いてもらうだけでも、少し気持ちが軽くなります。

父親が嫌いな人の特徴

父親のことを嫌いな人には、共通の特徴があります。

自分が嫌いな父親とは、違うタイプの人間になりたいと本気で感じて努力しています。でも、努力の仕方を間違えてしまったり、ふと気がつくと嫌いな父親と同じような態度を取ってしまっていたりして落ち込む事もあります。

嫌いな人を毎日見て来たから、イヤな部分が似てしまうのは自然の流れとも言えることです。落ち込むような事ではありません。今から意識して直せば良いことです。

恋愛

父親のことが嫌いだと感じる女性は、父親と真逆のタイプの人を自然と選ぶ傾向が強いです。

とくに、父親のことが嫌いだと自覚している場合は、父親以外の男性を自然と求め自分のことを守ってもらおうと考えてしまうため「初体験も早くなる」と海外の大学で発表されています。無意識のうちに親から受ける影響が大きい証拠です。

父親のことが嫌いな男性は、自分が父親に似てないか不安になり結婚を避ける傾向が強いと言われています。

父親が嫌いなのはなぜか・原因

子供が自分の父親のことを嫌いと感じる原因について、多いものから順番に説明していきます。

父親のことが嫌いと感じる原因の多くは、子供が生まれてから物心がつく頃までの関わり方が影響をしていると考えられています。父親が自分の子供が生まれてから10歳ぐらいまでの間にどのように接して来たかで決まります。

親だからと言って、子供に対しどんな態度を取り続けて良い訳じゃありません。言葉や行動に愛情を表現する必要があります。

仕事が忙しい

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、父親の仕事が忙しいことで子供や家族との時間を作ろうとしなかった家庭です。

仕事が忙しくて子供と接する時間が少ないと、子供と会話をすることもなくなってしまいます。親の考えている事や子供の気持ちをお互いが分かり合えないことも出てきます。

親も子供と接する時間が少なすぎて、子供に対してどのように接すれば良いか分からないまま時間だけが経過することもあります。

収入がある

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、父親が社会的地位の高い人の場合です。

会社の中で地位が高くなったり、自営業の人は業容が拡大し収入が高くなってくると、父親自身が外でとっている態度を家庭に持ち帰り、家族の前でも威張った態度を取ってしまう事がよくあります。

子供は、社会的地位が高くなったからといって父親に威張った嫌な態度をされると、収入が高くて安定した生活が送れていることも苦痛に感じる事があります。

収入がない

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、父親の社会的地位の無さです。

子供は頑張っている父親を見ると嬉しい気持ちになったり、誇りを持つようになりますが、自分の父親が働きに行く気力が無くて生活状況が苦しいことを理解したときは、ガッカリした気持ちになります。

家族のために頑張って働こうとしない父親のことを、見下したような目で見るようになる子供もいます。

Bottom banner

厳しい

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、子供に対して厳しいときです。

生活態度や勉強や部活のことなどに対して、子供のためのしつけと考えて厳しくする父親もいますが厳しいにも限度があります。

子供に対して過度なしつけは、世間では虐待と呼ばれることもあります。厳しい態度を取られても、納得できる状況なら子供が父親を嫌うことはありません。子供が納得できないのは、理不尽と感じる状況です。

暴力的

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、父親が子供に対して暴力を振るっているときです。

小さい頃から父親に暴力を受けて育った子供は、自然と親の顔色を伺うような仕草をするようになります。日常的に暴力を振るっていると、感覚がマヒして、ちから加減も気に止めなくなり死亡させてしまう最悪な事態にもつながります。

暴力には、体にする暴力と強い言葉を使って心に与える暴力があります。どちらも心の傷になります。

ストレス

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、父親との時間をストレスに感じてしまうときです。

父親が子供に対して威圧的だったり、見下したような態度を取っていると、子供は父親との時間が苦痛になり、少しの時間でも長い時間に感じるようになることがあり、親と関わること自体がストレスになります。

子供が強いストレスを受け続けていくと、本人の意思とは関係なく体調を崩したり、心の中に異変が現れるようになります。

父親の恋愛事情

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、父親の女性関係です。

母親と離婚をしていない状況の中で、他の女性との不倫関係が何度も発覚し、母親が泣いている姿を見ると、父親に対して怒りや軽蔑、失望など感じるようになります。

その感情は、あとあとの子供自身の恋愛感に大きな影響を与える場合があります。子供が女の子なら、将来「男性不信」につながることもあります。両親の仲良し度は子供の結婚願望に影響してきます。

母親に対して

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、父親が母親に対して取る態度が冷たいときです。

いつも子供のそばに母親がいるので、子供は母親のことが大好きなのに父親が母親に対して冷たい態度や言葉のDV、モラハラなどの態度を取る姿を見て子供ながらに母親を守りたい、守れないことを悔しく感じることがあります。

子供にとって、大好きな母親をいじめる人は、父親でも親戚でも他人でも関係なくイヤな存在になります。

子供に対して

子供が父親のことを嫌いと感じてしまう原因に多いのは、子供に対して冷たい態度をしたり愛情表現をしない人です。

子供は親の本心を見抜けるほど精神が成熟していないので、自分が見て感じたことだけが記憶に強く残ってしまう傾向があります。

あのとき「自分のために強く叱ってくれたんだ」と父親の気持ちに気がつくのは、自分が子供を持った頃と言う事はよくある話です。子供には、父親の気持ちを分かりやすく説明する事が大切です。

父親が嫌いな人は会いたくないのか

父親のことを嫌いと感じている人は、どんな状況でも父親に会いたいと感じないのかについて考えていきましょう。

基本的に嫌いな人に、会いたいと感じる人は少ない傾向があります。

これは、どんな人でもイヤだと感じている人には、なるべく会いたくないと考えるのが自然な流れでしょう。嫌いと感じる度合いによっても会いたくない度に違いが表れます。

パターン別で、父親のことを嫌いな人が会いたくないと感じるか説明していきます。

病気や入院

自分の父親のことを嫌いと感じている状況の中で、父親が病気や怪我をして入院してしまった時、会いに行くかを戸惑う人が多いです。

入院の内容によって感じ方に差が出ますが、骨折など命にかかわる重大な病気じゃない時は会いたくないと感じ、命にかかわる重大な病気の時は、会いたくないけど「最後だから会いに行かないと後悔しそう」と悩みます。

悩んだ末、会いに行くことを選ぶ傾向が強いです。死んでしまったら嫌いと言う事もできません。

結婚式

自分の父親のことを嫌いと感じている状況で結婚式を挙げることになったとき、父親を式に呼びたくないと感じても、結婚相手や親戚のことを考えて招待するパターンが多いです。

結婚式という場面だからこそ、お互いに溜めてた気持ちを言いやすい雰囲気になったりするので、嫌いな気持ちが少しだけ消化される場合があります。言葉で素直に言えなくても手紙に書いて渡すなど、気持ちを伝える方法はいろいろあります。

父親が嫌いな人でも変われます

父親のことを、心の底から嫌いと感じている人でもキッカケさえあれば、どのタイミングからでも気持ちをリセットすることができます。

自分自身で心の問いに答えていく方法や、スピリチュアルの先生に見てもらったりすると自分でも気づかなかった父親への思いを知るキッカケになります。父親の考え方や感じ方を理解することで「誤解していた」と気がつくこともあります。

どんな人でも、言葉が足りず誤解を招くこともあります。誤解は誠意をもって謝れば解けるものです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related