Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ケチな人の特徴・心理・貯金・結婚するのはありか・接し方|性格

ケチな人の特徴・心理・貯金・結婚するのはありか・接し方|性格

家庭、職場、身内にケチな人はいます。ケチな人でも性格の良い人や悪い人色々な人がいるので、職場や家庭にケチな人がいれば相手の考えに合わせて行動することが大切になるでしょう。浪費家の人よりもケチな人の方が考え方がしっかりしていることが多いです。

初回公開日:2018年10月01日

更新日:2018年10月01日

記事に記載されている内容は2018年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ケチな人の特徴って何?

ケチな人でも様々な性格や考え方の人がいるので、全ての人が偏った考えの人とは限りません。ケチな人の特徴は、性格は主に浪費家よりも現実主義の人が多く、今の自分の経済状況や時代に合わせた暮らし方ができる人たちなので賢い人が多いでしょう。

仕事をしっかりとやることはもちろん、自分を律して禁欲ができる人たちが多く、浪費家の人のようにお金を使わなくても楽しみを見つけられる人たちです。中には多額の貯金をしている人も多く、将来のことを考えることのできる人たちでしょう。

どのような性格なのか?

ケチな人は仕事人間の人が多いです。仕事で成功していても、稼いだお金で自分の楽しみには使わず、仕事をすることで自分の存在意義を保っている人たちが多いでしょう。

ケチな人は頑固な人が多く、曲がったことが嫌いな人が多いです。中には子供の頃に苦労をして、金銭感覚がしっかりしていること人も多く、20代前半で800万円ほどの貯金がある人もいてお金を使うことに美徳を感じない人が多いでしょう。

ケチな人の心理とはどのような考え方か

お金を使いたくない理由はさまざまですが、先々の不安が常にある人が多く貯金をしたり、いらないものを他人から譲ってもらったりしています。ケチな人の心理とは大切な人を守りたいと考えてケチになっているのか、または生まれ持った性格でお金を使うことが正しいと思っていない人たちが多いでしょう。

ケチな人の中には偏った考えの人も多く、職場で浮いていたり、家族と疎遠になっている人もいますが、自分の信念を曲げない人が多いです。

ケチな人の貯金法って何?

ケチな人は特別な貯金方法をしているわけではなく、ただ単にお金の使い方を知らない場合があります。例えば、銀行口座に給料が支払われてもガス代や電気代だけが引かれていて、全くお金を使っていない人もいるので性格的なことで貯金が成功していることもあるでしょう。

ケチな人は、普通に毎月の給料を口座に貯金していたり、外為やNISA、iDeCoなどを利用して資産を増やす人など千差万別です。子供の頃からの習慣でお金を貯めることが日課になっていることも多く、ケチな人が結婚相手になっても価値観が一緒ならば頼もしい結婚相手となるでしょう。

若い頃の貯金法は

ケチな人の若い頃の貯金法とはただ単に毎月の給料をそのまま貯めておく方法をとり、スポーツなどの趣味を楽しみその際に必要な道具なども安く手に入れる人が多いでしょう。お金で物事の解決をしなくても、世の中の仕組みを利用するのが上手なので、ほかの人より社会について詳しい人が多いです。

車などもレンタカーを利用して、お金を使わないようにするのでお金を使うことが騙されているという考え方の人も多いもケチな若い人に多いでしょう。

同じケチでも賢い人の貯金法は違う

スーパーでも夕方のセールの時間に食品を買ったり、美味しくて安い店を探すのが上手です。またCDやDVDなども買う機会は少なく、着る服も安くて丈夫なものを探すのを得意としている人が多いでしょう。

ケチな賢い人は、投資信託やNISA、外為といった財テクをしている人もいれば、30代40代でアパートやマンションのオーナーになる人もいるので、浪費家と呼ばれる人よりも先を見据えた行動をして貯金ができる人たちです。

ケチな人と結婚して幸せになれるのか?

ケチな人と結婚して幸せになれるかそうでないのかは、結婚した相手がどのような人なのかで決まってくるでしょう。結婚した人がケチだった場合、ケチをすることが苦痛にならなければ結婚生活は幸せなものになります。

また、お金を使うのが好きで、ケチな人と結婚した場合は節約することや安いものを買うことに抵抗があることが多く、価値観が合わなければ結婚生活は長く続かないこともあるでしょう。

ケチな性格ならば、結婚前に分かるのでひどいケチでなければそのまま結婚生活を続けることはできます。

価値観が一緒ならば幸せになれる

Bottom banner

妻も旦那もケチならば、価値観が一緒なのでお互いに苦痛にはならず、そのまま幸せな結婚生活を続けることができます。ケチな人と一緒になり、幸せになれるのかどうかはその人次第ですが、自分だけお金を使った場合、結婚相手の反感を買うことになり仲の悪い夫婦になることもあるでしょう。

もともと持っている価値観を変えるのは難しいので、お金に対する考え方がしっかりしている人を妻(旦那)に迎えることでその人が結果的に幸せになれることもあります。

ケチな人は他人から嫌われるのか?

ケチな人は賢いので、実際に友達付き合いをしている時にも、職場で過ごしている際も他人に嫌われない程度にケチな気持ちを抑えていることがあります。それらの行動は必ずしも、他人を不快にするわけではないので嫌われない範囲で節約やケチな行動をすることもあるでしょう。

しかし、ケチな人の中には家族や職場の仲間のことを顧みずに自分の保身を考えて、他人に辛く接することもあるので中には嫌われている人も多いです。

ケチな人との接し方ってどうすればいいの?

ケチな人に限らず、人とうまく接するのは自分が相手に合わせることです。ケチな人に無理をして合わせようとせずに、自分の考えを述べながらお互いの良い面を融合させるような物事の判断をしていくようにすればケチな人とも上手く付き合えるでしょう。

ケチな人は頑固な人が多く、そのことやケチな性格が嫌になる人もいますがケチな人の良い面を見るようにして付き合えば自分も苦にならないです。

職場の人がケチな場合

職場でケチな人は必ずいます。例えば職場の備品をクタクタになるまで使い込んだり、会社の利益のために倹約したりとそれらの考え方は会社のためになるので、職場でケチな行動をする人がいれば会社にとってプラスになるのだと思い受け入れましょう。

職場の人でケチな性格の人がいれば、その人は仕事ができて人に信頼されている場合が多いので、会社を維持することの大切さや社会環境という観点で物事を考えて付き合うようにします。

友達がケチな場合

ケチな人が自分の友達で嫌なら、付き合う時間を減らすことを考えて、自分に負担にならない程度に付き合うようにしましょう。人との付き合いはどれだけ自分が大人になり、相手に合わせられるかで上手くいくので、仕事や人脈を増やしたければ自分から相手に合わせるということに慣れておきます。

ケチな友達がケチな行動をとってもそれが正しいことならば、同意して間違ったことでケチを通そうと考えていた場合はこちらからこうしたら良いのではないかという提案をして見ましょう。

ケチな人は貧乏人が多いのか?

同じケチでも貧乏な人とそうでない人がいます。ケチな人はすべての物を買うのにケチな価値観が働きますが、日用品などの必要な物にケチになり、いらないものにお金をつぎ込むことがあるので、貧乏な生活を送っている人も多いでしょう。

または元々の収入が少なく、ケチなこともあるので経済的に困窮していてケチな人になっていることも十分あり得ます。ケチな人は必ず、貧乏人とは言えないですがお金に苦労をしている人が多いと言えるでしょう。

貧乏人ではない場合

家族や大切な人を守る気持ちが強ければ、節約をするので必ず貧乏とは限りません。ケチな考え方があるおかげで成功していることもあるので、お金持ちであればあるほどお金の考え方がしっかりしていることが多いでしょう。

ケチな人は必ずしも貧乏人という訳ではないので、お金持ちの人も多く将来お金持ちになるには必要な価値観だと言えます。

ケチな人がいれば見習ってみよう!

年齢に問わずケチな人はいるので、始めから自分とは合わないと決めつけるよりもケチな人から学ぶことがないのか考えてみましょう。浪費することで得られることも多いですが、お金を使わない生活を送ることや使わない人の考え方を知ることは、本人にとってプラスになることが多いです。

ケチな人が職場や学校や家庭にいれば、多様な価値観を受け入れることの大切さを学ぶようにして、セコい人と一括りするのでなく自分に見習う点がないのか探ってみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人