Search

検索したいワードを入力してください

2018年09月14日

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

赤ちゃんの名前を付けるときに、良い名前を付けてあげたくて、悩んでしまうご両親は多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんの名前の、男女別の人気ランキングや、名前が決まらないときの対処法などをご紹介します。ぜひご覧ください。

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

男女別赤ちゃんの名前一覧

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

赤ちゃんの名前を決めるとき、親としては最高に良い名前を付けてあげたいと、色々な本を参考にしたり、画数を調べたりするパパやママも多いのではないでしょうか。名前は親から子へのプレゼントです。素敵な名前を付けてあげましょう。

ここでは、赤ちゃんの名付けで悩んでしまっているご両親のために、男女別に赤ちゃんの名前をご紹介します。ぜひご覧ください。

男の子の名前

男の子の名前を決めるときに、男の子の名前一覧を参考にしてみてはいかがでしょうか。男の子の名前一覧はネットでも簡単に見つけることができます。

男の子の名前一覧の中から、親の想いに合った名前を選ぶというのも名付けの手段の一つです。例えば、強くたくましく育ってほしいと思うならば「強」という文字を使った名前や、優しい子に育ってほしい場合は「優」という字を使った名前を名前一覧から探してみてはいかがでしょうか。

また、最近では、一文字で表す名前も人気があります。一文字の名前が載っている一覧も参考にすると気に入った文字が見つかる可能性があります。ぜひ参考にしてみてください。

名前読み方
そら
みなと
りく
わたる
ゆずる
かける
がく
つかさ
つばさ
れん

女の子の名前

女の子の名前を決めるときにも、女の子の名前一覧を参考にするという方法があります。女の子の名前一覧を参考にすることで、どんな名前がいいのか、イメージすることができます。

女の子の場合も、美しく育ってほしいという想いを込めて「美」を使った名前だったり、幸せになってほしいから「幸」という字を使った名前を、女の子の名前一覧から探して名付けの参考にすることができます。

女の子の場合は一文字の漢字や、花に関する字を使った名前も人気があります。花にはかわいらしかったり、美しかったり、可憐で清らかなど、女の子の名前にピッタリのイメージがあります。花に関する字も、ぜひ参考にしてみてください。

名前読み方
さくら
はな
日葵ひまり
花音かのん
梨花りんか
桃花ももか
百合花ゆりか
梨咲りさ
花菜かな
彩花さやか

赤ちゃんの名前ランキングTOP3

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

赤ちゃんの名前を考えるときに気になるのが、赤ちゃんの名前の人気ランキングです。人気の名前だから、参考にしたいと考える親や、逆に人気の名前は他の赤ちゃんとかぶる可能性があるから避けたいという親もいます。

赤ちゃんの人気の名前は何でしょうか。赤ちゃんの名前ランキングを男女別にご紹介します。

男の子の赤ちゃん名前ランキング

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

男の子の赤ちゃんの名前を考えるときに、男の子の赤ちゃんの人気の名前ランキングを参考にしてみることも、赤ちゃんの名前を付ける方法のひとつです。赤ちゃんの名前の人気ランキングを見ることで、最近の赤ちゃんの名前の傾向も知ることができます。

ここでは、男の子の赤ちゃんの名前をランキングでご紹介しています。今人気のある名前を確認して、ぜひ、名付けの参考にしてみてください。

男の子の名前ベスト3

男の子の赤ちゃんに人気の名前ベスト3は、陽斗(はると)です。陽斗という名前は、陽という字が太陽を意味することから、太陽のように明るくなってほしいという気持ちや、太陽のように温かい人に育ってほしいという想いを込めてつけられることが多いです。

陽斗という名前は、名前に込められた意味も含めて、とても素敵な名前です。他にも「陽」を使った名前には「陽」と一文字で「はる」と読んだり、「陽和」と書いて「はるかず」、「陽樹」と書いて「はるき」などがあります。

男の子の名前ベスト2

男の子の赤ちゃんに人気の名前ベスト2は、悠斗(ゆうと)です。悠斗という名前は、悠という字が伸び伸びとしていたり、おおらかだったり、ゆったりとしたイメージがあるため、人気の名前です。

「悠斗」は「はると」という読み方で名づける人もいます。「悠」を使った名前には他にも、「悠」と一文字で書いて「ゆう」と読んだり、「悠心」と書いて「ゆうしん」、「悠佑」と書いて「ゆうすけ」などがあります。

「悠」は「はる」や「ひさ」など、他にも読み方があるため、どの読み方を選ぶか名付けの選択肢も広がります。

男の子の名前ベスト1

男の子の赤ちゃんに人気の名前ベスト1は、蓮(れん)です。最近では一文字で表す名前がとても人気があります。蓮という字は、はすとも読みますが、蓮の花は、泥の中でも美しい花を咲かせることから、粘り強さや清らかさなどのイメージがあり、人気の名前です。

蓮という名前は、名前の意味も素敵ですが、呼び方にもかっこよさがあります。「蓮」を使った名前は他にも、「蓮斗」と書いて「れんと」や、「蓮大」と書いて「れお」、「蓮音」と書いて「れおん」などがあります。

女の子の赤ちゃん名前ランキング

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

女の子の赤ちゃんの名前を考えるときにも、男の子の赤ちゃんと同ように女の子の赤ちゃんの名前ランキングを参考にする方法があります。女の子の赤ちゃんの名前ランキングには、女の子らしくかわいらしい名前や、真似したくなるような名前がズラリと並びます。

どんな名前にすればいいのか悩んでいたり、分からないときには、女の子の赤ちゃんの人気の名前を参考にしてみてはいかがでしょうか。ここでは、女の子の赤ちゃんの名前ランキングをご紹介します。ぜひご覧ください。

女の子の名前ベスト3

女の子の赤ちゃんに人気の名前ベスト3は、花(はな)です。女の子の赤ちゃんにも、一文字の名前はとても人気があります。花という名前はとても可愛らしい雰囲気がありますし、咲いている花のイメージで綺麗で美しく可憐という印象も受けます。


「花」という名前は、かわいらしく素敵な名前なので人気があります。「花」という字を使った名前は他にも、「梨花」と書いて「りんか」や、「綾花」と書いて「あやか」、「美花」と書いて「みか」などがあります。

「花」は「はな」の他にも「か」と読むことができるので、色々な漢字と組み合わせやすいという点でも人気があります。

女の子の名前ベスト2

女の子の赤ちゃんに人気の名前ベスト2は、陽葵(ひまり)です。陽葵の陽は太陽を意味していて、葵はひまわりを意味してつけられています。太陽のように明るく、温かい子に育ってほしいという想いと、ひまわりのように前向きにのびのびと育ってほしいという想いが込められています。

「陽」という字を使った名前には、「陽菜」と書いて「はるな」や、「陽果里」と書いて「あかり」、「陽菜」と書いて「あきな」などがあります。「陽」という字は明るい印象があるので、名付けに人気の漢字です。

「葵」という字を使った名前には、「葵」と一文字で書いて「あおい」っと読んだり、「葵花」と書いて「あいか」、「結葵」と書いて「ゆあ」などがあります。

女の子の名前ベスト1

女の子の赤ちゃんに人気の名前ベスト1は、咲良(さくら)です。「さくら」には、「咲良」の他にも花の名前の「桜」と名付ける人も多いです。咲という字には、明るいイメージがあります。明るく元気に成長して欲しいという、親の愛情を感じることができる名前です。

「咲」という字を使った名前には、「咲」と一文字で書いて「さき」や「えみ」、「咲彩」と書いて「さあや」、「梨咲」と書いて「りさ」などがあります。「咲」は明るく良い印象の文字なので、名付けに人気があります。

特徴別赤ちゃんの名前一覧

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

赤ちゃんが幸せな人生を送れるように、良い名前をつけてあげたいと考える人は多いのではないでしょうか。画数にこだわったり、意味を込めた名前にしたり、考え方によってさまざまです。ここでは、特徴別に赤ちゃんの名前をご紹介します。ぜひ、ご覧ください。

画数

赤ちゃんの名前をつけるときに、名前の画数を気にする人は大変多くいます。画数が良くないと、その赤ちゃんの運勢にも影響を与えてしまうと考える親が多いからです。大切な赤ちゃんの名前なので、赤ちゃんが幸せになれるように、名前の画数にも配慮して考えてあげましょう。

名前の画数を考えるときには、苗字の画数も頭に入れておかなければいけません。いくら、名前の画数が良くても、苗字と合わせた画数が良くなければ意味がありません。そのため、名前を考えるときには、1つに絞らずに、いくつか候補を考えておくと安心です。

一つの「姓」には約8千通りの組み合わせがあります。探せば理想の画数配置は必ず有ります。しかし赤ちゃんの名前に良い「画数配置」は僅か数種類です。

出典: https://www.s-kougen.com/meikai.htm |

キラキラネーム

キラキラネームは、外国人の名前など、無理やり当て字にしてしまい、読み方に困難な名前のことです。親が子供の名前に気持ちや意味を込めることは大切ですが、あまりにも思いが強すぎてキラキラネームになってしまうと、子供が成長してから、読み方が分かりずらくて名前をなかなか覚えてもらえなかったり、名前でいじられてしまう可能性もあるので注意が必要です。

国際社会に順応できるように外国人の名前をつけたいという気持ちや、大切な子供には特別な名前を付けたいという気持ちも分かりますが、子供が成長した時にどう感じるのかということも考えなければいけません。子供は一生その名前と付き合っていくので、行き過ぎた名付けには気をつけましょう。

名前読み方
ライト
南椎ナンシー
天使エンジェル
騎士ナイト

季節別おすすめの赤ちゃんの名前

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

日本には四季があり、季節によってさまざまな景色や味覚など楽しむことができます。赤ちゃんの名前は、赤ちゃんが産まれた季節にちなんだ名前をつけられることもあります。季節を感じさせる名前も人気があります。ここでは、季節別におすすめの赤ちゃんの名前をご紹介します。

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

春は気候が良く、過ごしやすい季節なので、春生まれの子に春らしい名前を付ける親も多くいます。春をイメージする文字には、春、桜、颯などがあります。春をイメージする名前は、暖かさやさわやかさを感じることができます。

「春」を使った名前は、男の子は「春人」と書いて「はると」や、「春輝」と書いて「はるき」などがあります。女の子は「小春」と書いて「こはる」や、「春菜」と書いて「はるな」などがあります。

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

夏生まれの子には、夏らしい名前をつける親も多いです。夏のイメージがある文字は、夏、海、湊などがあります。夏らしい名前は、明るく活発で元気がある印象を持ちます。

「夏」を使った名前は、男の子は「夏雄」と書いて「なつお」や、「夏輝」と書いて「なつき」などがあります。また、女の子では、「夏美」と書いて「なつみ」や、「千夏」と書いて「ちなつ」などがあります。

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

秋は夏の暑さも収まり、芸術やスポーツ、食欲など、活発に行動しやすい時期です。秋をイメージした文字には、秋、紅、楓などがあります。

「秋」を使った名前は、男の子は「秋翔」と書いて「あきと」や、「秋広」と書いて「あきひろ」などがあります。女の子は、「千秋」と書いて「ちあき」や、「秋穂」と書いて「あきほ」などがあります。

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

冬は寒い季節ですが、クリスマスやお正月など、色々なイベントがあったり、冬にしか楽しめないスポーツがあったりと、楽しいことが多い季節でもあります。冬をイメージした文字は、冬、雪、聖などがあります。

「冬」を使った名前は、男の子は「冬真」と書いて「とうま」や、「冬斗」と書いて「ふゆと」などがあります。女の子は「真冬」と書いて「まふゆ」や、「美冬」と書いて「みふゆ」などがあります。

赤ちゃんの名前が決まらない時の対策

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

名前を考えようとしても、なかなか決められないことがあります。赤ちゃんの名前が決まらないときにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、赤ちゃんの名前が決まらない時の対策についてご紹介します。

お寺や神社に頼る

赤ちゃんの名前が決まらないときには、お寺や神社に頼ってみることも考えておきましょう。お寺や神社では、画数も見てくれるため安心です。お寺や神社で赤ちゃんの名前を付けてもらうと、神聖で特別な気持ちになれます。

両親や祖父母の名前から1文字つける

赤ちゃんの名前が決まらないときには、両親や祖父母の名前から1文字取ってつけるということもできます。親や祖父母から文字をつけると、赤ちゃんに対しての愛情や、特別感を感じることができます。

赤ちゃんが成長して、自分の名前の意味を理解できるようになった時に、大好きな両親や祖父母の名前から1文字つけたと教えてあげることが楽しみにもなります。

本や雑誌を参考にする

赤ちゃんの名前がきまらないときには、本や雑誌を参考にしてみましょう。本や雑誌には色々な情報が載っています。赤ちゃんの雑誌ならば、人気の赤ちゃんの名前が出ていたり、名付けの参考になる記事が書かれていることもあります。

もし、好きな有名人や、尊敬している偉人などがいたならば、その有名人の名前をつけたり、有名人の名前から1文字つけるという手段もあります。

思いを込めて赤ちゃんの名前をつけてあげよう

赤ちゃんの名前一覧・ランキングTOP3・決まらない|男女別

赤ちゃんの名付けは、悩んでしまってなかなか決められないというご両親が多いです。大切な我が子ですから、どんな風に育ってほしいか名前に意味を込めたり、親や祖父母から一文字取って名付けたり、好きな字を選んだりと、名付けの方法はその家庭の考え方によりさまざまです。

赤ちゃんの名付けの方法はさまざまですが、親が思いを込めて名前を付けるという点では、どの名付け方法も共通しています。将来子供が自分の名前の由来を聞いてきたときに、どんな思いを込めて名前を付けたのか教えてあげましょう。

Related