Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月21日

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

結婚までの流れを把握せずに結婚の話を進める場合もありますが、トラブルになる可能性もあります。結婚までの流れをきちんと把握していない人も多くいるのではないでしょうか。ここでは、結婚までの流れに必要な知識や費用を紹介しているので、参考にしてください。

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

結婚までの流れで親が関係することは?

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

結婚までの流れで親がするべきことは多くあると考えている場合もありますが、実際はすることはあまりありません。その理由は、結婚の主役はあくまで新郎新婦であるため、親が何かを先だって行う事はありません。

特に、結婚式ではコメントなどの役割はありますが、それ以外は表立った行動をする必要がないため、一人前になった子供をしっかり見届けるようにしましょう。親が結婚式にすることは少ないですが、結婚式の前にすることがあります。

成人になれば親の承諾がなくても結婚することができますが、ほとんどの場合は親の承諾を得て結婚することが多いです。そのため、結婚までの流れで親がすることは二人の関係を認めることです。後は二人が話し合って決めることが多いです。

婚活での結婚までの流れは?

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

結婚までの流れは恋愛の仕方によって違いがあります。結婚するためにはまず、恋人を見つける必要があるため、恋人がいない場合はさまざまな方法を使って恋人探しをしましょう。年齢を重ねると周りの知人も結婚してしまい焦る人もいますが、しっかり相手を見定めましょう。

恋愛の仕方はそれぞれありますが、異性と出会える場所に積極的に参加することでより恋愛できる可能性を高めることができます。次に、婚活での結婚までの流れを紹介するので参考にしてください。

結婚相談所を利用する

婚活の方法で多い手段は、結婚相談所を利用することです。結婚相談所を利用することに抵抗がある人もいますが、結婚までの流れで一番最初の工程なため、勇気を持って恋愛相談所に登録することをおすすめします。

結婚相談所を利用することで、手軽に好きなタイプと知り合うことができ、自然に好みの異性と出会うより効率よく恋愛することができます。そのため、結婚までの流れにかかる時間を短縮することができます。

結婚までの流れをできるだけ短くしたい場合や出会いの場を探す面倒さを省きたい場合は、結婚相談所に足を向けることをおすすめします。

気が合いそうな人に連絡してもらう

結婚相談所に登録することで、タイプの異性と知り合う機会が与えられます。主な流れは、気に入った異性がいた場合は、結婚相談所を経由して相手に連絡をしてもらいます。それから相手からの返事を待つ必要があり、相手も興味を持ってくれたら実際に会う事ができます。

会う場所は、結婚相談所が指定してくれる場合もありますが、二人で決めて自由に会う事ができる場合もあります。実際に会い、互いに結婚相談所を経由して互いの意見を知ることができます。その時に互いにもう一度会いたい意思があれば、後は自由に恋愛をすることができます。

婚活パーティーに参加する

結婚相談所の他に婚活パーティーに参加することでも結婚までの手間や費用を削減できる可能性があります。婚活パーティーと結婚相談所の違いは、すぐに異性と会う事ができることです。そのため、結婚相談所より結婚までの流れにかかる時間を短くすることもできます。

婚活パーティーは一度に多くの人と出会う事ができるため、さまざまなタイプの人と出会う事ができます。ある一定の人と出会いたい場合は、特別な婚活パーティーに参加することをおすすめします。特別な婚活パーティーとは、同じ趣味同士が集まる婚活パーティーです。

婚活パーティーは、結婚相談所より費用がかかる傾向がありますが、仲良くなれる可能性が高いです。また、同じ趣味が集まる婚活パーティーに参加することでより意気投合する可能性を高めることができます。

気に入った人に積極的に声をかける

婚活パーティーに参加するだけでは、結婚までの流れを作ることはできません。婚活パーティーに参加しても異性に声をかけないと恋愛を始めることができません。そのため、気になる異性がいた場合は、積極的に声をかけることで自分の存在を相手に知らせることができます。

婚活パーティーはパーティー感覚で異性と知り合うことができますが、内面的な人やコミュニケーションをとることが苦手な人は、効率よく恋愛まで発展させることができない場合があります。婚活パーティーは待っているだけでは何も始まりません。

また、大勢の人と話すことで見た目とは違った新しい相手の一面を知ることもできるため、より結婚までの流れに必要になる時間を削減することができます。時間制限が決まっている場合が多いため、できるだけ時間内に大勢の人とコンタクトをとるように心がけましょう。

男女別結婚までの流れは?

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

結婚までの流れは男性と女性によって違いがあります。結婚までの流れで、恋人の作り方や恋愛の仕方は男女で違いはありませんが、結婚を意識してから結婚までの流れでは違いがあります。女性が男性と同じように行動しては結婚までの流れに支障が出る可能性があります。

男性の場合

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

結婚までの流れで男性は大きな役割を担う必要があります。結婚することは一家の主になるため、それ相応の覚悟を持つ必要があります。結婚当初は恋人の女性一人が守るべき対象ですが、子供が増えればその分守る対象が増えます。

そのため、将来の家族を支える覚悟をしっかり決めてから結婚の意思を固める必要があります。男性での結婚までの流れで一番大切なことは、結婚する責任を持ち、世帯主の自覚を持つ必要があります。

彼女と同棲している場合は、結婚も同棲の延長と考えいる人もいますが、そのような軽い気持ちで結婚してしまうと想像と現実の違いに戸惑ってしまう可能性があります。また、結婚は気持ちの面でも覚悟をする必要がありますが、資金面でもそれ相応の覚悟をする必要があります。

結婚することは、多くのお金が必要になるため、貯金なしで結婚してしまうと結婚までの流れに支障が出る可能性があります。

プロポーズをする

男性はプロポーズをする必要があります。女性からプロポーズされる場合もありますが、男性はプライドが高いため、自分からプロポーズする割合が高いです。女性にプロポーズをすることで結婚への第一歩を踏み出すことができるため、勇気を持って好きな女性にプロポーズをしましょう。

プロポーズを成功させるためには、彼女より親密な関係を築くことが大切です。また、プロポーズは必ず成功するわけではないので、できるだけ成功確率を高めてからプロポーズをすることをおすすめします。失敗してしまうと結婚までの流れがくるってしまいます。

プロポーズを成功させるためには、ムードを選んで行う事をおすすめします。多くの女性はムードを大切にしている場合が多く、特にプロポーズはそれなりにムードがある場所でされることを望んでいます。そのため、互いに結婚する意識があってもムードがないと拒否される可能性もあります。

女性の場合

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

女性は男性と同じように結婚後のことを良く考えてから結婚するかを決める必要があります。上記で説明した通り結婚までの流れの大きな分岐点になるプロポーズは男性からする場合が多いため、女性は男性がプロポーズしてくれるまで待つ必要があります。

最近の男性は、結婚への意識が薄れているため、中々プロポーズをしてくれない場合が多いです。プロポーズをしてくれない彼氏に対して不満やストレスを感じてしまう場合もありますが、辛抱強く待つ必要があります。

しかし、いつまでも行動してくれない男性だと結婚までの流れに支障が出る場合もあるため、女性もプロポーズしやすい雰囲気を出すことで、男性が行動しやすくなります。

親に紹介する

女性はプロポーズされたら親に紹介する必要があります。男性もプロポーズ後に親に紹介する必要はありますが、女性の親に会う方が重要度が高いです。男性側の親は結婚することに対して肯定的な意見を示すことが多いです。

しかし、女性側の親は場合によっては否定的な意見を言われてしまう可能性があります。そのため、男性はプロポーズより緊張する可能性があります。成人なら親の承諾を得る必要はありませんが、ちゃんと両方の親の承諾を得る方が多いです。

父親は娘を可愛がる可能性が高く、他の男性に取られることを毛嫌いする割合が高いです。そのため、結婚までの流れに時間と労力が必要になる場合もあります。

結婚までの流れにかかる期間は?

結婚までの流れにかかる期間は人によって変わるため、場合によっては大きな違いになります。知人が1年で結婚できても自分が1年で結婚できるわけではありません。そのため、周りの人の結婚までの流れにかかる時間はあまり気にしないことをおすすめします。

早い人では出会ってから3か月程度で結婚する人もいます。結婚までの流れにかかる時間が短いとすぐに離婚してしまうイメージがありますが、交際期間が長くても離婚してしまう場合もあります。そのため、結婚したいと思ったらその時に行動することをおすすめします。

入籍の手続き

入籍するためには、婚姻届を提出する必要があります。婚姻届は必要な書類を事前に用意して記入間違いがなければ10分程度で手続きすることができます。

結婚までの流れを知るおすすめの本は?

結婚までの流れは、初婚の場合は知らないことばかりで戸惑ってしまう事が多いです。結婚経験がある人に聞くことで、さまざまな情報を事前に入手することができるため、結婚までの流れを滞りなく進めたい場合は、おすすめの方法です。

結婚している人に気軽に聞くことができない場合は、結婚までの流れを知ることができる本を購入することをおすすめします。本ではさまざまな状況での結婚を紹介しているため、より結婚までの流れを止めることなく話を進めることができます。

結婚の準備とマナー大百科

結婚の準備とマナー大百科には、結婚までの準備に必要な知識や結婚式のマナーを紹介しているため、結婚を意識している人におすすめの一冊です。結婚する本人のためになる情報はもちろんですが、両親に必要な情報も紹介しています。

結婚までの流れに必要になる費用は?

結婚までに知識を身につけておく必要がありますが、資金も多く使うため、あらかじめ資金を貯めておくことをおすすめします。次に、結婚までの流れに必要になる費用を紹介するので参考にしてください。

デート代

結婚するためには恋人を作りデートを重ねる必要があります。デートをすると食費や娯楽費が多くかかるため、一人身の時よりも支出が増えてしまいます。特に、デート代は男性が払う割合が高いため、男性側に費用の負担がかかる可能性があります。

プレゼント代

恋人同士には特別な日付があり、プレゼントを贈る必要があります。特に、誕生日やクリスマスにはプレゼントを贈る習慣があります。プレゼントを購入するためには費用がかかり、相手が望んでいるものを贈ることを心がけましょう。

結納代

結納は結婚する際に必要な行事であり、お金を出す場合もありますが食事などで代用することが多いです。そのため、食事代を結納代として用意しておきましょう。

結婚までの流れを把握しよう

結婚までの流れで親が関係するところ・期間・費用|婚活/入籍

結婚までの流れを把握しておくことで、戸惑ったり焦ったりすることを予防することができます。結婚する前は互いに精神が不安になる可能性があり、ちょっとしたことでもイライラしてしまいます。結婚の流れが上手く進まないだけでも喧嘩してしまう可能性もあります。

そのため、無事に結婚できるようにさまざまな方法で結婚までの流れを把握し、必要な知識を身につけておくことをおすすめします。

Related