Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月04日

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

本記事では告白の断り方についていくつか例文をあげて紹介していきます。告白の断り方一つでその後の関係も大きく変わってくるので、できれば相手を傷つけることのない内容の返事をしたほうが良いでしょう。告白の断り方を悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

男女別告白の断り方の例文とは?

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

告白されることは人に好かれるということでありとても素敵なことです。しかし、相手に対して恋愛的な気持ちを持っていないことには恋人関係を築くのは難しく、多くの場合断ることになるでしょう。

本記事では告白の断り方について紹介していきます。断り方も一歩間違えてしまうと関係の溝になってしまったりと難しい部分があります。相手を必要以上に傷つけないためにも、丁寧な断り方は大切です。まずはじめに男女別告白の断り方の例文を紹介します。今告白をされていて断り方に悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてください。

男性からの告白の断り方

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

男性からの告白に対して断り方の例文を紹介します。

恋人として見ることができない

男性からの告白の断り方として、「恋人として見ることができないのでごめんなさい」と、相手を恋愛対象として見ることはできないため付き合えないと伝える方法があります。

友達以上に見れず、恋人として付き合うことはできないけれど、人としては好きなので友達としては仲良くしていきたいという意味を込める場合は「今後も信頼できる友達で居たいのでごめんなさい。」と伝えると良いでしょう。

相手にとって失恋したことは変わりありませんが、友達としては好感を持っているという気持ちがわかると嬉しく感じ、告白後の関係もスムーズに修復しやすいでしょう。

今は恋愛をする気が起きない

まだ以前の恋を引きずっていたり、他に優先している事がある場合は今は恋愛をする気持ちにはなれないこともあるでしょう。そんな時は「ごめんなさい、今は恋愛をする気が起きなくてお付き合いできません。」という断り文がおすすめです。

男性の場合プライドに関わることをいわれると腹を立てることありますが、今恋愛する気が起きないという返事は相手に何か好きになれない理由があるというわけでもないので、断る際も角も立たないでしょう。

女性からの告白の断り方

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

女性からの告白に対して断り方の例文を紹介します。

他に好きな人がいる

女性からの告白に対して断り方としては「他に好きな人がいるからごめん」と、気持ちがほかの人にあることを伝える方法がおすすめです。女性は自分を一番に見てほしいという気持ちが強い生き物なので、意中の相手が自分以外であるとわかると一気に冷めてしまうことがあります。後腐れなく諦めてもらうには他に好きな人がいると伝えるのが良いでしょう。

仕事に集中したい

「今は仕事に集中したいから交際すること自体考えていない」という言葉も女性からの告白の断り方として良いでしょう。

交際すればデートをしたり日々連絡をとったりするのが一般的です。しかし、仕事を一番に考えたいために恋愛事は控えたい、という気持ちを断り文の中で伝えることによって告白してきた女性が「この人と付き合っても尽くしてもらえず楽しくないかも」と気付きます。女性は相手が仕事を恋愛よりも優先したいという意志を受け取って、その恋を諦めることができるでしょう。

年代別告白の断り方とは?

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

次は中学生・高校生と年代別に告白の断り方を紹介します。

中学生

中学生の告白の断り方としては、「友達として好きだけど恋愛面で好きになると関係が崩れちゃいそうだからごめん。友達でいたい。」と伝えるのが良いでしょう。中学生で恋愛的な気持ちを強く意識する人もいれば、まだちょっと理解しにくいという人もいます。

ただ、この断り方の場合「他に好きな人がいないなら諦めたくない」と相手から言われてしまう可能性もあるので、諦めて欲しい場合は「友達以上には見れなくてごめん」と伝えても良いでしょう。恋愛対象として今後も見れないと伝えることで相手も諦めようと考えます。

高校生

高校生になってくるとクリスマスなどのイベント前にカップルになるという人も多くなってくるでしょう。告白をされることも中学生に比べるとそれなりに機会が増えてきます。

高校生の告白の断り方は「今部活に集中したくて付き合う時間がとれません。ごめんなさい。でも、告白してくれて嬉しかった。ありがとう。」や「他に好きな人がいるのでごめんなさい、これからもクラスメートとして仲良くしてほしい。」がおすすめです。

高校生は本格的に部活をしている人は休日も部活になってしまうのでデートの時間がなかなかとれないでしょう。付き合ってしまい時間が取れない場合は相手に不満を抱かせてしまいますし、部活に集中できなくなってしまうことがあります。部活をしていない場合は、他に好きな人がいると伝えると諦めてもらうにはスムーズです。

方法別告白の断り方とは?

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

メール・LINE(ライン)・手紙など、告白をされる時使われることがあるでしょう。告白の返事をする方法としてもこれらのツールを使うこともあります。次はメール・LINE(ライン)・手紙を使った方法別告白の断り方を紹介します。

メール

口頭で告白された場合メールにしてしまうとその後顔を合わせづらくなってしまうこともあるので注意が必要ですが、メールで告白された場合メールで返答しても良いでしょう。

メールでの告白の断り文は「告白されたこと嬉しく思います。ありがとう。真剣に考えてみたのですが、ごめんなさい。お気持ちに応えられません。これからも今までと同じように良い友人として付き合っていきたいです。」など、はっきりと気持ちには答えられないという一文と、最後は前向きにみせる一文を入れる内容がおすすめです。

長すぎて何が言いたい文かわからないものはよくないですが、メールなので短文すぎず、それなりに丁寧に文面を打ったことが伝わる長さが良いでしょう。

LINE(ライン)

LINE(ライン)での告白の断り方は、LINE(ライン)で告白された場合、期間をなるべく置かずに返信することが大切です。

LINE(ライン)は既読がついてしまうので、相手に内容を読んでいることがわかります。告白をしたのに応答がないという状態になると相手にとって不安とストレスを与えてしまうので、返事を一時待ってほしい場合は「告白してくれてありがとう。少し考えたいので○日くらい時間をもらいたい」といつまでに返答をしておきましょう。

LINE(ライン)での告白の断り文は「○日考えたけど、ごめん気持ちに応えることはできません。これからも友人として仲良くしてくれると嬉しいです。」など、メールに比べるとやや文面を短くしたほうが相手も読みやすく伝わりやすいでしょう。

手紙

手紙で告白された場合は、文面にして気持ちを書き綴った相手のことを思い、できれば手紙で告白の返答をしたほうが良いでしょう。

「お手紙ありがとうございました。気持ちは伝わりました。私にはもったいないことですが、今好きな人がいるので気持ちを受けすることができません。ごめんなさい。」など、手紙のお礼と断りの一言、断りの理由など、わかりやすく丁寧な文章を書きましょう。

相手別告白の断り方とは?

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

告白してくれた相手によって告白の断り方を変えたほうが、より相手の気持ちを汲む事ができるという意味で良いこともあるでしょう。次は相手別告白の断り方について紹介します。

先輩

先輩という関係の相手から告白された場合、丁寧に断らないと後々気まずくなってしまう可能性があります。どんな相手も基本として、好きになってくれたお礼の言葉を入れることは重要ですが先輩の場合は特に忘れてはいけないでしょう。

「お気持ちありがとうございます。とても嬉しく感じました。でも今付き合ってる人がいて先輩との交際はできません。申し訳ありません。」など丁寧な言葉でお断りするようにしましょう。

付き合っている人がいない場合は「今資格をとるために空いた時間も全て勉強にあてていて恋愛をする暇がありません。」「海外に行くためにプライベートは英語を勉強しています。」など恋愛に割ける時間がないと伝えても良いでしょう。

友達

友達の関係があった人からの告白は断るときに気を使います。友達としては楽しくこれからも付き合っていきたいけれど、断った瞬間距離をとられてしまうのではと不安になることもあるでしょう。

友達の断り方としては「告白嬉しかったよ、ありがとう。○○のことは友達として好きだけど、この好きは恋愛感情ではなくて、付き合うことはできません。でも、友達としては仲良くしていきたいので、○○の気持ちの切り替えができたらまた話したり仲良くしたいです。」などが良いでしょう。

告白のお礼、友達としては好きなこと、恋愛感情に以降することはないとハッキリ伝えつつ、友達として仲良くしたいという前向きな気持ちを伝えましょう。

告白の断るときはお礼の言葉もプラスしよう!

告白の断り方の例文|中学生/高校生/メール/手紙/LINE/先輩

告白をされるということは人に良い面を評価され好意を持たれたということで、素晴らしいことです。告白に応えることができなくても、好きになってくれたことに対しては告白してくれた人に感謝の気持ちは持ちましょう。

告白を断る際は、どんな相手に対しても「好きになってくれてありがとう」という一文を伝えることをおすすめします。好きになってくれたお礼の言葉と「付き合えなくてごめん」という謝罪をセットにして断るとその後の関係もスムーズにいくでしょう。

Related