Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月06日

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

彼女が欲しいと気持ちが強い男性は多くいます。しかし、彼女が欲しいと願っていても彼女ができるわけではありません。ここでは、彼女の作り方を年齢別に紹介したり、彼女が欲しい男性の心理を紹介しているので、現在彼女がいない男性は参考にしてください。

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

彼女が欲しい人の作り方

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

彼女の作り方は、年代別によって変わります。また、昔と現在では恋愛の仕方にも違いがあるため、彼女の作り方は変化しています。多くの男性が彼女が欲しいと願っていますが、彼女ができない場合が多いです。その原因は、彼女の作り方や恋愛の仕方が分かっていないからです。

恋人を作らない人が昔より増えてきているため、彼女がいないことに焦らないことも恋愛下手な男性が増えている原因です。彼女を作ることで、新しいことを経験できたり忘れられない思い出も作ることができます。彼女を作るためには、自分だけの気持ちではなく相手も自分のことを好きになってもらう必要があります。

既に自分に好意を抱いている場合は比較的簡単に彼女にすることができますが、互いに接点が少ないと彼女が欲しいと願っていても叶う事はありません。

中学生の場合

中学生になると好きな人ができ、彼女が欲しいと思っている男子がほとんどです。また、中学生になると性に対しても興味を抱くため、より彼女が欲しいという気持ちが高まります。そのため、行動が早い人は中学生で彼女を作っています。昔では、中学生で彼女がいることは珍しいですが、最近では珍しいことではありません。

中学生が好意を抱く相手は学校内がほとんどです。その理由は、クラスメイトとは毎日のように顔を合わせるからです。また、互いに性に興味があるため、意識しやすいです。中学生が彼女を作るためには、まず相手の連絡先を手に入れましょう。最近の中学生はスマホを持っていることがほとんどなため、連絡先を手に入れることで親密になることができます。

中学生は彼女が欲しい反面周りに知られたくない心理があります。そのため、メールなどでやり取りをすることがおすすめです。

高校生の場合

高校生になると中学生時代より性の生活が激しくなります。そのため、彼女が欲しいという気持ちがより高まります。高校生になると彼女がいることが珍しくもなく、中学生のように隠すこともありません。

高校生が彼女を作る方法は、中学生同様にスマホのやり取りが効果的です。また、文化祭などのイベントに好きな人を誘う方法も効果があります。

小学校や中学校では、地元の人としか接することができませんが、高校生になるとより広い範囲から生徒が集まり、恋愛をしやすいです。そのため、彼女が欲しい男子が彼女を手に入れやすい環境です。

大学生の場合

大学生で彼女が欲しいと思っている人の特徴は、いまだに性経験がない人が多いです。経験がある人でも彼女が欲しい気持ちはありますが、童貞の人から比べるとその気持ちは弱いです。なかには勉強に集中したいために、恋愛は二の次に考えている場合もあります。大学生は、高校時代より幅広い人と知り合う事ができますが、親密になるためには行動を起こす必要があります。

その理由は、授業の仕組みにあります。高校生はクラスが同じになれば毎日顔を合わせることができますが、大学生は取りたい授業だけ受けるため、好きな人がいても接する機会が極端に少ないです。彼女が欲しいと思っていても実際に付き合える可能性は皆無です。

大学生で彼女が欲しいと思っている場合は、サークルなどに参加するようにしましょう。サークルなら同じ趣味で話しが合いやすく、定期的に接することができます。

社会人の場合

社会人になると彼女が欲しいと感じていても、作れない場合が多いです。職場や仕事内容によって違いますが、製造業に就いている場合は人との出会いが少なく、彼女ができる可能性が低いです。一方、営業職などの人との出会いが多い職種では、比較的彼女を作ることができます。

社会人になると部活やサークルなどの集まりに参加することが少なく、定期的に接触することも困難です。最近は、女性でも身体を鍛えている人の割合が増えきているため、ジムや運動系の趣味を見つけることで女性と知り合い機会を増やすことができます。

現在の日本の結婚事情は晩婚化が進んでいます。そのため、多くの企業や市町村が恋愛しやすいサービスを提供しています。街コンや婚活サイトがそのサービスに当てはまり、利用することで彼女を作ることもできます。

高齢者の場合

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

最近では、高齢結婚や熟年離婚の数が増えてきています。そのため、高齢者が恋愛しても違和感を感じない時代に変化しています。高齢者でも彼女が欲しい願望がありますが、若いころと彼女が欲しい気持ちには違いがあります。

若いころの彼女が欲しい理由の上位は性への関心でしたが、年齢を重ねることで性への興味はなくなり、隣に寄り添ってくれる人が欲しい気持ちの方が多いです。


高齢者の方が彼女を作るためには、近場でのイベントにできるだけ参加しましょう。老人会であったり、ゲートボール大会などに参加することで、新たな恋ができる可能性が高まります。

彼女が欲しい人の心理は?

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

彼女が欲しい人には幾つもの心理からきています。次に、彼女が欲しい人の心理を紹介するので参考にしてください。

彼女に振り向いて欲しい

彼女が欲しいと思う心理には、彼女に振り向いて欲しい気持ちの表れでもあります。好きな人ができて彼女が欲しい気持ちが出てきても、その人と付き合えるかは確定しているわけではあります。好きになった時点での互いの気持ちには大きな差があります。その差を埋めることで恋人同士になることができます。

好きになった女性が自分のことを知っている可能性は低く、片想いから始まる恋愛が多いです。そのため、相手の女性は自分のことを知らない場合がほとんどです。彼女が欲しいと感じたらまず、彼女に振り向いてもらう事が必要です。そのため、彼女が欲しいと感じている人には、振り向いて欲しいという心理があります。

寂しいから

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

彼女が欲しい男性には、寂しいから彼女欲しい感じている場合があります。この場合は、性への関心よりもただ、好きな人にはそばにいてほしい気持ちが強いです。寂しい心理が働いている人の特徴は、付き合っていた彼女と別れたばかりの人や高齢者に多く当てはまります。

別れたばかりの男性は、喪失感が大きく今までそばにいた人がいなくなるため、寂しい想いがこみ上げてきます。高齢者の場合は、妻が病気や不慮の事故で失った際に寂しいと感じます。女性がいなくなった喪失感は、女性ではないと埋めることができないため、彼女が欲しい気持ちに繋がります。

この場合の男性は、選ぶ女性の幅が広がっているため、恋人同士になり寂しい想いが薄れてくると彼女に対しての恋愛感情も薄れる可能性が高いです。

彼女が欲しいアピール例は?

彼女が欲しい人は周りにアピールする場合があります。男性の性格にもよりますが、アピールする人の特徴は軽い人が多いです。また、彼女が欲しい気持ちがあるものの周りにアピールをすることがない男性は、内気な性格の可能性が高いです。彼女が欲しい理由が童貞を卒業したい場合もアピールすることはありません。次に、彼女が欲しいアピールする人の例を紹介します。

合コンに頻繁に参加する

合コンに頻繁に参加していることをアピールしている人は、彼女が欲しい気持ちを周りにも伝えたい願望があります。周りにもアピールもすることで、遠まわしに良い女性を紹介してという意思が含まれています。また、「自分はフリーです」とも受け取ることも可能ですが、周りからはあまり良いイメージではなく、聞かされた相手も返答に困ってしまいます。

知り合いにいい人がいないか聞く

知人にいい人がいないかと頻繁に聞いてくる男性も、彼女が欲しいアピールをしています。紹介する方も気を使ってしまうため、そのようなアピールをする場合は相手を選んで発言するようにしましょう。

婚活サイトに登録している

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

婚活サイトに登録したことを相手に伝えることで、自分が彼女が欲しいことを伝える男性もいます。最近では婚活サイトの利用者が増えているため、偏見はありませんが、それを聞いても「いい人はいた?」ぐらいしか答えることができません。

フリーなことを伝える

特に付き合っている人はいるのかと聞いてもいないのに、「今、フリーなんだよね」という男性がいますが、これも彼女が欲しいアピールをしています。その男性に好意がある女性にとっては喜ぶ情報ですが、異性とも見ていない女性からしたら、どうでもよい情報です。

彼女が欲しい理由

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

彼女が欲しいと思っている男性には、そう思う理由があります。その理由によって男性自身の評価にも影響が出ます。女性の多くは、付き合う事はいずれ結婚するという気持ちがありますが、男性の多くは、彼女が欲しい気持ちがあっても結婚まで考えていません。次に、男性が彼女を欲しいと思う理由を紹介するので参考にしてください。

自慢したい

男性はプライドが高い人が多いです。そのため、自分が劣っているところがあると、劣等感を抱きやすく、どうにかして劣等感を感じる根源を排除しようと模索します。劣等感を感じる場面は幾つもありますが、恋愛関係で劣等感を感じやすいことが、彼女がいないことや童貞であることです。そのため、劣等感を感じないように彼女が欲しい気持ちが高まります。

このような男性は、彼女がいることを自慢したいから彼女を欲しいと感じています。そのため、プライドが高いにも関わらず恋愛経験が浅い男性と付き合ってしまうと、二人だけの経験を周りに喋ってしまう可能性が高いです。男性からしたら自慢話ですが、彼女からしたら恥ずかしい話なため、二人だけの話を周りに話さないように心がけましょう。

結婚への道筋が見えない

結婚願望があるにも関わらず、恋人がいない人は彼女が欲しいと感じます。結婚するためには、まず彼女を作る必要があります。年齢を重ねるにつれて婚期は遅れてしまうため、高齢になるにつれて結婚したいために彼女が欲しいと感じる男性は増えます。

彼女が欲しいと言われた時の対処の方法

彼女が欲しいと知人にいわれても困ってしまう場合が多いです。そのようなために彼女が欲しいと言われた時の対処方法を紹介します。

上手い返し方

彼女が欲しいと相談された場合はできるだけ上手く返すことが必要です。特に、相談された側に恋人がいたり結婚している場合に、適当に答えてしまうと不快感を抱かれてしまいます。

いい人を紹介する

彼女が欲しいと相談されて、もし身近に恋人がいない女性がいるのなら紹介してあげましょう。実際に紹介する前に、互いの情報を伝えることをおすすめします。紹介されたものの趣味や話しが合わなかったら、互いに気を使ってしまうからです。

いないほうが楽

彼女なんていないほうがマシとと伝えることもできます。一見、邪険にもしているようなイメージがありますが、自分の苦い経験を伝えることで、彼女を作ることは決して幸せになれるわけではないことを伝えることができます。この意見は、恋人を作るなという意味ではなく、彼女が欲しいなら慎重に選びましょうという意味が込められています。

彼女が欲しい場合は積極的に行動しよう

彼女が欲しい人の作り方・心理・アピールの例・理由|社会人/高校生

彼女が欲しいと感じている男性は、積極的に行動することで彼女を作ることができます。行動を起こさないと新たな出会いをすることができず、恋愛することさえできません。そのため、まず新しい趣味を見つけたり婚活サイトに参加するなど、できる行動からやってみましょう。

Related