Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月08日

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

小さい子どもがいる家庭では突然の用事で子どもの送迎が出来なくなったりと困ったこ経験はありませんでしょうか。共働きの家であれば子どもだけでタクシーの利用が出来たらいいですよね。今回は子ども送迎タクシーの利用方法や料金などについて紹介していきます。

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

タクシーに乗車可能な子どもの人数は何人?

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

どうしても避けれない急な用事ができてしまい、子どもを迎えに行けないという経験はないでしょうか。そんなときに子どもだけでタクシーに乗車できると大変便利です。では、子どもはタクシーに何人まで乗車可能なのでしょうか。

定員はどれくらいなのか?

12歳未満の子どもは3人で大人2人分となります。例えば乗車定員4人のタクシーの場合、大人1人と子ども4人、大人2名と子ども3名、大人1名と子ども4名が理論上可能となります。

ですが、タクシー会社によっては断られる可能性もあるので事前に大人や子どもの人数がわかる場合はタクシー会社に連絡を入れて確かめるのが確実でしょう。

タクシーでも子ども用チャイルドシートは必要なの?

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

自家用車に子どもが乗るときは道路交通法第71条3の3項に0歳から6歳までの子どもはチャイルドシートの着用義務が定められています。では、タクシーの場合はどうなるでしょう。

タクシーの場合は道交法で「道路運送法第三条第一号 に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき。」と記されています。

どういうことかというと「子どもがタクシーに乗ってもチャイルドシートの着用義務は免除されます。」ということです。つまりチャイルドシートは不要ということです。ですがあらかじめタクシーでの移動がわかっているのであれば子どもの安全も考えチャイルドシートを使用することを考慮しましょう。

子どもの送迎タクシーの利用の仕方!

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

子どもの送迎タクシーを利用する際は最初に最寄りの子どもの送迎をしてくれるタクシー会社に電話をしましょう。タクシー会社によってはスマートフォンのアプリも出しておりそこから申し込みなども可能です。

申し込んだら後は予約をするだけです。子どもにチャイルドシートの利用を希望する場合は設置などの準備に時間がかかるので時間に余裕をもって予約しましょう。また、タクシーの運転手の指名やケガをしてしまった子どもの送迎もしてくれます。

子どもの送迎タクシーの料金相場

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

子どもタクシーは非常に便利なことがわかりますが一番気になる料金はどうなるのでしょう。タクシー会社によって時間貸与制だったり、通常料金と予約料金や送迎料金がかかったりします。

時間貸与制の場合は1時間5,000円~のところが多く、予約料金や送迎料金は300円~のところが多いです。

都道府県別おすすめの子ども送迎タクシーを紹介!

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

それでは都道府県別におすすめの子ども送迎タクシーを見ていきましょう。もし自分の住んでいるエリアの近くにあるタクシー会社が記載されてましたらぜひ利用してみください。

東京都

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

東京はさすが都会というだけあって子どもの送迎タクシーの会社も他の地域に比べると多いです。

日本交通株式会社

日本交通株式会社というタクシー会社でも子どもの送迎タクシー「キッズタクシー」という名前のサービスをやっています。

新生児の退院、赤ちゃんの検診、塾や習い事の送迎、里帰り、羽田サポート送迎サービスなどさまざまな状況に応じてサービスを提供しています。小さい子どもにはチャイルドシートも用意してくれています。

料金は最初の一時間は5720円(運賃4650円、キッズチャージ620円)、その後30分ごとに2420円(運賃2110円、キッズチャージ310円)となっています。料金は一時間14.5kmを目安としていますのでそれを超える場合はメーター制料金もしくは定額料金が適用される場合があります。

kmタクシー

kmタクシーでも子ども送迎タクシーのサービスを実施しています。塾や習い事、実家への送迎などさまざまな場面で利用することができ、子どもにやさしい経験豊富なドライバーが迎えに来るので安心して子どもを任せることができます。

サービスの提供エリアは東京23区、武蔵野市、三鷹市となっています。詳しい料金などは電話やホームページよりパンフレットをダウンロードして確認してください。

こころタクシー

こころタクシーでは子育てタクシーというサービスを提供しています。子育てサポートプランが3種類あり、状況に合わせたものを利用することができます。

1つ目はプレママ・サポートです。出産前後の検診、母親学級や緊急時などに利用することができます。毎月の健診や2周回に一回の健診の移動が大変だったり、コンサートなどに出かけたいのに移動がつらい、混雑時に電車やバスに乗りたくない方にお勧めです。

2つ目はベビー・サポートです。まだ首の据わっていない赤ちゃんとのタクシー移動が不安だったり、タクシーの運転が乱暴だったらどうしようかと心配な方にお勧めです。女性ドライバーもいるので安心して送迎を頼むことができます。

3つ目は5歳以上から利用可能なキッズ・サポートです。兄弟姉妹がいるので送迎が大変だったり、突然の用事により迎えに行けなくなったりしたときにお勧めです。

大阪

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

大阪では株式会社国際興業大阪という会社がキッズタクシーというサービスを提供しています。営業エリアは大阪市(東淀川区、住吉区、東住吉区)、吹田市、摂津市です。出発地が左記のエリア内に限り、また往復の場合は往路出発地が左記のエリア内に限りますので注意してください。

気になる料金は時間制運賃となっていて30分ごとに2520円となります。チャイルドシートなどは一台目は無料ですが2台目以降は500円別途かかります。運行時間は7時~24時で予約は「モバくる」システムを利用すると24時間可能です。

名古屋

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

名古屋には名鉄交通というタクシー会社があり、そちらでも子ども送迎のサービスをしています。運賃は、距離制や時間距離併用運賃などあるので詳しくは名鉄交通に問い合わせてみてください。

福岡

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

福岡には珍しい子ども送迎タクシーがあります。近くにお住まいの方はぜひ利用してみてください。

子どもサポートタクシー

福岡では第一交通産業グループというタクシー会社が福岡市で「子どもサポートタクシー」というサービスを提供しています。ドライバーは子育てシッター育成講座を受けた人が対応するので安心です。

料金は通常の通常のタクシー料金で24時間365日対応しいます。ジュニアシートも予約を入れれば無料で、支払いも後払いなども可能で非常に柔軟な対応をしてくれます。

他にも北九州市、苅田町、行橋市、中間市、福岡市、久留米市、宮崎市、鹿児島市、周南市、下松市、広島市、米子市、神戸・尼崎地区、和歌山地区(和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市)、白浜・田辺地区、大津市、高島市、松本市西部・東部、仙台市、札幌市、函館市でも対応してます。

お住いの地域がありましたらぜひ、利用してみください。

ベロタクシー福岡

ベロタクシーとは「環境にやさしい交通」というコンセプトのもとドイツで生まれた自転車タクシーです。ドア・ツゥ・ドアのため楽しく安全に子どもの送り迎えを任せることができます。

気になる料金は30分以内で700円、45分以内で900円、60分以内で1100円、それに加え直径1km圏内ごとに100円かかります。時期によってはやっていないこともあるので、事前に電話などをして確認しておきましょう。

札幌市周辺では?

札幌市ではままたくというサービスがあります。チャイルドシートによる送迎を提供しています。幼稚園、保育園の送り迎えだけでなく夜中の病院移動などもやってくれます。詳しい料金やご予約などは光星ハイヤーに連絡してください。

恵庭市

恵庭市ではえにわっこ応援タクシー事業というものをやっています。この事業は子どもがいる家庭のさまざまな要望に応えるため、タクシーがより身近な乗り物となり気軽に外出しやすく、子育て家庭が安心して暮らせる町づくりをすることを目的にしています。

乳幼児連れの親子の外出のサポート、産婦人科や病院への送迎、小学生以上の塾などへのサポート、車内でのオムツ替え、絵本などの車内貸与、運転中のやさしい声かけなどさまざまなサポートをしています。

恵庭市内に居住する、18歳以下の子どもがいる家庭なら利用できます。また、千歳交通(株)恵庭支店、富士ハイヤー(株)、島松ハイヤー(株)、大和交通(株)恵庭支店の4社が協力してくれています。利用や料金についてはいずれかのタクシー会社に連絡してください。

一般財団法人全国子育てタクシー協会(全国)

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

一般財団法人全国子育てタクシー協会とは認定制の子育てタクシーです。(社)全国子育てタクシー協会が認めた優良会社で、協会指定の養成講座・保育実習を修了したドライバーのみが子育てタクシーのドライバーをしています。

子育てタクシーとは?

一般財団法人全国子育てタクシー協会では「子育てタクシー」というサービスを提供しています。こちらは全国各地でサービスを提供しています。4つのコースから状況に合わせたものを選ぶことができます。

このサービスは、一般社団法人全国子育てタクシー協会主催の子育てタクシードライバー養成講座課程を修了したドライバーが専門に乗務する、子どもだけでなくその保護者、また妊娠中の方にも優しいタクシーのことです。荷物が多くなりがちな外出のサポート、保育園や学童保育所、塾などに保護者の代行としてのお迎えなどに利用可能なサービスです。

ひよこコース

ひよこコースは通学、通園や通塾など子どもが1人で移動するときに利用することができるサービスです。子どもが1人で乗るのであらかじめ行き先を親が伝えておけばその場所まで運んでくれます。また、送迎が終わると報告が来るので安心です。

カンガルーコース

カンガルーコースは子どもと一緒に通院や、買い物などに行く際に利用することができます。あらかじめ伝えておけばタクシーのドライバーが荷物やベビーカーを玄関先にまで運んでくれます。

こうのとりコース

こうのとりコースが妊婦さんが利用することができます。子育てタクシーにあらかじめ出産予定日や産院などを登録しておけば送迎できる人がいないときに急に陣痛が来ても電話を入れれば迅速にかつ安全に病院まで送り届けてくれます。

ふくろうコース

ふくろうコースは夜間に子どもが夜中に急に熱を出したりなど救急車を呼ぶほどでもないが病院に行きたいときに利用できるコースです。自分で運転してもいいが子どもの様子を常に確認していたいという方にはぴったりのコースとなっています。

気になる料金はいったいいくら?

料金は地域によって違います。場所によっては全コース送迎料とタクシー運賃だけだったり、走行距離や走行時間によって変わってくるところもあります。詳しくはお近くの子育てタクシーに登録しているタクシー会社に問い合わせてください。

子ども送迎タクシーは非常に便利!

タクシーに乗車可能な子どもの人数・子ども送迎タクシー利用方法

ここまで子どもの送迎タクシーについてまとめてきました。非常に便利なサービスで車を持たないご家庭にはとっても良いです。ほとんどのドライバーが専門の研修を受けているので安心して子供を預けれる、安全運手が保証されているなどメリットもあり非常に頼もしいです。

ですがもちろんデメリットもあります。それは対応していない地域があることと急にタクシーを呼ぶことはできません。救急など以外では予約が必要になってきます。

そういったメリット・デメリットを念頭にしっかりと置いて子ども送迎タクシーを有効活用していきましょう。

Related