Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

丁寧な暮らしのルール・特徴・疲れたとき・うざいと感じる原因

丁寧な暮らしのルール・特徴・疲れたとき・うざいと感じる原因
丁寧な暮らしとは、こだわりを持って毎日を大切に過ごすという精神的な豊かさを重視した暮らし方です。多くの女性の憧れとなっていますが、近年丁寧な暮らしに疲れた・うざいと感じる人が増えています。今回は、丁寧な暮らしに疲れた。うざいと感じる原因を紹介します。

初回公開日:2018年10月1日

更新日:2018年10月1日

記事に記載されている内容は2018年10月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


丁寧な暮らしにうんざり

心地よいライフスタイルを追求する女性の間で注目を集めているのが「丁寧な暮らし」です。「丁寧な暮らし」とは、家事や料理を丁寧にこなし、素材感や季節感を大切にしながら日々を過ごす、というライフスタイルです。

「丁寧な暮らし」を実践している人のブログや書籍は大人気で、Instagramの「#丁寧な暮らし」というハッシュタグがついた投稿には、たくさんのいいねや賞賛のコメントがついており、反響を呼んでいます。

丁寧な暮らしに憧れる人がいる一方、「丁寧な暮らしに疲れた・うざい」という意見も年々増加傾向にあります。丁寧な暮らしが疲れる・うざいと感じる原因はどのようなものなのでしょうか。

今回は、定義が曖昧になっている丁寧な暮らしの特徴と、丁寧な暮らしが疲れた・うざいと感じる原因を紹介します。

丁寧な暮らしの特徴

書籍やブログ・ハッシュタグがついた投稿を見ると、古民家に済む人や北欧インテリアに囲まれている人、シンプルな部屋の人など、丁寧な暮らしにはさまざまなスタイルがあることがわかります。しかし、あまりにも多様化しているため、丁寧な暮らしの定義が曖昧になっている、という人も多いです。

そもそも、丁寧な暮らしとはどのような暮らしなのでしょうか。丁寧な暮らしを実践している人に共通する特徴を紹介します。

素材にこだわる

丁寧な暮らしは、素材にこだわるという特徴があります。

無農薬で育てられた有機野菜や肌触りがいいコットン、頑丈な木材でできた家具など、「丁寧な暮らし」を実践する人は、食材から身に付けるものに至るまで、徹底的に素材にこだわります。

素材にこだわることで、健康面に良い影響があったり、長く使い続けることができるなど、さまざまなメリットがあるため、丁寧な暮らしを実践している人は素材選びに妥協しません。素材選びに妥協しない姿勢が家族への思いやりに基づいていることから、多くの女性の憧れの的となっています。

手間を惜しまない

丁寧な暮らしは、手間を惜しまないという特徴もあります。

丁寧な暮らしは、便利な家電や調理の手間が省ける冷凍食品、洗浄力が強い洗剤などに頼らず、ダシをきちんととったり、雑巾と重曹・お酢などを使って掃除をするなど、手間をかけて家事を行います。

毎日こまめにやっていると習慣化してくるのでさほど手間に感じず、掃除も汚れが溜まる前に取り除くことになるので、手早く終わることができます。しかし、忙しい日が続くとついついサボりがちになってしまうので、丁寧な暮らしを実践する人は憧れの的となっています。

手作りできるものは手作りする

丁寧な暮らしを実践する人は、手作りできるものは手作りする、という人が多く見られます。

丁寧な暮らしを実践する人は、家庭菜園で野菜を育てたり、アクセサリーを作ったり、子供のおやつや服を手作りするなど、さまざまな物を手作りします。ドレッシングやジャム、化粧品など、「そんなものまで作れるの?」という物まで手作りするという人も少なくありません。

手作りするということを家族への愛情表現と捉える人もおり、手間をかけた時間=家族への愛情の深さということで「理想の家族」「良いお母さん」などと賞賛されます。

持たない

丁寧な暮らしを実践している人は、物を多く持たない暮らしをしている人も見られます。

丁寧な暮らしを実践している人の部屋は、一般的な家庭より物が少ないため、生活感がなくすっきりとした印象の部屋が多いです。物を持たない生活は一見不便ですが、生活感がなくおしゃれな印象になるので、憧れる人が多いです。

溜め込んだ不要な物を処分してすっきりと暮らす「断捨離」や、必要最低限の物で暮らす「ミニマリスト」がブームが追い風となり、丁寧な生活を実践する人の間にも、物を持たない生活が広まったと考えられます。

季節感を大事にする

季節感を大事にするというのも、丁寧な暮らしによく見られる特徴の一つです。

丁寧な暮らしを実践している人のSNSには、季節の花をこまめに購入し、玄関やリビングなどに飾って季節感を楽しむ、という投稿がよく見られます。季節感を大事にすると、季節によって変化する日々を感じることができ、生活をより楽しむことができます。

花を飾るだけでなく、お月見や七夕・桃の節句など、季節の行事も家族できちんと行うという人も多いです。

余裕がある

丁寧な暮らしを実践している人は、余裕があるという特徴があります。

丁寧な暮らしは、素材にこだわって物を選んだり、作れるものは手作りするなど、手間がかかるという特徴があります。一つの物事にかける時間がかなり長くなるので、丁寧な暮らしを実践している人は精神的にも時間的にも余裕がある専業主婦が多い傾向があります。

時間に追われている人にとって丁寧な暮らしはハードルが高く、余裕がないため真似をすることができない、という人も多いです。そのため、ゆったりと余裕がある丁寧な暮らしに憧れる人が後を絶たちません。

丁寧な暮らしのルール

丁寧な暮らしにはさまざまな特徴がありますが、いずれも生活に関わることに妥協せず、一つずつ丁寧に手間をかける、という暮らし方が丁寧な暮らしの定義といえます。さらに丁寧な暮らしには、「一定のルールを設けてそのとおりに生活する」という大きな特徴もあります。

ルールを守れば丁寧な暮らしを習慣化することができ、家族がいる家庭でも丁寧な暮らしを継続することができます。では、丁寧な暮らしのルールを紹介します。

一人暮らし

一人暮らしで丁寧な暮らしをしている人は、物を持ちすぎないというルールを設けている人が多いです。

一人暮らしは誰にも邪魔されず、自由な生活を送ることができます。自由度が高い反面、注意する人がいないので生活が乱れやすいというデメリットもあり、部屋が散らかったり、物が増える一方という人も多いです。

しかし、物を必要以上に持たないというルールも設けておけば、掃除がしやすくこまめに洗濯や洗い物をすることに繋がるので、部屋が散らかりにくくなります。

家族がいる人

家族がいる中で丁寧な暮らしを実践している人は、収納場所を定めるというルールを設けているところが多いです。

家族がいる人が丁寧な暮らしを実践するには、家族の協力が必要不可欠です。自分のスペースだけ片付けても、リビングやキッチンなど家族の共有スペースが散らかってしまう、というケースも少なくありません。

そこで、さまざまな物の収納場所を明確に定めてしまい、使ったら必ずその場所に収納する、というルールを定めておけば、出しっぱなし・散らかしっぱなしが減り、自主的に片付けを促すことができます。

特に小さい子供がいる家庭は、物を収納する場所を明確にするために、引き出しや棚などに何を入れるかひとつひとつラベリングをする、という人も多いです。手間がかかりますが、丁寧な暮らしを維持するために有効な方法です。

丁寧な暮らしをうざいと感じる人の原因

丁寧な暮らしは毎日が充実しているように見えるので、「あんな生活をしてみたい」と憧れる人が続出しました。ライフスタイルに憧れる人だけでなく、選び抜かれた生活用品がおしゃれなものばかりなので、おしゃれな雑貨やインテリアが好きな人からも支持されました。

しかし、近年丁寧な暮らしに疲れた・うざいという意見も多く聞かれるようになっています。多くの人から支持を受ける一方、なぜ丁寧な暮らしを嫌う人が現れるようになったのでしょうか。

丁寧な暮らしに疲れた・うざいと感じる原因を紹介します。

痛い

丁寧な暮らしに疲れた・うざいと感じる人は、丁寧な暮らしをしている人を「痛い」と捉えていることが一因です。

丁寧な暮らしを実践しているというと、それぞれの家庭のスタイルを尊重した暮らし方のように見えますが、一方で印象が似ているという点が指摘されています。ナチュラルなワンピースにフラットシューズ、琺瑯の鍋や北欧ブランドのカトラリーを使うなど、丁寧な暮らしが画一的なファッションスタイルとして認識されつつあります。

本当に丁寧な暮らしを実践しているのではなく、丁寧な暮らしをしている風を装っている人が増えたことが、「痛い」と感じる原因になっていると考えられるでしょう。

気持ち悪い

丁寧な暮らしに対して、「気持ち悪い」と感じている人も増加傾向にあります。

丁寧な暮らしは、昔ながらの普遍的な暮らし方を踏襲して現在に生かしたライフスタイルです。上の年代の人には「家事をしっかりこなす女性」として好意的に見られ、家庭的で暖かい生活ぶりに憧れる人も多いです。

しかし、ブログやSNSで逐一暮らしぶりを発信している人から、承認欲求や自己顕示欲を感じる、という人も少なくありません。丁寧な暮らしを自分の存在の誇示するために利用している人が増えていることから、丁寧な暮らしに気持ち悪い、と感じる人がいるといえます。

アンチが増える原因

丁寧な暮らしのアンチが増えている原因には、上記の理由以外にも「丁寧な暮らし自体ばかばかしい」と感じる人が多いことが関係しているといわれています。

丁寧な暮らしを実践しているのは、時間と精神的に余裕がある専業主婦が中心となっています。中には共働きで丁寧な暮らしを実践している人もいますが、デザイナーや料理研究家など、特殊な職業の人がかなりの割合を占めています。

丁寧な暮らしに憧れているけど、丁寧な暮らしができるのは時間と経済的に余裕がある人のみで、普通の人はできない、という側面が浮き彫りになったことが、アンチが増えた理由に繋がっていると考えられます。

丁寧な暮らし気取りの人の特徴

丁寧な暮らしを自分のライフスタイルとして実践している人もいますが、中には丁寧な暮らし気取りをしている人もいます。

丁寧な暮らしはSNSやブログなどで多く見られることができ、そのライフスタイルに憧れて実践してみようとする人も多いです。しかし、丁寧な暮らし気取りの人が横行していることから、アンチが増えたとの見解もあります。

では、丁寧な暮らし気取りの人とはどのような人なのでしょうか。丁寧な暮らし気取りの人の特徴を紹介します。

見栄っ張り

丁寧な生活気取りの人は、見えっ張りという特徴があります。

丁寧な暮らしを実践している人が使っている物は、厳選された確かな品質の物が多いです。手が届かない値段ではないけれど、家族全員分を揃えたらかなりの費用がかかる、という物も少なくありません。

丁寧な暮らしを実践している人が使っている食器やカトラリー・家具などを揃えて、あたかも丁寧な暮らしをしているかのように振る舞う人は、丁寧な暮らし気取りの人といえます。

自慢したい

経済状況や時間にゆとりがあることを自慢するために、丁寧な暮らしを気取っている、という人も多いです。

丁寧な暮らしは手間と時間がかかるので、時間と経済的余裕がある専業主婦を中心となっています。共働きで子育てと家事に追われている一般的な主婦には、丁寧な暮らしはハードルが高いと感じる人が多く、憧れていても諦めているという意見は少なくありません。

時間と経済的に余裕があることをアピールしたい人は、丁寧な暮らしを実践している様子をSNSに投稿して、いいねやコメントを多くもらおうとします。

丁寧な暮らしに憧れている

丁寧な暮らしに憧れていることから、丁寧な暮らし気取りをしている、という人もいます。

丁寧な暮らしをしている人はごく普通の専業主婦で、日々の暮らしぶりを綴ったブログやSNSがきっかけで有名になった、という人も少なくありません。

ゴージャスで飾り立てるライフスタイルとは違い、精神的豊かさを重視した丁寧な暮らしというライフスタイルは、多くの女性の憧れの的となっています。その暮らしに憧れて、丁寧な暮らしを気取っている人も多いです。

丁寧な暮らしに疲れたときの対処法

丁寧な暮らしに憧れている人は多いですが、丁寧な暮らしを実践しようとするとかなりの労力が必要になります。最初はなんとか続けていても、次第に疲れてしまいモチベーションが下がってしまった、という人も少なくありません。

丁寧な暮らしに疲れてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。対処法を紹介します。

SNSを見ない

丁寧な暮らしに疲れてしまったときは、SNSを見ないようにしましょう。

「#丁寧な暮らし」というハッシュタグは人気が非常に高く、投稿数も多いので、かなりの頻度で新しい写真が投稿されています。投稿を見ると羨ましくなってしまい、焦りを感じてしまうのこともあるので、極力SNSを見ないようにしましょう。

ブログやキュレーションサイトも見ないようにして、情報を一旦シャットアウトするのがおすすめです。

料理は手抜きをする

丁寧な暮らしに疲れたときは、無理せず料理を手抜きするようにしましょう。

丁寧な暮らしを実践している人は、レストランやおしゃれなカフェのような料理を手作りしている光景がよく見られます。しかし、多忙な人は毎日料理をきちんと手作りすることができない人も多く、共働きで子供がいる家庭ではさらにハードルが高いです。

丁寧な暮らしに疲れたと感じたら、冷凍食品や惣菜などを利用して料理を手抜きしましょう。おしゃれな食器にきれいに盛り付けるだけでも、冷凍食品や惣菜がぐっとおしゃれに見えるので、無理をしないことを優先させましょう。

便利な物に頼る

便利な物に頼るのも、丁寧な暮らしに疲れたときには有効な対処法です。

丁寧な暮らしを実践している人は、ほうきとちりとり・雑巾と重曹など、体に優しい物を使って毎日掃除をします。しかし、効率は必ずしもいいとは言えず、頑固な汚れは落とせない場合があります。

丁寧な暮らしに疲れてしまったときは、掃除機や洗浄力の強い洗剤など、便利な物に頼って家事の負担を減らしましょう。

手入れが大変な物を持たない

手入れが大変な物を持たないようにするのも、丁寧な暮らしに疲れたときの対処法の一つです。

丁寧な暮らしを実践する人は、素材にこだわって物選びをするという特徴があります。品質が確かな物を選ぶと長持ちしますが、長持ちさせるにはこまめな手入れが必要な物もあります。

品質が確かな物は魅力的ですが、手入れするのが面倒もしくは手入れを続ける自信がない場合は、持たないようにするという選択肢も有効です。安価でも手入れが簡単なものを選べば負担が減るので、丁寧な暮らしに疲れてしまったときにおすすめです。

身の丈にあったライフスタイルを選ぼう

今回は、丁寧な暮らしの特徴と、丁寧な暮らしに疲れた・うざいと感じる原因を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

丁寧な暮らしは、日々の生活をじっくり味わって過ごすライフスタイルです。昔ながらの生活の知恵を取り入れ、季節を意識しながら過ごす生活は、充実している印象を与えます。

丁寧な暮らしに憧れて挑戦してみたものの、現実的に全ての家事を丁寧にすることが困難だと判明して疲れてしまった、という人も多くいます。丁寧な暮らしにこだわりすぎず、身の丈にあったライフスタイルを送るようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related