Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

不安で眠れないときの原因・対処法|彼氏・彼女/状況別/泣く

不安で眠れないときの原因・対処法|彼氏・彼女/状況別/泣く
皆さんは不安な気持ちがつのりすぎて眠れなくなったことがありますか。この記事はその原因や対処法について紹介している記事です。生きていればさまざまなことがありますから、誰しも一度や二度経験があるのではないでしょうか。ぜひそんなときの参考にしてみてください。

初回公開日:2018年10月1日

更新日:2018年10月1日

記事に記載されている内容は2018年10月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


不安で眠れない時の原因

皆さんは、不安で眠れないという経験がありますか。

基本的に人はリラックスした状態でなければ眠りに落ちることができません。よほど寝不足であれば別ですが、悩みすぎて不安な状態が続くと眠ることができなくなります。

では、眠気がおとずれなくなるほどの不安の原因とは一体どんなものでしょうか。

ストレス

まずはストレスです。

ストレスは人の体にさまざまな影響を及ぼします。眠れないほどの不安を感じるというのもその一つです。これは男女年齢問わず誰しも共通して起こりうることで、ストレスの多い現代社会では避けて通ることができません。

人間関係

次に、人間関係がうまくいかず悩んでいる場合です。

人は社会に出て生活する生き物ですから、どんなに苦手な相手であっても避けられない場合が多々あります。ほとんどの方が何かしらの人間関係に悩んでいるのではないでしょうか。避けて通れないからこそ眠れないほど悩む方が多いのでしょう。

仕事のミス

次に、仕事のミスに思い悩んでいる場合です。

仕事のミスが忘れられず、家に帰ってからも思い悩んでしまう方に多いケースです。真面目な人ほど眠れない状態まで不安感をつのらせてしまいます。また、切り替えが苦手な方にも多いです。家に帰ったら「仕事のことを忘れる」という風に頭を切り替えられないことが原因です。

結婚ができない

次に、結婚ができないという不安から起こる場合です。

特に結婚願望の強い女性に多いのではないでしょうか。子供のころから結婚というものに憧れを抱いていた女性にとって、夢が叶えられない現実に不安がつのり眠れない状態になるということはよくあります。

子供ができない

次に、子供ができない不安感から起こる場合です。

結婚と同じくらい悩むことが多い問題で、眠れないほどの不安感をいだく原因の一つです。さらに女性の場合は出産年齢の問題もありますから、結婚よりもさらに悩みが深くなります。自分ではどうにもできないもどかしさも感じてしまい、眠れない状態になってしまう方は多いでしょう。

相手別不安で眠れないときの対処法

自分自身の場合は原因がわかっているため、対処の仕方も自分なりにベストな方法を考えることができます。では、自分ではなく相手が不安で眠れない場合は一体どうしたら良いのでしょうか。

これはなかなか難しい問題です。相手が何に悩んでいるかもわかりませんし放っておいてほしいと思っている可能性もあります。しかし、心情としてはなるべく力になりたいし放っておけない気持ちにもなります。

絶対にこうだという対処法というのはありませんので、相手の様子を見ながら考えるのが一番ではないでしょうか。

彼氏・彼女

一番難しいのが恋人同士の場合です。

彼氏や彼女と一緒に寝ていて相手がなかなか眠れないことを察知したらつい声をかけてしまいます。恋人ですし悩んでいる様子を見たら心配になってしまうので当然でしょう。

しかし、それが必ずしも良いこととは限りません。恋人同士というのは家族とは違いますし、まだそこまで胸の内をさらけだせる関係ではありません。また、相手のことについて悩んでいる可能性もあります。

この場合、相手の性格や態度をよく見てから行動することが重要です。普段から話を聞いてほしいタイプなのか、今の状況はどの程度深刻なのかなど、相手の様子や性格から判断することです。

人によって違いますから「こうすれば正解」という絶対的な答えはありません。とにかく相手を思いやることが大切です。

状況別不安で眠れないときの対処法

眠れない時の対処の仕方は状況によっても変わってきます。

不安の原因である悩みごとは人によって違いますから当然です。特に女性の場合は妊娠や出産といった人生にとって大きな分岐点があり、このあたりが一番不安定な時期ではないでしょうか。

妊娠初期

妊娠初期は人によってまだ出産するということに実感がわかない時期で、心が追い付いていない方も多いでしょう。

また、体調の変化というのも表れてくる頃です。症状も人によって違い、不眠とは逆にすごく眠くなってしまう方もいます。しかし、体調の変化と気持ちの整理がつかない不安が重なってなかなか眠れないという方も多いです。

そういう方はまず自分の体調を気遣うことからはじめましょう。

妊娠は病気ではありませんが、具合が悪いとどんな人でも弱気になってしまいます。まず最初に自分の体をストレスから遠ざけリラックスした状態に持っていってください。気持ちの整理はそのあとにしましょう。

産後

産後も女性にとって不安定な時期です。

そもそも子供の泣き声で眠れないという状態の方も多いでしょう。そういう場合は周囲に助けを求めることが大切です。信頼できる家族の支えがあった方が心強いですし、そうすることによって睡眠もきちんととれるようになります。

しかし、責任感の強い人などはそれでも不安を感じてしまうのではないでしょうか。そういう方は「自分が倒れてしまうこと」を思い浮かべてみてください。無理をして自分自身の体を壊してしまっては元も子もありません。

自分一人では限界がありますので、ぜひ周囲を頼るということも頭にいれておきましょう。

不安で眠れないときの対処法

それではここからは不安で眠れない方全般に向けた対処法を紹介していきます。

一番良いのは不安の原因を取り除くことですが、そう簡単にはいかないのが現実でしょう。そこで次に良いのが不安を紛らわすことです。どうしたら自分がすっきりするか、またどうすれば気持ちを切り替えられるかを考えてみましょう。

泣く

まずは泣くことです。

大人になると特に我慢が多くなります。子供の頃と比べて泣くことが少なくなってしまったと感じる方は多いのではないでしょうか。実は思い切り泣くというのはストレス発散に最適です。抑え込んでいた感情を吐き出し涙として押し流す効果があります。

また、思い切り泣くとすっきりして眠気がおそってくることも多いです。眠れない方にとってもとても良い方法だといえるでしょう。

読書

次に、読書をすることです。

この方法は向き不向きがあり、夢中で読みふけってしまうタイプの方にはあまり向いていません。どちらかといえば普段そこまで本を読まない人で、活字を追っているうちに眠くなるタイプの方に向いている方法です。

注意点としては、スマホやタブレットなどでは読まないことです。スマホなどの光は睡眠に逆効果で、余計に眠れない状態になってしまいます。できれば本を開いて読むようにしましょう。

音楽を聴く

次に、音楽を聴くことです。

音楽にはさまざまな種類がありますから、自分のリラックスできそうな曲を聴くのが一番です。とはいえ、ハードロックが好きだからとそのような曲を流し続けてもなかなか眠れないでしょう。選曲は慎重にしなくてはいけません。

おすすめはゆったりした曲調のクラッシックなどです。心地よい曲を流しながら読書をするとリラックスした気分になれますし、不安な気持ちを和らげる効果もあります。

温かい飲み物

次に、温かい飲み物を飲むことです。

冷たい物でも良いですが、温かい飲み物の方が眠る前には効果的です。ゆっくり飲んで心を落ち着かせましょう。注意点としては、コーヒーなどのカフェインが入っている物は避けるようにしてください。体質にもよりますが、余計に眠れない状態になってしまいます。

不安で眠れないあなたへ

「眠れないときは羊を数える」という方法を聞いたことがある方も多いでしょう。

しかし、不安で眠れない場合は主にその不安から気持ちをそらせることが重要です。羊を数えて気分が落ち着く方には有効ですが、大体人というのは単調なことをしていると意識が別の方にいきがちです。

気付いたらまた不安なことについて延々と考えてしまって眠れない、なんてことになりかねません。まずは頭をまっさらにすることです。

自分自身がリラックスできる方法を見つけ出しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related