Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

88夜とはいつか・茶摘みでの88夜・数え方・歌・目安|新茶

88夜とはいつか・茶摘みでの88夜・数え方・歌・目安|新茶
「88夜」とはいつなのでしょうか。また、茶摘みとはどのような関係があるのでしょうか。このぺージでは、「88夜」をテーマにして、目安となる日付や数え方、歌や茶摘み・新茶との関係などについて、考察・ご紹介しています。ぜひ、参考にしてみて下さい。

初回公開日:2018年10月16日

更新日:2018年10月16日

記事に記載されている内容は2018年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


何のこと?いつを指す?「88夜」について

日本には、独自の暦の数え方や伝統などが、古くから存在しています。近年では使われない暦の数え方なども多数存在しており、日本人であっても、数え方を知らない暦や日付などは、現代社会には多数存在していると言えそうです。

「88夜」もまた、日本人も理解しきれていない暦の1つだと言えるでしょう。お茶の葉や茶摘みに関する話題で耳にすることが多い「88夜」ですが、何を指す暦で、一体いつのことなのか、よくわからないという方も少なくないと予想できます。

そこで今回は、「88夜」をテーマにして、88夜がいつなのか、また茶摘みで使用される「88夜」とは何を指すものなのかといったことについて、考察・ご紹介していきます。

「88夜」の意味

まずは、「88夜」とは何なのか、言葉そのものの意味について、確認していきます。

「88夜」の意味について、「コトバンク」では、以下の引用のように説明しています。引用の内容から、「88夜」とは、雑節と呼ばれる暦の1つであると、読み取ることが可能です。お茶摘みや養蚕などの時期でもあるため、農家として働いている方にとっては、多忙な時期でもあるとされています。

雑節の一。立春から88日目の日。現行の太陽暦では5月2日頃で、野良仕事・茶摘み・養蚕などで農家は忙しい。

出典: https://kotobank.jp/word/%E5%85%AB%E5%8D%81%E5%85%AB%E5%A... |

88夜とはいつか

「88夜」という言葉そのものの意味について学んだところで、続いては88夜とはいつからなのか、考察していきます。

上記でもご紹介したとおり、88夜は雑節の1つですが、現代では数え方や暦のいつにあたるのかが、あまり知られていません。ですからこの機会にぜひ、88夜がいつなのか、考えてみて下さい。

いつから

「88夜」がいつからなのかについては、上記で引用した「コトバンク」の解説でも、説明されています。

「88夜」は、立春から数えて88日目にあたる日を指すと言われています。しかし、立春の日付は、毎年固定されているものではありません。そのため88夜も、毎年日付が決まっているわけではないとされています。

しかし、88夜は毎年、大体5月にの上旬になるケースが多いと言われています。

88夜は春

上記でも述べたとおり、88夜は毎年、5月のはじめ頃になると言われています。そのため、「88夜」とは、春の暦を表現する言葉の1つだと考えられ、春を表現する際にも、使用される言葉だと考えられそうです。

特に、茶摘みなどで使用されることが多く、後述でもご紹介していく、歌にもなっています。

茶摘みでの88夜とは

冒頭から何度か触れていますが、「88夜」という言葉は、茶摘みと関連が深い言葉だと言われています。茶摘みに関する話題や歌で、「88夜」という言葉を耳にしたことがある方も、少なくないでしょう。

そこで続いては、茶摘みと「88夜」の関係性について、考察していきます。

新茶

「88夜」という言葉を聞いて、新茶をイメージする方も、多いと考えられます。

しかし実際は、88夜が新茶を摘み取る目安になることはあっても、必ずしも88夜に新茶を摘み取るわけではないとされています。

新茶を摘み取る時期は、お茶の種類や栽培している地域、天候によっても異なると言われています。ですから「88夜」は、新茶を摘み取る単なる目安の1つだと考えられそうです。

伝説

上記では、新茶は「88夜」に必ず摘み取られるわけではなく、「88夜」は単なる期間や時期の目安の1つであると、ご紹介しました。しかし、新茶を摘み取る時期以外にも、「88夜」と新茶には、深い繋がりがあるとされています。

88夜に摘み取った新茶は、縁起物として、古くから親しまれてきたという説も存在しています。88夜の新茶は、不老長寿などに効果があるという伝説もあり、このような話から「88夜」と新茶が深く繋がっているイメージをお持ちの方も、多いと考えられそうです。

88夜の歌

続いては、「88夜」に関する歌について、考察していきます。

88夜がいつで、どのような日なのか、よくわからないという方でも、「88夜」という言葉は聞いたことがあるという方も、少なくないでしょう。「88夜」という言葉が有名になった理由の1つに、歌の存在が挙げられます。どのような歌なのか、この機会にぜひ確認してみて下さい。

曲名は「茶摘み」

「88夜」という言葉が歌詞に登場する歌の中でも、特に有名なのが、「茶摘み」という歌です。「茶摘み」は、日本の唱歌として古くから歌われており、学校などでも合唱や授業の一環として、取り扱われています。

「茶摘み」という曲は、「労作歌」と呼ばれることもあり、茶畑などで仕事をする際に、作業をしている人々が歌っていた歌である可能性もあると言えそうです。

「茶摘み」の歌詞

続いては、「茶摘み」の歌詞について、考察していきます。「88夜」という言葉が、「茶摘み」の歌に歌詞として登場するのは、冒頭部分となっています。「88夜」という言葉を耳にしたことがある人が多い理由の1つとして、有名な曲の冒頭部分に登場するためという理由も考えられそうです。

「茶摘み」の冒頭部分の歌詞は、「夏も近づく88夜」となっています。「茶摘み」の上記の歌詞の部分を、メロディーとともに口ずさむことができるという方も、多いと予想できます。

88夜の目安

続いては、「88夜」が毎年大体いつくらいなのか、目安についてご紹介していきます。

上記で、「88夜」という言葉の意味を確認する際に、「コトバンク」に掲載されている解説を引用しました。上記に引用してある「コトバンク」の解説によると、「88夜」は太陽暦においては、大体5月2日頃になることが多いとされています。

ですから、「88夜」がいつなのかの目安としては、5月の上旬、特に5月2日前後を目安にすると、わかりやすいと考えられそうです。

88夜の数え方

最後に、88夜の数え方について、考えていきます。

「88夜」という言葉の響きや使用されている文字から、どこかの日付から数えて88日目の夜だと連想する方は、多いと予想できます。また、88夜の数え方は、上記のような考え方で数えて、問題ないと言えるでしょう。

しかし、いつから数えて88日目の夜なのか、基準や定義を知っている人は、案外少ないと予想できます。後述で、88夜がいつから数えて88日目の夜なのか、詳しくご紹介していくので、参考にしてみて下さい。

立春から数えて

結論から申し上げると、「88夜」は、立春から数えるのが一般的だとされています。ですから、「88夜」とは、立春の日から数えて、88日目の夜にあたる日を指す言葉だと言えそうです。

立春は、おおよその時期は決まっているものの、記念日や祝日のように「毎年○日」と定められているものではありません。そのため、年によって、日付が前後することがあります。

ですから、立春を基準に数える88夜もまた、日付は年によって多少異なる可能性があると言えそうです。

「88夜」を理解して日本の文化を学ぼう

いかがでしたでしょうか。今回は、「88夜」をテーマにして、88夜がいつなのかや、88夜と新茶の関係性、88夜の歌や数え方などについて、考察・ご紹介しました。

「88夜」という言葉は、歌の歌詞などで、耳にしたことがあるという方も、少なくないでしょう。しかし、「88夜」がいつであり、何の日なのかといったことについて、知っているという方は、あまりいらっしゃらないと考えられます。

立春から数えて、88日目を指す「88夜」という暦は、日本の文化の1つとも言えます。また、日本の伝統の1つであるとも言えるでしょう。

ですから、この機会にぜひ、「88夜」がどのような日で、どうやって計算するのかなどについて覚え、日本の文化や暦、伝統などについて考えてみることをおすすめします。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related