Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

付け届けの意味と相場・お寺への付け届けの書き方・病院への相場

付け届けの意味と相場・お寺への付け届けの書き方・病院への相場
お寺や医師へ付け届けをするとよく聞きますが、必ず行わなければいけないわけではありません。しかし、気になったら付け届けはいくら包めば良いのか迷います。前もって付け届けの金額相場がわかれば、品物にするかお金を包むか判断するのに楽ですので、シーン別に紹介します。

初回公開日:2018年9月20日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


付け届けの意味と使い方

世の中上手に生きていくには、付け届けは必要悪と言われています。欧米ではドライな考え方をしていますが、お礼という形で行う人もいます。

付け届けの意味としては、感謝や何かお願いや依頼をした時のお礼として他人に対して行います。付け届けの別の言い方として、袖の下という言い方があります。普段何気なくしている付け届けの行為の中には袖の下に近い形もあります。

付け届けの使い方

付け届けと一口に言いますが、どのような時に付け届けをすればいいのでしょうか。一般的に付け届けは、お世話になった人に対して品物やお金で謝礼の意味で行います。

普段からお世話になっている方へ、これからもよろしくお願いしますという意味でも使います。盆暮れの付け届けという言い方もあり、お中元やお歳暮も贈る相手によっては付け届けとなります。

付け届けの使い方として、お寺や医師また習い事をしている人は師匠や先生に対して使います。

付け届けと心付けの違い

よく間違えやすいのが、「付け届け」と「心付け」の違いです。どちらも、同じように思いがちですが実際にはまったく違います。

心付けというのは、結婚式などでその時だけお世話になる人に対して気持ちで少額を渡す行為です。しかし、付け届けはその時一度だけではなくこれからもお世話になる相手に対して義理で行なったりします。

お寺への付け届けの書き方

菩提寺はいつも先祖がお世話になっているお寺で、いずれ自分や子供がお世話になる所でもあります。お寺の宗派や地域によっては、年間に何度か決まった額をお寺に持参することがあります。

お寺への付け届けは、一般的に何と書いて渡せばいいのでしょう、お中元やお歳暮もお寺への付け届けになります。お寺に付け届けを渡す時には、表書きの書き方が宗派によって違いがありますが、一般的な書き方は何と書くのでしょうか。

表書き

お寺への付け届けは全て、「お布施」や「御布施」という書き方をします。布施とは、分け与えるという仏教の教えが元になっています。

御布施は、お彼岸やお盆でお寺の法要に参加した時に持参したり、前もってお寺に持参して渡すこともできます。お寺で彼岸やお盆の法要が行われいた時に、参加していた時であれば受付に出せば問題はありません。

お寺への付け届けの金額の目安

付け届けで一番迷い困るのが、いくら包めばいいのか金額の相場が解らないことです。あらかじめ、付け届けにいくら包んで行けば良いのか解れば助かります。

日蓮宗は、全ての金額がある程度決まっています、お寺へ問い合わせれば教えてもらえます。
他の宗派では、お寺に問い合わせてもお気持ちでいいですと言われることが多いです。一般的には、お寺への付け届けはいくら位が相場なのでしょうか。

年末

お寺に限らず年末の付け届けを行う人は多く、本年度中のお礼と来年もよろしくお願いしますという気持ちを込めて持参します。

一般的な付け届け(お布施)の相場は、地位や立場によって変わりますが「3,000~10,000円」と言われています。お寺への付け届けとして、お布施ではなく品物を持っていく方もいます。

お金と品物の両方持参する方もいますから、基準や相場はあってないようなものなのでしょう。

年末以外に付け届けはするのか

お寺への付け届けは、年末だけではなくお盆や彼岸にも行います。地方によっては、お米代として2~3,000円位を包んでお寺に持参するところもあります。

お年賀やお中元そしてお歳暮をお寺に持っていく習慣があるところもありお寺への付け届けはさまざまです。春と秋の彼岸やお盆に檀家回りをするお寺もありますから、そのつどお布施という形で付け届けを渡すことになります。

病院への付け届けの相場

普段病院へ掛からない丈夫な人もいますけれども、風邪を引いたり花粉症などでも病院に通う人もいます。病院に通った経験がある人は、医師を信頼して病気や怪我を治していきます。

医師や看護師に対してお礼や感謝または、手術前にお願いしますという願いを込めて付け届けを行います。医者や看護師への付け届けの相場は地域によっても違います。

大学病院の医師に対して渡す付け届けの金額と、その他の病院や診療所で渡す付け届けの額でも違いがあります。

大学病院など大きい病院の医師に対しては、50,000円~100,000円が相場です。現在大学病院は、紹介状がなければ診察はしてもらえません。紹介状を書いてもらう時の付け届けは50,000円が相場となっています。

入院

昔は医師に対して必ず付け届けを渡していました。普通のサラリーマンに比べたら医師は高額の収入があると考えられています。米国では医師に対して、技術料という形で医療費に上乗せされ高額な金額を支払うシステムです。

日本の医師も雇われているので、高額な報酬をもらっている人ばかりではありません。医師への付け届けは、考え方や病院の決まりにもよりますが受け取る医師と受け取らない医師がいます。

入院や手術をする人が渡す付け届けの金額相場は、大きな病院では5万円~10万円が相場です。入院しても手術をしなければ、多額に付け届けをする必要はなく3万円~5万円が相場となっています。

通院

病院の医師は開業医であれば、移動することもなく始めから最後まで治療や診察をしてもらえます。しかし、勤務医は移動することがあり同じ人が最後まで見てくれるわけではありません。

患者は通院が長くなればお年賀やお中元、お歳暮を贈り、何か特別な便宜を図ってくれたらお礼の意味で付け届けをします。通院だけの時は、付け届けの相場として3万円~5万円といったところです。

病院への付け届けはどこまで行うのか

病気や怪我で入院したり通院して医師のお世話になった時、付け届けはどこまで行えば良いのかまたいつ渡せば良いのでしょうか。怪我や病気で手術をした時は、麻酔科医や看護師などお世話になる人は多くなります。

看護師で担当の人やナーステーションへは、お菓子など品物でお礼を込めて付け届けを行う人が多いです。入院の挨拶に行った時に付け届けを行う人もいますが、入院が決まった時に医師に付け届けをした方がその後便宜を図ってくれる可能性があります。

お寺への付け届けの回数

お寺との付き合いはお金が掛かると一般的に言われています。管理費も含めて、年賀や盆暮れの付け届けなど年間を通してお寺への付け届けの回数は何回くらいでしょうか。

お寺への付け届けは、年初めの「年賀」と「春秋の彼岸」と「お盆」の4回がお寺への付け届けの基本です。お寺へは付け届けの他に、お墓の管理費やお寺の修理なども檀家に負担が掛かかってきます。

仏教には色々な宗派がありますが、各宗派にはそれぞれのやり方があり付け届けの回数も変わります。また、地域の習慣によっては付け届けの回数も金額の相場も違ってきます。

宗派によるお寺への付け届けは

お寺への付け届けもあまり必要がない宗派もあればお寺への付け届けが以外と多い宗派もあります。付け届けが多い宗派は、お金が掛かるので檀家にとってかなり負担となっています。

最近では、檀家制度の無い霊園を選ぶ人や樹木葬などを選ぶ人も増えてきました。お寺の墓地内に、樹木葬のスペースを設けたりしているお寺もあります。お寺への付け届けは、各宗派ごとにまた地域によって風習や制度が違います。

付け届けとお布施の違い

お寺の場合付け届けという形であっても、お布施(御布施)として表書きに書き持参するのが普通です。付け届けは感謝やお礼としてお金や品物を渡しますが、お布施(御布施)は人に分け与えるという意味があります。

御布施にしても付け届けにしても、持っていく人にとっては意味は同じです。義理でお寺に納めるという人もいますので、決まっているから仕方ないという気持からです。

お寺や地域によっては、付け届けは品物でお布施(御布施)は現金で渡す習慣のところもあります。

習い事の先生への付け届け金額

茶道や華道を習うと付け届けが大変だと言います。盆暮れの付け届けの他に先生の誕生日や発表会でも付け届けを渡すからです。華道や茶道は、スキルアップや花嫁修業として今でも習う女性は多くいます。

付け届けも大変ですが、習い事は着物で行われ、一式揃えなければいけないので、気持ちに余裕がなければ習い事は難しいです。

習い事の付け届けは、子供の習い事と大人の習い事では付け届けの金額に違いはあるのでしょうか。

子供や大人のお稽古でも付け届けは必要か

子供の稽古や大人の稽古では、付け届けは必要なのでしょうか。他の人がお年賀や盆暮れの付け届けをしていれば、子供のことを考えて親としても付け届けをした方がいいと考えるのが自然です。

大人の習い事の稽古では、月謝の他に付け届けとして先生の誕生日にもプレゼントとして付け届けをしているところもあります。人間関係をスムーズに進めることができるので他の人が付け届けをしていれば一緒に合わせる人もいます、もちろん付け届けをしない選択もあります。

華道や茶道ではいくら

華道を習う人の多くは、お花を綺麗に生けることができたら良いだろうと考えて習い始めたりします。華道は材料費も必要になりますが、発表会などでの付け届けも必要になります。

それは、茶道でも同じです発表会などでの付け届けの相場としては、5,000円~30,000円が相場と言われています。習い事の年賀や盆暮れの付け届けでは、3,000円~10,000円が相場となっています。

付け届けは何を贈る

普通に暮らしていると、普段は気にならないことですが自分や家族が入院したりお寺との付き合いができた時に、付け届けというとお金を包むと考える人が多いです。

実際に、お寺への付け届けはお布施(御布施)という形なのでお金を包んでいれます。他に品物で納める人もいますが、ほとんどの人がお金で付け届けをしています。

病院の医師の場合は、品物は盆暮れや年賀に品物をよくもらうので品物を贈ってもあまり喜ばれません。最近では、商品券を贈る人が多く現金ですと少額を包みにくいですが、商品券ならばあまり気にせず渡せるからです。

付け届けは自分や家族がお世話になるためのもの

付け届けは昔からある習慣です。菩提寺への付け届けはご先祖がお世話になっていることや自分や子孫がお世話になるから行います。また、お寺への付け届けには先祖に徳を回向して自分も同じ徳をもらうために行う意味もあります。

医師に対しても習い事の先生に対しての付け届けも、家族や自分にとって必要だと感じて行っている習慣です。無理をして付け届けをする必要はないですが、付け届けの相場は気にせずに気になったら気持ちだけ渡せば良い程度で気軽に考えてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related