Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

うなぎの日はいつか・由来・おすすめのおかず・作った人・読み方

うなぎの日はいつか・由来・おすすめのおかず・作った人・読み方
「うなぎの日」毎年夏になると話題になります。一般的には「土用の丑の日」という言葉で目にします。うなぎを好きな方は多いのではないでしょうか。この記事ではうなぎの日はいつなのか、由来、作った人、レシピについて紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

初回公開日:2018年11月12日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年11月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


うなぎの日とは

毎年夏になると話題になる「土用の丑の日」ですが、実は「うなぎの日」のことを指します。では、なぜ「土用の丑の日」が「うなぎの日」になったのか、その理由や由来などは知らない人が多いでしょう。

うなぎの日である「土用の丑の日」について読み方や、由来、作った人、おすすめのレシピなどをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

土用の丑の日はうなぎの日

「土用の丑の日」は「どようのうしのひ」と読みます。一般的に土用の丑の日はうなぎを食べる日とされていて、スーパーマーケットなどでうなぎがたくさん店頭に並んでいるのを目にします。

「土用の丑の日」の「土用」と「丑の日」という言葉にはどういう意味があるのでしょうか。

土用とは

「土用」は立春、立夏、立秋、立冬それぞれの直前の約18日間を示す言葉です。そのため実は土用という期間は一年に4回あることになります。

下記のリストはそれぞれの土用の期間を示したリストです。

土用の期間

  • 立春(2/4頃):1/17~2/3頃
  • 立夏(5/5頃):4/17~5/5頃
  • 立秋(8/7頃):7/20~8/6頃
  • 立冬(11/7頃):10/20~11/6頃

丑の日とは

「丑の日」の「丑」は十二支の丑です。昔は暦を十二支で「子、丑、寅、卯、...」のように数えていました。つまり、12日ごとに丑の日が来ます。現在では月、火、水、木、金、土、日、と7日周期で数えていますが、その12日版と考えればわかりやすいです。

2019年は何日?

2019年のうなぎの日は1月28日・4月22日・5月4日・7月27日・10月31日です。中でも夏の時期に当たるうなぎの日は7月27日です。このように1年に何回か土用の丑の日は訪れますが、うなぎの日として印象が強く、世間で話題になるのは夏の時期の土用の丑の日です。

うなぎの日の由来

うなぎの日の由来は2つの説があり、それらを簡単にご紹介します。

うなぎの日の由来①

うなぎの日の由来は江戸時代にまで遡ります。江戸時代のうなぎ屋は夏にうなぎが売れなくなることに悩んでいました。その理由はうなぎの旬が冬であったからです。そこでどうにかして夏にもうなぎを売りたいとある人物に相談したところ、「本日丑の日」という張り紙を店頭に張ればよい、と提案されました。

一見よく分からない解決策ですが、当時、「丑の日」に「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしないという風習がありました。そのため、うなぎ屋に「本日丑の日」と張れば、それを見た人が「今日は丑の日か。何か「う」のつくものを食べようかな。お、この張り紙がしてあるところはうなぎ屋じゃないか。食べていこう。」と考えるだろう、ということです。

うなぎの日の由来②

当時の江戸時代を詳説した『里のだまき評』という書物があります。その中に「土用の丑の日にうなぎを食べると滋養になる」という記述があり、それをきっかけに「土用の丑の日」にうなぎの蒲焼がよく広く売られるようになったと言われています。

そのため「土用の丑の日」が「うなぎの日」として認知されるようになりました。

うなぎの日を作った人

このように「うなぎの日」として丑の日を提案した人物として、また、『里のだまき評』の著者であるのが、蘭学者の平賀源内です。

どちらの説でも平賀源内が由来となっています。平賀源内はうなぎの蒲焼を愛しており、特に江戸前のうなぎの蒲焼を他のうなぎの蒲焼と比較して美味であるとしています。また他の書籍の中では「うなぎの蒲焼が無い生活など考えられない」とまで記してあります。

うなぎの日の読み方

一般的にうなぎの日とされている「土用の丑の日」。あまり見慣れない漢字が使われています。「土用の丑の日」の読み方は「どようのうしのひ」です。丑の漢字は干支にも使われています。

うなぎの日におすすめのレシピ

うなぎの日にうなぎの蒲焼を食べるのもいいですが、たまにはうなぎを使った別の料理を作ってみるのも新しい発見があっていいことです。蒲焼以外のうなぎを使ったレシピをご紹介します。

ミョウガごはんの鰻チラシ

うなぎの日にはうなぎの蒲焼が定番ですが、蒲焼を使ったアレンジレシピです。夏の暑さに負けないためのスタミナごはんです。ミョウガやショウガなど薬味をたくさん入れた薬味ご飯なので食欲がない時もさわやかで食べやすいレシピです。

こってりなうなぎも卵を乗せてちらし寿司風でさっぱりいただけます。うなぎは食べたいけど、こってりはちょっとと思ったときに最適です。

【材料】
鰻蒲焼き 1尾
卵 2個
塩 ひとつまみ
砂糖 小さじ1/2
米 2合
刻み昆布 5g
新しょうが 15g
みょうが 2個
大葉 5枚
カイワレ 適量

【作り方】
1.米はといで刻み昆布と2合目の目盛りまで水を入れ炊き、炊き上がったらさっくりと混ぜてぬれ布巾等をかけ冷ます
2.ミョウガ、新しょうが、大葉は千切りにし、冷ましたごはんに加え混ぜる
3.卵はボウルに割り入れ、砂糖、塩を加えとき、フライパンで炒り卵にする
4.ごはんを器に盛り ⑤の炒り卵、食べやすい大きさに切った鰻をのせ、カイワレを彩りでのせる
お好みで鰻のタレをかけて。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/38407/recipe/936121 |

うなぎうどん

うなぎの蒲焼をトッピングしたうどんです。うなぎの日と言われる「土用の丑の日」には「う」から始まるものを食べると夏負けしないという風習がありましたが、このレシピは「うなぎ」と「うどん」の2つを同時に食べられます。うなぎとご飯の組み合わせに飽きてきた方は少し違ったうなぎを楽しめます。

【材料】
うどん(生またはゆで) 2玉
うなぎの蒲焼き(市販品) 1枚
ねぎ 1本
めんつゆ(ストレート) 適量

【作り方】
1.うなぎの蒲焼きは半分にカット。
2.ねぎは小口切り。
3.うどんをゆでて、やわらかくなったらざるにあげ、水でもみながら冷やしておく。
4.器に3を盛り、1、2をのせ、食べる直前にめんつゆをかける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1294539 |

うなぎ入り~!茄子のまるごとはさみ揚げ♪

うなぎの日に普通のうなぎの食べ方に飽きてきた人には茄子にうなぎを挟んで揚げた茄子の丸ごとはさみ揚げがおすすめです。お酒が好きな人はご飯はあまり食べないので、お酒のおつまみにもピッタリです。茄子に挟まったうなぎと、枝豆がアクセントになって見た目にもおいしいレシピです。

【材料】
茄子 2本
はんぺん 120g
枝豆(茹でたもの) 正味30g
ヤマサ昆布つゆ 大匙1/2
うなぎ 50g
小麦粉 適量
【仕上げのかけつゆ 】
#ヤマサ昆布つゆ 大匙5
#水 大匙5
揚げ油 適量

【作り方】
1.うなぎは、約1cm角に、切る
2.ボールに、はんぺんを入れ、ヤマサ昆布つゆを加え、手でよく混ぜる
3.②に、枝豆
①も加え混ぜる
4.なすは、がくの周囲に包丁を一周入れひらひらした部分を取り除き、へたは残し、縦半分に切り目を入れます
5.なすの切れ目に、小麦粉を薄くふるいかけ、③を挟みます(詰めた③が少し見える位にし、詰めすぎない)
6.170度~180度の揚げ油で3~4分、全面を菜箸などで、返しながら、揚げます
7.油をきり、器に盛り付け、#をかけます
8.そのまままるごと
食べるか、食べやすい大きさに切り分けてお召し上がりください

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/90987/recipe/1053471 |

美味しく食べる豆知識

うなぎを使ったレシピを紹介してきましたが、うなぎを美味しく食べる豆知識をご紹介します。実はうなぎを食べるときは、お腹の身から食べて、尻尾を最後に食べると美味しくいただけます。なぜかというとこれはお腹の身よりも尻尾の身の方が脂がのっているからなんです。

うなぎを食べるときはお腹から尻尾に向けて食ベてみてください。いつもと違ったおいしさを感じられます。最後に脂っぽく終わるのが苦手な方は最後に尻尾は食べずに、お腹の身を食べるようにした方がよいでしょう。

うなぎの日のおすすめのおかず

うなぎの日にうなぎを使ったメニューを出すのは決まっていますが、それと一緒にどんなものを付け合わせとして出したらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。ここでは、どんな付け合わせがうなぎと合うのかを紹介していきます。

付け合わせの定番

うなぎはこってりしているので定番の付け合わせと言えば、お漬物や酢の物と言った口の中をさっぱりさせてくれる付け合わせです。ちょっとした箸休めにもなりますし、うなぎの日にうなぎと一緒に買って帰るのもいいでしょう。

具体的には、たこときゅうりの酢の物や茄子ときゅうりの浅漬け、奈良漬などがあります。お好きなお漬物や酢の物をうなぎと合わせていただいてみてはいかがでしょうか。

お吸い物

付け合わせには欠かせない汁ものですが、うなぎにはさっぱりとしたお吸い物が合います。本来うなぎの付け合わせとしては「肝吸い」という汁物がありますが、自分で作るのは少々難しそうです。お吸い物なら簡単に作れますのでぜひ付け合わせとしていかがでしょうか。

具体的には、麩とわかめのお吸い物やシジミのお吸い物、さらに手軽なインスタントのお吸い物でも合うでしょう。

もう一品

うなぎと漬物、汁物では足りない方もいます。もう一品何か欲しいなというときのために、うなぎと一緒に食べても合う付け合わせをご紹介します。基本的に和食のものであれば、一緒に食べても違和感なく頂けます。

具体的には、冷奴や春雨サラダ、卵焼きや茶わん蒸しなどはうなぎに合うおかずであります。うなぎはさっぱりしたものとの相性がいいです。

コンビニ

うなぎは買ってきたけれど一緒に食べるおかずがない方や手軽にコンビニで済ませたい方におすすめのおかずもあります。あっさりとしたおでんやお漬物、だし巻き卵や巻きずしいかそうめんと合わせて召し上がるのもよいのではないでしょうか。

うなぎの日を楽しもう!!

うなぎの日の意味や由来、おすすめレシピなどを紹介してきました。この記事を見てうなぎを食べたくなった方も多いのではないでしょうか。うなぎの旬は本来、冬ですので夏まで待たなくてもおいしいうなぎは食べられます。

友達同士でうなぎの日が話題になったときには「土用の丑の日」の由来や作った人などを教えてあげると知らない人が多いので盛り上がるに違いありません。

そのままでもおいしいうなぎですが、少しアレンジしてみることでさらにおいしく頂けるようになります。これからもうなぎを美味しく食べていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related