Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

父の日におすすめの花・折り紙での作り方・鉢植え・花言葉・配達

父の日におすすめの花・折り紙での作り方・鉢植え・花言葉・配達
父の日のプレゼントには、どんなものを考えていますか。実は父の日に花を送るのは定番と言われています。父の日のプレゼントには、花を送ってみましょう。父の日におすすめの花・折り紙での折り方・鉢植え・花言葉・配達について詳しく紹介します。

初回公開日:2018年9月13日

更新日:2018年9月13日

記事に記載されている内容は2018年9月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


父の日におすすめの花

父の日というと、母の日に比べると存在感が薄く感じます。父親に関する感謝や尊敬の気持ちは、母親と変わらないはずなのに、なぜか盛り上がらず、中には、何もしないでいつの間にか終わってしまうなんて人も多いのではないでしょうか。しかし、日ごろの感謝を込めて父の日に贈り物をすると父親は喜ぶことでしょう。

父親へのプレゼントというと悩んでしまうでしょう。お酒やネクタイなど、選択肢はたくさんありますが、中でも花を送るのは、実は父の日のプレゼントとして定番のプレゼントです。お花のプレゼントをして、お父様を喜ばせてみませんか。

父の日の定番は黄色いバラの花

父の日に送る定番の花と言われているのが、黄色いバラの花です。本来アメリカでは、父の日には、赤や白のバラを送るのが定番です。なぜかというと、父の日の提唱者であるドット夫人が、亡き父親の墓前に、白い花をお供えしたと言われているところから始まります。

では、日本ではなぜ黄色いバラが、定番なのでしょうか。黄色いバラの花言葉は、「嫉妬」「友情」です。父の日にはいまいちふさわしくないように感じるでしょう。しかし、日本では昔から、黄色は幸せの象徴とされる色です。なので父の日には赤や白ではなく、黄色いバラが送られるようになりました。

亡くなった父

亡くなった父には、どんな花をお供えするのがよいのでしょうか。母の日は、亡くなった母には、白いカーネーションをお供えするのが一般的です。しかし、父の日の定番はバラです。バラにはとげがあるので、本来お供えには向かない花と言われています。

バラ以外にもお父様の好きだった花や、好きだった色を参考にお花を選んでみてはいかがでしょうか。特に白い花にこだわる必要はありません。どうしてもバラの花をお供えしたい場合はとげを取ってしまう方法もあります。

ひまわり

父の日と言えば、バラの花の他に、ひまわりの花を送るのも定番となっています。ひまわりの花は、父の日の黄色いバラと同じく、花の色は黄色です。父の日と言えば黄色いお花が定番となっています。明るくおひさまに向かって咲く、ひまわりの花は、たくましくて、まるで父親のように感じる方もいるでしょう。

花言葉

父の日に送る花に悩んだときは、花言葉を参考に選んでみましょう。花言葉にはいろいろな言葉があり、恥ずかしくて口には出せないようなメッセージも、花を通じて伝えることができます。もし、自分の父親に対する気持ちに、ぴったりの花言葉を見つけたら、その花をさりげなくプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

フラワーボックス

お花のプレゼントというと、花束や鉢植えをあげるのが定番ですが、フラワーボックスをプレゼントするのもおすすめです。フラワーボックスとは、箱に花が詰まった物を言います。

箱いっぱいに花が詰まっているので、見た目も華やかですが取り扱いも楽です。遠くに住むお父さまに送るのに送りやすいですし、自分で届けに行く際もバスや電車などで持ち歩いてもお花が傷んでしまう心配も少ないでしょう。サプライズ感もあり、箱を開けてみたときのお父様の顔も楽しみに思えるでしょう。

父の日の花を折り紙での作り方

小さなお子様がいる家庭では、折り紙で愛情たっぷりの贈りものを作ったらとても喜ばれるでしょう。父の日に向けて親子で折り紙をしてみませんか?

お花の折り紙には、難しいものばかりではなく、簡単なものもあるので、ぜひ作ってみましょう。紙で作ることによって、メッセージを添えられるようなものもあります。また、ちょっと難しい立体的なお花の折り紙もあるので、手先の器用な方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。父の日にぴったりな、折り紙のお花の作り方を紹介します。

簡単

こちらのひまわりの折り紙は、ぱっと見は複雑そうで、難しそうに見えますが、一つ一つのパーツはとても簡単な折り方でできています。大人がついていれば、小さなお子様でも問題なく作ることができるでしょう。

真ん中の種の部分にはメッセージも書けるようになっているので、メッセージを書いてみましょう。メッセージ入りの折り紙のお花を貰ったら、お父様もとても喜ぶことでしょう。

メッセージカード

こちらはとても簡単なお花のメッセージカードです。大きな折り紙を使えば、小さな子でもお花の形に切ることができそうです。小さな娘や息子から、こんなかわいいメッセージカードに手書きのメッセージやイラストがあったら、感激してしまうでしょう。

白とカラーと2色の色を使うことで、とてもかわいく仕上がっています。お花の形をしたメッセージカードなので、ほかのプレゼントに添えて一緒に渡してもよいでしょう。父の日以外にもいろいろな使い道がありそうです。10分でできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

上級者向け

こちらは、上級者向けのバラの花の折り方です。父の日の定番の黄色いバラです。折り紙を折って立体的なバラの花を作り出すので、少し難易度は上がります。上手に形を整えていくのが難しいと感じるでしょうが根気よくおり進めていくのがポイントです。

折り紙のバラだけでリース状にするのもいいでしょう。また、折り紙で葉っぱを作ってリースをつくりあげるのも素敵です。100均の造花の葉っぱ部分だけのリースなどを使い、華やかに飾り付けるとプレゼントに最適です。お部屋に飾っておいても素敵です。

花束

こちらも、父の日にぴったりな上級者向けの、お花の折り紙のレシピです。立体感のある花を、折り紙でおるのは手間がかかります。その分、華やかさは段違いなので、ぜひチャレンジしてみてください。花束なので、いろいろな色を使うことでカラフルに見せることもできます。お父様の好きな色を使ってアレンジしながら楽しんでみてください。

家にある包装紙やリボンで包むのも良いでしょう。リボンの部分も折り紙で折ると、手作り感がアップしてかわいく見えます。また、気持ちもこもっているように感じられます。100均で売っているレースのペーパーなどを使っても良いでしょう。

ポップアップカード

こちらは、折り紙の切り絵を何枚も張り付けて作った、ポップアップカードです。色々な色の折り紙を使うことでとても華やかになっています。このポップアップカードは、手作りのぬくもりのある作品です。日ごろの感謝の気持ちを、メッセージに込めて届けたら喜ばれることでしょう。

こちらはカードなのでこれだけで渡してもよいですが、別のネクタイやポロシャツなど、ちょっとしたプレゼントに添えて使うのも良いでしょう。買ってきただけのプレゼントでも、手作りのカードをつけることでもらう側のうれしさは倍増します。

ひまわりのフレーム

こちらは折り紙でできたひまわりのフレームです。こんな素敵なプレゼントを貰ったら記念にもなるでしょう。完成までの手順は多いので、作り上げるまでに根気は必要になります。

フレームには写真を入れてもいいし、メッセージを入れてもいいでしょう。お子さんと一緒に手作りし、飾っておくと贈り物としてだけではなく子供の成長の記念にもなります。親子の写真を入れて飾っておくのもおすすめです。

父の日の花は鉢植えでもいいのか

父の日は、もちろん鉢植えの植物やお花をプレゼントするのもありです。鉢植えの花ならば、切り花よりも長くお花を楽しむことができます。植物を育てるのが好きなお父様ならば、上手に育てて、何年も楽しんでくれるのではないでしょうか。

ひまわりの鉢植え

父の日にはバラの他に、ひまわりをプレゼントするのも定番になっています。ひまわりも幸せの象徴の黄色です。ひまわりの花言葉は、「愛情」「崇拝」「憧れ」「情熱」です。父の日にはぴったりです。6月の父の日に、夏を思わせるひまわりをプレゼントされたら喜んでくれることでしょう。父の日には、感謝の気持ちを込めて、ひまわりの鉢植えをプレゼントしてみましょう。

寄せ植え

父の日には寄せ植えの鉢植えをプレゼントしても良いでしょう。寄せ植えならば、いろいろな花をミックスしてプレゼントできます。お父様の好きな花や好きな色を組み合わせた寄せ植えならば、なお喜ばれるでしょう。いろいろな花を楽しめるのが寄せ植えのいいところです。

果物

父の日は花の鉢植えをおくるのも人気ですが、お花ではなく果物の鉢植えを送るのも人気です。お花の状態ではなく、実がついた状態で送るのが人気のスタイルです。見て楽しんだ後は、収穫して味わって楽しむことができます。そのあとはお庭に植えたり、観葉植物のように育てるのもいいでしょう。

胡蝶蘭

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。父の日にプレゼントするにも良いのではないでしょうか。そんな時は父の日らしく、黄色い胡蝶蘭を選ぶのも良いでしょう。特に胡蝶蘭の鉢植えは人気です。胡蝶蘭と言えば鉢植えですが、これは幸福が根付くという意味もあります。

父の日におすすめの花言葉

父の日に、送るお花に迷ってしまったら、花言葉を頼りに送る花を決めるのもおすすめの方法です。感謝の気持ちや尊敬の気持ち、または信頼の気持ちなどを込めて、花言葉からお花を選んでみましょう。

白いバラ

白いバラの花言葉は「心からの尊敬」です。父の日にぴったりな花言葉です。しかし、白いバラは亡くなった父に送る花ともいわれています。白いバラを送るときは、ほかの花と合わせて、花束にして送るのがいいでしょう。

ひまわり

上でも紹介しましたが、ひまわりの花言葉は、「愛情」「崇拝」「憧れ」「情熱」です。父の日にはぴったりな花言葉です。大きくて存在感のあるひまわりは、見ているだけでパワーがもらえるような気持ちになるのではないでしょうか。ひまわりをプレゼントするのは、父の日の定番ともされているので、父の日が近づくと花屋さんでも見かける機会が多くなるでしょう。

ガーベラ

ガーベラにはたくさんの色があります。カラーによって花言葉も変わってきます。ガーベラ全般の花言葉は、「希望」「常に前進」です。

ピンクのガーベラは「感謝」「思いやり」です。まさに父の日にぴったりの花言葉です。白いガーベラは「希望」「律儀」、赤いガーベラの花言葉は「神秘」です。黄色いガーベラは「親しみやすい」「優しさ、暖かさ」などです。オレンジの花の花言葉は「あなたは私の太陽」「忍耐」などです。

いくつかのカラーを組み合わせたり、また、一本だけ他のプレゼントに添えてみたりしてみても良いでしょう。

スカシユリ

スカシユリの花言葉には、「親想い」「子としての愛」「元気」「歓喜」などがあります。父の日にふさわしい花言葉です。スカシユリはとても華やかで、香りもよく、プレゼントとして最適でしょう。

父の日の花の配達方法

父の日に花をプレゼントすることを決めても、気になるのはその配達方法なのではないでしょうか。家まで行って直接手渡すことができればいいでしょう。しかし、仕事が忙しかったり、家が離れていたりすると、そう簡単に直接手渡しすることもできません。また、近くに花屋さんがないケースも、インターネットで注文できるとたくさんの種類の中から選べるので便利です。では、父の日に花を配達してもらうにはどんな方法があるのか見ていきましょう。

送料無料

花を配達してもらうには、お花の代金の他に、配達料金がかかります。配達料金は意外と高く、どうしても無駄な出費に思えてきてしまいます。送料は無料ですませられると良いでしょう。送料を無料にするには、はじめから送料無料で花を販売しているネットショップを探すと良いでしょう。数量が限られていたり、条件があったりするので、ショップの説明をよく読んで利用しましょう。

宅配便

宅配便を利用する方法もあります。花を送るための専用の段ボールにつめ、全国に配送してもらうことができます。通販などを利用すると、宅配便で送るケースも多くなります。段ボールに詰めるのは販売店がしっかりとやってくれるので、安心して利用できるでしょう。

当日配送

花は鮮度が命です。時間がたつと、どうしても元気がなくなってしまうので、できたら当日配送をしてくれる花屋さんを選びましょう。当日のうちに配送してくれるのなら、しおれてしまう心配もなく、頼みやすく感じるのではないでしょうか。新鮮な元気なお花をお届けすればお父様も喜んでくれるでしょう。

父の日にはお花を送って感謝の気持ちを伝えよう

父の日におすすめの花や、折り紙での手作りの花の作り方、鉢植えや花言葉を紹介してきました。「これをあげたい」と思えるプレゼントは見つかりましたか。ひまわりやバラが定番と言われていますが、実際にはお父様が喜んでくれるものなら何でも大丈夫です。一番大事なのは気持ちなのではないでしょうか。

素敵なプレゼントを用意して、日ごろなかなか伝えることのできない、感謝の気持ちを伝えてみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related