Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ハロウィンにおすすめの手作りお菓子・仮装・小物の作り方|簡単

ハロウィンにおすすめの手作りお菓子・仮装・小物の作り方|簡単
ハロウィンといえば、カボチャランタンを飾り仮装パーティーをして楽しむ、という行事が定着しつつあります。しかし、もともとは10月31日に行う収穫祭が起源です。たくさんのものが実り、食べ物がおいしいこの季節、手作りのもので彩ってハロウィンを楽しみましょう。

初回公開日:2018年10月1日

更新日:2018年10月1日

記事に記載されている内容は2018年10月1日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ハロウィンの季節が来た!

今年もハロウィンの季節が来ました。

年々ハロウィンの行事も華やかになってきており、最近は夏を過ぎたと感じるころから、カボチャのランタンを飾り、手作りのお菓子や手作りの仮装などを用意してパーティを行い、にぎやかに過ごす時期と認識されつつあります。

もともと、ハロウィンは10月31日に行われる、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う宗教的な意味合いのある収穫祭でした。カボチャランタンのカボチャは、収穫祭の名残です。

また、「Trick or Treat(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と仮装した子どもたちが街を練り歩いて、近所の家からお菓子をもらう由来は、中世のころ農民達が祭用の食料をもらって歩いた様子を真似たものだといわれています。

ハロウィンにおすすめの手作りお菓子は?

ハロウィンでは、手作りのお菓子を用意する家庭も多いでしょう。特にカボチャを使った手作りのお菓子は人気です。

簡単!手作りクッキーの作り方

ホットケーキミックスを使った、簡単手作りパンプキンクッキーを紹介します。

これを活用して、チョコチップを加えたり、ココアパウダーを加えたりしても、おいしいでしょう。

材料分量
ホットケーキミックス100g
皮をむいて熱を入れたカボチャ30g
無塩バター30g
砂糖30g
1/2個
チョコデコペン1本

パンプキンクッキーの作り方手順

約一時間(放置時間30分含む)でできる、サクサク簡単クッキーです。

1.バターを溶かし、ホットケーキミックス、カボチャ、砂糖を混ぜ合わせる。

2.溶き卵を混ぜ合わせ、一つに丸め、ラップをかけて、約30分間冷蔵庫で寝かす。

3.オーブンを170℃に予熱する。

4.オーブンの天板にオーブンシートを敷き、寝かしたタネを型抜きして並べる。

5.170℃で12~15分間焼き、冷めたらデコペンで目と口を描く。

料理用の抜き型

ハロウィンのパーティーの際に、手作りの料理やお菓子を作る人も多いでしょう。その際、クッキーや野菜などを型抜きすると、より華やかに、ハロウィンらしくなります。特に、子供と一緒に手作りするときは、型抜きを子供にお願いすると、楽しんでやってくれます。

抜き型は100均でも売っていますが、以下のような商品もあります。毎年使用するなら、しっかりとした壊れにくいものが良いでしょう。

クッキー抜き型 ハロウィン3種セット

クッキーのほかに、プチケーキ・チョコレート・パン・野菜などの型抜きにおすすめです。可愛らしい デザイン型 で、料理以外にも、粘土などに使えます。

バッグ

ハロウィンのパーティなどに手作りクッキーなどを持っていく際、プチバッグを持っていくのも良いでしょう。ハロウィン仕様の小さな袋は100均で売っています。

また、手作りのお菓子を手作りのカボチャランタンバッグに入れて持って行っても、パーティが華やかになります。

二つの牛乳パックを縦に切り開き、オレンジ色の紙を張り付け、それを婉曲させて上部でホッチキスで貼り合わせて、黒い紙で作った目と口を貼り、最後に持ち手の紐を上につなげれば、手作りバッグができあがります。

中に手作りのクッキーなどを入れ、その上にハロウィン仕様の紙ナフキンをかぶせれば、いっそう華やかになります。招かれた人たちが、楽しい気分でお菓子に手を伸ばすでしょう。

ハロウィンの手作りの仮装はどうする?

ハロウィンといえば、仮装をしてパーティをするのが一般的になってきました。「今年はどんな仮装にしようか」と考えるのもワクワクします。

手作りの仮装の仕方を見てみましょう。

100均を活用しよう!

この時期、100均にはたくさんのハロウィンの商品が並んでいます。

カボチャランタンや骸骨の置物、コウモリのモービル、ハロウィンの文字やカボチャランタンのウォールシール、ハロウィン仕様の紙コップや紙皿など、無数に売っています。

しかし、もっともおすすめなのが、仮装道具です。中でも、ハロウィン仕様の帽子やマント、カチューシャ、眼鏡などの小道具はとても充実しています。また、通常は素人が手を出しにくいにもかかわらず、手軽にできるものでおすすめなのが、メイク道具です。

ボディペインティングシールやネイルシール、つけまつげ、血のりなど、自分自身で簡単にメイキャップができ、本格的な仮装が楽しめます。ボディペインティングシールや血のりで仮装すると、ほかの人を驚かせることができ、また人目を惹くでしょう。

魔女になってみよう!

100均でも、魔女に仮装できる帽子やカチューシャなどが豊富にそろっていますが、自宅にある、黒い上下の服、もしくはワンピースを利用して、魔女に仮装することができるでしょう。

また、手作りにこだわる人や洋裁が得意な人は、黒い布を買ってきて、簡単なワンピースを作ってみるのも良いでしょう。ワンピースは、袖口に入れるゴムや黒い糸のほか、子供用なら黒い布が1~1.5m、大人でも2mあれば簡単に作ることができます。

最後に、頭に赤い大きなリボンを付ければ、まるで「魔女の宅急便」のキキになったような、可愛い魔女を見ることができるでしょう。

フェルトを使って

フェルトはほつれる心配がなく切りっぱなしで良いため、気軽にハンドメイドに使えます。最近では、100均のハロウィンコーナーでも売られるようになり、手作りの仮装道具を作る人も増えました。

特にハロウィン仕様にするなら、オレンジや黒色のフェルトを使ってタックを寄せるだけで、簡単にリボンができあがります。ハサミさえ必要がありません。

また、シールフェルトを使用して、ランタンカボチャやコウモリ、ドクロなどの形に切って、マントや衣装に貼るだけで、簡単なのにきれいに仕上がります。

保育園・幼稚園でも仮装してみよう!

子供たちは仮装が大好きです。たとえハロウィンが何かを知らなくても、たとえ怖い魔女やドクロを見ても、仮装をし始めると楽しくワクワクしてきます。そのため、保育園や幼稚園でハロウィンの行事を行う園も多いでしょう。

子供たちが簡単に取り組めるものは、画用紙に絵を描きハサミで切り取って、モービルやガーランドを作るのがおすすめです。また、簡単な帽子を作ってみるのも良いでしょう。

先生方の仮装用としては、少し手の込んだものが、より臨場感が感じられて、子供たちも興奮します。ただし、高い材料や難しい技術は必要ありません。材料は100均で十分です。

ここで、手作りでハロウィンを彩るためのアイディアが載っている本を紹介します。

魔法使いになろう! 完全保存版 手作りハロウィン

ハロウィンのために、針と糸を使わずに「すぐに作れる」「誰でも作れる」をコンセプトとした仮装衣装や工作などを紹介しています。

また、コピーしてすぐに使えるビンゴなど、パーティを盛り上げるゲームなども充実しており、小さい子どもも含めてハロウィンを楽しむアイデアを盛り込んだ一冊です。

ハロウィンオリジナル音楽CDの付録もついており、これ一冊でハロウィンパーティの成功は間違いなしです。

「このドレスかわいいよね~!」
「こっちもいいよね~!」など、
こどもも見ていて楽しめる本です♪
もちろん、大人が見ても簡単に作れる工作がたくさん!
ハロウィンが楽しみです!

出典: http://amzn.asia/d/iIoe3oc |

ハロウィンの手作り小物の作り方は?

ハロウィンは、クリスマスと同様、リースを飾る家庭もあります。

市販のものは、オレンジや茶色を基調とした飾りが豊富についていて、彩りもきれいです。ただし、値段も3000~7000円ほどで高価です。一方、100均のリースをベースに、松ぼっくりや簡単なカボチャのおもちゃを飾るなど、手作りのリースも味があります。

また、以下のような手作りキットもあります。

サンヒット 手芸キット ハロウィンリース

完成サイズは縦17×横16cm です。作成所要時間は、約150分間です。

ワイヤーをベースとして、フェルトでカボチャ、黒猫、コウモリなどをかたどりしていき、それを付けていきます。世界に一つだけしかない、自分だけのリースができあがります。小学生の高学年以上の子供なら、自分で作ることもできます。

ハロウィンを楽しもう!

ハロウィンは、仮装してみたり、部屋を華やかに飾ったり、カボチャ料理やお菓子を手作りして食べたりと、比較的簡単に非日常的な体験ができる行事です。しかも、手作りのもので彩ると、より楽しく、ワクワクするでしょう。

また、9月になると、世の中は次第にハロウィン仕様になり、街はカボチャや魔女、コウモリなどの装飾であふれ出します。ハロウィンがこのように広まるまでは、秋の始まりはもの悲しさがつきものでしたが、ハロウィンの浸透は秋という季節に華やかさをもたらしました。

食べ物がおいしく、かつ収穫の時期、それが秋という季節です。ぜひ、さまざまな手作りにチャレンジして、ハロウィンを楽しむと同時に、「実りの秋」「味覚の秋」を堪能しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related