Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

おみくじの運勢の順位・神社別の順位|鶴岡八幡宮/氷川神社

おみくじの運勢の順位・神社別の順位|鶴岡八幡宮/氷川神社
おみくじとは、神様の声。神様のおっしゃる事をうかがって、明日からどう生きたらいいのかのヒントをいただけるものです。神社さんでおみくじを引いた時に、書かれている内容を上手に読み解き、神様から直々にいただいたメッセージを、人生に役立てましょう。

初回公開日:2018年9月21日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


おみくじの運勢の順位は?

おみくじは誰もが一回は引いた経験がある行為ではないでしょうか。しかし、おみくじの順位まで把握していない人も多いです。神社によっておみくじの順位に違いがあり、おみくじを引く神社の事を詳しく把握してから引くことが理想です。

ほとんどの人は大吉が一番運勢がよく、大凶が最も悪いことを把握していますが、大吉と大凶の間にある順位がどっちの方が上のなのか上手く説明できない場合が多いです。おみくじの運勢をより真剣に受け取るためには、順位をしっかり把握することをおすすめします。

おみくじは年末年始で引く機会が多いですが、それ以外でもおみくじを引く機会はあります。また、神社ごとのおみくじの順位を披露することで一躍ヒーローになることもでき、得することはあっても損することはありません。全ての神社の順位を把握することは難しいため、おみくじを引く神社の順位は事前に確認しておきましょう。

おみくじの順位は2つのパターンに分けることができ、パターンによって吉の順位が大きく変わってしまう場合があります。一般的に吉は中間的な順位のイメージがありますが、パターンが違えば上から2番目の順位が吉になります。

もう一方のパターンでは上から4番目のため、ちょうど真ん中の位置になります。そのため、吉だからといって必ずしも悪いわけではありません。神社によっては2番目の運勢の可能性もあるため、よい運勢にも関わらず落ちこんでしまっている人も多いです。

神社によって平という結果がおみくじで出る場合があります。一般的なおみくじの種類は7種類で、多い場合は12種類程度です。神社によっては5種類の場合もありますが、平が出ると善いか悪いのか理解できない場合が多いです。

平は一般的に中間的な順位の場合が多いですが、凶があるかないかで平の順位が大きく変動してしまうので事前によく確認しておく必要があります。おみくじの順位の中に凶がある場合の平の順位は真ん中ですが、凶がない場合は平が一番下の順位になります。そのため、平の順位を詳しく知りたい場合はその神社のおみくじの種類に凶があるかないかを把握する必要があります。

末吉

末吉の順位が上手く把握できていない人も多いのではないでしょうか。また、末吉はあまり運勢がよくないイメージなため、末吉を選んで喜ぶ人は少ないです。上記で説明したように2つのパターンにおみくじの順位を参考にすると、末吉の順位は変わりません。

基本的に末吉の順位は下から大凶、凶、末吉の場合が多いため、末吉の順位は下から3番目の場合が多いです。末吉の順位の覚え方は吉の中でも末であるというふうに覚えておく方法がおすすめです。

小吉

小吉の順位も詳しく把握していない人も多いのではないでしょうか。また、小吉と末吉ではどちらの運勢が上なのか分からなかったりあまり違いがないと詳しく知ろうとしない人もいます。ほとんどの人が小吉と末吉は隣り合わせの順位だと考えていますが、実際に隣り合わせの順位ではありません。

2つのパターンのおみくじの順位でも小吉と末吉の間には吉が挟まれています。そのため、小吉と末吉では順位に違いがあることを把握しておきましょう。また、小吉より吉の方が上の順位だと考えている人もいますが、必ずしも正しい順位ではありません。

おみくじの期限は?

おみくじの楽しみは順位を知ることもそうですが、書かれている内容も楽しみの一つです。書かれている内容によって喜んだり、がっかりしてしまう事がありますが、書かれている内容がいつまでの期間のことなのか詳しく把握していない人も多いのではないでしょうか。

おみくじの効果にも期限があるため、おみくじの内容をより気にする場合は順位だけではなく期限のことも把握しておくことをおすすめします。

願いが叶うまで

基本的におみくじの期限は、願いが叶うまでと言われています。また、次におみくじを引くまでと言われている場合もありますが、すぐに引くことはおすすめできません。そのため、おみくじに書かれていた内容が現実になった場合は、再びおみくじを引くことで新たな期限を更新することができます。

しかし、願いがかなった時にすぐおみくじを引いてしまい、よくない順位が出てしまうとせっかくの幸せの気分が台なしになるため、無理して新しくおみくじを引く必要はありません。おみくじの有効期限は願いが叶うまでのため、願いが叶うまでに新しくおみくじを引いてしまうと願いも叶わないままです。

おみくじの内容は未来?現在?

おみくじの内容は未来の事を示していると考えている人も多いですが、厳密に説明すると現在の運勢を占っているものであり、未来の事を掲示しているわけではありません。人の運命は一つの行動で未来も簡単に変わるため、誰にも知ることができません。

おみくじに書かれていることは現在の状況の事であるため、運勢が悪い場合は行動を起こすことでこれからの運勢を変えることができます。そのため、大凶が出てしまってもこれからの行いで運勢をよい流れに戻すことができます。

おみくじとの上手い付き合い方

おみくじを引くことは誰でも簡単に行う事ができ、人にとっておみくじの内容の受け取り方が違う場合があります。例えば、おみくじの内容を真に受けてしまう人がいれば、全く気にしない人がいます。風水やパワースポットめぐりをしていいる人ほどおみくじの内容を真剣に受け取る場合があります。

もちろんおみくじの受け取り方はどのように受け取っても問題ありませんが、あまり気にしすぎないようにしましょう。あくまでも占いのため、必ず当たるとは限りませんし、無理して大吉を引いても一年がいい年になるとは限りません。

一喜一憂しない

おみくじの内容を気にしすぎてしまうことは、よい状況とはいえません。人によってはおみくじの内容に一喜一憂してしまう人もいますが、あくまでも現在の状況を書かれているため、今後の行動次第ではいくらでも未来を変えられることを覚えておくことが大切です。

おみくじの順位に納得いかなかった場合

おみくじの順位に納得できないと思った人も多いのではないでしょうか。例えば、凶や大凶が出てしまうとこれからの運勢がよくないと考える人が多いです。おみくじは神社によって種類の数が異なりますが、運勢がよくないおみくじを引いてしまう事もあります。

もう一度引くのはNG

おみくじの順位が悪くてももう一度続けておみくじを引くことはおすすめしません。そもそもおみくじの運勢がどうなるかは運頼みになることがほとんどです。そのため、無理に順位が高い運勢を再び引いたとしてもあまり意味がありません。

おみくじを引く回数は一度っきりにすることが暗黙のルールです。運勢が悪い理由で運勢がよい順位が出るまで引いている人を見ると、呆れてしまう人が多いです。もし、運勢の順位に納得がいかず、どうしてももう一度おみくじを引きたい人は一ケ月以上日にちを空けてから再度挑戦しましょう。

おみくじに書かれている内容は?

おみくじにはさまざまな種類がありますが、誰もが思い浮かぶおみくじは吉凶判断です。しかし、それ以外にも恋愛のおみくじや金銭面のおみくじがあります。そのため、自分が知りたい運勢のおみくじを引くことが大切です。

また、書かれている内容は難しい言葉で書かれている場合が多いですが、ためになることが書かれている場合もあるため、吉凶だけで判断せずに書かれている内容もしっかり把握しましょう。

神社別のおみくじの順位は?

上記で説明したように神社によっておみくじの順位には違いがあります。また、運勢の種類にも差があるため、基本の順位を覚えていても特別な神社の場合はあまり役に立たない場合があります。神社によって順位の種類や順番に違いがあるルールは決まっていないため、神社ごとに確認しましょう。

また、おみくじの売り場のスタッフや看板などに運勢の順番を紹介している場合もあるため、事前に調べることができず神社に着てしまった場合でも、その場で順位の確認をすることができます。そのため、おみくじを引くとともにその神社のおみくじの順位を把握しておくことをおすすめします。

次に、有名な神社から特殊なおみくじの順位の神社を紹介するので参考にしてください。

鶴岡八幡宮の場合

鶴岡八幡宮のおみくじの種類は全部で7種類であるため、一般的なおみくじの順位が適応されています。そのため、あまりおみくじの順位に詳しくない人でも正しい順位を把握できる場合が多いです。7種類の順番は上から大吉、吉、中吉、末吉、小吉、凶、大凶の順番です。

おみくじの順位の種類は7種類ですが、おみくじに書かれている内容は全部で50種類あります。そのため、大吉は大吉でも書かれている内容が異なるおみくじを引く可能性があります。大吉から小吉は40種類あり、凶と大凶では10種類用意されています。

そのため、5分の1の確率で凶か大凶を引いてしまう確率になります。高いか低いかは個人の考えによって変わりますが、順位の種類は少ないので、比較的分かりやすい神社でもあります。

氷川神社の場合

氷川神社は初詣で訪れる神社ランキング有数10に入っている人気の神社です。埼玉県にある神社ですが、東京や埼玉付近に約200社ある神社の総本山でもあります。初詣で訪れる人が多いため、結果的に氷川神社でおみくじを引く人の割合も高いです。

氷川神社のおみくじは少し特徴があるため、初めておみくじを引いた人は戸惑ってしまう場合が多いです。戸惑ってしまう原因は、おみくじの順位が13種類もあるからです。そのため、知らない運勢の言葉が出る場合も多く、善いのか悪いのか判断でできない場合が多いです。

氷川神社のおみくじの順位は上から大吉、吉、吉平、平吉、小吉、末吉 平、凶向吉、凶末吉、初凶末吉、吉凶未分、吉凶相交、凶です。

熱田神宮の場合

熱田神宮のおみくじの種類にはある特徴があり、熱田神宮のおみくじには凶がありません。大吉、吉、中吉、小吉、半吉、末吉だけのため、ハズレがないおみくじです。正月は24時間おみくじを引くことができますが、それ以外の日付では午前7時~日没までおみくじを引くことができます。

浅草寺の場合

浅草時のおみくじの種類は7種類ですが、大凶の代わりに小末吉があります。順番は上から大吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶となっており、凶が少ないためよい運勢が出ると考えてしまいがちですが、約三割の確率で凶が出る場合が多いです。

神社本庁のおみくじの順位は?

神社本庁のおみくじの順位は、上から大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶です。浅草寺同様に大凶がないおみくじです。おみくじを引いた物を境内の木の枝に結びつける習慣がありますが、必ず結ばないといけない決まりはなく、自宅に持ち返っても問題ありません。

おみくじを引くなら順位を把握しよう

おみくじのほとんどが吉凶判断の場合が多いため、順位を知っておかないと運勢がどうなのか判断できない場合が多いです。ある意味最も重要な知識であるため、しっかり把握してからおみくじを引くことをおすすめします。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related