Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

喜寿のお祝いの食事会・メッセージ・贈り物ランキングTOP3

喜寿のお祝いの食事会・メッセージ・贈り物ランキングTOP3
喜寿のお祝いをしたいけれど、一体どんなことをすれば良いのか分からないという人も多いことでしょう。ここでは、喜寿について詳しくご紹介しますので、これから喜寿のお祝いをする人はぜひ参考にしてみてください。きっとすてきなお祝いができます。

初回公開日:2018年9月21日

更新日:2018年9月21日

記事に記載されている内容は2018年9月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


大切な人の喜寿をお祝いしよう

長寿祝いの1つである喜寿を迎えられることは、本人にとっても周りの人にとっても嬉しいことです。ずっと記念に残るような、すてきな喜寿のお祝いをしてあげましょう。

今回、喜寿について初めて調べる人にも分かりやすいように、基本的なことから詳しく説明しています。おすすめの商品などもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

喜寿とは

喜寿とは長寿祝いの1つで、77歳のときにお祝いします。『喜寿』の喜が草書体で『七』を重ねて七十七のように見えるため、喜寿と呼ばれるようになりました。昔から行われている行事のため数え年でお祝いする人もいますが、最近では満年齢の方が馴染みがあるため満年齢で行う人も多いです。

喜寿のお祝いの内容

喜寿のお祝いは、これからも長生きしてくださいという意味を込めて家族や親族で食事会をしたりプレゼントを贈ったりします。レストランでお祝いしたり、外出が難しい場合は家で行ったりすることもあります。

旅館やホテルを予約しておいて、そのまま宿泊できるようにする人もいます。宿泊できる場合は、運転する人もお酒で乾杯することが可能で、帰りのことを考えず長く一緒にいることができます。

喜寿のお祝いにおすすめの食事会

喜寿にお食事会を予定している人も多いことでしょう。おすすめのお食事会の仕方をご紹介します。喜寿のお食事会を開く予定の人は、ぜひ参考にしてみてください。

紫のちゃんちゃんこ

喜寿のお祝いでは、紫のちゃんちゃんこを着ることがあります。自分で購入することもできますが、日頃から使うものではありませんので、あまり高いものを購入する必要はありません。紫のちゃんちゃんこは、主に写真撮影用に着用します。

レストランやホテルなどでは、喜寿のお祝い用にちゃんちゃんこを準備してくれるところもあります。自分で準備するのが大変な人は、そういったレンタルを活用してみると良いでしょう。

旅館やホテルでお食事会

自分の家や、喜寿をお祝いする人の家でお食事会を開いても良いのですが、後片付けなどが大変です。料理などを考える余裕がない人や、準備や後片付けが面倒という人は、旅館やホテル、レストランなどでお祝いをするのがおすすめです。

個室があるところを選べば、他の人の目を気にせずにゆっくりと過ごすことができます。お祝い御膳を準備してくれるところもありますので、早めに電話やホームページなどでチェックしておくと良いでしょう。

家でお食事会

お祝いされる人が家から出るのが難しい場合は、家でお食事会を開くと良いでしょう。家でする場合、料理はさまざまなものを準備して、自分が好きなものを食べられる形式にするのがおすすめです。自分で料理を作るのが大変という人は、お店で作ったものを持ってきてもらうと良いでしょう。

仕出し屋に頼めば、さまざまなオードブルやお寿司、お祝い御膳などから選ぶことができます。食事したあとは、食べ終わった食器などを持って帰ってくれるところもあります。そういったところに頼めば準備も片付けも手間が掛かりませんので、誰でも企画しやすいです。

特別なケーキでお祝い

ケーキ屋さんでは、喜寿のお祝い用に写真をプリントしたケーキや豪華なものを作ってくれるところがあります。ケーキには、お祝いのメッセージをつけてもらうだけでも、特別感ばっちりになります。自分でケーキを取りに行く余裕がない場合は、ネットでも取り扱っているところがありますので、そういったところで注文してみてください。

喜寿のお祝いのメッセージ・言葉

喜寿のお祝いをするときにおすすめのメッセージや言葉をご紹介します。喜寿のお祝いのさまざまな場面で使えますので、ぜひ参考にしてみてください。

手紙で感謝を伝えよう

喜寿のお祝いで手紙を書く際は、まずはおめでとうの気持ちと感謝の気持ちを書くと喜ばれます。ひと言に『喜寿おめでとうございます』と書くのがおすすめです。感謝の気持ちを伝えるときは、ただありがとうございますと書くのではなく、具体的な内容を書いた方が特別感が出ます。

手紙の締めには、これらも元気でいてほしいというメッセージを入れると良いでしょう。『いつまでも明るく元気でいてください』や『これからも笑顔で楽しい日々を過ごしてください』など、未来に希望がもてるメッセージがおすすめです。

名前を使ったポエムが人気

お祝いする人の名前を使って、ポエムを作ってくれるところがあります。ネット販売しているところなら、どこにいても簡単に作ってもらうことができます。またポエムだけでなく、似顔絵も一緒に入れられるものもあります。

自分の名前が入ったポエムは、自分だけの特別なプレゼントなので家に飾りたくなることでしょう。ポエムの内容は、贈られる人の人柄などを考慮して作ってくれるところもあります。特別感が増し、サプライズプレゼントにもなります。

食べられるメッセージ

ケーキにメッセージを入れられるものがあります。一般的なケーキだとチョコプレートに数文字しか入れられないことが多いですが、喜寿用にたくさんのメッセージを直接ケーキに書き込んでくれるところもあります。表彰状に見立てたものや、写真入りのものなどユニークな商品がたくさんあります。

手紙は残るから恥ずかしいという人も、ケーキなどのメッセージなら贈りやすいことでしょう。

喜寿のお祝いにおすすめのお花

喜寿のお祝いをする際に、お花を飾ったり贈ったりすることがあります。喜寿のお祝いにおすすめのお花や、逆にあまり使わない方が良いお花をご紹介します。

なるべく使わない方が良いお花

喜寿祝いにはあまり使わない方が良いお花があります。喜寿祝い用に作られたお花を購入するときは安心ですが、自分でお花屋さんに行って束ねてもらう場合は心配な人もいることでしょう。これからご紹介するお花は、贈る相手が大好きな花である場合やお願いされた場合は別ですが、お祝いのお花としては不向きですので気を付けましょう。

椿

椿が花開いた姿はとても豪華ですが、喜寿祝いのお花には不向きです。椿は咲き終わったあとポロリと落ちてしまいますので、首が落ちるようで不吉だと言われています。

菊は仏事で使われることが多いため、誰かの贈り物に使われることはあまりありません。どこのお花屋さんにも置いてありますが、喜寿のお祝いには選ばない方が良いでしょう。

シクラメン

シクラメンは可愛いお花ですが、『シクラメン』という名前が死や苦をイメージさせることがあります。あまり不吉な印象がありませんが、長寿祝いには選ばない方が良いでしょう。

おすすめのお花

喜寿のお祝いにおすすめのお花をご紹介します。豪華なお花や色鮮やかなものなどさまざまです。ぜひ1つ入れてみてください。

胡蝶蘭

胡蝶蘭はお祝い事によく贈られるお花です。とても豪華で見栄えが良く、手入れが簡単でお花が長持ちすることがポイントです。紫の胡蝶蘭を贈れば、喜寿祝いらしくなることでしょう。

バラ

バラは気品があり、数本入っているだけでも美しい花束になります。バラを77本入れても、喜寿祝いの素敵な贈り物になります。紫のバラもありますが、華やかさに欠けると思う場合は、カスミソウなどを混ぜると印象が変わります。

ゆり

ゆりは、とても大輪で香りも良いため、花束に1つ入っているだけでも豪華になります。弔事にも使われることがありますが、ゆりはさまざまなお祝い事にも使われていますので、あまり過敏になる必要はないでしょう。鮮やかで華やかな色合いにすれば、お祝いの席を美しく彩ることができます。

プリザーブドフラワーも人気

プリザーブドフラワーはアレンジが可愛いものが多く、生花と違って長持ちするのが特徴です。手入れがいらないため、どこにでも飾りやすく面倒くさがりな人にもおすすめです。

喜寿のお祝いの色

喜寿のお祝いの色は、紫と言われています。色にこだわり過ぎる必要はありませんが、プレゼントやポイントに紫のものを使うことが多いです。

紫色を使うことで、写真を撮ったときにあとでいつのお祝いだったか分かりやすくなりますので、一つは入れてみると良いでしょう。

なぜ紫?

古くから紫色は高貴で品のある色だと言われており、位の高い人の衣装や小物などに使われることがありました。長寿の証である喜寿のお祝いに紫を入れますことも、その人に対する敬意の表れと言えるでしょう。ぜひ紫を入れてみてください。

喜寿のお祝いののし

喜寿のお祝いに買ったものに、のしを付けるかどうか悩む人もいることでしょう。のしの種類や書き方などをご説明しますので、間違わないようにしましょう。

のしは必要?

同居している場合などは、改まってのしを付ける必要があるのかどうか悩む人もいることでしょう。基本的には、のしを付けた方が丁寧で相手を敬っている気持ちが伝わります。のしには、相手をお祝いしている気持ちが込められています。

プレゼントを贈るときも、のしがある方がより豪華に見えますので、ぜひのしを付けて渡しましょう。

水引の種類

喜寿のお祝いをするときは、蝶結びの水引を選びましょう。蝶結びのものは、何度でも結び直せることから、何度あっても嬉しいことに使います。逆に結び切りと呼ばれるものは、結婚式や弔事など何度も繰り返したくないものに使います。のしを選ぶ上でかなり重要なものですので、覚えておくと良いでしょう。

のしの表書き

のしの上部には、『喜寿御祝』『祝喜寿』などと書くのが一般的です。相手に感謝を伝えたい場合は、『感謝』と書いても大丈夫です。のしの下部には、相手の名前ではなく贈った自分の名前を書きます。喜寿のお祝いは、家族や孫など多くの人でお祝いをすることが多いです。そのため皆で一緒にお祝いを贈る際は、『家族一同』『孫一同』など書くのがおすすめです。

喜寿のお祝いにおすすめの色紙

色紙は、記念に残せるプレゼントになります。喜寿祝いにぴったりの色紙がありますので、ご紹介します。

皆で寄せ書き

家族や孫たちで寄せ書きをすれば、ずっとメッセージを残しておくことができます。皆からの温かい言葉は、きっと深く心に刻まれることでしょう。皆でお食事会をするときは、少し前に寄せ書きをしてサプライズで贈ってみてください。

似顔絵付き

普段あまり似顔絵を描いてもらうことはありませんので、自分の似顔絵の入った色紙はとても喜ばれます。プロに描いてもらうこともできますが、上手い下手に関わらず自分で描いても心がこもっていて素敵です。

ポエム色紙

喜寿を祝われる人の名前を使ったポエムは、特別感があって喜ばれます。自分の名前が誇らしくなることでしょう。プロに頼めば、ポエムだけでなく喜寿らしいイラストを入れてくれることもあります。

お祝い後に作ってもOK

食事会で写真を撮っておいて、あとで色紙を完成させるのもおすすめです。喜寿祝いのことを写真と寄せ書きで思い出すことができますので、とても素晴らしい贈り物になります。皆で一緒に写った写真が喜ばれます。

喜寿のお祝いにおすすめの贈り物ランキングTOP3

喜寿のお祝いにおすすめの商品を、ランキング形式で3つご紹介します。どれも厳選された商品ですので、ぜひ参考にしてみてください。

3位:旅行

元気な人には、旅行のプレゼントがおすすめです。家族や孫も一緒に旅行に行けば、普段とは一味違う旅行を楽しむことができます。ものではありませんが、その代わり素敵な思い出をプレゼントすることができます。

皆で行くのが難しいという場合は、旅行のギフトカタログをプレゼントすれば本人の行きたい場所を旅行してもらうことができます。旅行に行けるのは元気な人に限られてしまうため、3位になっています。

2位:純米大吟醸 喜寿祝い 金箔入り日本酒

お酒が好きな人や、お食事会にお酒を持って行きたい人におすすめなのが、こちらの純米大吟醸です。紫の一升瓶ですので、見ただけでお祝いの気持ちが伝わってきます。お酒には純金箔が入っていますので、グラスに注いだ時の豪華さもあります。

ラベルは喜寿専用ののしのラベルになっており、さらにそれを紫の風呂敷で包んでいますのでこれ以上ない特別感があります。乾杯用に、ぜひ贈ってみてください。

1位:77歳 喜寿・紫色のアレンジ

お祝いと言えばお花を思い浮かべる人も多いことでしょう。お花はその場を華やかにしてくれますので、お祝いの席での贈り物によく選ばれています。こちらは紫をイメージしてアレンジされていますので、喜寿のお祝いにぴったりです。花瓶に入れ替える必要がなく、そのままの姿で楽しめるのもポイントです。

紫の花を集めただけではなく、和風で落ち着きのあるアレンジに仕上がっていますので和室や玄関なさまざまな場所におすすめです。誰もが贈りやすいという理由で、お花が1位になっています。

喜寿のお祝いに使わせていただきました。喜んでもらったようです。

出典: https://www.amazon.co.jp/BunBunBee-%E8%B3%80%E5%AF%BF%E3%... |

すてきな喜寿のお祝いをしよう

今回、喜寿のお祝いの仕方についてたくさんご紹介いたしました。喜寿を迎える人は、どんなお祝いをしてくれるのか、内心ドキドキしていることでしょう。喜寿のお祝いは、記事を参考に自分たちのオリジナリティ溢れるお祝いをしてあげてください。きっと皆の良い思い出になること間違いなしです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related