Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

関東の初日の出の穴場スポット・時間・天気|海/ツーリング

関東の初日の出の穴場スポット・時間・天気|海/ツーリング
関東地方の初日の出についてみていきます。初日の出を拝むことは、大変縁起の良いこととされています。ここでは、おすすめの海、山、キャンプ場など場所ごとの穴場スポットやおおよその日の出時刻などをご紹介します。初日の出を見に行く際の参考にしてただけたら幸いです。

初回公開日:2018年9月28日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


関東の初日の出の穴場スポット

関東地方で初日の出が見れる穴場スポットをみていきます。1年の初めに見る日の出は、穴場スポットで快適に静かにみたいところです。ここでは、関東地方の海、山、ホテルなど場所別に穴場スポットをご紹介します。穴場スポットをお探しの方は、ぜひ参考になさってください。

初日の出の風習

まずは、初日の出の風習についてみていきます。初日の出とは、1月1日の日の出のことを言います。日本では元日の日の出は、1年に1度の最初の朝として、大変縁起が良くめでたいものとされています。この風習は、日本古来からありましたが明治時代に広まったといわれています。

関東の初日の出の時間

関東地方の初日の出の時間は以下のとおりです。

茨城県は、およそ6時45分~6時50分くらい、栃木県はおよそ6時47分~6時49分くらい、群馬県はおよそ6時50分~6時54分くらい、埼玉県はおよそ6時47分~6時50分くらい、千葉県はおよそ6時44分~6時50分くらい、東京都はおよそ6時46分~6時50分くらい、神奈川県はおよそ6時46分~6時51分くらいとなっております。

関東地方の初日の出は、概ね6時45分くらいから6時50分くらいといえるでしょう。

日本で一番早い初日の出

日本で一番早い初日の出は、東京都の離島である小笠原諸島になります。時間は、およそ6時20分頃といわれています。日本で一番早い初日の出は、関東地方ということになります。逆に一番遅い初日の出は、日本最西端にある与那国島です。時刻はおよそ7時32分頃といわれています。

初日の出とご来光の違い

初日の出という言葉の他には、ご来光という言葉もよく聞きます。実はこの2つの言葉には違いがあります。初日の出は、元日の日の出のことをいうのに対し、ご来光は高い山でのぞむ日の出のことをいいます。ご来光に関しては、元日に限りません。

場所別関東の初日の出

次に、関東地方を場所別に初日の出についてみていきます。初日の出は、海、山、キャンプ場、ホテルなど見る場所によって、印象が随分と変わってきます。それぞれのおすすめスポットもご紹介しますので、ご自分の好きな場所をみつけて初日の出を楽しんでください。

海で迎える初日の出は幻想的で美しく、水平線から姿を見せる太陽は、1年の初めを飾るにふさわしいものといえます。関東地方は、太平洋に面している都県が多いので、太平洋からの初日の出を堪能することができます。以下で、初日の出の穴場スポットをみていきましょう。

大洗海岸

茨城県にある大洗海岸では、息を呑むような美しい初日の出を拝めます。広々とした砂浜が広がる海岸ですので、混雑などの影響を受けにくいというメリットもあります。日の出時刻は、およそ6時47分頃です。

千葉ポートタワー

千葉県にあるポートタワーは、海の中にそびえる125メートルのタワーです。地上113メートルと105メートルの2か所に展望台があります。東京タワー、富士山、アクアラインなど360度のパノラマを楽しみながら、初日の出を拝むことができます。日の出時刻は、およそ6時49分頃です。

ツーリング

ここでは、ツーリングをしながら初日の出を拝む場合をみていきましょう。新年の風に吹かれながら、初日の出を見ると、新年から良いことがありそうです。アウトドア派の方におすすめです。関東地方は、年末年始は晴れる日が多く、ツーリングしながら初日の出を楽しむのにもってこいの場所といえるでしょう。

観音崎公園

神奈川県横須賀市にある観音崎公園は、ツーリングしながら初日の出を楽しみたい方におすすめの場所です。この観音崎公園は、戦前は軍の要塞地域で立入り禁止だった場所、そのため、当時の面影を今も残しています。来る人も少ないので、まさに穴場スポットといえるでしょう。日の出時刻は、およそ6時49分頃です。

キャンプ

年越しキャンプをしながら初日の出を拝む方もいるでしょう。大自然に囲まれながら、初日の出をわくわくしながら待つ気分は、キャンプの醍醐味といえます。寒い季節の冬キャンプは、いつもと違うキャンプを体験するにも良いチャンスです。以下で、関東地方おすすめの年越しキャンプ場をご紹介します。

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

ケニーズ・ファミリー・ビレッジは、埼玉県飯能市にあります。関東地方にあり、都心から車で1時間というアクセスの良さが人気を呼んでいます。元日の朝は、お雑煮のサービスがあります。日の出時刻は、およそ6時50分頃です。

ウェルキャンプ西丹沢

ウェルキャンプ西丹沢は、関東地方南部の神奈川県にあります。東京都区部から近いため人気のスポットです。西丹沢の中川沿いにあり、広大な面積のキャンプ場です。こちらのキャンプ場は、元日には餅つきイベントが予定されています。日の出時刻は、およそ6時50分頃です。

九十久里浜シーサイドオートキャンプ場

九十久里浜シーサイドオートキャンプ場は、関東地方の中でも数少ない、波の音を聞きながらキャンプができる場所です。九十九里浜沿いにあるので、海と山の気分を同時に味わうことができます。日の出時刻は、およそ6時50分頃です。

山からみる初日の出は、とても神々しく美しいです。関東地方では、初日の出が拝める山がたくさんあります。おすすめを以下でご紹介します。

筑波山

筑波山は茨城県にあります。その美しさから「西の富士、東の筑波」と称され、富士山と並び、関東地方でも有数のの美しい山とされています。また、筑波山は日本百名山にも選ばれています。元日はケーブルカーとロープウェイが早朝運転されているので、山頂で初日の出を拝むことができます。日の出時刻は、およそ6時44分頃です。

観音山

観音山は群馬県高崎市にある自然豊かな山です。きれいに整備された自然歩道をゆっくりとすすみながら山頂まで登る、という散策コースがおすすめです。元日の朝は、高崎市街を一望しながら初日の出を楽しむことができます。日の出時刻は、およそ6時54分頃です。

清澄山

清澄山は千葉県鴨川市にあります。清澄山は、離島を除く日本本土の中で一番早く初日の出を見られる場所です。標高310メートルの山で、神々しい初日の出を拝むことができます。日の出時刻は、およそ6時44分頃になります。

前述のように、日本で一番早く初日の出を見られるのは関東地方です。その中でも一番早く初日の出を見られるのが清澄山となります。とにかく一番最初に見たいという方にはおすすめの場所です。

ホテル

ホテルでゆっくり過ごしながら、初日の出を迎えたいと考える方も多いでしょう。日常を離れて、ゆったりとした空間から、初日の出を楽しむのも良いでしょう。以下では、部屋から初日の出が見える関東地方のおすすめのホテルをご紹介します。

潮騒リゾート鴨川

潮騒リゾート鴨川は千葉県鴨川市にあります。全室がオーシャンビューとなっています。キラキラと光る水平線から徐々に見えてくる初日の出を楽しむことができます。お部屋からだけでなく、露天風呂からも初日の出を拝むことができます。日の出時刻は、およそ6時44分頃です。

磯原シーサイドホテル

磯原シーサイドホテルは、すべてのお部屋から海を眺めることができるます。お部屋から、ゆっくりと初日の出を楽しめます。また、屋上の露天風呂からは、波音を聞きながら静かに新年を迎えることもできます。

関東の初日の出が見れる天気

次に、関東地方の初日の出を見ることができる天気についてみていきましょう。一般的に、関東地方は、年末年始は晴天の日が多く初日の出が見られるチャンスに恵まれているといえます。過去30年のデータを見てみると、東京地方の元日の天気は、87パーセントの確率で晴れています。

初日の出を見て良い一年にしましょう

ここまで、日の出について詳しく見てきました。関東地方だけでも、初日の出を見られる穴場スポットがたくさんあります。1年の最初の朝、初日の出を拝んで良い1年にしましょう。そのためにも、お気に入りの場所を見つけて、ぜひ出かけてみてください。初日の出は冬の行事です。防寒着や温かい飲み物を用意して万全の準備をしてから、初日の出を楽しみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related