Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

白湯の作り方・赤ちゃん用の白湯の作り方|鍋/ケトル/レンジ

白湯の作り方・赤ちゃん用の白湯の作り方|鍋/ケトル/レンジ
白湯という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。ですが、白湯についてちゃんとした作り方があるのをご存知ですか。今回は、白湯の作り方や、白湯を作る際の注意点などをご紹介します。ぜひ白湯を飲んで健康的な毎日を手に入れてください。

初回公開日:2018年9月26日

更新日:2018年9月26日

記事に記載されている内容は2018年9月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


意外と知らない白湯とはなに?

皆さんは、白湯についてどこまで知っていますか。なんとなく聞いたことはあるし一応知っているけれど、ちゃんとは理解していない、という方がほとんどなのではないでしょうか。

白湯とは、お湯を沸騰し続けることで水の不純物を取り除き、スッと飲めるくらいまでに冷ませたものをいいます。今回は、知っているようで知らない白湯について、詳しくご紹介していきます。

お湯と白湯の違いについて解説します!

お湯と白湯とは、とても似ていますが、少しだけ作り方にも期待できる効果にも違いがあります。白湯とお湯の違いについて、きちんと理解することが大切です。

お湯とは、水を沸騰させたものを指します。温度は約40度前後から「お湯」と判断される場合が多いです。グツグツを泡状に煮えたぎっているものは熱湯で、100度でグツグツとした泡状になります。

白湯は、沸騰したお湯をさらに沸騰させ続け、その後、スッと飲める程度まで冷ましたものが「白湯」となります。

どのくらい沸騰し続ければいいの?

お湯状態のものを、白湯になるまで沸騰させるには、最低でも10分は沸騰させ続けた方が良いでしょう。15分ほど沸騰させると良いとされています。

なぜこれほどの時間、沸騰させ続けなければならないのかと言うと、水にはトリハロメタンという物質が含まれていて、そのトリハロメタンを除去するために、最低でも10分~15分は沸騰させ続けなければならないとされています。

白湯は女性の強い味方って本当?

白湯には、女性にとって嬉しい効果がかなり多く存在します。美容と健康を意識している女性にはかかせない飲み物ですので、ぜひ毎日の生活の中に白湯を取り入れてみることをおすすめします。

ここでは、白湯がもたらす、女性にとって嬉しい効果をご紹介します。

白湯にはダイエット効果がある!

白湯には、男性女性といった性別に関係なく期待できる効果が数多くあり、その内のひとつとして「ダイエット効果」があります。

白湯には、体を内側から温める効果があります。白湯を飲むことで、体内からポカポカと温まり、体温を少しだけ高めることで、基礎体温がアップするとされています。

基礎体温が上昇すると、それだけ脂肪を燃焼させやすい体にすることができるので、ダイエット効果が期待できると評判があります。

白湯には美容効果が期待できる!

白湯には、ダイエットだけではなく、美肌効果やデトックス効果などの美容効果があると言われています。

白湯は体を内側から温めてくれますので、人体の免疫機能をアップさせたり内臓機能を活発にしれくれます。免疫機能や内臓機能が高まり、体温も高まるので、体の中の老廃物や毒素も排出してくれるとされています。

体内の老廃物が排出されると、肌が健康的になり、体の内側から美しくなれることでしょう。

白湯の効果的な飲み方とは?

では、それほどまでにダイエットや美容効果のある白湯を、より効果的に飲む方法はあるのでしょうか。ここでは、白湯の効果をより実感できる飲み方をご紹介します。

白湯を飲むには、朝、起床したときに飲むことで、よりデトックス効果が高まるとされています。白湯を飲んで、就寝モードだった内臓機能をゆっくりと起こしてあげましょう。

朝は何かと忙しいですが、少しだけ時間に余裕を持ち、ゆっくりと白湯を飲むことで心身ともにリラックス効果も得られるでしょう。

デトックス効果と美容効果で美しく!

白湯には、デトックス効果とダイエット効果、さらには老廃物を排泄することで、美肌効果も期待できます。こんなにたくさんの美容効果がありますので、ぜひ毎日の生活の中に取り入れてみましょう。

朝、出かける前に白湯を飲む習慣を身につけると良いですし、保温効果のある水筒やボトルに入れて持ち運べば、職場や出かけ先でも手軽に白湯を取り入れることができます。

白湯の作り方を知ろう!

白湯の作り方は、とっても簡単ですし、誰でも簡単に作ることができます。ですが、気をつけたいポイントがあるのも事実なので、今回ご紹介する白湯の作り方をきちんと読んでおくことが大切です。ここでは、さまざまな方法での白湯の作り方をご紹介します。

白湯を鍋で作るには?

白湯を、ミルクパンや小さめの鍋で作るときの方法をご紹介します。白湯の鍋での作り方はとっても簡単です。

1.鍋にたっぷりと水を注ぐ(蒸発分を考えて、1リットルくらいをおすすめします。)
2.一旦、水が泡状になるまで沸騰させる
3.泡状になりグツグツしだしたら、そこから10~15分沸騰させ続ける4.10~15分ほど経ったら火を止め、飲める程度にまで冷ます(急いでいる場合はカップに移しておくと、冷めやすいです。)

白湯はケトルで作れるの?

白湯はケトルでも作ることができ、作り方はとっても簡単です。まずは、カップ一杯分の水をケトルに入れます。そしてケトルでお湯が沸くまで待ちます。あとは、カップに沸騰したお湯を注ぎ冷めるまで待つだけで完了です。

ケトルですと、ミルクパンや鍋よりもとってもお手軽ですが、トリハロメタンなどの不順物を取り除くことはできません。トリハロメタンなどの不純物は、10分~15分ほど沸騰させ続けなければ除去できません。

まずは、「白湯を飲むこと」を習慣づけることから始めたい人には、ケトルからスタートするのもおすすめです。

白湯の間違った作り方って?

白湯はとても簡単に作ることができますが、白湯を作るときに、気をつけたいポイントをご紹介します。

白湯を作るときには、最低でも10分~15分は沸騰させ続けましょう。水に含まれている不純物は、最低でも10分以上沸騰させないと除去することができませんから、1番の注意ポイントです。

また、10分~15分もの時間沸騰させ続けるので、かなりの量が蒸発分として減ってしまいます。ですから、飲みたい分量の3倍ほど多く水を入れると良いでしょう。

赤ちゃん用の白湯の作り方を知ろう!

白湯は、デトックスやダイエットといった美容効果や健康効果に大変期待が持てる飲み物ですが、果たして赤ちゃんにも飲ませることはできるのでしょうか。また、飲ませ始めるとしたら、どのタイミングから始めれば良いのでしょう。

ここでは、赤ちゃん用白湯の作り方や飲ませ始めるタイミング、一日の中でどのタイミングに白湯を飲ませれば良いのかを解説します。

何か月くらいから飲ませ始める?

白湯を赤ちゃんに飲ませ始めるタイミングは、生後2か月以降から飲ませ始めると良いとされています。おしゃぶりや哺乳瓶が使えている赤ちゃんには、哺乳瓶に白湯を入れて飲ませると良いでしょう。

しかし、まだおしゃぶりやミルクを始めていない赤ちゃんの場合、哺乳瓶の乳首を嫌がることが数多く見受けられます。

嫌がっている赤ちゃんに無理やり飲ませようとすると、ママにも赤ちゃんにとっても大きな負担になってしまいますから、まだ哺乳瓶に慣れていない赤ちゃんには、マグやカップにいれてゆっくり少量から飲ませてみましょう。

赤ちゃんに白湯は必需品?

大人にとってとても良い効果のある白湯ですが、その健康効果は赤ちゃんにとっても同じなのでしょうか。ここでは、赤ちゃんに白湯は絶対に飲ませないといけないのかという疑問について解説いたします。

ひと昔前までは、赤ちゃんだって水分補給は必要なのだから、白湯は絶対飲ませるべきだと言われていましたが、最近の育児指導では、白湯は必ずしも飲ませないといけない、というわけではないとされています。

母乳やミルクで水分は取れているので、必ずしも、というのではないです。ですが、夏の暑い時期などには、こまめな水分補給が必要なので、お風呂上りや外出後などに飲ませることをおすすめします。

白湯を飲ませるタイミングとは?

赤ちゃんに白湯を飲ませるタイミングは、沐浴のあとやお散歩から帰ってきたタイミングで飲ませると良いでしょう。

夏の暑い時期には、こまめに水分補給をしてあげると良いでしょう。まだ母乳やミルクを数時間おきに飲んでいるような赤ちゃんは、母乳やミルクで水分は取れていますが、離乳食に移行している1歳前後の赤ちゃんには、こまめに水分を摂らせてあげることが大切です。

レンジでの白湯の作り方を知ろう!

電子レンジでも白湯は作れるのかと疑問を抱いている人も少なくないでしょう。簡潔に言えば、電子レンジでも白湯は作れます。ここでは、電子レンジでの白湯の作り方をご紹介しましょう。

電子レンジでの白湯の作り方は、まず、飲みたい分量の水をカップに注ぎ、500ワット~600ワットの電子レンジで3分~5分ほど加熱します。

熱くなっていますので、取り出すときにはミトンを使うなどの注意が必要です。あとはお湯が冷めるまで待つだけで完成です。

レンジで白湯を作る際の注意点とは?

電子レンジで白湯を作るときには、加熱時間や吹きこぼれの注意、取り出す際のヤケドには十分な注意が必要です。

10分~15分ほど沸騰させ続けないとトリハロメタンなどの不純物は除去できないからといって、電子レンジで10~15分もの時間加熱してしまうと、熱くなりすぎますし、電子レンジの中での吹きこぼれなど、とても危険です。

電子レンジでの白湯の作り方としては、3~5分程度を目安にすることをおすすめします。

水道水での白湯の作り方を知ろう!

ここでは、水道水での白湯の作り方についてご紹介します。白湯を作るときに、水道水での作り方が一般的ですし、水道水から白湯作りを始める方のほうが多いのではないでしょうか。

今回紹介する白湯の作り方をきちんと理解して、まずは一日一杯の習慣づけから始めてみると、無理なく取り入れることができるでしょう。

水道水で白湯を作るときの注意点とは?

水道水での白湯の作り方ですが、気をつけたいポイントが何点かあります。白湯を水道水で作るときには、鍋ややかんのフタを外すことを忘れない、ということです。

水道水には、トリハロメタンを初め、さまざまな不純物が混ざっています。この不純物を取り除くために白湯を作るので、きちんと作り方をマスターしましょう。

鍋やヤカンのフタを外すことで、水道水が沸騰した際に水蒸気が発生します。この水蒸気がトリハロメタンなどの不純物を飛ばしてくれるので、フタをつけたままにして、水蒸気を中に閉じ込めてしまっては、本末転倒です。

10~15分ほど沸騰させ続け、水蒸気で不純物を飛ばしてしまうので、鍋やヤカンでの白湯の作り方は、鍋やヤカンには多めの水道水を入れると良いでしょう。

簡単な白湯の作り方ってあるの?

簡単な白湯の作り方は、もちろん存在します。不純物を取り除いた完璧な白湯の作り方は、沸騰してから10分~15分もの時間沸騰させ続けなければなりませんから、寝起きすぐに飲みたい、という人には少しネックな作り方でしょう。

起床後すぐに白湯を飲みたいという人におすすめな白湯の作り方は、ウォーターサーバーや浄水器などの温かいお湯がすぐに出るもので作る、という作り方です。

もうすでに温かいお湯なら、真水から作り始めるよりも時間が短縮されます。ですが、ご家庭にウォーターサーバーや浄水器などの温かいお湯が出るものがないという人は、もう白湯を作っている時間を有効活用する、という他ないでしょう。

朝、起床してすぐに水を沸騰させ始め、その間に洗顔や着替えなどの準備を進めておくと、準備が整った後に、ゆっくりと白湯を飲むことができます。

実質的な簡単な作り方ではありませんが、体感的には満足いく結果が得られることでしょう。

白湯に生姜を入れるとさらに効果あり!

ダイエットやデトックス効果が得られたり、体を温める効果がある白湯ですが、その白湯の保温効果をさらに高める作り方をご紹介します。

それは、白湯に「生姜」を入れる、という作り方です。ご存知の方も多いことでしょうが、生姜には体を温める効果があります。

ジンジャーティーなどが効能的に有名ですが、まさに生姜こそが、体を温める効果に一役買ってくれる食材だと言えるでしょう。

白湯がまだ少し、熱いと感じるときくらいに、ティーカップ一さじ分の生姜を入れます。生姜が苦手な人は、まずは生姜の匂いや風味に慣れるために、少量から入れる作り方をおすすめします。

白湯にサッと溶けてくれるものが良いので、すでに、すられているものが良いでしょう。スーパーなどに売られているチューブのものでも良いですが、ジンジャーの香りを楽しみたいという人には、生の生姜をすりおろす作り方をおすすめします。

ミネラルウォーターでの白湯の作り方とは?

ミネラルウォーターでの白湯の作り方は、とっても簡単です。ミネラルウォーターは、水道水と比べてもうすでに不純物がとりのぞかれているものがほとんどです。

作り方は、普通の水道水と同じですが、ミネラルウォーターを白湯にすると、さらにダイエットやデトックスの効果が上がると言われています。

ミネラルウォーターで白湯を作るときの注意点とは?

ミネラルウォーターで白湯での作り方で、注意するべきポイントをご紹介します。白湯の作り方は、水道水でも白湯でも同じ作り方ですが、ミネラルウォーターには、硬水と軟水があります。

硬水よりも軟水のほうが、飲んだ時の口当たりがよりまろやかになりますので、好みではありますが、まろやかさを求める人には軟水をおすすめします。

白湯を取り入れて快適な毎日を!

いかがだったでしょうか。今回は、ダイエットやデトックス効果に期待が持たれる白湯の作り方についてご紹介しました。

白湯は美容にも健康にも大変効果のある飲み物ですので、今回ご紹介した白湯の作り方や注意点をきちんと理解して、ぜひお試しください。白湯を習慣づけて、あなたの毎日を活気に満ちたものにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related