Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ひな祭りのケーキ・歌・いつなのか・由来・食べ物と料理の献立

ひな祭りのケーキ・歌・いつなのか・由来・食べ物と料理の献立
ひな祭りは、女の子の成長と幸福を祈る日本でも有名な行事のひとつです。雛人形の他にも、歌や食べ物、そしてケーキといった特徴づけるものが数多く存在します。今回の記事では、そのケーキも含めた特徴づけるもの、そして時期や由来などひな祭りの詳細について紹介していきます。

初回公開日:2018年9月14日

更新日:2018年9月14日

記事に記載されている内容は2018年9月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ひな祭りにもケーキが出てくる

ひな祭りとは、女の子の幸福と成長を祈る日本の恒例行事のひとつです。ひな人形に桜や桃の花などの飾りと、雛あられや菱餅を供え、それらを眺めながら飲食を楽しむものとなっています。

ひな祭りの料理といえばちらし寿司やはまぐりのお吸い物が定番となっていて、ひな祭りにもケーキが食べ物のひとつとして出されることもあります。

さらに、このひな祭りのケーキはコンビニやスイーツ店はもちろん、通販でも商品として取り扱われることがあり、それらのケーキは「美味しい」「見た目が綺麗」「可愛い」ということでおすすめされる商品が多くあります。

そして、ひな祭りのケーキには、以下のようなものがあります。

その1:ひな祭り風のスイーツ

一般的なスイーツとしてのケーキをひな祭り風に味付けや飾りを施したものになります。コンビニやスイーツ店に売られているはもちろん、クックパッドなどの料理関連のサイトにもレシピが掲載されています。

デコレーションケーキやショートケーキはもちろん、ロールケーキやチーズケーキなどさまざまな種類があり、ひな祭りのメインとして味付けや飾りなど細かく凝ったものがあれば、簡単に作れるものもあります。

ゼラチン 8g
1.【ボトム作り】
型にバターを塗る。
卵を卵黄と卵白にわける。
2.ボウルに卵白を入れ、砂糖を加えて、ハンドミキサーで固く泡立てる。
卵黄を加え、低速でさっと混ぜる。
3.薄力粉をふるいながら加え、ヘラでさっくり混ぜる。
4.型に流して表面を平らにし、180度に予熱しておいたオーブンで13分くらい焼く。
焼き上がったら型を落として焼き縮みをふせぐ。
スポンジが冷めたら、好きな厚さに切る。
5.【いちごのレアチーズ作り】
水にゼラチンを振り入れ、しとらせておく。
6.いちごをミキサーかブレンダーでピューレ状にする。(マッシャーでつぶして裏ごししてもOK)
7.常温に戻したクリームチーズをボウルに入れて柔らかく練り、砂糖を加えて混ぜる。
8.ボウルを湯煎にかけながら、プレーンヨーグルト→いちごピューレ→レモン汁→生クリームの順に入れていき、その都度よく混ぜる。
9.5.をレンジで加熱し(沸騰しないよう)、よく混ぜて溶かす。
8.に入れて混ぜ合わせる。
10.型にスポンジを敷き、9.を流しいれる。ゆすって表面を平らにする。
冷蔵庫で冷やし固める。
11.型からはずし、自由にデコレーションする。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/3858/recipe/869086 |

その2:ちらし寿司ケーキ

ひな祭りの主菜であるちらし寿司を使って作るという独特なアイデアのケーキで、ちらし寿司とケーキ、二つのボリューム感のある料理を両方に楽しむことができるおつなものとなっています。

調理方法は主にちらし寿司にケーキの作り方を盛り込み、アレンジしたものとなっています。ひな祭りはもちろん、誕生日や七夕のお祝いにも出すことができます。

ひな祭りの歌「うれしいひなまつり」

〈作り方〉
○下ごしらえ:温かいご飯にすしの素を入れて切るように混ぜて
ちらし寿司を作っておく
・アスパラの下の固い部分をピーラーでむいたら、斜め薄めに切って
水洗いをして軽く水けをとったらお皿に乗せラップをし、600w2分くらい
チンして柔らかくしておく

① ケーキ型にちらし寿司を半分入れて平らにする→桜でんぶを平らに
入れる→残りのちらし寿司を入れ、形を整えるように軽く押して崩れない
ようにケーキ型からはずしてお皿に盛りつける

② ケーキ型のちらし寿司の上の端から、アスパラ・錦糸卵・まぐろたたき
・マグロ切身を巻いて薔薇にしたのも・その上にいくら・刻み海苔を乗せ、
飾り付けをしたら完成☆

出典: http://mimikonchi.blog.fc2.com/blog-entry-1447.html |

ひな祭りの歌といえば、サトウハチローが作詞、川村直則が作曲を手がける「うれしいひなまつり」でしょう。この曲は古くから伝わる日本の童謡として知られており、2007年に日本の歌百選に選ばれたほどの名曲です。

題名どおり、ひな祭りを歌った曲で、1935年にサトウハチローが自分の娘に雛人形セットを買ってあげた際に歌詞を思いついて、それを川村直則が曲をつけたことで歌となったとされています。

歌詞とメロディによる雰囲気からして、女の子たちの楽しいひな祭りを歌い、思い描いた曲ですが、一方で歌詞の中に官女から嫁いだ姉を連想するくだりがあります。これはサトウハチローが結核で亡くなった18歳の姉のことを思い浮かべて歌詞を書いたもので、さらに全体的に短調のメロディは姉への思いを込めたものだからであるという解釈もあります。

ひな祭りはいつなのか

ひな祭りが行われる日にちは、全国で一般的に3月3日とされていますが、地域によってその日にちが異なることがあり、例えば「旧暦の3月3日にあたる新暦の日にち」に行う地域、「1ヶ月遅れの4月3日」に行う地域があります。

ちなみに「旧暦の3月3日にあたる新暦の日にち」は、年が変わるごとに毎年その日にちも変わっていき、必ずこの日にひな祭りが行われると決まったものではないため、ややこしくて一般的ではありません。

そのため、3月3日以外にひな祭りを行う日について、はっきりしていることがあるとすれば「1ヶ月遅れの4月3日」のほうが多いと言えるでしょう。また、4月3日にひな祭りを行う地域は、北海道や秋田、岩手など東北地方がほとんどとなっています。

ひな祭りの由来

ひな祭りの始まりは、平安時代、自分の体を草木や藁で見立てた人形を作り、それを撫でて自分の穢れを移して川に流す「流し雛」という行事にあります。また、ひな祭りが始まるようになった現在でも、この流し雛は地域によりますがひな祭りと並ぶ年中行事として行われています。

平安時代の宮中では、女の子が紙の人形を作っておままごとなどをする「雛遊び」という遊びがあり、これが発展していくにつれて「流し雛」の流れを汲んで、人形を厄除けの儀式や祭事として用いるようになり、最終的にひな祭りへと結びつきました。

昔のひな祭りは女の子の行事ではなかった

ひな祭りは「女の子のためのお祭り」という見方と習わしが強いですが、昔は女の子だけでなく、男の子も平等に参加できるお祭りとなっていました。

ひな祭りが女の子の祭りとなっていった背景には、1年でも祭事を行う際に重要な5つの日「五節句」のひとつであり、5月5日に男の子の成長を祝う「端午の節句」というものがあります。

この端午の節句が男の子のお祭りとして考えられるようになる一方、ひな祭りは女の子のお祭りとして端午の節句と対をなすものと考えられるようになりました。

その結果、3月3日は女の子のお祭りとして「ひな祭り(桃の節句)」、5月5日は男の子のお祭りとして「こどもの日(端午の節句)」と、それぞれ風潮が強まり、認識に結びついたのです。

ひな祭りの食べ物

ひな祭りには以下の5つの伝統的なお祝い料理があり、いずれも春の訪れを伝えるため、春の季節ならではの旬の食材が使われています。そして、それぞれの料理や色にも縁起の良い意味が込められています。

その1:はまぐりのお吸い物

味噌汁と並ぶ日本料理の伝統的な汁物料理で、醤油仕立てのだし汁にはまぐりを入れてお椀に盛ったものです。

はまぐりは平安時代において、「貝合わせ」という、貝殻の色や形、大きさや珍しさなどの優劣を競う遊びなどで知られており、ひな祭りの代表的な食べ物となっています。

また、はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、はまぐりは仲の良い恋火や夫婦などを表しており、一生たったひとりの相手と添い遂げられるようにという願いが込められた縁起物でもあります。

(作り方)
1.水1リットルに対して大さじ3の塩を入れ溶かし、はまぐりを入れて砂抜きをしておきます。
2.鍋に水と昆布と1のはまぐりを入れ、弱火にかけます。
3.沸騰直前に昆布を取り出し、アクをすくいます。沸騰しすぎるとだしが濁ってしまうので注意して下さい。
4.菜の花と生麩を入れてひと煮立ちさせて、Aの調味料を加えてできあがり。

出典: https://lineblog.me/matsumotojunko/archives/4173770.html |

その2:菱餅

ピンク、白、緑の3色の餅をひし形に切って重ねたもので、飾りとして使われるはもちろん、ひな祭りの料理として食べることができます。

緑は「健康や長寿」、白は「清浄」、ピンクは「魔除け」をそれぞれ意味しており、その他にも緑は「大地」、白は「雪」、ピンクは「桃」で、「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という春の訪れを意味する説もあります。

緑餅は増血効果を持つよもぎ、白餅は血圧を良くするひしの実、ピンク餅は解毒作用があるクチナシでそれぞれ色が付けられています。さらに菱の形は「心臓」を表しており、親が娘の健康を願い、災厄を防ごうとする気持ちが込められています。

粉ゼラチンは水にふりいれふやかし、レンジでとかす。
クリームチーズは1分ぐらいレンジでチンやわらくしておく♪
ミキサーにレモン汁までの生地の材料を全部入れ滑らかに撹拌する。
1度止めとかしたゼラチンを熱々の内に加え再度スイッチオン♪
よく混ざったら生地を200グラムぐらいづつ3つに分ける。
まずは1つに水でといた抹茶を加えよく混ぜ型に流し入れる。型の底を氷水にあてて表面が固まりかけたら白い生地を流し入れる。最後に残りの生地にいちごを加えミキサーで撹拌したら型に流し入れ冷蔵庫でよく冷やす♪
しっかり冷えたら型をお湯で少し温め、外し菱形に切ったら出来上がり(#^.^#)♪

出典: https://ameblo.jp/natumomo1205/entry-11784492666.html |

その3:ひなあられ

干し飯を煎って膨らませて餅として、色をつけ、砂糖を絡めて甘くして炒めた和菓子のひとつです。

色は基本的に「ピンク・緑・黄・白」の4色で構成されており、これは四季を表していると言われており、さらにでんぷんが多く含まれていて健康に良いことから「一年を通して娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

また、菱餅と同じ「ピンク・緑・白」の3色で構成されていることが多く、意味合いとしててピンクが「血と命」、緑が「木々の芽吹き」、白が「雪の大地」となっており、「自然のエネルギーを得られる」ようにという意味が込められています。

1,小鍋に☆を入れ、沸々するまで火にかける。
2,手鞠麩を加え、焦げないように気を付けながら菜箸などでひたすら全体を混ぜる。
3,砂糖が結晶化して手鞠麩をコーティングできたことを確認したら、更にもう1分程全体をしっかり混ぜる。
4,手鞠麩の表面がカリカリに固くなったら火を止めて完成♪

出典: https://ameblo.jp/yuzumama330/entry-11994626868.html |

その4:白酒

白くて濃く特有の香気と甘味があるお酒の一種で、米麹と酒を混ぜて作ります。ひな祭りの飲み物として古くから使われています。

もともとは、邪気を祓うとされる桃の花びらを飾りで香り付けとして添えた「桃花酒」と呼ばれる中国伝来のお酒が飲まれていましたが、江戸時代からはみりんに蒸した米や麹を混ぜて1ヶ月ほど熟成して作る「白酒」が親しまれるようになりました。

ちなみに白酒はアルコール度数10%前後のお酒で、当然大人しか飲むことはできないので、子供には代わりとしてノンアルコールの甘酒がおすすめの飲み物となります。

その5:ちらし寿司

冒頭のケーキのところでも取り上げた、酢飯に数多くの具材をあわせて作る寿司の一種であり、ひな祭りの主食です。寿司飯の中、あるいは上にさまざまな具を散らすという意味で、「ちらし」と呼ばれることもあります。

ひな祭りの 5つの料理の中で、ちらし寿司そのものに謂れや言い伝えはありませんが、長生きできるとされる「エビ」、見通しがきくとされる「レンコン」、健康でまめに働ける「豆」など、祝いの席に相応しいものとして縁起の良い具が選ばれています。

その他にもミツバ、卵、人参などひな祭りらしく華やかな彩りを添えるものが選べられることから、ひな祭りの定番料理となったと言われています。

ひな祭りの献立におすすめの料理

ここまでひな祭りの主な食べ物を5つ紹介しましたが、他にもひな祭りの献立としておすすめできる料理をご紹介します。皆さんも興味が湧きましたら、これらの料理を試してみてください。

その1:はまぐりと菜の花と筍のパスタ

前項のお吸い物に使うはまぐりを、ひな祭りの日に沿ったランチに盛り込んだもので、ベーコンや菜の花や筍といった他の具材もバランスよく取り入れられていて、子供にもおすすめできます。

ひな祭りの定番であるはまぐりが、子供も大人も好きなパスタで食べることができます。そしてお酒や白だしの香り、菜の花による見た目にも彩りも楽しむことができます。

1.菜の花を4㎝位の長さにザクザク切り、茎の方と葉の方を分けておきます。筍は食べやすい大きさに、ベーコンは細かく切っておく。
2.パスタを袋の表示通り又はお好きな硬さに茹でます。パスタを茹でている間にフライパンでベーコンを炒めオリーブオイルを加える。
3.ベーコンをある程度炒めたら菜の花の茎の方と筍の順に加えて炒め、茹で上がったパスタを入れて炒めます。
4.菜の花の葉の方と蛤を加えてお酒、白だしを入れて一度ここで塩、コショーをし、蛤の口が開いたらOK。出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/92306/recipe/1052695 |

その2:マッシュポテトの三色団子

ひな祭りの菱餅を参考にする形で、マッシュポテトを丸めて三色団子風にしたメニューです。ひな祭りはもちろん、お花見にもぴったりなおやつやおつまみとしてもおすすめできます。

作り方はじゃがいもを蒸かしてマッシュポテトにし、お椀に3等分にしてからバター・牛乳・塩・ほうれん草・食紅で味付けと彩りを施してからお好みの大きさに丸めて団子にし、串に刺すだけです。非常に簡単ですので、興味が湧きましたら是非ともひな祭りの日に試して、家族や友人と共に楽しみましょう。

1.じゃがいもを蒸かしてマッシュする。
2.①のマッシュポテトをお椀に3等分にして、それぞれにバター3g・牛乳大さじ1・塩ひとつまみずつ入れ、混ぜ合わせる。
3.茹でたホウレン草をみじん切りにして、キッチンペーパーで絞り、お椀の一つに入れて混ぜ合わせ、緑色のマッシュポテトを作る。
4.少量の水で溶いた食紅をもう一つのお椀に入れ混ぜ合わせ、ピンクのマッシュポテトを作る。
5.それぞれ3種類のマッシュポテトをお好みの大きさに丸め串に刺して出来上がり♪

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/21580/recipe/1048112 |

その3:お重入りひと口手まり寿司

ひな祭りの主食であるちらし寿司を手まり寿司にアレンジしたもので、お弁当のお重に入るほどの一口サイズでとても食べやすいです。さらに見た目もころころと可愛くてひな祭りらしく華やかに仕立てたものですので、ちらし寿司の代わりとしてひな祭りにもおすすめできます。

1.ご飯に、ちらし寿司の素を混ぜ
手で一口大に丸めます♪
2.<A>~<F>の具材、
またはお好みの具材を
ご飯に乗るサイズにカットし
乗せていきます。

☆出来上がり☆

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/113969/recipe/852671 |

その4:巻き寿司のひな祭りプレート

ひな祭りの主食のちらし寿司にアレンジしたもので、ピンク・白・鶯色の三色の酢飯で作った巻き寿司の盛り合わせとなっています。その他にも、海老やサーモンなど刺身の小鉢と一緒にワンプレート形式で盛り付けると、ひな祭りの食事にふさわしい美味しさと華やかさを醸し出すことができます。

1.お米は水を少なめで炊き、炊き上がったらボウルに3等分します。ひとつは寿司酢大さじ1を混ぜて酢飯を作る。ひとつはミルにかけた赤エビと寿司酢大さじ1を混ぜて桃色ごはんを作る。残りのひとつは大葉と寿司酢大さじ1をミルにかけたものを混ぜ緑の酢飯を作る。
2.まきすに焼き海苔を広げ1の3色の酢飯を斜めに2㎝幅で敷き詰める。

3.ラップをかけて裏返し、海苔部分に、カニカマ、茹でたほうれん草、卵焼きを乗せたら、手前から巻き、巻き終わりをギュッとして、しばらくそのままで形を整える。
4.落ち着いたら、ラップごと包丁で切り、ラップをはがしてお皿に盛りつける。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/13460/recipe/270581 |

その5:宝石箱なフルーツ白玉

白玉粉とお豆腐で作る特製白玉を、缶詰などのフルーツと合わせて作ったデザートです。その白玉とフルーツからまるで宝石箱のようにキラキラと輝いているように見える見た目は、ひな祭りの食後のデザートにいただくのもおすすめできます。

さらに白玉を菱餅に見立ててピンク・白・抹茶に変えるとひな祭りカラーとなり、そして甘みをつけて串にさせばシンプルな三色団子になるなど、食べ方と楽しみ方は変化していきます。

1.ボールで白玉粉と豆腐を練り
まとまって耳たぶくらいの固さになったら
3等分にする
2.白はそのまま手の平で丸め
残りにそれぞれ食紅と抹茶を混ぜて練る
3.沸騰したお湯に入れ、浮かんできたら
そのまま3分程茹でて氷水で冷やす
4.大きめのボールや器に冷えた白玉とフルーツ缶をシロップごと入れ、フレッシュフルーツも入れる

お好みでサイダーも加える

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/91634/recipe/716581 |

その6:カップケーキで雛人形

カップ入りシフォンケーキに、イチゴクリーム、イチゴ、そしてひな祭りの飾りをのせてひな祭りの雛人形に見立てたスイーツです。味もしっとりしていて甘酸っぱくて美味しく、さらに見た目も綺麗で可愛らしいことから、食べて楽しむはもちろん見て楽しんでひな祭り気分を味わうもできます。

練乳入りのミルキー
カップシフォンを逆さにして・・・

甘酸っぱいイチゴクリームに苺やひな祭り飾りを乗せて・・・
ひな人形バージョンにしてみました〜!!

フリーズドライ苺パウダーを加えた苺クリームが
練乳に相性ピッタリ!

せっかくなので、ひな壇にしてみましたよ〜(^^♪

出典: http://paogohan.blog42.fc2.com/blog-entry-1492.html |

その7:マシュマロで菱餅ムース

雛人形カップケーキ、フルーツ白玉と同じひな祭りにぴったりのスイーツで、マシュマロひとつで作れることができ、そして美味しい菱餅を模したムースです。

作り方は耐熱ボウルに牛乳とマシュマロをいれ、1分ほど加熱しつつヘラやスプーンで混ぜ溶かしていきます。それから3つに分けてからうちジャムと抹茶を入れてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やして固まってから牛乳と苺を入れてまた冷やすだけです。こうした簡単な手順で、ひな祭りにもぴったりの華やかさと可愛らしさを実現できます。

1.耐熱ボウルに牛乳と千切ったマシュマロを入れラップなし600Wレンジで1分加熱しヘラやスプーンで混ぜ溶かしていきます。
完全に溶けたら、目分量で3分割し1つにジャムを入れ、1つに抹茶を入れて良く混ぜ合わせます。
2.粗熱をとったら容器に抹茶を1/3の高さまで流し入れ3~5分冷蔵庫で冷やし少し固まったらミルクを入れ同様に苺も入れます。
冷蔵庫で完全に冷えたら出来上がりです。

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/111384/recipe/1010985 |

ひな祭りの人形はいつ出すのか

ひな祭りの主役となる雛人形は、ひな祭りの当日である3月3日に出して出して飾るものが自然な流れとなっています。そして、雛人形を飾り付ける日取りに必ず決まったものがあるわけではなく、長く飾っておきたいために年明けごろから雛人形の飾り付けをする人もいます。

では3月3日以外に出して飾る日があるとするならばいつが良く、そしていつ頃にしまうのがよいものなのでしょうか。その具体的な時期をまとめましたので、参考にしてください。

2月中旬が雛人形を飾る時期

雛人形を出して飾る時期は、立春の2月4日から2月中旬にかけてがよいものとされています。この時期については、前日の節分で豆まきをして厄を払った後に飾る、という流れで覚えておくのがおすすめで、少なくともひな祭りの1週間前までには飾り付けを済ませておくのがベストです。

3月6日もしくは中旬ごろが片付ける時期

3月3日、ひな祭りが終わったらすぐに片付ける地方が多いのですが、雛人形を片付けるまでの時期は基本的に約2週間が目安となっており、長くても3月の中旬ごろまでには片付けておくようにするのがベストとなります。

また、雛人形を片付ける日は、「啓蟄の日」こと3月6日が最も良い時期だと言われています。啓蟄の日は、節分を基準にして1年間を24等分し、太陽の運行をもとに作られた季節を知る24もの目安「二十四節気」のひとつとされています。

そして「啓蟄」の啓は「開く、解放する、夜が明ける」、蟄は「冬籠りのために虫が土の下に隠れる、閉じ籠る」と、それぞれの意味を持っています。この二つの漢字をつなげた啓蟄は「春の温かさを感じた虫が、冬籠りしていた土の中から外に這い出てくる」という、春の始まりを告げる意味となっています。

雛人形はよく晴れた日に片付ける

余談となりますが、雛人形を片付ける時期に関しては、雛人形にとって負担が少ない「よく晴れた湿気のない日」を目安にすることが大切であるとされています。

天気が良い日は基本的に湿度が低く、雛人形の本体や衣装の生地にとっては湿気が大敵で、雨が降っている、もしくは降った後でジメジメした日に片付けると雛人形に湿気を残したままとなってしまいます。そして、来年出してみるとカビやシミが生えていた、という思わぬアクシデントに出会すことになりかねません。

女の子の成長を願うひな祭りだからこそ、雛人形も大切にしなくてはいけません。ひな祭りが終わったから早く片付けなきゃと焦ってしまうこともあるでしょうが、その日の天気と相談し、様子を見ながら大切にしまっていくようにしましょう。

有意義で楽しいひな祭りを過ごそう

いかがでしたでしょうか。今回の記事ではケーキ・歌・時期・由来・食べ物を中心にひな祭りについて解説しました。

女の子の成長と健やかな暮らしを願うものだからこそ、ひな祭りも1年の日本の行事において大切なものです。皆さんもこの記事を参考にして、自分にあったひな祭りの過ごし方を見つけてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related