Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

雨での革靴の手入れ方法・おすすめのブランド|特徴別/染み

雨での革靴の手入れ方法・おすすめのブランド|特徴別/染み
雨の降る日や季節の間で、革靴の手入れは欠かせないものです。雨に対応した革靴のメンテナンス方法、おすすめのブランド、特徴別な革靴の紹介、染み抜き対策といった革靴に関する特集です。これで雨に日でも、革靴を履いて外出もOKです。

初回公開日:2018年9月25日

更新日:2018年9月25日

記事に記載されている内容は2018年9月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


状態別雨での革靴の手入れ方法

普段の通勤や通学の際、あるいは冠婚葬祭などの行事の時には、必ずと言っていいほどお世話になっている足元のギア、革靴についての特集です。

特に雨が降った時の革靴のメンテナンス方法などを中心にお送りします。使い込んでいる割には、あまりしっかり革靴のケアをしてこなかったという方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは雨によって被った各状態別による、革靴のお手入れ方法についてご紹介します。

雨による染みができた革靴のお手入れ

雨によって革靴に染みができてしまう原因とは、部分的に革靴が濡れてしまうことで、濡れた部分と濡れていない部分が生じたことによります。そのまま乾燥すると濡れた部分が色濃くなり、皮革を硬化させてしまったことによります。

この雨による染みができた場合のお手入れ方法は簡単です。乾いた部分と濡れた部分の差を丁度よく埋めるには、全体をもう一度適度に濡らすことで目立たなくなります。雨に濡れた革靴は、水で絞ったタオルですばやく靴全体を均一に湿らし、陰干しすると良いでしょう。大概の革靴の雨染みはこれで回復します。

雨によって臭い革靴のお手入れ

雨によって濡れた後に革靴をそのまま放置しておくと臭いを発することがあります。その悪臭を取り除くには取るにはいくつかの方法があります。雨の後の悪臭の原因は、雑菌の繁殖によります。この雑菌の繁殖を抑えることで臭いを防げます。

もっとも簡単な方法は、革靴の中に10円玉を入れておくだけです。10円玉に含まれている銅イオンによって、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

他にも、重曹を使わなくなった靴下やストッキングなどに入れて、革靴の中に入れておくのもよい方法です。重曹は湿気を吸い取る効果があり、雑菌の繁殖をさせない環境作りをしてくれます。特に雨で濡れてしまった革靴は陰干ししながら、一緒に重層を入れれば臭いを吸着させながら乾燥を早める効果もありおすすめです。

雨によって変色した革靴のお手入れ

雨に濡れた後に沁みができた場合は、前述のような簡単なお手入れ方法によって回復しますが、万が一さらに悪化してしまい、いつしか白い粉をふいてしまって変色した場合は、どのような革靴の回復方法があるのでしょうか。まずこの白い粉の正体は塩です。塩ふきは、革靴に含まれた汗の塩分や脂分が雨で溶け出し、革靴の表面に出てくる現象です。

まずは表面に付着している塩を取り除きます。ブラシなどを使って白い部分を落とし、その後に靴用クリーナーを掛けてあげましょう。それで概ねの革靴の白い変色は回復します。

雨によってカビてしまった革靴のお手入れ

雨の後に革靴をそのまま放置していると、場合によってはカビが生えてしまう恐れがあります。もし革靴にカビが生えた時の対処方法は、やはり基本的にはカビの除去をします。ただしやたらめったらに布やブラシで落とそうとすると、かえってカビの範囲を増やし繁殖させてしまう可能性があるので、必ずカビ用クリーナーを使用して拭くようにしましょう。

また、カビが生える前にメンテナンスをしておくことが大切です。帰宅後速やかに除菌消臭スプレーを掛け、保管時にはシューキーパーや除湿剤を入れるのがベストです。もし靴箱に収納する場合は、最低2日間が経過してからにしましょう。

雨の日の基本的な革靴のメンテナンス方法

ここでは基本的な雨の後のメンテナンス方法をご紹介します。革靴は湿気に弱いので、なるべく普段からのメンテナンスを心がけておく必要性があります。雨の日対策として、どのようなメンテナンスが良いのかをここで確認しておいてください。

基本的メンテナンス法①新聞紙を詰め水気を取る

雨に濡れた革靴の汚れを拭き取ったら、靴の形を整えてティッシュでくるんだ新聞紙を詰めておきます。その後、風通しの良い日陰にて半日乾燥させます。この時の注意は直射日光や直火によるで急激な乾燥をしないことです。革が硬くなってヒビ割れの原因となってしまいます。

基本的メンテナンス法②塩をクリーナーで取る

革靴が乾いたら全体をブラッシングします。その際にはシュークリーナーで汚れを落とします。もし白いシミがあれば、それは塩が出ていることになるで、布地にクリーナーをつけ、より丁寧に磨いて落としていきます。

基本的メンテナンス法③クリームで栄養を与える

革靴用クリームを薄く伸ばしムラなく塗って磨いていきます。特に高品質なシューラスタークリームがおすすめで、ダメージを受けた革靴に栄養と光沢を戻しヒビ割れを防ぐことができます。また革底には少量のミンクオイルを伸ばして油分を補給させるといいでしょう。

基本的メンテナンス法④防水スプレーを掛ける

革靴にはさまざまな種類があるので、中にはシミや水膨れに弱い質のものも珍しくありません。もし雨の日に革靴を履くような場合は、必ず撥水スプレーを吹きかけておく習慣をおすすめします。なるべくなら普段から風通しのよい日陰に保管することも大切です。

メンズ・レディース別雨におすすめの革靴のブランド

雨にも強いタイプの革靴もいくつか登場しています。ここでは雨にも負けないおすすめな革靴のブランドをご紹介します。

雨に強いメンズ革靴ブランド①パラブーツ

雨に強い革靴というイメージが最も高いブランドは、おそらく「パラブート」だろうと言われています。シャープなシルエットが特徴的なAVIGNONがおすすめです。素材感はアッパーに使われている「Lisse Leather」で、オイル含有率が高く光沢あります。

雨にも対応し頑丈、しかも劣化が少ないのが魅力です。悪天候や気温差など、あらゆる環境に適用できる素材を採用しています。

雨に強いメンズ革靴ブランド②リーガル

革靴の代表的ブランドといえばリーガルです。そのリーガルからの、ゴアテックスファブリックを搭載し全天候型ビジネスシューズです。

防水透湿機能により突然の雨でも対応します。防水性と透湿性を両立させ、水が靴内に入ることもなく、発汗作用もあってムレにくい革靴です。湿気の多い日も快適に保ち続ける、リーガルならではなスタイリッシュさも魅力です。

雨に強いレディース①ヘンリーアンドヘンリー

イタリアのファクトリーブランドのヘンリーアンドヘンリーがおすすめです。高品質なレインシューズを作っています。高級感漂うメンズ風デザインですが、通気性と柔らかなアッパーによりお手入れが簡単、さっと拭き取るだけの耐久力です。雨の日のおしゃれなレインアイテムです。

雨に強いレディース革靴ブランド②ドクターマーチン

ブーツの老舗であるドクターマーチンこそ、雨の日にも耐久力のあるフットギアを作り続けてきた歴史があります。どうしても男性色が強いイメージですが、ちゃんとレディースもありますので選んで見えると良いでしょう。内側にサイドジップが施してあるため、雨の日の着脱も手軽にできます。

特徴別雨におすすめの革靴

ここでは各特徴によっておすすめする雨の日の革靴についてです。どのようなタイプで、どんな部分に強いのか、その特徴が著しいと思われる革靴をご紹介します。

通気性のあるビジネスシューズ

靴内を専用エアーダクトを通じながら快適に保てるという通気性に優れた革靴です。ソールには、通気性を確保できるような仕組みになっているため、消臭や制菌効果があり快適な履き心地が楽しめます。デザインもオーソドックスでベーシックなもの、あらゆるビジネスシーンに合わせられる一足です。

本革使用なのにこの軽さ!そしてサイズもピッタリで履きやすいです。通気も期待通りで蒸れ知らずの快適シューズです!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3KZHYC1ZVJTII/ |

雨に強い高級ブランドの革靴

国産のビジネスシューズメーカーとして君臨するのが、SCOTCH GRAIN (スコッチグレイン)です。

その特徴はグッドイヤーウェルトという特殊製法にこだわった革靴を生産していることです。熟練の職人の手仕事により高い評価を得るスコッチグレインの革靴は、雨の日にも強いという噂です。ぜひ手に取ってみる価値があります。

僕の場合は数ある靴の中から実際に何足も履いて購入しました。この靴を履いた瞬間、「脱ぎたくない、ずっと履いていたい」と思ってしまいました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2DDFCJ9DTZEE5/ |

雨の日にも革靴を楽しもう

以上、雨での革靴についての対策や対処を含めた特集です。ビジネスシーンでは、かなり革靴は酷使され続けます。そのために耐久性の高い革靴が望まれるはずです。自分の歩行の癖や足に合った革靴を選び、日ごろからメンテナンスを心がけていくことが大切です。雨に強い革靴などもぜひ選んでみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related