Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのまな板|素材別/シーン別/エリア別/食洗器対応

おすすめのまな板|素材別/シーン別/エリア別/食洗器対応
皆さんこんにちは、今回は「おすすめのまな板|素材別/シーン別/エリア別/食洗器対応」と題して、「おすすめのまな板|素材別/シーン別/エリア別/食洗器対応」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな「おすすめのまな板」についてのお役立ち情報をご紹介します。

初回公開日:2018年9月20日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


おすすめのまな板の特徴

まな板というのは料理する上で必需品となるもので、現在ではこのまな板のデザインにしても、非常に多岐に渡る形で用意されています。おすすめのまな板としてはまず「使い勝手が良いこと」であり、その上で「新鮮な野菜をそのまま新鮮に料理できる素材」を選ぶことが大切です。

おすすめのまな板のサイズ

まな板のサイズですが、これは基本的に「家庭のシンクで収納できるサイズ」が基準となり、そのシンクの大きさをあらかじめシンクのサイズを測っておき、その上でシンクの大きさに見合ったサイズのまな板を選ぶことがおすすめされます。

特にこの場合は一人暮らし用のまな板のサイズと家族向けのまな板のサイズとで、自ずとおすすめされるまな板の大きさも違ってくるため、自分が本当にほしいと想定できるおすすめのまな板のデザインをあらかじめ選定しておくようにしましょう。

メンテナンスが良いおすすめのまな板

おすすめのまな板を購入する際には、やはり「メンテナンス維持」が約束される物を選ぶことがベターとされます。この場合はプラスチック製や木製のまな板が「メンテナンス維持」に向いているおすすめのまな板とされており、特に一人暮らしの場合は「簡単に取り扱えるまな板」を選ぶことが基本となるでしょうか。

シンクで洗いやすいおすすめのまな板

先述でもご紹介しましたが、自分にとっておすすめのまな板を選ぶ際には「家庭のシンクで簡単に洗い流せるサイズのまな板・取り扱いが便利なまな板」を購入することが第一におすすめされます。

購入してきたけれどシンクのサイズに合わないのでは、何のために「自分におすすめとされるまな板」を購入したかがわかりません。この場合もしっかり事前の調査をした上で「自分にとっておすすめできるまな板」を選んでおきましょう。

収納に困らない程度のおすすめのまな板

これも先述の続きの内容となりますが、一人暮らしや二人暮らし、また大家族で暮らしているそれぞれの家庭では、用途によって「おすすめされるまな板のサイズ・デザイン」が違ってきます。

一人暮らしの場合なら小さいサイズの物でもデザインが地味でも、「使い勝手が良ければそれでOK」となり、大家族で使用する場合・パーティ用に使用する場合におすすめされるまな板では「多少なりともデザインに凝ったまな板」がおすすめされるでしょう。

一人暮らし用のおすすめのまな板のサイズ

先述でも少し触れましたが、一人暮らしの場合に選ぶおすすめのまな板のデザインでは、「特に自分だけにとって使い勝手が良いまな板」を選ぶことがベストとなります。この場合はシンプルに家庭用シンクの大きさを測っておき、やや小さめサイズのまな板がおすすめされるでしょう。

一般的には「約15~20cm×30cm程度のまな板サイズ」がベストとされており、このサイズに見合ったまな板がおすすめのまな板としてインプットしておくとよいでしょうか。

カップルと同棲中のおすすめのまな板のサイズ

いわゆる「二人暮らし・カップルで同棲している場合におすすめされるまな板」ですが、この場合は「一人暮らしの場合のおすすめのまな板」よりも若干サイズが大きい物に変わります。これはもちろん「料理を作る分量」によってまな板のサイズが変わることになるため、家庭の個別によってこの場合のサイズが変わると心得ておくとよいでしょう。

一般的にこの場合におすすめされるまな板のサイズは「約20cm×40cm程度のサイズ」となり、この場合もあらかじめシンクの大きさを測った上でまな板を購入することがベストです。

大家族やパーティのおすすめのまな板のサイズ

大家族・パーティ用で使用されるまな板のサイズはもちろん大きな物となるため、特に「一人暮らしの場合におすすめされるまな板」と比べた場合は破格のサイズの違いになるでしょう。

一般的におすすめされるまな板のサイズは「約25cm×45cm」から「約30cm×50cm程度」のサイズとなるため、この場合は「料理の分量が破格に増えること」を念頭に置いて購入の検討をするとよいでしょう。

抗菌加工されているまな板がおすすめ

一般的に、プラスチック製のまな板やゴム製のまな板などには、抗菌加工が施されているものがあり、特に料理する上で大敵とされる「細菌の繁殖・増殖を破格的に防ぐこと」に役立ってくれます。

せっかく料理を美味しく作るために購入するまな板ですから、どうせならしっかり抗菌加工している素材を選ぶことが基準となるため、この場合も自分の家庭に適したまな板を買うことがおすすめされるでしょう。特に乾燥しやすい物・湿気がすぐにきれる物がおすすめされます。

素材別おすすめのまな板

まな板にはあらかじめ多くの素材を駆使して作成された物が用意されており、それぞれの素材によって「そのまな板の機能」がまったく違ってうかがえます。特に先述しました木製やプラスチック製のまな板などは、「ずっと維持して使っていけるまな板」としておすすめされ、一人暮らしの場合では特に「長持ちするまな板」として重宝されます。

木製のおすすめのまな板

木製のおすすめのまな板のご紹介ですが、木製のまな板というのは基本的に「食材の生臭みが付きにくい・細菌の繁殖を抑えられる」といった天然的な機能が備えられてあり、特に湿気が多い場所においても最近の木製のまな板は強い耐性が持たされています。

また包丁の刃こぼれがしにくいという特徴もあるため、料理物品を長持ちさせる際にも実に効果的な素材となるでしょう。

檜のおすすめのまな板

檜(ひのき)製のまな板は現在使用されている木製のまな板の中でもかなり多く使用されており、この他にもキリやホオノキ、イチョウなどの材質を兼ねそろえたまな板が多くの料理の場面でおすすめされます。

これらの木製のまな板を使う際のデメリットとしてあげられるのは、「包丁や食材によって傷が付きやすい」という点で、包丁の扱いや管理方法に多少なりとも配慮しておくことが大切です。

強化ガラス製のおすすめのまな板

強化ガラス製のおすすめのまな板についてですが、これはプラスチック製のまな板や木製のまな板などに次ぐ「デザインに凝ったまな板」の部類に含まれており、特に大理石素材でできたまな板などは「非常にオシャレなデザイン構成」がなされています。

このような「デザイン重視で作成されたまな板」の特徴は「管理維持に適している点」に加えて、「パーティ用で使用されるまな板としても人気があること」や「キッチンを更に華やかに見せることができる」などといった、空間のデコレーションに役立つ点と言えるでしょう。

ゴム製のおすすめのまな板

ゴム製のまな板の大きな特徴は「土台がしっかりして料理がしやすいこと」に加え、「吸水性がなく乾燥しやすい点」、さらには「食材の生臭みが付きにくい点」などがあげられます。

料理を続けていくとどうしても「食材のにおいが付いてしまう」という欠点がどのまな板にもあるため、この場合のメンテナンス維持を図る場合にはおすすめされる一品となります。

プラスチック製のおすすめのまな板

プラスチック製のまな板のおすすめされる点ですが、このプラスチック製のまな板の大きな特徴は「デザイン性に優れている点」と「使いやすい点」、さらには「抗菌加工がしっかりなされている物が多いため、メンテナンスに長けている点」があげられます。

さらに「水分を吸収しにくい点」も同時にあげられるため、長持ちするまな板として十分おすすめされる一品となるでしょう。現在多くのまな板が使用される中でも、このプラスチック製のまな板の需要はうなぎ登りの人気があります。

シーン別おすすめのまな板

さて、先述では「おすすめされるまな板」そのものの特徴についてご紹介してきましたが、ここでは特に「まな板の上で料理される素材・食材」とまな板の相性についてご紹介します。まな板は当然「料理するための器具」として知られており、その食材の種類によって「使うべきまな板・おすすめされるまな板」が変わってきます。

離乳食

赤ちゃんがいる家庭などではこの「離乳食用のまな板」の需要がとても高くなります。離乳食というのは形がふわふわしており、通常のまな板ではなかなか料理することが困難な場合が多くなります。

そこでおすすめされるのが「フードカッター」や「ベビーブロック」などと同じくおすすめされる「離乳食用のまな板」になります。この場合、離乳食を作る際にはよく「リッチェル 調理用品 すり鉢セット」などが使用されており、特にまな板を必要とする機会がないことがあります。

しかしどうしてもまな板が必要になる場合は、「リッチェル 離乳食まな板」などの特殊用途を兼ねたまな板の購入がおすすめされるでしょう。

肉調理用としておすすめされるまな板は数多くあり、特にプラスチック製のまな板でも木製のまな板でも、家庭のシンクサイズに見合ったサイズの物であれば何でもOKとなるでしょうか。

しかしその中でもとりわけ最近人気が高いのが「メモリ付きのまな板」で、これは肉の分量やモモ肉の大きさをあらかじめ計る際に、とても便利な一品として知られています。このメモリ付きのまな板」の種類でもかなり多くの物が用意されているため、お気に入りのデザインを選んでみるとよいでしょう。

エリア別おすすめのまな板

まな板も調理器具の1つであるため、包丁やお皿などの他の調理器具とともに「いろいろな地域・エリアの職人の手によって作成される」といったクラフト加工が要される素材のうちに数えられます。「どうせ買うなら良い物を」という気持ちを念頭に置き、このまな板を購入する際でも「自分にとってベストの一品」を選びましょう。

合羽橋

合羽橋(かっぱばし)には老舗料理道具店「飯田屋」などをはじめ、古くから創業されているクラフト店が軒並み居を構えている老舗街として知られています。上記の飯田屋ではこのまな板の本舗として知られる程の有名なクラフト技術が兼ねそろえられており、「まな板を買うなら一度は飯田屋で」と言わしめる程の歴史を持ち合わせています。

特徴別おすすめのまな板

先述してきましたように、まな板には実に多くの特徴が兼ねそろえられており、それぞれの家庭や料理・食材の種別によって、それぞれのまな板のデザインが変わってきます。

特にこの場合のまな板の特徴というのは「メンテナンス加工」や「維持して使っていくための管理方法」などにその機能性が発揮されます。

食洗器対応においておすすめされるまな板や、あるいはあらゆる食材を調理しても清潔を保ち続けられるまな板のおすすめ、さらには傷付きにくいまな板や湿気に強いまな板など、まな板そのものの機能性に重視した特徴別もかなりポイントとなります。

食洗器対応

食洗器対応のおすすめされるまな板についてですが、この場合は特にプラスチック製のまな板がおすすめされるでしょう。特に最近のプラスチック製のまな板の特徴として「耐熱性」を兼ねそろえた物が多く製造されているため、食器洗い機の過熱にも十分耐えられる素材ばかりのまな板が散見されます。

デザインよりも使い勝手がよいまな板

おすすめのまな板を選ぶときの基本となりますが、どんなまな板を選ぶ際にも必ず「家庭で使う際の使い勝手を想定して購入する」ということが大切なポイントとなります。

たいてい現在において市販されているまな板の特徴は「あらゆる環境に適したオールマイティな素材」が用意されているため、このニーズを満たしてくれるまな板はすぐに見付かることでしょう。

特に先述しました「一人暮らし用でおすすめされるまな板」、「カップルで同棲中に使用するのにおすすめされるまな板」、また「パーティや大家族用の家庭でおすすめされるまな板」などの区別はしっかり付けておき、「自分のニーズに見合った物」を選ぶことがベストとなります。

ゴム製のまな板はやはりおすすめ

先述でもご紹介しましたが、ゴム製のまな板は現在非常に多くの家庭で使用されているまな板の1つに含まれています。このゴム製のまな板の特徴は「一人暮らし用でおすすめされるまな板」、「カップルで同棲中に使用するのにおすすめされるまな板」、また「パーティや大家族用の家庭でおすすめされるまな板」のすべての環境に適しています。

特にメンテナンス・管理の面で最適とされており、ある程度ぞんざいに扱っていても十分長持ちしてくれるまな板としておすすめされるでしょう。

おすすめのまな板をぜひ自分でチョイスしましょう

いかがでしたか。今回は「おすすめのまな板|素材別/シーン別/エリア別/食洗器対応」と題して、「おすすめのまな板|素材別/シーン別/エリア別/食洗器対応」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな「おすすめのまな板」についてのお役立ち情報をご紹介しました。

まな板というのは調理器具の中でも非常に頻繁に使われる器具のうちの1つであり、どんな食材の調理の際でも必ず使用される「土台」のような一品となります。この料理の土台となる調理器具だからこそ「しっかりとメンテナンスに長じた、機能性の高いまな板」を選ぶことが重要であり、少しでも美味しい料理を作るときの武器としておくとよいでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related