Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ハロウィンにおすすめの折り紙・折り方|特徴別/おばけ/黒猫

ハロウィンにおすすめの折り紙・折り方|特徴別/おばけ/黒猫
みなさんはハロウィンを楽しむときに、どのような物を使って飾り付けをしていますか。今回紹介する折り紙は簡単にハロウィンのモチーフが作れ、また折り紙を使ったガーランドを作ることもできます。そんな折り紙を使った飾りの作り方を紹介しているので見てみてください。

初回公開日:2018年9月18日

更新日:2018年9月18日

記事に記載されている内容は2018年9月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ハロウィンとは

みなさんも10月31日が何の日か、すでにご存じだとおもいます。そうです、ハロウィンです。ハロウィンはただ仮装するだけのお祭りではありません。そんなハロウィンのことを下記で詳しく紹介します。

ハロウィンの起源は?

ハロウィンの起源はいつなのでしょうか。ハロウィンを始めたのは、古代ケルト人と言われています。

古代ケルト人の暦では11月1日が新年になるため、10月31日は大晦日にあたります。この日を境に秋が終わって冬が始まるとされており、先祖もあの世から戻ってくると信じられていました。そのため、秋の収穫祭と先祖供養を合わせたサイウォン祭を、10月31日におこなったのがハロウィンの起源になります。

そんなハロウィンが徐々にヨーロッパに広まり、その後にアメリカなどにも広まっていきました。ハロウィンのキャラクターでもある「ジャック・オ・ランタン」というカボチャのおばけは、アメリカで誕生し世界中へと広がっています。

ハロウィンにおすすめの折り紙の種類

ハロウィンをするときには部屋などをデコレーションしたりします。ハロウィンのときに使える、折り紙を使ったモチーフの折り方を下記で詳しく紹介しますので、ぜひ折り紙をハロウィンのデコレーションに加えてみてください。

オバケ

ハロウィンと言えば欠かせないのが「オバケ(幽霊)」です。折り紙でのオバケの折り方は、それほど難しくないのでおすすめです。またカボチャなどのモチーフと合わせると、白いオバケが際立つのでぜひ作ってみてください。

ハロウィンのデコレーションなどは濃い色のものが多いため、白いオバケの折り紙はとても目立ち、一緒に飾りつけることでデコレーション自体にメリハリができるのでおすすめです。

そんな折り紙で作るオバケの折り方を紹介しているサイトを紹介しますので、ぜひ参考にしながら作ってみてください。

黒猫

「黒猫」は魔女の相棒としてハロウィンには欠かせないモチーフの1つですので、ぜひともレパートリーに加えたい折り紙です。

黒猫の折り方はでき上がりが平面と立体の両方があるため、好きなタイプを選べます。ただし立体の黒猫の折り方は少し難しくなるため、小さなお子さんには向きません。しかし黒猫はハロウィンのモチーフには大切なキャラクターですので、ぜひ折り紙で作ってデコレーションに加えてみてください。

また平面の黒猫はリースなどにも使えるため、とても便利です。今回は簡単な平面の黒猫の作り方を紹介しているサイトを下記で紹介していますので、ぜひ参考にして黒猫を折ってみてください。

帽子

次にご紹介します、折り紙で作れるハロウィンのモチーフは「とんがり帽子」です。とんがり帽子は魔女のアイテムですが、カボチャや黒猫に被せるなどさまざまな折り紙と合わせられる便利なモチーフです。

とんがり帽子の折り紙はとても簡単なため、小さなお子さんでも折れるのでおすすめです。さまざまな色の折り紙を使えばとても可愛いカラフルな帽子を多く作れますので、モチーフに合わせて彩りを変えることも可能です。

そんなとんがり帽子の折り方を動画で紹介しますので、ぜひ参考にしながら可愛いとんがり帽子を折ってみてください。

魔女

折り紙で作れるハロウィンのモチーフで次に紹介するのが「魔女」です。魔女もハロウィンには欠かせないモチーフの1つです。

魔女はとんがり帽子と合わせたり、ほうきと合わせたりするだけでも違うイメージになるため、いろいろなモチーフと合わせるのが楽しめるモチーフで、デコレーションをするときにおすすめの折り紙です。ぜひ折り紙で魔女を作って、ハロウィンのデコレーションに加えてみてください。

そんなハロウィンには欠かせない魔女ですが、折り紙の魔女の作り方は少し難しいです。難易度が少し高めの魔女の折り方を紹介している動画を紹介しますので参考にしてください。

カボチャ

ハロウィンの中で誰もが知っている1番有名なキャラクターは「カボチャのおばけ」です。折り紙で作るハロウィンのモチーフの中でも、このキャラクターを外すことはできません。

折り紙で作るカボチャのオバケはとても簡単なため、小さなお子さんでも折ることができます。また少し複雑なカボチャのオバケや、立体の折り方などもあるため、ぜひ自分に合わせた折り方を選んでみてください。

そんなカボチャのオバケの1番簡単な折り方を、下記のサイトで詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてカボチャのオバケの折り紙を作ってみてください。

こうもり

ハロウィンのデコレーションなどで「こうもり」を単独で飾ることはあまりありませんが、他のモチーフとの相性はとてもよいキャラクターです。こうもりは特にカボチャのオバケと一緒に飾ると、「いかにもハロウィン」という雰囲気を出せるでしょう。そのためこうもりはハロウィンの名脇役のような存在です。

折り紙のこうもりは作り方も簡単なので、子どもと一緒に折るのもおすすめです。しかしこうもりの折り方はシンプルですが、完成サイズが大きくなりやすいため、周りに飾る他の折り紙とのバランスを考えてから折りましょう。

そんな折り紙のこうもりを紹介しているサイトを下記で紹介しますので、参考にしながらこうもりの折り紙を作ってみましょう。

リース

リースと言えばクリスマスのイメージが強いですが、ハロウィン風にアレンジしたリースを壁などに飾っても可愛いです。

簡単なリースをハロウィンカラーで作っても可愛いですし、シンプルなのでハロウィンの雰囲気があまり強くならないようにしたい場合にもおすすめです。またハロウィンのモチーフで作った折り紙を、土台のリースに貼れば可愛らしい雰囲気になります。

そんなハロウィンリースの作り方を集めているサイトを紹介しまので、ぜひ参考にしながら自分らしいリースを作ってみてください。

ガイコツ

折り紙で作れるハロウィンのモチーフで次に紹介するのは「ガイコツ」です。ガイコツは普通なら怖いイメージのあるモチーフになりますが、ハロウィンの中ではとても大切なモチーフです。また、とんがり帽子や蝶ネクタイなどと合わせることで、ガイコツを可愛らしくアレンジできます。

そんなガイコツですが、折り紙で作った際に目などを描くときに一番簡単な方法はマジックなどで直接描く方法です。しかしマジックで直接描くと、写真にした際に綺麗に写らない場合もあります。そういう時には黒色の画用紙で目を作って貼り付ければ綺麗に見せられます。

また、セットになっている折り紙の中でも、他の色とは違い白色の折り紙は残りやすいのですが、ガイコツを折るのに利用すれば白い折り紙を消費できる一石二鳥なモチーフです。

棺桶(かんおけ)

折り紙で作れるハロウィンのモチーフで紹介するのは「棺桶」です。棺桶はオバケやドラキュラとの相性がピッタリなため、ぜひ一緒に折り紙で作って壁に飾ってみてください。

そんな折り紙で作れる棺桶を紹介しているサイトを下記で紹介しますので、ぜひ参考にしながら折ってみてください。紹介している折り方は十字架つきの棺桶なので、ハロウィン以外にも使えるのもこの折り紙の特徴です。

そんな可愛い棺桶の折り方を紹介しているサイトでは十字架つきの棺桶だけではなく、日本のお墓の折り方も紹介していますので、ぜひ参考にして折ってみてください。

十字架

ハロウィンに必要なモチーフの1つが「十字架」です。十字架は見た目が可愛いだけではなく、ドラキュラの苦手な物として一緒に飾れば、飾りつけにストーリー性を与えられます。

そんな十字架は作るときに折り紙以外の道具が必要になりますが、下記で紹介している十字架の作り方では糊など他の道具が不要なため、手を汚さずに折れるのでおすすめです。しかし、紹介している折り方での十字架は少し難易度が高いので、小さなお子さんには向いていない点にご注意ください。

フランケンシュタイン

折り紙で作れるハロウィンのモチーフとして「フランケンシュタイン」を紹介します。フランケンシュタインは怪物代表として、ハロウィンには欠かせないモチーフの1つです。

フランケンシュタインは選ぶ折り紙の色によってイメージが変わってきますので、ぜひカラフルなフランケンシュタインを折って楽しんでみてください。そんなフランケンシュタインの折り方を紹介している動画を紹介しますので、ぜひフランケンシュタインを折ってハロウィンの飾りにしてみてください。

教会

折り紙で作れるハロウィンのモチーフとして最後に「教会」を紹介します。教会や家はデコレーションの下の部分を埋める大切なモチーフになるため、欠かすことができません。

教会は黒色や灰色など少し暗めの色の折り紙を使うと、ハロウィンらしさの雰囲気がより出ますので、暗めの色の折り紙を使うことをおすすめします。そんな教会の折り方を詳しく紹介しているサイトを下記で紹介しますので、ぜひ参考にしながら教会の折り紙を作ってみてください。

ハロウィンにおすすめの折り紙の折り方

折り紙で作れるハロウィンのモチーフの折り方をたくさん紹介しましたが、そんなモチーフの中でも特にオススメしたいモチーフの折り方を紹介します。

たくさんあるモチーフの中でも特に紹介したいのは「キャンディ」です。ハロウィンでは子ども達が仮装をして、定番のかけ声をしながら近所の家をまわってお菓子をもらいます。そんな時に配られるお菓子の定番がキャンディです。

そのため定番であるキャンディを折り紙で作り、デコレーションに使用したり、リースのモチーフにしたりすると可愛いです。また作るキャンディの折り紙を英字紙柄にしたり、ハロウィン柄にしたりすることで、ハロウィンの雰囲気をより出すことができます。

またキャンディの折り方は、難しくないため小さなお子さんでも作れます。そんなキャンディの折り方の動画を紹介しますので、キャンディの折り紙を作るときの参考にしてください。

特徴別ハロウィンにおすすめの折り紙の作り方

折り紙で作れるハロウィンのモチーフを、特徴別で分けて見てみます。特徴別で分けたモチーフの中でも、オススメの折り紙の作り方を詳しく紹介しますので、ぜひ折り紙を作ってハロウィンのデコレーションの1つに加えてみてください。

立体の折り紙

ハロウィンのモチーフは平面な折り紙が多いのですが、モチーフを立体に折ることもできます。

同じハロウィンのモチーフでも、平面ではなく立体にすることで可愛さも倍増しますし、帽子やほうきなどを持たせたりすることもできます。そんなたくさんあるハロウィンのモチーフの中でもオススメしたいのが「カボチャのオバケ」の立体です。

やはりハロウィンと言えばカボチャのオバケですので、このキャラクターはハロウィンの中でも一番の人気を誇ります。またカボチャのオバケは平面でも可愛いですが、立体にすることで本物のカボチャに似てくるため、ハロウィンの雰囲気をより盛り立てられるでしょう。

そんな立体のカボチャのオバケの作り方を紹介しているサイトを下記で紹介していますので、ぜひ参考にしてカボチャのオバケの折り紙を作ってみてください。

簡単な折り方

次にご紹介したいのは、簡単な折り方です。ハロウィンのモチーフは子どもと一緒に作ることが多いです。そのため、折り方が簡単であればあるほど、低年齢の子どもでも折れます。

ハロウィンのモチーフの多くは、難易度別に複数の種類の折り方があります。そんな多くあるハロウィンモチーフの中でオススメしたい簡単な折り方は、魔女の「ほうき」です。ほうきは魔女の必須アイテムなだけではなく、カボチャに魔女の仮装をさせるときなどにも一緒に置けば、より楽しいハロウィンの雰囲気になります。

そんなほうきの折り紙の中でも、簡単な折り方を紹介している動画を紹介しますので、ぜひほうきの折り紙を作るときの参考にしてください。

折り紙を使った切り紙

ここまではハロウィンのモチーフの折り方を紹介してきましたが、折り紙を使ったハロウィンのデコレーションの方法は他にもあります。

折り紙を使ったデコレーションの方法の中でオススメしたいのは「切り紙」です。ハロウィンに向いた切り紙のモチーフを下記で紹介しますので、ぜひハロウィンのデコレーションの1つに加えてみてください。

折り紙で作れる切り絵の「蜘蛛の巣」

切り紙を使ったハロウィンのモチーフで、オススメしたいのが「蜘蛛の巣」です。蜘蛛の巣は単独で飾っても寂しく、またハロウィンらしさもありません。しかし、そこにカボチャのオバケなどと一緒に飾ることで、ハロウィンをより感じさせることができます。

蜘蛛の巣の切り紙は黒色だけではなく、ハロウィンカラーの折り紙を使って作ることで、黒色とは違って可愛いらしい印象にすることもできます。そんな切り紙で作れる蜘蛛の巣を詳しく紹介しているサイトを下記で紹介しますので、ぜひ参考にして作ってみてください。

折り紙で作れる「ガーランド」

次にオススメするのは「ガーランド」です。ガーランドとは元々は勝利の証としてつける「花輪・花冠」を意味しています。花・葉などをつなげて作り、壁やドアなどに装飾として飾っていたのがガーランドでした。

しかし現在では、ひもにオブジェを取り付けた室内飾りにするのが主流になっており、一般的に多いのはひもに三角形の旗をあしらった「フラッグガーランド」です。そんなフラッグガーランドをハロウィンカラーで作っても素敵ですし、三角形の旗に折り紙で作ったハロウィンのモチーフを貼っても可愛いです。

ガーランドの作り方を紹介しているサイトを下記で紹介しますで、ぜひ作り方を参考にして自分だけのガーランドに挑戦してみてください。

折り紙で作れるハロウィンの小物

ここまで折り紙で作れるハロウィンモチーフの折り方などを詳しく紹介してきましたが、ハロウィンをするときに使う小物に使えます。そんなハロウィンに使える小物の折り紙を詳しく紹介しますので、ぜひハロウィンをするときの参考にしてください。

ハロウィンのラッピング

ハロウィンでは訪問してくる子ども達に、お菓子を配るなど小さなプレゼントをすることがあります。

ハロウィンに配るお菓子などを集めてラッピングしたときに、折り紙で作ったハロウィンのモチーフが大活躍をしてくれます。折り紙で作ったモチーフの使い方としては、紙袋などにお菓子を入れて封をしてプレゼントを作ります。

ハロウィンに配るプレゼントができたら、袋の表面などに折り紙で作ったハロウィンのモチーフを貼り付けましょう。そうすることでハロウィンの雰囲気を出すことができます。そんな時に役立つお菓子の可愛いラッピング方法を下記で紹介しますので、ぜひラッピングの参考にしてください。

折り紙を使ってハロウィンを楽しもう!

今回は折り紙で作れるハロウィンのモチーフをたくさん紹介してきました。ハロウィンのモチーフを作って壁を飾ったり、またハロウィンで配るラッピングしたお菓子のデコレーションに使えたりするなど、たくさんの使い方があります。

そんなハロウィンのモチーフは、簡単なものから難易度の高いものまで複数の折り方があります。そのため自分が作れる難易度の折り方を探しましょう。今年のハロウィンにはぜひ、折り紙で作ったハロウィンモチーフを使って、自分好みのハロウィンを演出しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related