Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

カレーの冷凍保存方法・解凍方法・日持ち|容器/具財別/粗熱

カレーの冷凍保存方法・解凍方法・日持ち|容器/具財別/粗熱
たくさん作ってしまったカレーはどのように保存していますか。冷蔵庫では3日ほどで風味が失われてしまうカレーですが、正しい手順で冷凍保存することでおよそ1ヵ月カレーをおいしく楽しむことができます。カレーを冷凍保存する時の手順と気を付けたい具材についてお話します。

初回公開日:2018年9月14日

更新日:2018年9月14日

記事に記載されている内容は2018年9月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


カレーの冷凍保存方法

ご家庭でカレーを作る際、「カレーが余ってしまったらどうしよう」などと考えたことはないでしょうか。カレーはボリュームがあるにもかかわらず、比較的簡単に作れるメニューのため、作る人にも食べる人にも人気の献立です。

しかし、簡単に作れるためにできあがりの量が多くなりがちで、予想以上に余ったり、その日のうちに食べきれなかったりすることも多いメニューです。そこで余ったカレーを保存したい場合、活用したいのが冷凍庫です。

カレーは温かくして食べる料理で、なおかつ色々な具材が使われているため、常温保存では細菌が繁殖しやすく食中毒を引き起こす可能性があります。冷蔵庫での保存も可能ですが、徐々に風味が損なわれてしまうため、おいしく食べられる期間が短いのが難点です。

今回は、カレーを冷凍保存する手順や、冷凍保存したカレーのおいしさを保つコツなどを保存容器や具材別の特徴を踏まえてお話していきましょう。

粗熱をすばやく取るには

作ったカレーを上手に冷凍保存するコツは、作ってすぐに荒熱を取って冷凍庫へ入れることです。カレーが温かいままの時間が長いと、細菌が繁殖しやすくなり、食中毒の原因になります。

そのため、カレーを作ったら冷凍保存するまでに、なるべく早く冷やす必要があります。作ったその日に食べる分を先に取り分けたら、鍋ごとカレーを冷やしましょう。

作ってすぐのカレーの熱をすばやく取るには、どのような方法があるのでしょうか。

鍋ごと氷水に浸ける

鍋底より大きめのバットに水を張り、氷を入れて冷水にします。熱が通りやすいステンレス製のバットがおすすめです。バットの中の水がよく冷えたら、鍋ごとバットに浸けましょう。カレーの中が温かいまま時間が経過すると、細菌が繁殖していきます。

鍋の中が熱い状態から、すぐに中身を冷やすことで、細菌が繁殖する隙を与えないようにするのがポイントです。

鍋の中身をよくかき混ぜる

鍋を氷水に浸けている間に、木べらなどでカレーの中身をかき混ぜましょう。鍋底からカレーを持ち上げるようにすくってかき混ぜることで、カレーにこもった熱が逃げやすくなります。

鍋を氷水に浸けているうちに鍋底からカレーが冷えてくるので、底からすくうように混ぜることでカレー全体の温度が早く下がります。

冷凍したカレーの解凍方法

冷凍したカレーを上手に解凍するには、どのような方法があるのでしょうか。手順を守って上手に冷凍して、保存容器にあった方法で解凍することが大切です。保存容器に適した方法で解凍することで、カレーの風味や食感を損なわずにおいしく食べることができます。

それでは冷凍保存したカレーを上手に解凍する方法を、いくつかご紹介しましょう。

自然解凍で

冷凍したカレーを解凍するのに最もおすすめの方法は「自然解凍」です。ただし、時間がかかるので食べたい日の前日には冷凍庫から出して冷蔵庫へ移しておきましょう。冷凍した時のカレーの量にもよりますが、半日は必要です。

食べる直前に湯せんしたり、直接鍋に入れて火にかけたり電子レンジで温めましょう。電子レンジで解凍する際は長時間入れないよう、カレーの様子を見ながら解凍しましょう。

湯せんで

カレーを自然に解凍する時間がない場合は、冷凍した際に使った保存容器の種類にもよりますが、湯せんで解凍するのもおすすめです。ジップロックなど密封できる小分け袋などでカレーを冷凍した場合、レトルトカレーを温める要領で、鍋に湯を沸かしてから冷凍したカレーを投入します。

湯せんで5分ほどで適度に温まるのでおすすめです。

電子レンジと直火で

冷凍したカレーは電子レンジでの解凍も可能です。しかし、タッパーなどポリプロピレン製の保存容器に油分の多いカレーを入れて長い時間電子レンジにかけると、容器の耐熱温度を超えてしまい、変質する恐れがあるので注意が必要です。

電子レンジの種類にもよりますが、500ワットで1、2分ほどレンジにかけ、カレーの周りが少し解凍してきた程度で鍋に移して、直火で温めるのがおすすめです。レンジにかける際は、カレーの様子を見ながら時間を調整してください。

冷凍したカレーの日持ち・賞味期限

正しい手順を守って冷凍したカレーは、どのくらいの期間までおいしく食べることができるのでしょうか。常温のカレーはその日のうちに食べきってしまうのが望ましいですが、保存容器に移して冷蔵保存すれば2日から3日は風味を損なわずに食べることができます。3日以上保存しておきたい場合は、冷凍保存が最適です。

冷凍したカレーの一般的な日持ちやおいしく食べることができる賞味期限についてお話していきましょう。

1ヵ月以内

ご家庭で作って冷凍したカレーの賞味期限は、2週間から3週間程度と言われています。作ってすぐに正しい手順で冷凍したカレーであっても、1ヵ月程度で食べきることが望ましいです。正しく冷凍した状態であっても、冷凍庫の中で徐々にカレーの新鮮さは失われていき、風味が落ちていきます。

また1か月以内であっても、解凍したものを味見した結果、味に違和感を感じたら食べるのを見合わせましょう。できれば保存容器に冷凍した日付や中に入っている具材を記入しておくと、判断基準になるのでおすすめです。

冷凍で半年経ったカレーは食べてもいい?

半年経過した冷凍のカレーはおいしく食べられるのでしょうか。正しい手順で冷凍したカレーと言えども、冷凍庫の中で半年経過した状態ではカレーの劣化が進んでおり、大変風味が損なわれた状態になっています。

またカレーは油を使って調理しているため、「半年経った冷凍カレーを食べる」ことは、「半年経って酸化した油を口に入れる」ということと同じになります。酸化した油は風味もひどく損なわれている上に、体に良くないと言われる物質が発生するので摂取は控えましょう。

冷凍する機会が多い場合は、古いものと新しいものが混ざらないように、保存容器に冷凍した時の日付を記載しておくのがおすすめです。

カレーの冷凍におすすめの容器

カレーを冷凍する際の容器は、どのような種類のものが適しているのでしょうか。冷凍する際に便利でも、解凍する際に注意が必要なもの、直火で温められないもの、電子レンジには入れられないものなど容器の素材により色々気をつけなければならないものがあります。

冷凍保存によく使われる代表的な保存専用容器を、いくつかご紹介します。

耐熱ガラス容器

カレーの冷凍保存におすすめなのが、底が浅めの耐熱ガラス容器です。ガラス製なのでカレーを入れてもカレーの色が移らず繰り返し利用することが可能です。

ただし、液体状のものを冷凍すると体積が増えるため、詰め過ぎは容器の破損の原因になります。カレーをガラス容器に詰めて冷凍する際は、余裕を持って詰めましょう。

また、容器自体もよく熱を通すので、冷凍庫から出してすぐに湯せんにかけたり電子レンジに入れたりすると、温度差で容器が破損する場合もあります。冷蔵庫で半日かけて自然解凍するか、しばらく常温に置き容器が温まってきたら湯せんなどで解凍しましょう。

どっしりしたガラスで愛用してます。
常備野菜を入れたり、味付け卵を漬けたり、鶏肉の下味付けなど多様に使わせて頂いてます。ガラスなので残りのカレーを入れても綺麗に洗えます。耐熱なのもいいですね!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RIW8E4UUCSBH... |

ジップロック

ジップロックは袋状の保存専用容器で気密性に優れており、サイズも充実しているため、小ぶりなサイズで1人分ずつ冷凍保存することができるので、便利な容器です。

ただし、カレーは油を多く含んでおり、色が移って袋が汚れてしまうので、衛生上一度使ったジップロックは再利用せずに使い捨てるようにしましょう。

完全に冷ましたカレーを入れたら、袋が平たくなるように形を整え、空気が入らないように袋の口を閉じましょう。

タッパー

底の浅いタッパーもガラス容器と同じようにカレーの冷凍保存に使用することができます。ただしポリプロピレン製のタッパーは油に弱く、カレーを入れて冷蔵保存に用いた場合、容器に色移りする可能性があります。

油汚れは洗えば落ちますが、色は残る可能性が高いので冷凍カレー専用のタッパーを用意するなど工夫して使いましょう。

製氷皿・製菓用シリコン型など

製氷皿やチョコレートなどの小さなお菓子を作る際に使われる製菓用シリコン型で、カレーを冷凍保存するのも可能です。小さいキューブ状で凍らせることができ、取り出しが容易なため、直火で解凍する場合短時間で解凍することができます。

ただし容器の材質上、カレーが容器に色移りする可能性が高い上、蓋などが付属していないものが多いので、冷凍の際は容器にラップなどをかぶせる必要があります。

ラップを用いた場合は、カレーにラップの匂いが移る可能性が高いので、1ヵ月を待たずになるべく早く使い切ることをおすすめします。容器にカレーの色が移る可能性が高いので、一度使った容器は製氷や菓子作りに戻さず、引き続き冷凍カレーの保存に利用することをおすすめします。

具材別カレーの冷凍保存方法

どんな具材が入っていてもカレーはおいしく冷凍できるのでしょうか。具材によっては、カレーに入れたまま冷凍すると風味や食感が落ちるものがあるので、冷凍の際は注意が必要です。

カレーによく使われる具材をいくつか例にあげ、カレーをおいしく冷凍するコツについて具材別にお話していきましょう。

じゃがいも

じゃがいもが入っているカレーをそのまま冷凍保存すると、解凍した時にじゃがいもから水分が出て、じゃがいもの舌触りが悪くなります。また、じゃがいもから出た水分でカレー全体の風味が損なわれるのでじゃがいもが入っているカレーの冷凍には工夫が必要です。

じゃがいもが入っているカレーを冷凍する場合は、一度じゃがいもをカレーから取り除き、じゃがいもをつぶしてペースト状にしたものをカレーに混ぜてから保存しましょう。

ナス・トマト

ナスやトマトなどの果菜類は、火を通すことによって旨みが増します。カレーに入れる前によく炒めてあれば、カレーごと冷凍保存しても解凍してからおいしく食べることが可能です。

ナスやトマトの食感を残したい場合は、繊維に沿って大きめにカットしてから火を入れましょう。

肉・ひき肉

カレーに肉が入っていてもそのまま冷凍することが可能です。肉によく火を通しておきましょう。よく煮込んだ肉をそのまま冷凍すれば、肉にカレーの味がよく浸み込んでいるので解凍してもおいしくいただけます。

ひき肉を炒めてカレーにする「キーマカレー」も冷凍保存が可能です。よく炒めて水分を飛ばしてから冷凍保存するとおいしく食べることができます。

魚介類

エビやイカなどの魚介類が入った「シーフードカレー」も冷凍保存が可能です。カレーとして煮込む前にワタをしっかり取り除いておきましょう。具材を炒める時に白ワインを加えると魚介の臭みを抑えることができ、冷凍してもシーフードカレーの風味を保つことができます。

冷凍カレーのアレンジレシピ

たくさん作ったカレーは冷凍保存ができると言っても、同じカレーを何回も食べているうちに味に飽きてくることもあります。小分けに冷凍保存したカレーは、好きな時に食べたい分だけ取り出すことができるので、他の料理にアレンジするのも冷凍カレーのおすすめの楽しみ方です。

それでは、残ったカレーを使って作ったアレンジメニューをレシピブログからいくつかご紹介していきましょう。ご家庭の冷凍カレーを活用する際の参考にしてください。

チーズとろとろ!残ったカレーで焼きカレードリア

常温で残ったカレーのレシピですが、冷凍カレーに応用できます。解凍したカレーとご飯をバターで炒め、上から残りのカレーをかけ、卵とチーズを乗せてオーブンで焼き目が付くまで熱します。

卵の黄身まで熱を通さないようにするのが、おいしさのポイントです。仕上げにブラックペッパーを掛けてお召し上がりください。

カレーリメイク 和風だしカレーうどん

こちらも常温で残ったカレーのレシピですが、冷凍カレーから作ってもおいしく仕上がります。解凍したカレーに濃いめに取った和風だしの汁を混ぜて、茹でたてのうどんにかけて食べましょう。刻みねぎと油揚げを足して、七味唐辛子をアクセントにまぶしましょう。

簡単に和風カレーにリメイクできるので、忙しい日や休日のお昼などにおすすめのアレンジです。

カレーを沢山作って、まずは普通に食べましたが当然二人なので残ります。
ここはカレーリメイクですよね
(略)
それはカレーうどん
簡単だしね、でも拘りは少し持ちたくてお店の味に近づけたい
店で食べると確り味が麺まで絡んでるのですが、家で食べるカレーうどんは
どうも麺とカレー出汁の絡みが弱いように感じるのです。

そこで、今回は和風出汁を強くしたカレーうどんにしてみました。

出典: http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/blog-entry-2112.html |

上手にカレーを冷凍しておいしく食べよう

カレーは簡単な手順で一度にたくさん作れるので、家族で楽しめるメニューです。しかし、一度にたくさん作ることができてしまうため、続けて食べる必要に迫られる場合が多く、量の配分が難しいメニューでもあります。

しかし、保存容器の種類や冷凍庫の進歩により、1ヵ月までなら冷凍保存することでおいしく食べられるようになりました。たくさん作ってしまったカレーを正しい手順でしっかり冷凍保存することで、好きな時に好きな量だけ解凍して食べることもできるし、カレーライスだけではなくドリアやうどんなどにアレンジするために、あえてとっておくことも可能になりました。

カレーに入れた具材によっては冷凍することで食感が損なわれたり、解凍する時に臭いが出て風味が損なわれたりします。具材の特徴を把握し、具材に合った調理方法と冷凍する時のひと手間で、冷凍カレーを気軽に楽しんでいきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related