Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

米の賞味期限の目安・切れの処理方法|状態別/特徴別/1年

米の賞味期限の目安・切れの処理方法|状態別/特徴別/1年
古来から現在まで、日本の食卓を支えているお米は、日本人にとって必要不可欠な存在です。ところで、お米の賞味期限をご存知でしょうか。今回のこの記事では、お米の賞味期限について、賞味期限が切れてしまったお米はどうすればいいのかご紹介します。

初回公開日:2018年9月19日

更新日:2018年9月19日

記事に記載されている内容は2018年9月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


お米の賞味期限の目安って?

日本人であれば、ほぼ毎日食卓に並ぶお米ですが、お米の賞味期限は、いったいいつまでなのでしょうか。1年前、2年前のお米は食べれるのでしょうか。

1年前のお米って食べられる?

台所を整理していたら1年前の未開封のお米を見つけた、という経験はありますか。1年前の賞味期限が切れてしまったお米は食べられるのでしょうか。

1年前の未開封のお米が食べられるかどうかは、お米を見るか、お米を収納していた場所、保存の仕方で判断します。

「カビが生えている状態」や「虫がわいてしまっている状態」のお米はもちろん食べることができません。この状態は、お米を湿度の高いところに放置することで起こります。この状態になっている場合は賞味期限が切れていなくても、食べるのをおすすめしません。

2年前のお米は食べられる?

2年前の賞味期限が切れているお米は、保存状態によっては食べることができます。

お米は精米してから少しずつ味が劣化していきます。しかし、カビが生えていたり虫がわいていなければ、問題はありません。ただし、味はあまりおいしくありません。ためしに、1度ご飯を炊いてみることをおすすめします。食べて味を確認してみましょう。

古米臭という、お米独特のにおいがあったり、味の劣化は仕方ありませんが、炊き上がったご飯に色がついていなかったりしていなければ、問題なく食べることができます。

しかし、美味しく食べるのであれば、賞味期限内に早めに食べてしまうのをおすすめします。

古いお米を美味しく食べる方法は?

古くなってしまったお米や、賞味期限が切れそうなお米は美味しく食べる方法はあるのでしょうか。実はほんの少しの一工夫で古いお米を美味しく食べることができます。

お米の研ぎ方を変える!

古いお米を美味しく食べる方法として、お米の研ぎ方をいつもとは違った方法でやってみましょう。その方法とは、新米はお米を研ぐときはあまり力を入れずサッと研ぎますが、古いお米の場合は力を入れて研ぐようにしましょう。力を入れて研ぐことで、表面についたヌカ臭さを落とすことができます。

研ぎ汁の場合、新米だと「うっすら白くにごる程度」で問題ないとされてますが、古いお米の場合は研ぎ汁が透明になるまでしっかりと研ぎましょう。そのほうが美味しく食べることができます。

「チョイ足しテクニック」を活用しよう!

古いお米を美味しく食べるために「チョイ足しテクニック」を使えば美味しく食べることができます。いくつかの「チョイ足しテクニック」を紹介します。

氷を使おう!

1つ目は氷です。方法はとても簡単で普段どおりにお米を研いだら、水をいつもより少なめの水量にして、氷を2つ入れるだけです。たったのこれだけでツヤツヤの美味しいお米が食べられます。

なぜ、氷を入れるだけでお米が美味しくなるのかというと、昔からお米は冷たい水で研ぐと美味しいといわれてきました。お米は沸騰するまでの時間がゆったりだと甘みが増すといわれています。

また、炊く前に冷水にしばらく浸しておくと芯まで吸水するのでおすすめです。

日本酒を使おう!

なぜ日本酒を入れると美味しくなるのかというと、それは日本酒のアルコール消臭効果と日本酒に含まれる糖分のおかげです。古いお米のにおいは、アルコールが抑えてくれます。糖分によってお米の甘みが増し、美味しく炊き上げることができます。

調理方法はとても簡単で、お米200gに対して小さじ1から2杯程度の日本酒を加えるだけです。お米の甘みが増してふっくらとした炊き上がりになります。古くなって匂いがでてきてしまった古いお米などは、日本酒を加えることで匂いを押さえ、美味しく炊くことができます。

サラダ油を使おう!

古くなってしまったお米に油を入れると美味しくなるのをご存知でしたか。おすすめはオリーブオイルです。オリーブオイルをお米2合に対して小さじ1杯で充分です。

油がご飯をコーティングしてくれるため、炊き上がりはとてもツヤツヤでしっかりしているので、ベチャっとしていないのでカレーなどによく合うご飯ができ上がります。保温状態のままにしても変色することがなく、しゃもじや釜にお米がつきにくいのが特徴的です。

オリーブオイル以外でも、サラダ油やココナッツオイルをチョイ足しする人もいます。

塩を入れるとおいしくなる!

ご飯をもっと美味しく食べる方法として、塩があります。炊く前に塩をひとつまみいれるだけです。塩を入れて炊くことで、甘みを引き出してくれます。ただ、できれば塩ではなく、「天然塩」をおすすめします。スイカに塩をかけるとおいしくなるように、お米にも塩をいれることで甘みが増しておいしくなります。

はちみつを入れて炊くと美味しくなる!?

古くなってしまったお米や、1年や2年前の古いお米を美味しく食べる方法として、はちみつを加える方法があります。いつもどおりにお米を研いだあとに、お米2合に対してはちみつを小さじ1杯入れて全体になじませて、30分から1時間ほどそのまま放置にして、あとは炊くだけです。

なぜはちみつをいれるとおいしくなるのかというと、はちみつにはアミラーゼという酵素が含まれています。アミラーゼが、お米のでんぷんを分解してくれるので、はちみつを入れたご飯は甘くなります。実は、この方法はお寿司屋さんでも行われている方法です。

状態別の目安って?

買ってまだ未開封のお米や、冷蔵庫にずっと入れっぱなしのお米はいつまでが賞味期限なのでしょうか。

未開封のお米の賞味期限って?

お米の袋に穴があいているのをご存知ですか。なぜ穴があいているのかというと、運送するときやお店で積み重ねるときに潰れてパンクしないように、荷崩れしないようにあけています。なので、開封前も開封後もあまり変わりません。穴をあけて空気を逃がすことで商品を守っています。お米の賞味期限は保存状態で変わってきます。

未開封の賞味期限が近いお米は食べることができます。ただし、味は落ちてしまうのでちょっとした一工夫が必要です。

冷蔵庫に入れてあるお米の賞味期限って?

お米が苦手なものは、「直射日光」と「高温」と「湿気」の3つです。これらをなるべく避けるために、米びつを使いましょう。桐の米びつが一番適しています。桐は温度湿度を調整し虫の発生も抑制してくれます。この中にお米を入れることでにおいも防いでくれます。

そして保管場所として一番適しているのが冷蔵庫です。できれば野菜室に保管するのが一番お米に適しています。気温があがると虫が付きやすくなるので、夏場は冷蔵庫に保管するのがおすすめです。気温が下がるとお米は酸化しにくく美味しさが保てます。大体美味しく食べれる期間は約3カ月とされてます。

精米後のお米の賞味期限って?

お米の賞味期限は、精米した時期によって変わります。お米を収穫する秋から翌年3月頃までは気温が低いので、精米後約2ヵ月は保存できます。春から夏にかけて、気温や湿度が高くなるとお米が劣化しやすくなるので、精米してから約1ヶ月が保存の目安です。

気温があがる季節はお米をあまり買わないようにしましょう。あまって捨ててしまうのがもったいないので、食べきれる量を目安に買うのがおすすめです。精米されていない玄米は、米を覆っている糠(ぬか)が参加を防いでくれます。精米より長期的に保管することができます。

開封後のお米の賞味期限って?

開封後のお米の賞味期限は、開封前の賞味期限と変わりません。保存状態が悪いと1ヶ月ですぐに駄目になってしまいますし、ちゃんと保管していると数年もつこともあります。しかし、お米を美味しく食べたいのであれば精米後1~2ヶ月以内に食べきるのが一番おすすめです。

真空パックのお米の賞味期限って?

現在、色々なメーカーから真空パックになっているお米が売られています。災害時の非常食として、たくさん買っている人も多いでしょう。真空状態はお米が長持ちするので重宝されますが、お米は酸化する食品です。長時間、長期間置いておくと鮮度が失われてしまい、保存状態がよくないと虫やカビが生えてしまう恐れがあり注意が必要です。

真空パックのお米だと酸化するスピードを抑えてくれます。きちんとした保管方法で保管していると1年以上は鮮度を保てます。しかし真空パックでも徐々に劣化していくのでパサパサしたりします。真空パックのお米の賞味期限は未開封で約1年、開封後は約1ヶ月、長くて2ヶ月以内に食べきってしまいましょう。

そもそも賞味期限・消費期限ってなに?

「賞味期限」、「消費期限」という言葉をよく耳にするでしょう。その意味をご存知ですか。聞いたことはあるけど、あまり意味を分かっていない人のために、簡単に2つの言葉の意味を紹介します。

賞味期限の意味って?

賞味期限とは、「美味しく食べることができる期間」のことです。商品を開封していない状態で、商品に表示されている保存方法に従って保存した状態で、美味しく食べることができる期間を現しています。主に缶詰やジュース、スナック菓子など賞味期限が5日間をこえるもの、長期保存が可能な食品に記載されています。

簡単にいうと、加工食品で期限内であればおいしく食べることができることを保証する期限のことです。この期限を過ぎてしまってもすぐに食べられなくなるわけではありません。色やにおい、味などを確認して異常が無ければ食べることができます。しかし、1度あけてしまった食品は期限に関係なく、早めに食べるようにしましょう。

消費期限の意味って?

消費期限とは、袋や容器をあけないままで記載されている方法を守って保存していたときその年月日まで「安全に食べることができる」期間のことです。お弁当や生めん、ケーキなどすぐに傷んでしまう商品に表示されています。

消費期限が記載されてるものは劣化が急速に早まります。1度袋をあけてしまうと、どんどん劣化が進んでしまいます。大体期限は5日程度なので早めに食べてしまいましょう。この消費期限を過ぎた商品は食べないようにしてください。

賞味期限が切れてしまったお米の処理って?

賞味期限が切れてしまったお米は、どうしたらいいのでしょうか。

お米には賞味期限が無い?

お米には食べ物としての「賞味期限」や「消費期限」があります。

気づいている人は少ないでしょうが、お米などの「農産物」には、「精米年月日」だけは表示されていますが、「賞味期限」や「消費期限」の表示がありません。加工食品には、「賞味期限」や「消費期限」の記載義務があります。しかし、お米は野菜や果物などと一緒の「農産物」の扱いになるので、消費期限などの記載の義務がありません。

レトルトのお米の賞味期限って?

震災時などの非常食として重宝されているレトルトのお米は、賞味期限が長めに設定されていると考えがちですが、レトルトのお米は賞味期限はいつまでなのでしょうか。

レトルトの賞味期限って?

手軽で簡単に食べられるレトルトご飯は、震災などのいざというときのために、キッチンや防災リュックなどにしまってある人が多いでしょう。しかし、気づいたときには賞味期限が切れていた、ということもあります。賞味期限が切れたレトルトのご飯は食べれるのでしょうか。

レトルトご飯に記載されているのは、「賞味期限」です。賞味期限とは、美味しく食べれる期間のことです。レトルトご飯は保存食ということもあり、賞味期限は1年と長めに設定されています。しかし、これは未開封で、直射日光や高温を避ける場所に保存した場合なので、保存の仕方で多少変わるので注意してください。

賞味期限が切れてしまう前に食べてしまうのが一番おすすめです。

あまったご飯の保存方法って?

炊飯ジャーの中にあまってしまったご飯は、どのように保存したらいいのでしょうか。お米は長時間熱を加えるとでんぷん化しやすくなり、周辺にのりのような膜ができてしまい、黄ばみがでたり、ジャー独特の臭いが付いたりしてしまい、美味しく食べることができません。

あまったご飯の保存方法を紹介します。

冷凍保存しよう!

ご飯は炊いたときから少しずつ劣化が始まっています。ですので、保存しておく分のご飯はすぐに冷凍しましょう。

冷凍保存するときはお茶碗1杯分を小分けにして、平べったく保存するのがおすすめです。なぜ平べったくするのかというと、冷凍や解凍がしやすいからです。ご飯を包むときは少し緩めに、お米やさしく包み込むようにしましょう。適度にお米同士に間隔があいていることで、お米がべチャっとせずに食感を保ったまま冷凍ご飯を解凍することができます。

常温保存は駄目!

あまったご飯の常温保存はおすすめしません。しかし、もし常温保存をする場合はご飯のあら熱を取ってからタッパーなどに入れて保存をしたり、容器に入れてサランラップをして日のあたらない、涼しい場所に保存しましょう。夏場はクーラーの効いた部屋、冬場は暖房の無い寒い部屋に保存しましょう。

お弁当などに入れているご飯は、常温保存になります。夏場は特に傷みやすいので、ご飯に梅干を入れたり、塩分大目のふりかけを入れたりするなどをすると傷みにくくなります。夏場の常温保存は約6時間程度、春や秋の常温保存は12時間から1日程度、冬場の常温保存は1から2日程度です。

しかし、あくまでも目安なので早めに食べてしまうのをおすすめします。

お米はおいしく食べましょう!

普段から食べるお米ですが、お米の保存方法や賞味期限のしかたが少しでも分かったでしょうか。古くなってしまったお米をおいしく食べる方法や、お米をもっとおいしく食べる方法、賞味期限が切れてしまった場合などを簡単にご紹介しました。お米は日本人の食卓においてかかせない食品です。毎日食べるお米を、もっとおいしく食べましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related