Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年09月27日

トレーラーヘッドを自家用車にする際に知っておきたいこと8つ

トレーラーヘッドを自家用車にする際に知っておきたいこと8つ

重い荷物を運ぶトレーラーは、その牽引車両としてトレーラーヘッドが活躍します。事業用として用いられることの多いトレーラーヘッドですが自家用車として所有することは可能です。その際に必要な費用や保険、基本的な知識などを分かりやすくまとめています。


トレーラーヘッドとは?

トレーラーヘッドは大型の貨物自動車で、一般道路に留まらず高速道路も走行することができます。アクション映画ではボンネットが突き出た状態で走り回るシーンが多いため、トレーラーヘッドはとても有名な車両と言えるでしょう。

トレーラーは牽引車両と被牽引車両の2種類で構成され、自家用車としても使用することができるでしょう。そこで今回は、トレーラーが走行するのに必要なトレーラーヘッドの仕組みや性能を紹介します。

トレーラーヘッドの種類

トレーラーヘッドには、フルトレーラーやポールトレーラー、セミトレーラーなどの種類があります。雑貨や食品、長尺物、重量物、建設機械などの使用用途に合わせて、サイズや形がバラバラです。

トレーラーヘッドにはフル、セミ、ポール、マルチの4種類があり、マルチにはスタンション、あおり、船底、コンテナ、パン、タンク、自動車運搬、幌の全部で8種類があります。それぞれ使用用途で取り付ける物を変えられます。

トレーラーヘッドは自家用車にできるのか?

トレーラーヘッドは自家用車にすることができますが、自分の荷物しか運ぶことができません。プライベートなどの運賃を取らない場合に限り、自家用のトレーラーヘッドを使用することができます。

自家用かどうかはナンバーを見れば見分けがつき、白地に緑で数字や文字が書かれているナンバーが取り付けている車両は自家用のトレーラーヘッドです。しかし自家用車を運送業に使用したら、罰則が科せられるので注意しましょう。

トレーラーヘッドを自家用車にする際に知っておきたいこと8つ

自家用のトレーラーヘッドは自分で所有しているトレーラーヘッドで、主に自分の貨物を運ぶ際に使用することができます。ナンバープレートは白地に緑色の文字や数字で表記されているため、自家用車とは見分けが一瞬で付くでしょう。

自家用トレーラーヘッドは業務用に使用することはできませんが、運賃を取らない場合に限り使用することができます。ここからは、トレーラーヘッドを自家用車にする方法を詳しく見ていきましょう。

1:トレーラーヘッドを新車で買う方法

ディーラーを経由して工場から直接届けられる新車のトレーラヘッドは、長く使えるところが最大のメリットとなるでしょう。ディーラーやメーカーの保証が付いているところも愛されています。

オーダーメイドの場合はオーダーどおりのオプションが搭載されており、自分好みにカスタマイズした物が使えるというところが、新車で自家用車を購入する際の最大の魅力です。一方で出費がかさむので、十分なお金を貯めておきましょう。

2:トレーラーヘッドを中古車で買う方法

新車が人気である一方で、費用対効果を重視している人が多いため、中古のトレーラーヘッドを自家用車に購入する人が現代は多いです。現代では技術が進化していることから、中古のトレーラーヘッドでも自家用車として十分使いこなすことができるでしょう。

リーズナブルな価格で購入できるだけでなく、生産を終了しているモデルを購入できる場合があるため、中古車であれば欲しかったモデルの物を購入することができるでしょう。

3:トレーラーヘッドを運転するための免許

運送の業務で使用されるトレーラーヘッドは大型車両なので、運転するには大型の自動車免許が必要です。さらにトレーラーを牽引するには牽引免許が必要なので、自家用でなく業務に使う場合は、大型免許と牽引免許の2種類の免許が必要になるでしょう。

トラクターヘッドは「最高速度15km/h」「高さ2m」「幅1.7m」この3つを超えない数値の物、また小型の物なら小型特殊免許で公道を運転できます。

4:トレーラーヘッドはマニュアル車?

トレーラーヘッドはマニュアル車だけでなく、オートマとセミオートマのモデルも展開されています。現代のトレーラーヘッドにはオートマもあるため、自家用として購入することができるでしょう。

それぞれの違いはギアチェンジをクラッチで操作するのがマニュアル、クラッチ操作をしなくても運転できるのがオートマ、構造はマニュアルでクラッチ操作が自動化されているのがセミオートマです。

5:トレーラーヘッドの燃料

トレーラーヘッドの燃料タンクの容量は、車両の大きさごとで異なりますが、10tの物であればなら300~400L程度と言われています。ちなみに大型のトレーラーヘッドに関しては、燃料タンクは車体の下部に取り付けられるため外から丸見えです。

取り付け方がバンドで留めているため、安全性に問題があるように見えますが、これは安全性を高めるための措置です。カーブした際に、燃料タンクが破裂する危険性がありません。

6:トレーラーヘッドの乗車定員

トレーラーヘッドにこだわらず、車の乗車定員は手持ちの車検証に書かれていることがほとんどです。小型のトレーラーヘッドに関しては、一般的には2人が限界で運転手と助手席にしか乗ることができません。

乗車定員を増やしたい場合は、法律上では荷台に座席を増やすことで乗車定員を増やせます。また座席を増やしたい場合は、役所の許可を得なければいけないのと、コストがかかるためあまり現実的ではないでしょう。

7:トレーラーヘッドの乗り心地

トレーラーヘッドの乗り心地は決して悪くはありませんが、乗りづらさを感じる際には乗り心地を改善する方法があります。トレーラーヘッドの座席シートをスポーツシートに交換することで、体のフィット感や乗り降りの際にかかる負担を軽減してくれる効果があります。

スポーツシートは主にモータースポーツに使う乗り物に使われるシートですが、最近ではトラックにもスポーツシートが使われるようになりました。

Bottom banner

8:トレーラーヘッドの加速力

トレーラーヘッドは車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上なら80km/h制限なので、そのサイズより小さいサイズのトレーラヘッドは100km/hを出すことができます。もし大型トラックで100km/h以上出ている場合は、違法改造している場合があるでしょう。

トレーラーヘッドは、昔は高速で100km/hまでなら走行しても大丈夫でしたが、今は高速道路でも80km/h以上は出してはいけません。

トラック用LEDサイドランプ

このLEDには、側面に18個のLEDと下部に6個のLEDが搭載されています。簡単に取り付けられるので、トレーラーヘッドのカスタマイズやドレスアップに使うことができるでしょう。またアンダーランプが常時点灯しているのが特徴的です。

緑でダウンライト付きで、メッキ枠が付いている物を探していたので、ピッタリの商品でした。写真と実物は若干ネジ穴などが違います。コーキングが必要かと思いますので、コーキングして取り付けました。

他メーカーMORY TRADEで同時購入した、リアの赤2つダウンライト付きのメッキ枠無しの物2個で1480円よりは作りがチャチかったです。こちらはコーキングしてありましたのでそのまま取り付けました。メッキ枠が無い方が安いのかな⁈と思います。

10個も要らなかったですが、チャチかったですが、デザインは完璧なのでそれなり満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3EY9BPP78GY... |

トレーラーヘッドを自家用車とする際の費用6つ

トレーラーヘッドは、自家用と事業用の2種類があります。自家用トレーラヘッドは一般自動車と同じ扱いなので、お金を得るための使用は基本的にはできません。しかしお金を受け取るようなことでなければ、荷物運びに使うことができます。

自家用で購入したとしても、自家用有償貨物運送の許可を得ていれば営利目的で使うことができます。ここからは、自家用でトレーラーヘッドを購入する際の注意点を詳しく見ていきましょう。

1:トレーラーヘッド購入代金

トレーラヘッドにお金をかけたくない場合は、中古車の購入を検討してみると良いでしょう。新車だと車両代以外にオプションの費用も掛かってしまうため、購入価格が高額になってしまいます。

中古車の場合は、欲しかったモデルが生産していなくても購入することができるでしょう。新品であるかどうかにこだわりを持たない人は、中古車の購入がオススメです。

2:トレーラーヘッドの燃費

大型のトレーラヘッドに関しては、1リットル当たり4.05km/hなので一般的な乗用車と比べると燃費は低い方です。その原因は元々の車体の重量や、たくさんの荷物を積んで走行するところにあります。

車種ごとに差はありますが、どのトレーラーヘッドも燃費に差がないので平均燃費は約4km/hというように覚えておきましょう。

3:トレーラーヘッドの自動車税

トレーラーヘッドが1t以下の場合であれば、自家用車なら8,000円、事業用車なら6,500円なので自家用車の方が自動車税が高いです。グリーン化が認められた場合は減税することができ、最大75%カットすることができます。

4:トレーラーヘッドの重量税

自家用のトレーラヘッドの場合、1年間事業用に使った場合は、3tまでは12,300円、4tまでは16,400円、5tまでは20,500円、6tまでは24,600円、7tまではは28,700円、8tまでは32,800円の重量税が掛かります。

ただし初登録から13年未満、車両総重量8t未満が条件です。

5:トレーラーヘッドの保険

トレーラーヘッドの保険会社に加入する場合は、1社のみで検討しないことが重要です。補償する内容は一緒でも、企業ごとで料金が異なる場合があるため、よく調べてから契約先を選びましょう。

補償会社の力量も大切で、代理店型の自動車保険に加入すると安心です。また法人契約の経験値がある代理店と契約することで、事故時のトラブルなどに手厚く対応してくれます。

6:トレーラーヘッドの整備や修理代

トレーラーヘッドが破損した場合は100万円以上かかる場合があり、破損した原因が事故である場合は全額自己負担しなければいけない場合があります。

事故の場合は自腹なのか、また自己負担だった場合はいくらかかるのかを把握しておきましょう。

トレーラーヘッドは自家用車にできる

トレーラーヘッドは、自家用車として購入することができます。購入する際は中古車の方がオススメで、安価で済ませられるだけでなく昔のモデルを手に入れられます。

またオートマに対応している車もあるため、マニュアルに乗れない人も検討することができるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人