Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

物を捨てるコツ・方法・基準の決め方・できない人の心理・効果

物を捨てるコツ・方法・基準の決め方・できない人の心理・効果

みなさんは物を捨てることにどのような印象をお持ちですか。もったいないや環境に悪いと思うことはとても大切なことですが、それらは物を購入する時に感じるようにして物を捨てる時には感謝の気持ちを持つことが大切です。物を捨てる行為を見直して、物を選ぶ目を養いましょう。

物を捨てるコツ

洋服や本、漫画、趣味のコレクション、学校の創作物など家に物が溢れて困ってしまうことはありませんか。溢れるほど物が溜まってしまうことには理由があり、物を捨てるにもコツがあります。

それぞれの理由や方法について突き詰めていくことができれば、誰でも整理整頓を身に付けることができます。

物が溢れている部屋をなりふり構わず片付けるのではなく、まずは状況を把握して分析することから始めてみましょう。

物が増える理由を考える

物が増える理由は、お店で購入したり人からもらうなど取得物が多いことと、不要な物を捨てることができないことにあります。

すぐに使う物でなくても「いつか使うだろう」「安いから」と安易に物を買ってしまうようでは、いくら物を捨てても全体量は変わりません。結局使わずに、期限切れやシーズン落ちしてしまうのがオチでしょう。

もったいない精神を持つことも大切ですが、取捨選択し物を捨てる判断もとても大切なことです。

ルールを決める

ルールを決めておくと物を捨てやすくなります。例えば、季節物の衣類であれば、今シーズンが終わって衣替え時に捨てるというルールや1度読んだ本は捨て、読み返したい本だけ残すなどです。

明確にルールが決まっていれば、捨て時を逃してしまうこともありません。また、物を捨てるルールと合わせて、物を買うルールも決めるとなお良いでしょう。洋服を捨てた分新たに購入するなど、全体量が増えないルール作りがポイントです。

思い出と切り離す

思い出の物を捨てられないという人は、「物」と「思い出」を切り離して考えることが重要です。物を捨てたからといって思い出がなくなることはなく、次に使用する物で新たな思い出を作り出すこともできます。思い出と共に身の回りのものを新しくする必要があります。

学校で作った作品や教科書類、長年愛用した洋服などは思い出に後ろ髪を引かれ、捨てられにくいことが多いですが、物と思い出は一緒にする必要はありません。

1日5分片付けの時間を作る

1日5分の片付け時間を設けて、物を捨てることを習慣化させましょう。1日5分でも1ヶ月で約2時間30分の時間を片付け時間に充てることができます。

家中に物が溢れてしまっている場合は、スペースを区切って1日に片付けるゾーンを振り分けると良いでしょう。1日5分が目安なのでキッチン、クローゼットなど大まかに区切るのではなくタンスの1段目、右から5着のハンガーにかかった洋服など細かく分けるのがポイントです。

物を捨てる基準の決め方

物を捨てる基準を決める時には、カテゴリーごとにルールを決めると良いでしょう。明確なルールを定めることで、物を捨てる時の迷いが減り、片付け時間が短縮されます。すると、同じ片付け時間でも従来よりも広範囲で片付けることができ、とても効率的です。

洋服

物を捨てる基準を定めるべきカテゴリー1つ目は、洋服です。洋服を捨てる基準の目安はベーシックな服は3〜5年、流行の服は1年くらいが良いでしょう。捨てるリミットが決まっていれば購入時に思いとどまることもでき、無駄遣いが減ります。

処分するのが勿体無いと考える人は、良質な洋服を見極めて20年、30年と長く着続けるのも良いでしょう。ただし、その間に洋服を購入し続けてしまっては意味がないので注意してください。

食品

物を捨てる基準を定めるべきカテゴリー2つ目は、食品です。ほとんどの食品に賞味期限や消費期限が記載されているので、それらを基準にするのが理想です。

未開封品であれば多少期限が過ぎても良いだろうと取っておくと、気付いた時には数年過ぎてしまっていることがよくあります。美味しく安全に食べるためには、未開封品でも早めに食べてしまいましょう。調味料類のチェックも忘れずに行ってください。

化粧品

物を捨てる基準を定めるべきカテゴリー3つ目は、化粧品です。全部使い切れずに新しいものを購入してしまい、残ったままの化粧品が溜まっている女性も多いでしょう。

化粧品の使用期限は凡そ6ヶ月から2年となります。古い化粧品は肌荒れの原因にもなるので、早めに使い切るようにしましょう。

メイク用品は色を混ぜると新たな色を作り出すことができます。新商品に目が眩んでしまいますが、今あるもので対応できることもあります。

学校で使用した・作ったもの

物を捨てる基準を定めるべきカテゴリー4つ目は、学校で使用したり作った作品などです。

教科書を次の学年での振り返り用に取って置いたり、授業で書いた絵を大切に保管しておくことも多々ありますが、大抵使わないことがほとんどです。学年が変わったら処分するなどルールを決めましょう。

子供自身に必要であるか否か判断させるというのも大切です。1年に1度、作った作品を並べて振り返る時間を作ると良いでしょう。

物を捨てることができない人の心理・特徴

物を捨てることができない人には特徴があり、思い当たる人は自分の深層心理を理解することで、物を捨てることに繋げることができます。

物を捨てられない生活をしていた人が、一人暮らしや結婚を機に物を捨てられるようになることもあるので、日常生活は片付けに大きく関わっていると言えるでしょう。

勉強や仕事のできる人は、部屋が片付いている人がほとんどです。行き詰まりを感じたら、片付けをしてみると良いでしょう。

物を捨てるのがもったいない

物を捨てることができない人は、物を捨てるのがもったいないという心理が働いています。環境のためにもこの考え方はとても重要で、比較的物持ちが良い人に多い考え方です。

物を捨てるのがもったいないと感じる人は、少し視点を変えて購入する時にもったいないと考え、捨てる時にはありがとうと言うようにするとと良いでしょう。そうすることで、今の生活に本当に必要なものが見えるようになり、無駄遣いも減ります。

思い出の物を捨てられない

物を捨てることのできない人は、物と思い出を一緒に考えてしまい、思い出の物を捨てることができないことが多いです。

先ほどお伝えしたように、物を捨てることで思い出がなくなることはなく、新しい物を使えば新たな思い出を作り出すことができます。物を捨てることで起きる不要な罪悪感を抱く必要はありません。

思い出の物を大切に保管できる人は、次に使うものも大切に使えるでしょう。何よりも物を丁寧に扱うことが大切です。

セール品を購入しやすい

物を捨てるコツ・方法・基準の決め方・できない人の心理・効果

物を捨てることのできない人の特徴として、セール品を購入しやすい傾向にあります。必要でないものも安いからといって購入してしまい、結局使わずじまいで溜まってしまい、捨てる時にはまだそんなに使っていないから捨てられないと負のスパイラルに陥ってしまいます。

値段が安いからと購入した物は使わないことが多く、商品に惚れて購入した物は大切に使うことができます。購入する理由をきちんと見極めることが大切です。

片付けをする時間がない

物を捨てることのできない人がよく言うのが「片付けをする時間がない」です。人間に与えられた唯一の平等と言える時間をどのように使うかはその人自身が決めることです。物を捨てることを重要に思わないようであれば、物を捨てる時間を割り当てる必要はないでしょう。

物が多いことに悩み、解決したいと考えるのであれば、片付ける時間を作り出しましょう。1日5分で十分なので、意識してみると良いでしょう。

物を捨てる方法

次は、物を捨てる方法についてお伝えしていきます。物を捨てると言うとゴミとして処分するというイメージがありますが、状態が良いものであれば再利用する方法も考えられます。物を捨てることに罪悪感を覚える人は、再利用を検討してみると良いでしょう。

ゴミ出し

物を捨てる方法1つ目は、ゴミ出しです。一般的な処分方法で、住んでいる地域で定められた分別方法に従い、決まった日に所定の場所へゴミを出しましょう。

大型ゴミは、処分費用を支払って引き取ってもらうこともあります。物を捨てることにお金がかかるという認識を持つと、物を買う意識が変わります。物を捨てる時に悩むのではなく、物を買う時に考えることが重要であると言えます。

オークション

物を捨てるコツ・方法・基準の決め方・できない人の心理・効果

物を捨てる方法2つ目は、オークションサイトなどを活用して販売する方法です。最近ではスマホのアプリを活用して、一般人でも気軽に商品を売買できるようになりました。リサイクルショップへ売るよりも高く売れることもあり、ちょっとしたお小遣い稼ぎになるでしょう。

アプリによっては、購入者に自分の名前や住所を伝えることなく安心して売買することができます。ただし、転売禁止商品もあるのでルールはしっかり守りましょう。

リメイク

物を捨てる方法3つ目は、リメイクをして再利用です。飽きて着なくなった洋服やサイズアウトした洋服などは、リメイクをして他のアイテムとして再活用させてみるのも良いでしょう。

大切な思い出が詰まってどうしても捨てられない洋服は、リメイクすることで長く使い続けることができます。使う物を持っているのは悪いことではないですし、1つの物を長く使い続けることはとても大切なことです。

人に譲る

物を捨てる方法4つ目は、人に譲ることです。まだ使えるものであれば、家族や友人に使わなくなった洋服や本などを譲ると良いでしょう。特に学校で使うものなどは下の学年の子に渡すととても喜ばれます。

知っている人が次に使ってくれると思えば、捨てられなかったものも手放しやすくなります。もらった側も頂き物であれば、買った物より大切に使うことでしょう。

物を捨てるメリット

物を捨てることについてお伝えしてきましたが、なぜ物を捨てることを推奨するかというと、物を捨てることにはいくつものメリットがあるからです。

昨今では、物に満たされている生活よりも物を持たない生活が支持されています。必要なものだけに囲まれる生活が幸福であると感じる人が増えてきています。

運気アップ

物を捨てることのメリット1つ目は、運気アップです。風水などの占いでも物が多く散らかっている部屋よりも、不要な物がない片付いた部屋の方が良いとされています。

物の多い部屋では運気が停滞してしまい、チャンスを逃してしまうこともあるでしょう。部屋を片付けて綺麗な状態を保つことで良い運気をたくさん招き入れることができます。

ストレス解消

物を捨てるコツ・方法・基準の決め方・できない人の心理・効果

物を捨てることのメリット2つ目は、ストレス解消です。カラオケや買い物をしてストレスを解消する人も多いですが、物を捨てることは同じようにストレス解消へと繋がります。

物を捨てると視覚的にスッキリとした印象を受けますが、同時に心もスッキリとさせることができます。職場や学校でモヤモヤしたことがあれば、要らない物を捨てて心をスッキリさせましょう。

探し物が減る

物を捨てるコツ・方法・基準の決め方・できない人の心理・効果

物を捨てることのメリット3つ目は、探し物が減ることです。例えば、今日履いていく靴下を選ぼうとタンスを探しているとして、10個ある靴下から目的の靴下を見つけるよりも3個の靴下から見つけた方が断然早いことでしょう。

探すアイテムが減れば、探し物をする時間も大幅に短縮されます。たった5分の探し物であっても、忙しい朝にとってはとても重要な5分となり、1日の心の余裕にも繋がるでしょう。

物を捨てるタイミング

物を捨てることを習慣化するためには、物を捨てるタイミングを決めることも重要です。あらかじめ、物を捨てる時期を決めておくことで他の用事に邪魔されることなく、片付けを進めることができます。

季節の変わり目

物を捨てるコツ・方法・基準の決め方・できない人の心理・効果

物を捨てるおすすめのタイミング1つ目は、季節の変わり目です。

具体的には、衣替えをした時になります。この時にポイントとなるのが、シーズンオフとなって片付ける洋服類の中に今シーズン1度も使わなかったアイテムがないかチェックすることです。1シーズン使わなければ、捨てるタイミングと判断して良いでしょう。

ベーシックな服や流行り物の服に期限を決めているのであれば、このタイミングで捨ててしまうのがおすすめです。

大晦日

物を捨てるおすすめのタイミング2つ目は、大晦日です。大晦日といえば大掃除の時期ですが、掃除と片付けを一緒にすることも多いでしょう。大晦日には自分の部屋だけでなく、リビングや洗面所など家族全員で使っている空間を片付けるのにぴったりです。

年末に近づくとゴミの処分量に規制がかかることがあるので、大量にゴミが出そうな場合は、数日前から取り掛かりましょう。

毎日

物を捨てるおすすめのタイミング3つ目は、毎日です。言うまでもなく、毎日物を捨てることができればそれが理想と言えるでしょう。使いかけのハンドクリームや昨日の新聞など部屋に置いたままになっている物を1日1個捨てることから始めてみましょう。

要らないものは捨ててすっきりとした生活を送ろう

要らないものを捨てることは、気持ちの良い毎日を送る第一歩となります。大切なことは、何でもかんでも物を捨てるのではなく、必要な物を選び、要らないものを捨てるということです。1日5分、1日1個から物を捨てることを始めてみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related