Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月12日

飲み会に行きたくないときの断り方・理由・心理|会社/状況別

飲み会に行きたくないときの断り方・理由・心理|会社/状況別

飲み会に誘われるたびに気が重くてたまらないという人は、無理して参加し続けていると体調を崩してしまう可能性があります。仕事上のお付き合いなどでやむを得ないことも多い飲み会ですが、無理なときは上手に断る勇気が必要です。記事ではさまざまな断り方を紹介しています。

シーン別飲み会に行きたくないときの断り方

飲み会に行きたくないときの断り方・理由・心理|会社/状況別

会社関係やママ友、友達に恋人、さまざまなメンバーで開催されるのが飲み会です。そんな飲み会の場に誘われてはいるけれど、どうしても行きたくない時もあるのが人間です。

集まるメンバーとの関係性や、開催される場所、出されるメニューなど、飲み会の内容、そもそもお酒が飲めない、お金がないなど、その人が持つ事情によって飲み会に参加する気持ちは大きく変わります。そんな飲み会のシーン別の断り方について紹介します。

会社

会社の飲み会が憂鬱でたまらないという人がいます。お酒が苦手だったり、飲んで豹変する人がいたりすると、行きたくないのもよくわかります。お酒が体質に合わない場合、無理に飲んでは体を壊しますので、前もって会社の人に報告しておきましょう。

ノンアルコールドリンクを認めてもらえば、飲み会に出ただけでも会社のために頑張っているのがわかってもらえます。お酒を強要される可能性はありますが、その際はきっぱりと断ることです。

ママ友

子どもがある程度大きくなると、夫に預けてママ同志で飲み会を開けるようになります。集まってお酒を飲むことが楽しいうちは良いのですが疲れていたり、人間関係が面倒だったりで行きたくないこともあるでしょう。

その際の断り方には、いくつかのパターンがあります。姑が家に来る、夫が仕事で子どもの面倒をみることができないなどのパターンがあります。断るときは言い方に迷うことがありますが、子どもや夫または親などを引き合いに出すと角が立ちません。

友達

気の置けない友達との飲み会は、大人になるとなかなか毎回飲み会に全員が参加できるとは限りません。しかも付き合いの程度によってはどうしても行きたくないこともあります。

今回は行きたくないけれど次呼んで欲しい場合は、残念な気持ちと次は自分が良いお店を探すなど提案をしてお断りすると良いでしょう。家庭のある人は家族を理由にしましょう。

独身なら、仕事や親の予定に付き合わなければならなくなったなどが良いでしょう。

恋人

飲み会に行きたくないときの断り方・理由・心理|会社/状況別

彼女や彼氏との飲み会に行きたくないという人もいます。二人の関係性によっては、あえてお酒を交えない方が、都合がよい場合もあります。

行きたくない気持ちをストレートに言える間柄ならそのまま伝えてもいいですが、できれば後々のことを考えてソフトに断った方がよいです。

体調が悪くて行けないというのが一番おすすめですが、一緒に飲むときにはベストな状態で楽しみたいのだというニュアンスで伝えておくとよいでしょう。

飲み会に行きたくないときの理由

飲み会に行きたくないときの断り方・理由・心理|会社/状況別

飲み会に行きたくない理由は、はっきりとしているでしょうか。その理由が正当なもので、角が立たないように主催者に伝えられる内容ならば、考え過ぎないで早めに対策を取りましょう。行きたくない飲み会に心を占領されて、深く悩んでしまう必要などありません。

次の2つのような理由なら、むしろまわりにきちんと報告しておくべきです。社会人だから、大切な付き合いだからと無理にお酒の席に出なければならない義務はありません。

お酒が体に合わない

アルコールそのものを受け付けない体質の人がいます。しかし会社での付き合いだからとか、仕事の利益に関わるからと、無理をして飲んでいないでしょうか。

お酒が体に合わないことはその人のせいではありません。よって周りの人は決して強要することは許されません。会社などではあらかじめ主催者や上司などにその旨を報告しておくことをおすすめします。

飲み会に無理して出席したせいで命にかかわるようなことがあっては大変です。

飲み会が頻繁過ぎる

最近は少なくなりましたが、会社全体が飲み会好きというケースがあります。そうなるとプライベートがなく、仕事終わりには常に飲んでいる状態が当たり前になってしまいます。

仕事が終わったら、その人個人の自由な時間です。それなのに飲み会ばかりが開催されていては、自分の時間がありません。これも体質同様、飲み会にいつも参加することは難しいとハッキリ伝えるべきでしょう。会社の体質によっては退職の理由にもなり得ます。

飲み会に行きたくない時の心理

飲み会に行きたくない心理とは、どのようなものでしょうか。そこには、さまざまな理由が隠されていますが、お酒を飲むことが楽しく感じられない人にとっては、生産性がまったくなく辛い時間だからでしょう。

飲みにケーションなどと上司が部下との飲み会強要は少なくなったとは言え、まったくゼロになったわけではありません。「行きたくないです。」で済めば誰も苦労はしないでしょう。そんな心理の中身は実はとてもシンプルです。

時間がもったいない

飲み会に行きたくない理由の実質的なところは「時間」がもったいないという心理です。お酒を飲むということは、ほとんどの人が酔っぱらいます。そんな酔っている時間に利益を感じられないから、あえて酔いに行きたくないという心理です。

飲み会ではいつもの時間の流れが、普段とは別物になってしまいます。飲んで酔ってあっという間に貴重な時間が過ぎ去るでしょう。「飲み会は時間の無駄。もう行きたくない」と感じてしまいます。

状況別飲み会に行きたくない時の対処法

では実際に、飲み会に行きたくない時には、どうのように対処したらよいのでしょうか。なかなか断りづらいという人の代表的な状況別に、どのような断り方をするのがベストなのかを探ってみました。

飲み会に行きたくないのに、いつもひたすら我慢して行っているでのは、体にも心にもよくありません。思い切って断ってみることも大切です。うまく対処すれば嫌な波風を立てずに、平和で安心な、自分だけの時間をキープできるはずです。

当日

飲み会当日になったのに、どうしても行きたくない時におすすめなのが、他人のせいにすることです。その際、必ず残念そうに「本当は行きたかった。」という気持ちを伝えます。

家族が突然田舎から出てくることになった、親が寝込んでいて看病しに行かなければならないなど、家族を引き合いに出されると周りも口を出しにくくなります。あくまでも行きたくないとは言わず、次の飲み会にはぜひ参加させてくださいの一言を添えましょう。

ドタキャン

当日になり席も決まっていて、みんなが待っている状態でも行きたくない場合、ドタキャンを決行するしかありません。大人として社会人として、あるまじき行いではありますが、無断欠席という意味ではありません。

そんな飲み会のドタキャンにピッタリなのが「歯痛」です。突然襲い来ることもあるのが歯痛なので、ほかの人が共感してくれやすいというメリットがあります。次に急な腹痛、頭痛などの順にドタキャンの常套句になります。

早めにキャンセルしたい

飲み会の日程はしばらく先だけど行きたくない場合は、行けない理由を考える必要があります。

数日前から1ヵ月ほど前に予定が組まれることが多い飲み会は、半強制的なスケジュールです。そのようなスケジュールを断る方法の一つとして冠婚葬祭があります。

結婚式の参加を理由に断ってもいいですが、結婚式は数ヶ月前に招待状がくることが多く、嘘が見抜かれる可能性があります。冠婚葬祭を理由に断るときは、急に決まった法事と伝えるのが無難です。

飲み会とは上手に付き合おう

飲み会に行きたくないときの断り方・理由・心理|会社/状況別

昔に比べ、飲み会そのものが減少傾向にあります。それでも行きたくないなら、無理をしてまでは行く必要はありません。しかし、いつの時代でもさまざまな立場の人に「お付き合い」というものはあります。

ましてや会社がらみ、仕事がらみで飲み会は避けて通ることができないという人は多いでしょう。飲み会に行きたくないときは角が立たないように上手に対処して、体質に合わない人はノンアルコール宣言を忘れないようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related