Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

[初心者でも分かる]レストアとはどういったもの?

[初心者でも分かる]レストアとはどういったもの?

レストアとは古い車を復元して新車のように乗れる状態にすることです。レストアにゴールがないので、予算や作業にかかる時間を考えておきましょう。ショップによって得意なことと不得意なことがあるので、予算と相談しながら店を探すようにします。

レストアとはそもそも何のことなの?

レストアという言葉は復元という意味を持つ場合が多いでしょう。車だったり楽器だったり、かなり古い状態の物を元のものに戻すので、時間と費用がかかります。

レストアの工程が必要な物は、例えば楽器だったり車、美術品、バイクなどがあります。そのどれもに共通することは、古いもので部品や直し方がわからないものばかりなので、レストア専門店があります。

レストアをしようとしていうる人はある程度収入に余裕のある人ばかりなので、一般の人には理解し難い事柄が多いです。

レストアの意味って何?

レストアとはそのまま英語で復元という意味を持ちます。いわゆる修理やオーバーホールとは違いますが、すでにメーカーでなくなっている部品を作り出して復元する作業になっています。

修理やオーバーホールを兼ねてしている店も多いので、レストアショップを利用する際はどこまで要望に答えられるのかを相談してみましょう。自分が納得するまで復元するので、レストアにはゴールはありません。

レストアの対象になるものってどんなもの?

先述にもある通り、車、バイク、楽器、美術品、絵画、主に趣味のものならばレストアの対象になります。趣味の世界にゴールはないので、レストアの対象になるものは多くあるでしょう。

車で言えば、50年代、60年代、70年代の車などがレストアされることが多いです。自分で気に入っていて前々から欲しかった車があれば、レストアして乗ることができる時代になりました。

レストアと修理の違いって何?

修理とはそのままオイルを交換したり、バッテリーや消耗品を交換することが多いですが、レストアとはボディーがないものやエンジンが動かなくても、同じ車から部品を調達して復元することを指します。

レストアは車の機能を復活させて、新車のようにすることなので時間も手間もお金もかかります。中にはオーバーホールと修理とレストアを兼ねるショップもあります。

レストアをお願いする人は自分で修理ができる人ばかりなので、レストアショップとは上級者が利用する場所でもあります。

クラシックモデルの場合

クラシックモデルとは50年代、60年代、70年代の車をさします。日本の車ならばマツダのコスモスポーツ、トヨタ2000GT、フェアレディZの古いモデルなどが当てはまります。

クラシックモデルをレストアする場合、同じ部品がへたるのはわかっているので、なかなか修理が進まないことがありますが、対策部品を作っているショップもあるので復元しやすくなっているモデルもあります。

クラシックモデルを乗りたいと考えている人にとって、レストアは必ず通る道でもあります。

初代ロードスターの場合

ロードスターでもユーノスとマツダというメーカーがあります。初代ロードスターは80年代後半のものでも、必要ならばレストアをすることがあります。

自分が古い時代のロードスターに乗りたいと考えていれば、一度完全な状態にする過程を経験するもの良いでしょう。ロードスターという車種はそれほどレストアを必要としませんが、納得する仕上がりで乗りたいならばレストアショップに復元してもらうのも良いです。

レストアとは何のための作業になるのか?

レストアとは古いものを新品状態にしたり、そのまま現代の基準で使えるようにすることを指します。美術品でもバイクでも車でも、古いものにはファンや熱狂的なフリークがいるので、レストアショップというものが存在しています。

自分がレストアショップを利用する際は、レストアということの意味を知ってからショップを利用しましょう。

究極的にはどのような意味になるのか?

不可能なレストアをした場合は究極の復元という意味を持つこともあるので、車の雑誌や美術品や楽器のコラムなどに載ることもあります。

それこそ50年前に作られて、存在もわからなかったものを復元すればそれは究極のレストアになるでしょう。レストアショップを利用する人はその商品に情熱や思い入れを持っているので、普通の人にはわからない価値が出てくることが多いです。

内装も同様なのか?

内装もクラシックカーの場合は木製のインパネなどが一般的になっているので、それらの部品をレストアすることもあります。また、映画で登場した車をレストアする場合はより精度を求めている復元がなされることもあるでしょう。

80年代や90年代の車は、また内装のパーツが残っていることもあるのでそのままシートを張り替えることが多いです。レストアを考えている人は、内装だけでなく全ての箇所にこだわることが多いです。

機能をリフレッシュさせる意味も持つ

レストアとは新品のように使えるようにするという意味合いもあるので、機能をリフレッシュさせます。車の場合は公道を走るので、機能をリフレッシュさせなければ乗れない場合が多いからです。

自分でレストアショップにレストアを依頼する場合は、ウィンカーの機能や走るための安全を考えたリフレッシュも同時にされることが多いでしょう。

費用はいくらぐらいになるの?

費用はまちまちですが、ボディーの板金をお願いしただけで200万円を超える場合もあります。また部品が見つからないこともあるので、数年預けたままの状態も多いです。

古い車だと言って費用が高いという訳ではなく、どこまで復元するのかで料金が決まってくるでしょう。自分で費用をショップに言っておきその範囲内でレストアを済ませることもできます。

全て実施した場合

レストアにはゴールがないです。車の状態にもよりますがボディーが錆びて腐っていた物をレストアするには500万円から1000万円かかることもあります。

自分でどこまでを全てと捉えるかでも費用も変わってくるので、板金は本人でやり、残りはレストアショップにお願いする手もあります。

新車と変わらない値段の場合もある

むしろレストアをする場合は新車以上の価格がかかることを覚悟しておいたほうが良いでしょう。レストアを依頼する人は、古い車や楽器、バイクに新車以上の価値を見出しているので新しい車よりも費用がかかっても納得する人が多いです。

自分が新車に興味がなく、古い車に価値を見出していればレストアをした車に新しい車以上の感動を得られることもあります。

レストアの注意点って何?

レストアを依頼する人は、余裕のある人ばかりなので初めてショップを利用する場合は気をつけることがあります。ショップにより得意な車種などがあるのであらかじめ調べておき、専門としている店を探しましょう。

自分が考えていた予算と違うこともあるので、ある程度の段階まで進めて追加料金がかかれば廃車してもらうことも考えておきます。

車両の状態はさまざななので予算に合わせる

車種の状態はさまざまなので専門のショップに任せるようにします。例えばコスモスポーツのアペックスシールに強いレストアショップがあればその店に頼むようにして、予算を抑えたり、板金の専門店があればボディーだけのレストアを依頼しましょう。

自分の予算を考えて上手にレストアするもの車への愛情になります。また古い車を所有する場合はある程度の整備はできるようにしておきます。

見積もりから大きく変わることを覚悟しておこう

見積もり金額はあくまで決定された金額ではないので、追加料金がかかることは覚悟しておきましょう。また追加料金がかかる時点で連絡してもらえば、その後のことも考えることができます。

旧車の趣味がある人はショップをうまく使わないとカーライフが楽しめないので、資金を潤沢にしておきましょう。

予算と時間に合わせて進めていくことが多い

バイクも車もそうですが、1年かかるのはよくある事です。また、5年以上預けていても連絡がこないレストアショップもあるので気長に進める余裕が必要になります。

自分の予算と時間を考えながら、レストアショップを利用するようにしましょう。もし予算に合わない場合は途中で打ち切るなり、レストア内容を変更することも検討しておきます。

古いものを大切にすることとは

物を使い捨てる時代から物を持たない時代になりました。今はネットなどの情報があるので、古いものが手に入りやすくなった反面、レストアショップなどが繁盛していることもあります。

自分が今使っている物を捨てる前に、まだ使えないのか考えてみて、物一つ作るのには大変な手間がかかることを理解しましょう。

レストアに挑戦することで違った楽しみを持とう!

レストアについて述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。レストアとは復元するという意味を持ち、ショップによっては修理とオーバホールも兼ねる店もあります。大切なことは自分の予算を考えて、家族に迷惑をかけない程度にショップを利用することです。

自分の好きな車やバイク、カメラなどがあればレストアを依頼してみて、でき上がるまでの時間を楽しんでみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related