Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月03日

歯や水筒の茶渋の取り方・おすすめのグッズ|重曹/クエン酸

湯飲みに付いた茶渋は案外落とす事も簡単ですが、水筒は落としにくいパーツが多く特に水筒の中は茶渋やコーヒーの着色汚れがついたらあきらめる人もいます。しかし、茶渋などの着色汚れを落とす方法がいくつかあります。食器や歯についた茶渋汚れの落とし方を紹介します。

歯や水筒の茶渋の取り方・おすすめのグッズ|重曹/クエン酸

歯の茶渋の取り方

歯や水筒の茶渋の取り方・おすすめのグッズ|重曹/クエン酸

歯の着色汚れ若い人を中心に、気にする人が多くなっています。茶渋汚れは付いてから1週間程ならば、茶渋だけではなく他の着色汚れでも簡単に落とすことができます。年齢が上がってくると、あまり歯を白くしたいと言う人はあまりいません。ですが世界的に、若い人達は歯が白いことが普通になってきました。

今は茶渋のためだけではないのですが、いくつか茶渋を落とす方法がありますからご紹介していきます。

茶渋を落とすための歯ブラシの使い方

歯の着色の落とし方の一つに、歯ブラシを使った簡単な方法があります。歯ブラシは水を使わずに、歯磨き粉を付けてゴシゴシとこすって歯を磨く事で茶渋が落ちます。歯ブラシに水を付けない事で、茶渋を落とす事ができる簡単な方法です。

茶渋が付いているところから、一カ所を20秒くらいずつ掛けて磨いていきます。日本製の歯磨き粉であれば、研磨剤でエナメル質が削られる事はなく使う事ができるので安心です。

おすすめの歯磨き粉

歯磨き粉は毎日使いますから、日々使う歯磨き粉にホワイトニング効果があれば気軽に使う事ができます。今は歯磨き粉も、たくさん色々なメーカーから売り出されていて購入する時に迷う程です。

歯磨き粉には、泡立てる成分も含まれています。歯磨きであまり泡が立ちすぎても、歯を磨く時間が短くなりホワイトニングもしっかりできません。歯の着色が気になる人にホワイトニングできる歯磨き粉も、多少高額にはなりますが白い歯を維持できるおすすめの歯磨き粉を紹介します。

サンギ「アパガードプレミオ」

サンギは「アパガードプレミオ」をはじめ、数種類のホワイトニングの歯磨き粉を販売しています。その中でも「アパガードプレミオ」は、アパタイトが高濃度で配合されパール成分まで一緒に入っています。

また、同じサンギの「アパがードリナメル」は、茶渋などの着色を落とした後エナメル質を修復してくれる優れ物です。ナノアパタイトを配合していますから、徐々に歯の再石灰化ができるので虫歯対策も一緒にできる歯磨き粉です。

サンギ「アパガードプレミオ」の口コミ
コーヒーや緑茶、ワインなどでついた着色汚れを落とす力は素晴らしいです。汚れが目立つ方なら数日で効果を実感できると思います。しかし、歯を元々の色以上に白くする力はほとんど無いと思います。着色汚れなら同メーカーのスモーキンのほうが落ちますが、タバコを吸う方でなければこちらで十分です。着色汚れ落としにオマケで少しだけ歯を白くしてくれるかも知れない効果がついた歯磨き粉としては値段以上です。

出典: https://www.amazon.co.jp/APAGARD-%E3%82%A2%E3%83%91%E3%82... |

ルウ研究所「キラルンハミガキ ペースト」

茶渋の着色汚れを落とすおすすめの歯磨き粉として、ルウ研究所「キラルンハミガキ ペースト」を紹介します。この歯磨き粉は少し変わった素材から作られていて、宇和島で取れた鯛の鱗から採取された天然アパタイトを配合して作っています。

茶渋を落とす事も重要ですが、天然のアパタイトなので体にも安全で安心できる素材です。また、鯛は宇和島産ですからなお安心できます。天然のアパタイトを配合した歯磨き粉は、今のところ「キラルンハミガキ ペースト」だけです。

ルウ研究所「キラルンハミガキ ペースト」の口コミ
あまり期待していませんでしたが、リピ派になってしまいました。非常にトロミがあります。白くなった気はします。とりあえず継続します。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%8... |

ウエルテック「コンクール ジェルコートF」

ウエルテック「コンクール ジェルコートF」は、ジェル状の歯磨き粉なので歯に留まる時間が長いので歯を磨く時には助かります。茶渋を落とす効果も、ジェル状なのでしっかり歯磨きができます。

ウエルテック「コンクール ジェルコートF」は、総合的な口腔内の健康維持に役立つ歯磨き粉です。茶渋を落とす効果もしっかり持っていますが、歯の再石灰化の効果も充分に持っているので歯磨きする度に初期虫歯に効果的です。

ウエルテック「コンクール ジェルコートF」の口コミ
一般的な歯磨き粉より泡立ちが少ないです。あまりに泡立ってしまうと磨いた気になってしまうのですが、このジェルコートは泡立ちが少ない分、磨き残しが無いように意識してブラッシングできると思います。また、磨いたあとのすっきり感や、舌で感じる歯の艶には衝撃を受けました。歯磨き粉と思うと少々高いように感じますが、満足感は値段以上でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%8... |

歯医者でホワイトニング

歯に付いた茶渋を簡単に落としたいなら、歯医者でホワイトニングを行う方法です。薬剤を歯の表面に、塗り光を当てることで茶渋の除去が簡単にできます。ただし、色戻りも早いので短期間で定期的に歯医者に行ってホワイトニングをする必要があります。

「オフィスホワイトニング」という方法ですが、痛みを伴ったりしますし一回の金額が高額になります。

歯の表面磨き

歯の表面磨きは、歯医者での歯石取りと一緒に行う事ができます。歯の表面をゴム製のチップとか、ブラシをつかって綺麗にしていき茶渋の着色などを磨いて落とす方法です。金額的にはリーズナブルな金額なので、定期的に虫歯予防も兼ねて多くの人が行っています。

茶渋取りにホームホワイトニング

歯医者で行うホワイトニングには、歯医者に通うのが大変ですが、家できるホームホワイトニングの方法があります。ホームホワイトニングでしたら、一度歯医者へ行き自分の歯の形状に合わせてマウスピースを作ります。その時に、歯科医師から薬剤(過酸化水素)の調合を受けるだけで自宅でじっくりホワイトニングできます。

自分のペースで一日30分位を目安に、装着するだけで歯を白くする事ができるのでとっても便利です。

茶渋を落とすための成分

歯や水筒の茶渋の取り方・おすすめのグッズ|重曹/クエン酸

茶渋を落とすために、さまざまな方法がありますが研磨剤などを使う方法もあります。外国産の歯磨き粉などには、歯の表面を綺麗に磨くために研磨剤が入った物もあります。しかし、研磨剤入りの歯磨きですと歯の表面に傷が付くので逆に茶渋が付きやすくなり逆効果です。

歯についた茶渋を落とすのに、最適な成分がいくつか存在しています。歯磨き粉を選ぶ時の判断材料にしてください。

ハイドロキシアパタイト

歯の着色を吸収してしまう成分が、「ハイドロキシアパタイト」です。歯に付いた着色汚れを、吸収できる成分として注目されています。また、ハイドロキシアパタイトは着色汚れを吸収してその後歯に着色汚れが付きにくくなるのが特徴です。

着色汚れが歯に付きにくくなる、ハイドロキシアパタイトは誰にとっても嬉しい素材です。

ポリリン酸ナトリウム

着色汚れの予防効果があるのが、「ポリリン酸ナトリウム」です。ポリリン酸ナトリウムは、歯の表面に付いた汚れを落としさらに汚れが付かないように予防する事ができる成分です。予防効果があるので、茶渋が歯に付く事を心配せずに飲食を楽しめます。

ポリリン酸ナトリウムは種類が3つ、「短鎖ポリリン酸」「長鎖ポリリン酸」「中鎖ポリリン酸」が有ります。茶渋の汚れを落とすのに、短鎖ポリリン酸が一番適したホワイトニング成分です。

歯の白さを長く持たせるための方法

歯にはたくさんの、ミクロの穴があいているので茶渋などが入り込んで歯に色が付きます。ただ、なぜか歯が着色しやすい人と着色しにくい人がいます。着色汚れを落とした後に、歯を長く綺麗なまま維持できたら嬉しいです。

茶渋だけではなく歯を白いまま維持できる方法があります、これはとっても簡単に歯が白いままでいられる方法です。

歯のピーリング(スポンジ)

歯のピーリングスポンジという、あまり聞き慣れない名前ですが歯の茶渋落としも込みで常に白さを維持できる効果があります。歯のピーリングスポンジは、研磨剤を使っていませんからエナメル質を削る心配が無いので安心です。

ただし、力を入れ過ぎないようにしないと強くこすりすぎて歯茎を痛める結果になります。歯茎にあたらないように、気を付けて使う必要はあります。歯のピーリングスポンジは、使用方法を間違えないようにしてください。

歯のピーリング(スポンジ)の口コミ
お茶とコーヒー好きなため、歯が茶色く染まり困っていました。使ったらとても良く落ちます。歯と歯の隙間など狭い部分にはブラシが入らないので、あくまでも表面のみの掃除用です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%BA%83%E6%A0%84%E7%A4%BE-%E3%... |

茶渋の落とし方

茶渋は気付かない間に、どんどん付いていきます。茶渋は最近の宝庫と言われていますけれども、水筒や湯飲みなど洗いにくい形状の物に付いた茶渋は落としにくいです。

それでも、いくつか着色汚れの付いた湯飲みや水筒の茶渋を落とす方法があります。茶渋が落としにくい形状の物に、付いた茶渋の落とす方法を紹介します。

水筒

最近では温暖化が進んでいるのか、夏の気温が高くなっていて水筒は欠かせないアイテムになっています。お茶などは暖かい時も、冷たく冷やしても水筒に入れて持ち歩けるので便利なグッズです。

しかし、茶渋が付きやすく洗いにくいので着色汚れをそのままに、落とす事もあきらめる人もいます。漂白剤を使ったら落とせるけれども、水筒にも人にも影響がないとは言えず使いにくいです。

水筒の茶渋落としに、最適な物がありますそれは「過酸化ナトリウム」です。漂白剤には間違いないのですが、塩素系のハイターとは違って穏やかな利き目が使い勝手が良いところです。ただ、ステンレスの水筒のみ大丈夫ですから間違えないようにしてください。

湯飲みなど

湯飲みも毎日使う食器ですが、茶渋が付クレンザーでたびたび洗う事になります。まだ、湯飲みの形が丸く洗いやすい物ならば問題はありません。しかし、細長いタイプの湯飲みですと茶渋が落としにくく汚れたままです。

落としにくい汚れに、水筒と同じ過酸化ナトリウムを使ってつけ置き洗いをしたらスッキリ落とせます。1時間位を目安に付けておけば、湯飲みも急須も綺麗になります。

茶渋を落とすおすすめのもの

歯や水筒の茶渋の取り方・おすすめのグッズ|重曹/クエン酸

お茶にはポリフェノールが含まれていて、血管にはとっても良いのですが茶渋となって容器に残ります。茶渋だけではなく、コーヒーや紅茶でも同じですが落としにくいのが問題です。

ただ、いくつか茶渋などの着色汚れを落とす方法があります。体に優しい方法もあるので、ご紹介します。

重曹

重曹は環境にも優しい素材で、軽い茶渋なら直接粉でこすっても落とすことができます。アルカリ性の重曹は、酸性に対して実力を発揮しやすいと言われています。

重曹の粉はそのままで研磨剤の役目をしますから、着色汚れにはスポンジに直接付けて使うことができる優れ物です。ただし、頑固な汚れにはつけ置きが良いですが、塗装などを落としてしまうおそれもあります。

100均でも売られています、使う時は説明書をよく読んで使用してください。

クエン酸

クエン酸は元々、弱酸性でアルカリ性の汚れには力を発揮します。茶渋には菌が繁殖しやすいので、クエン酸の力で菌ごと除去してくれます。

お湯に必要な量のクエン酸を溶かして、その中に茶渋の付いた湯飲みなどを浸けてその後軽くこすり水洗いしたら綺麗に落ちます。クエン酸も重曹と同じで、100均でも販売されていますから使い勝手も良いです。

ハイター

ハイターは塩素系ですから、匂いも気になりますがあまり使いたくないと思う人も多いです。しかし、ハイターを使えば漂白剤ですから綺麗になります。最近では、ハイターの種類に添加物を使わない物もあります。キッチンハイターなどに入っている添加物が気になったら購入してみてください。

消しゴム

100均などで、汚れ落とし用の消しゴムが売られています。茶渋など軽くこすれば、簡単に落ちますあまりこすり過ぎると傷が付くので気を付けてください。水に濡らして使うのですが、削りかすが出るので捨てながら使用してください。

消しゴムは油汚れ用もあり、各用途に合わせて買い求めても100均で買うことができるので安上がりです。一度お店を覗いては、いかがでしょうきっと良い汚れ落としを見つけることができるでしょう。

アクリルたわし

アクリルたわしは、自分でも編むことができるし安価な値段で売られてもいます。毎日の洗いの時に、アクリルたわしを使って洗い物をしていたら茶渋も付きにくいです。

多きさも多様ですし、形や編み方もさまざまな物があります。毎日使えば簡単に綺麗な湯飲みや食器で食事ができます。

セスキ

弱アルカリ性のセスキ炭酸ソーダですが、お掃除などに大活躍しています。茶渋などの食器類の、汚れを落とすことも簡単にできます。ただし、手荒れのおそれもありますから手袋は着用した方が良いでしょう。

セスキは使った後に白のこりが少ないので手軽に使用できます。茶渋などを落とした後は、きちんと洗ってから使用してください。

お酢

お酢にはさまざまな効果があり、その一つが茶渋などの着色汚れを落とすことです。直接掛けただけでも綺麗になりますし、匂いも洗い流すだけでなくなります。

茶渋の頑固な汚れでも、一晩浸け置くだけで落とすことができます。まとめてつけ置きすれば、食器をいっきに綺麗にできますから忙しい時にはとても助かります。

歯磨き粉

歯磨き粉は、蛇口などの汚れ落としなどにも威力を発揮します。ピカピカに磨きあげることができるので、歯磨きの時に洗面所のお掃除も可能です。茶渋の汚れも、スポンジに歯磨き粉を付けてそのままこすれば綺麗に落とすことができます。

茶渋を落としたスポンジで、そのままシンクのお掃除をしたら綺麗な流しになります。

塩プラス柑橘類の皮

塩は殺菌作用もあり、研磨剤の役目も果たしてくれる優れ物です。塩だけで茶渋などの汚れをこすって落とすことができます。

しかし、頑固な茶渋などは塩だけでは落ちにくかったりします。そんな時に、柑橘類の皮を使って塩でこすったらもっと簡単に茶渋が落ち香りも爽やかです。

柑橘類の皮で、流しのシンクをお掃除したらピカピカに磨くことができます。茶渋などの着色汚れと一緒にシンクも綺麗にお掃除でき、一石二鳥です。

茶渋は綺麗に落として気持ち良くお茶を飲みましょう

歯や水筒の茶渋の取り方・おすすめのグッズ|重曹/クエン酸

茶渋くらい気にしないという人もいます、他方茶渋が付いていると気になる人もいます。茶渋には菌が居て、そのまま放置しておくと増殖して増えていくと言います。見た目もあまり良くないので、できるだけ綺麗に茶渋を落とした方が良いです。

茶渋は昔ながらの方法や、新しくできた道具でも簡単に落とすことができます。昔は食器を購入すると、使う前に米のとぎ汁で一度煮る作業をしていました。これは、茶渋が付きにくく割れにくくなるとされていて、今でも高い食器を買った時に行ったりします。

食器を綺麗に保ちながら、気持ち良く食事を楽しみましょう。

Related