Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月03日

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

女性は、男性ホルモンへの関心が意外に少ないのですが、より美しくありたいという女性の願望を阻害しているのが、実は男性ホルモンなのです。女性の願望を叶えるヒントとなればと考え、男性ホルモンの働きや男性ホルモンをコントロールする方法について詳しく説明します。

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

男性ホルモンの増減とは?

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

男性ホルモンの増減が男女の人体にどのように作用をし影響が出るのでしょうか。その作用と影響について詳しく解説します。

日頃の暮しの中で男性ホルモンの増減の話題は少なく、話題になったとしてもあまりいい意味の場合は少ないのではないでしょうか。

男性ホルモンの作用は意外と健康に関っています。特に、女性の体調や美容に多くの影響があります。

男性ホルモン増減について、正しく理解し知っておくことは大切で、女性の方も広く深く知っておきましょう。

男女別の男性ホルモンを減らす方法

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

男性ホルモンを減らす方法は、男女間ではかなりの違いがあります。なぜならば、男性はたくましい男らしさ、女性は女らしい美しさに関心の違いがあるためです。

男性は、男性ホルモンを減らすことについては、男性らしさを損うため関心がありません。女性は、男性ホルモンを減らすことで女性らしさが増すというという点で関心があります。

男性は、男性ホルモンを減らすことは消極的で、女性は、女性らしさ保つ面から積極的に減らす方法に高い関心があります。

男性ホルモンと女性ホルモンの役割

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

男性ホルモンと女性ホルモンは、男女ともそれぞれに分泌します。その量は男女間で逆の関係になっています。

男性は、男性ホルモンが95%で、女性ホルモンが5%です。女性は、5~10%との少ない量ですが男性ホルモンを持ち、残りが女性ホルモンです。

女性ホルモンの役割は赤ちゃんを産み育てるにあり、男性ホルモンは、子孫をより多く残す役割にあります。

ホルモンの作用

女性が女性ホルモンを分泌する量は、生涯でスプーン1杯程度の限定的量といわれ、出産の役割が終わる50代で女性ホルモンは、ほとんど消失されます。

男性の男性ホルモンは年々減少し、それに伴って健康や気持ちなどに衰えが出ます。男性の更年期障害といわれています。

女性は、女性ホルモン消失による更年期障害があります。その後、男性ホルモンが優位になり、元気に活性化され活動的になられる方が多いです。女性ホルモンは限定的分泌にあり、男性ホルモンは生涯に渡り影響しています。

男性ホルモンを減らすことで危惧されること

男性顔負けの男性型女性は、仕事ぶりははつらつとしています。そのため、女性らしさを減らしたいという思いで男性ホルモンを減らす方もおられます。

一方、男性の中には故意に男性ホルモンを減らす、女性型男性が増えている傾向があります。

男性型女性や女性型男性がホルモン減らす気持ちは理解されます。しかし、男性ホルモン減らす場合、健康面が危惧される場合があるので、医師に相談することをおすすめします。

男性が男性ホルモンを減らす方法

男性が男性ホルモンを減らす方法は、性欲の健全な発散と食の選択の2つが挙げられます。

1.男性ホルモンを減らすことに心掛け、性に関する行動などをできるだけ減らす。
2.男性ホルモンを減らす作用がある食事を摂取する。

1は、夜更かしなどの行動を減らすことです。できるだけ性的妄想や刺激を減らすようにし、男性ホルモンを減らすように規則正しいリズムで生活します。

2は、男性ホルモンが減らす食材や食事の摂食方法です。豆類全般や緑茶が男性ホルモンを減らすのに効果があると言われています。

大豆に含まれるイソフラボンという成分に効能があり、緑茶や紅茶は気持ちを落ち着かせ、男性ホルモン減らすことに有効といわれています。

男性ホルモンを減らし女性ホルモンを増やす薬物利用方法がありますが、これは医師に相談する必要があります。

女性が男性ホルモンを減らす方法とは

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

女性らしさを保つには、男性ホルモンを減らせばいいと思われているようですが、男性ホルモンの役割りには健康を維持する作用があります。

男性ホルモンは自律神経などの調整で分泌され故意に減らすようなことはできません。日々の暮らしで健康管理に気配りし、身心の健全なリズムで過ごすことが大事です。

その他に、男性ホルモンを抑える食事、健康食品があります。納豆や湯葉の大豆イソプラボンを適正に食する方法です。

また、漢方薬など女性ホルモンの処方がありますが、医師に相談されることをおすすめします。

男性ホルモンを減らす方法は、日々の暮しを規則正しく過ごし、女性らしさを補う食事や健康食品摂取による方法があります。

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが大切とは

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

女性らしさを保つことは女性にとって最も大切なことです。女性らしさを保っているのは、女性ホルモンと男性ホルモンとのバランスによって成立しています。

ホルモンバランスの崩れる原因に2つのパターンがあります。

1つは、加齢とともに女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが優位になる場合です。また、若い時で頻繁な夜更かしや暴飲暴食など不規則な生活は「自律神経」を乱し、女性ホルモン分泌に乱れが生じます。

2つ目は、女性ホルモンは正常でも、男性ホルモンの分泌量が増えることによるホルモンバランスの崩れです。

よくある原因は、ストレスによる自律神経の乱れでホルモンバランスの崩れです。過度なストレスは、コルチゾールというストレスホルモンを分泌し、男性ホルモンの分泌量も増やします。

性ホルモンとは

性ホルモンとは、第二次性徴といわれ、性器以外の外形的に性の特徴が生じるホルモンです。

男性では、精子、女性では卵胞の成熟、妊娠の成立などに関わり、男性ホルモン分泌は、女性は卵巣と副腎から、男性は睾丸と副腎から分泌されています。

男性ホルモン(アンドロゲン) は テストステロンと デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)と呼ばれる2つがあります。

女性ホルモンは分類に大と小があり、エストロゲンが大でその内の小にエストラジオール、エストリオール、エストロンの3つです。もう一つ大がゲスターゲンで小にプロゲステロンがあります。

女性ホルモンは、月の物と妊娠の目的を担って、重要な役割があり複雑な作用で、日々の体調の変化に深く関わっています。

女性体内の男性ホルモンの作用とは

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

女性の体内での男性ホルモン「テストステロン」の作用は、女性ホルモンの中の「エストロゲン」という女性ホルモンで抑えられていると言われています。

女性の中の男性ホルモンは女性ホルモンが優位な年代では、男性のような骨格や筋肉が成長したり、体毛が濃くなったりはしません。

ですが、年を重ねるに従い「エストロゲン」では減らすことで、男性ホルモン「テストステロン」が多くなってしまうと女性の男性化が進みます。

もし女性ホルモンが減らすことがなければ、思春期の頃のような美しい姿がいつまでも留められていくことでしょう。

女性が男性ホルモンを減らす食材は

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

女性が男性ホルモンを減らすには、栄養バランスのとれた食事を取ることが大切です。食べ物自体にホルモンバランスを整える働きがあり、男性ホルモンを減らす食材があります。

男性ホルモンを減らす食材をご紹介します。
・納豆:男性ホルモンを減らす大豆イソフラボンが含まれています。

・マグロ:マグロに含まれるビタミンB6は、女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、男性ホルモンを減らす役割あります。

・アーモンド:アーモンドに多く含まれるビタミンEには、ホルモンバランスを保ち男性ホルモン減らすのに役立っています。

・うなぎ:うなぎに含まれるパントテン酸は、ストレスに強い体に作用し、男性ホルモン減らすのに役立ちます。

アボカド:アボカドには、ビタミンEやパントテン酸が多く含まれ、その他、ビタミンB6や葉酸、マグネシウム、カリウム、食物繊維など多種類の栄養素があり、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

女性が男性ホルモンを減らす場合の注意点

男性ホルモンを減らすには、ホルモンバランスを整えることが重要で、特に、生理前のつらい症状を予防・緩和するのは大切になります。

ひどいイライラや体の疲れ・痛みなどに悩んだ場合、躊躇せず病院を受診しホルモンバランスが乱れていないか医師に相談しましょう。

ホルモンバランスはダイエットにも役立てることができます。心身共に疲れやすい生理前はダイエットを休止しましょう。

気分の上がってくる生理後にダイエットを行えば、無理なく痩せることができると言われています。

運動

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

運動で男性ホルモンを減らすには、有酸素運動が最適です。筋肉トレーニングなどの筋肉を鍛える運動は、男性ホルモンの分泌を促進させてしまいます。

筋肉をできるだけ刺激せず、また、体にできるだけ負荷を掛けない運動が最適です。具体的には、ウォーキングや水泳やスロージョギングなどを1日20分以上を目安に行うのがおすすめです。

軽く汗が流れる程度、有酸素運動を続けるようにします。

睡眠

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

睡眠にはリズムがあり、睡眠リズムには、セロトニンとメラトニンというホルモンが大きく関係しています。

私たちが明るくなると目が覚め、暗くなると眠くなることに関係するホルモンです。良質睡眠ホルモン・メラトニンは、昼間の活動、特に運動で分泌したセロトニンホルモンを材料に作られ、睡眠時のメラトニン分泌が高まるいわれています。

良質な睡眠により、女性にとっても大切な「やる気を出す」のに関わっているテストステロンという男性ホルモンの値が高まります。

テストステロンは、深夜1時~3時の時間帯に最も多く作られます。日々、前向きに過ごすには、深夜の睡眠は大切で、効率よくテストステロンを増やすことができます。

男女別男性ホルモンを増やす方法

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

男性ホルモンを増やす方法は、男女間で共通しています。男性ホルモンは、男女とも生命の維持に不可欠なで、とても大事なホルモンです。

この男性ホルモンを増やす方法は、筋力トレがあり、できるだけ短時間で激しいトレーニングが分泌が多くなると言われいます。また、同じ運動の繰り返しも効果があります。

筋トレと平行し、質のいい睡眠を取ることで分泌が促進します。また、たばこ禁煙や禁酒の方法も男性ホルモン増やす効果があります。

食事、食べ物で男性ホルモンを増やす方法があります。普通、「精力がつく」といわれるものが効果的です。また、亜鉛やビタミンD、良質のたんぱく質を含む食材が挙げられています。

男性ホルモンを増やす方法は、男女に共通し筋肉トレやたんぱく質が多い、脂身に配慮した上質の肉の摂食です。

男性ホルモンを減らすメリット・デメリット

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

男性ホルモン分泌自体が自律神経によって調整されており、故意に減らすことは、男女に無関係で悪影響を及ぼすデメリットが大きくあります。

ですが、一部の男性で故意に男性ホルモンを減らす方法で女性型男性を目指されている人もいます。

また、女性の方で、男性ホルモンを減らすことで女性らしさが保たれるとの見方もあります。このような人に対してはメリットといえます。

ニキビ

ニキビとホルモンとは密接な関係があり、男性ホルモンがニキビの発症に大きく関係し、女性ホルモンは逆にニキビ発生を抑えています。

男性ホルモンは、皮膚の表面の柔軟性を失わせて、肌のバリア機能を低下させ、皮脂の過剰分泌が促進し、ニキビが発症しやすい肌を作ってしまっています。

一方、女性ホルモンはのエストロゲンは、美肌に欠かせない美容促進の強い味方といわれています。皮脂の分泌を抑え、なお、皮膚の水分量を保つ天然保湿因子です。

セラミドといわれる肌バリアを維持する構造を強くしています。ニキビができにくい皮膚にしてくれています。

ホルモンのおさらい

ホルモンの種類は、100種類に及ぶといわれています。その中にあって特に女性に密接なホルモンは、5つのホルモンに関心が高まっています。

5つのホルモンは、健康維持と若返りに重要な影響があるホルモンです。そのホルモンをご紹介します。

・エストロゲン:病気を防いで骨を丈夫にする女性ホルモン
・テストロゲン:筋肉を増やし、やる気や記憶力を向上し、精力を司る男性ホルモン
・メラトニン:睡眠ホルモンといわれ、深い眠りを維持
・成長ホルモン:傷ついた細胞を修復し若々しい肌を再生
・免疫力を高める:DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)といわれるホルモン

男性ホルモンの影響いろいろ

女性にとって男性ホルモンは、余分なものと思われがちですが、女性ホルモンと同じで大切です。女性にとってのホルモンバランスは、男性以上に大事になります。

女性への男性ホルモンの影響は、男性同様、やる気や根気、筋力、意欲、記憶力、性欲などにあります。男性ホルモンは日常生活の質を高めることに欠かせません。

女性への顕著な影響の代表例は、意欲や記憶力の維持、筋肉量や骨格量の維持です。閉経後の女性は、女性ホルモンが減少すると同時に男性ホルモン量も激減し、骨粗しょう症が容易に起きる原因になります。

ホルモンとは

専門的用語になりますが、ホルモンの分泌器官をご説明します。

・脳にある下垂体(かすいたい)と松果体(しょうかたい)
・喉の部分にある甲状腺(こうじょうせん)と上皮小体(副甲状腺)
・胃の付近にある膵臓(すいぞう)、胸腺、副腎
・卵巣または睾丸部の性腺、松果体(しょうかたい)

各器官の内分泌腺から分泌し、血液に分泌され血管を通して全身に循環し、分泌されるホルモンは、微量に産生される化学物質です。

ホルモンの作用は特定の器官や特定の細胞に作用します。例えば、卵巣や睾丸および副腎からの性ホルモンは、作用するのは人体の生殖系に関わる部分です。

男性ホルモンと関係のある成分

男性ホルモンを減らす・増やす方法・メリットとデメリット・成分

男性ホルモンと関係ある成分は、幾種類かあり、総称して「アンドロゲン」といわれています。その内で最も影響があるのがテストテロンといわれています。

テストテロンは、主に睾丸の精巣でつくられるますが、その他に、副腎皮質でつくられています。男性ホルモンの作用は、性器の発達、ひげ、体毛、声変わり、骨格の強化など、男性の体つくりのもとになっています。

女性の場合も卵巣および副腎皮質で作られ、血液の中に男性の10分の1程度の男性ホルモン量が含まれています。この男性ホルモンは一生に渡って分泌し続きます。

亜鉛

亜鉛には、摂取したたんぱく質から髪ができあがるのを助ける働きがあります。髪はたんぱく質から作られています。

亜鉛を不足し、減らすと、どれほどたくさんのたんぱく質を摂取していても、きちんと肌や髪を作りだしてくれません。

また、亜鉛には新陳代謝を盛んにする働きもあるため、薄毛には非常に効果の高い栄養素だと言えるでしょう。

亜鉛の摂食は、魚介類、肉類、海藻、野菜、豆類、種実などに多く含まれ、代表的な食物は牡蠣(カキ)やうなぎの蒲焼に多く含まれています。

亜鉛の働きには、精神を安定させてストレス軽減や安眠に役立つ、免疫力を高めて強く健康な体を作るといったものもあります。

亜鉛の効能とは

亜鉛 ミネラル栄養学 バランス良く栄養補給 亜鉛はテストステロン(男性ホルモン)の代謝に不可欠の栄養素です。 また、亜鉛の不足は前立腺の障害を招きます。

また、亜鉛は体内でできる炭酸ガスを炭酸に換え、生体内を常に弱アルカリに保つのに必要な酵素の材料でもあります。

亜鉛には新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応など、体内のさまざまな働きをサポートして正常に保つ役目を持っています。

男性ホルモンの成分テストステロンとは、

女性にとって男性ホルモンは、女性らしさを損なうのではと嫌われる言葉として、女性の間では話題になりにくいです。

ですが、男性ホルモンは、女性にとって大切で一生付き合う分泌物です。その男性ホルモンの大部分を占めるのがテストステロンと呼ばれる成分です。

テストステロンは、男性ホルモンの別名アンドロゲンとも呼ばれ、コレステロールをもとにして作られるステロイドホルモンです。数種類の男性ホルモンの中にあって、その大部分を占めているのがテストステロンです。

男性ホルモンの代表、テストステロンの効果をご紹介します。
・性欲を上げる
・記憶力・集中力を上げる
・モチベーションのアップ
・筋肉量アップと維持
・生活習慣病の予防、健康増進
・精神を安定に保つ
・アンチエイジング効果

男性、女性にとも大切な項目です。テストステロンは、健康長寿の鍵を握っていると言われ、男女とも多くの恩恵を受けいると言われています。

男性ホルモンを管理し若々しさを維持しよう

男性ホルモンは意外性が高く重要な分泌物です。特に、女性にとって男性ホルモンは一生関わっていかなければなりません。

女性ホルモンは、女性器官からの分泌であり、妊娠・出産の目的にあり、ある意味一過性の目的にあります。

ですが、男性ホルモンは、副腎から分泌され一生続き、女性ホルモン減少に対し、優位性になります。

年齢を重ねるに従い女性の中性化や男性化傾向になる影響にあります。いつまでも若く、女性らしさをと持ちたい女性にとって、男性ホルモンとどのように向き合うか、かなり関心の高い話題になっています。

Related