Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ハロウィンで仮装をする理由・なぜ・由来・いつから・ルール

ハロウィンで仮装をする理由・なぜ・由来・いつから・ルール

ハロウィンは毎年10月31日に行われる西洋のお祭りの1つです。ハロウィンでは仮装をしてお祭りを楽しみますが、なぜハロウィンで仮装をするのか不思議に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、ハロウィンで仮装をする理由や仮装の楽しみ方をご紹介しています。

初回公開日:2018年09月04日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年09月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ハロウィンで仮装をする理由・なぜ

日本でもすっかりおなじみとなった秋のイベントといえば、ハロウィンです。ハロウィンは、海外では日本のお盆のようなイベントでご先祖様の霊をお迎えする行事です。

また、日本では、ハロウィン=仮装というイメージが強いですが、なぜハロウィンに仮装をするのか気になる方も多いのではないでしょうか。まずは、ハロウィンでなぜ仮装をするのか理由をみていきましょう。

悪霊たちが魂を奪いにくるから

ハロウィンで仮装をする理由は、悪霊たちが生きている人間の魂を奪いにくるからとされています。

ハロウィンは、ご先祖様の霊をこの世にお迎えして供養をしたり、秋の収穫をお祝いするお祭りなのですが、同時にあの世から悪霊たちや魔物、魔女などが一緒に来てしまうと考えられていたためです。

自分が人間だと気づかれないようにする

ハロウィンで仮装するのは、悪霊たちに自分が人間だと気づかれないために仮装をするともいわれています。

なぜなら、魔女や悪魔に仮装することによって、仲間だと思わせるためです。つまり、ハロウィンの日は、仮装した人間たちを自分たちの仲間だと認識することで、悪霊たちや悪魔たちは人間の魂を奪うことはできないでしょう。

仮装は魔除けの効果もあるから

ハロウィンの日の仮装は、人間が魔物や魔女などに仮装することによって、魂を取られるのを防ぐだけでなく魔除けの効果もあるという説などがあります。

ハロウィンの仮装が魔除けの効果を発揮する理由としては『悪霊が怖がって逃げるから』と『悪霊や魔女に仮装して仲間だと思わせる』という理由があったからだとされています。

ハロウィンで仮装をする由来・起源

ハロウィンで仮装をする起源や由来はどこからきているのでしょうか。また、毎年世界中で行われているハロウィンですが、そもそも元はどんなお祭りなのか知らない方も多いのではないでしょうか。ここからは、ハロウィンの起源や由来についてみていきましょう。

ハロウィン起源はケルト人のお祭り

ハロウィンの起源は、アイルランドに伝わっている古代ケルト人のお祭り『サーウィン』というお祭りが起源だったとされています。サーウィンは、10月31日に行われており、古代ケルト人にとって10月31日は日本でいう大晦日のような日で1年の終わりの日でした。

サーウィンがハロウィンと呼ばれるようになったのは、キリスト教がアイルランドに伝わってきたからとされています。古代ケルト人の1年の始まりは11月1日ですが、実はキリスト教ではすべての聖人たちを祝う日である『オールハロウズデイ』という日だったため、前日の10月31日はサーウィンからハロウィンになったとされています。

魔女や魔物の仲間のふりをするために仮装を始めた

ハロウィンは、ご先祖様たちをお迎えするとともに秋の収穫を祝う日でもあります。しかし、ご先祖様たちだけでなく、あの世から悪霊や魔女、魔物たちがやってくるとされています。人間たちは、自分たちの魂を守るために魔女や魔物の仲間をすれば魂を取られないと考えました。

そのため、ハロウィンに仮装をすることは、魔女とか魔物たちに人間だと思われずに済む仲間のふりをしようと考えたといわれています。

ハロウィンの仮装はいつから始まったのか

ハロウィンの仮装はいつから始まったのでしょうか。また、ハロウィンが日本につたわってきたのはいつ頃なのか気になる方も多いでしょう。ここからは、ハロウィンの仮装はいつから始まったのか、日本に毎年恒例のイベントとして定着したのはいつなのかについてご紹介いたします。

先祖の霊と一緒に悪霊も来るようになったから

序盤の項目でも解説してきましたが、ハロウィンの仮装が始まったのは、先祖の霊と一緒にあの世から悪霊や魔女、魔物たちが一緒に来てしまうためです。悪霊や魔物たちは人間たちの生きている魂を取りにやってくるからだとされています。

特に魔女や悪魔、魔物に仮装するのは、魔除けとして魂を取られることを防ぐだけでなく、彼らの仲間だと思わせておいて人間だと気付かれないようにするためです。

もともとは、古代ケルト人の1年の終わりを祝うお祭りでしたが、キリスト教が入ってきた後で『魔除けの意味』は後付の理由だという説もあります。

日本では参道のハロウィンパレードから始まった

日本では、戦後にハロウィンが伝わってきたのはアメリカからでしたが、あまり日本ではなじみのないイベントでした。日本にハロウィンというお祭りが注目され始めたのは、1970年代に行われた原宿表参道のハローハロウィンパンプキンパレードだという説があります。

また、ハロウィンがここ数年で盛り上がりをみせるようになったのは、1997年頃にディズニーランドがハロウィンのイベントを開催したからだとされています。

さらに2002年には、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンがハロウィンのイベントを開催することによって、日本ではおなじみのイベントとなりました。

ハロウィンでの仮装のルール

ハロウィンといえば、何でも仮装をしていいという認識になっていますが、実際はどんなルールがあるのでしょうか。ここからは、ハロウィンでの仮装のルールについてみていきましょう。また、仮装をする上で注意しておきたいルールも一緒にチェックしておきましょう。

恐ろしい魔物や魔女が基本の仮装

ハロウィンの仮装は現代では何でもしていいという認識ですが、本来の仮装はどうなのでしょうか。本来のハロウィンの仮装では、恐ろしい魔物や魔女が基本的な仮装だとされています。

ハロウィンの仮装をする理由でもご説明しましたが、魔物や魔女に仮装することで彼らの仲間だと思わせたり、彼らを怯えさせて追い払うという意味が込められています。そのため、ハロウィンといえば魔物や魔女、ゴーストなど怖い仮装が選ばれているとされています。

20世紀後半のアメリカからキャラクター仮装へ

ハロウィンの仮装は、20世紀後半になると定番の仮装からキャラクター仮装へと変化していきます。もちろん、ハロウィンの仮装は地域によって異なり、基本の魔物とか魔女の仮装だけでハロウィンをしている地域もあります。

特にアメリカでは、スタンダードな魔女、魔物、ドラキュラに加えてお姫様、海賊などといった人物に仮装する人が増えました。さらにディズニーのキャラクターやアメリカで人気のスパイダーマンやバッドマンなどの映画や漫画のキャラクターの仮装も流行しはじめました。

露出度の高い物はなるべく避ける

ハロウィンでする仮装においては、特にこれといったルールはないですが、できれば露出度の高すぎる仮装は避けましょう。また、ハロウィンは基本的に子どもたちが仮装することが多いため、大人の過激な露出は教育上よくないという親御さんもいらっしゃいます。

深夜であれば多少露出が高い仮装でも許されますが、さすがに全裸で逮捕されてしまうような過激で人に迷惑をかけてしまう仮装は行わないようにしましょう。

ナイフなど凶器となる道具は避ける

ハロウィンは仮装するだけでなく、仮装のワンポイントとして小道具を持ち歩く方もいます。もちろん、死神などの仮装であれば大鎌を持ち歩く方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ハロウィンの仮装は安全が最優先されますので、ナイフなど凶器となる小道具は避けましょう。また、長物の小道具も周りの人をケガさせないように注意して持ち歩くことが大切です。

また、ディズニーやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのテーマパークが主催するイベントによっては仮装のルールが設けられているところもありますので、よくルールを確認してから参加しましょう。

ハロウィンの仮装レパートリー

ハロウィンの仮装の意味やルールなどをチェックできたら早速仮装をする予定をたててみましょう。しかし、ハロウィンの仮装といってもどんなレパートリーがあるのかわからないという方も多いでしょう。そこで、この項目からはハロウィンの仮装のレパートリーをいくつかご紹介いたします。

魔女

ハロウィンを代表する仮装といえば、魔女です。魔女は、魔法という不思議な力や現象を起こす女性だと考えられていたため、恐ろしい人だという認識が強いです。

魔女の仮装は、ハロウィンの定番仮装ともいえる服装で、初めて仮装をしたいという方にはおすすめの衣装です。また、レパートリーも多くセクシーな魔女からカラフルな魔女、そして定番の黒服の魔女などさまざまな種類があります。

悪魔

Bottom banner

悪魔もハロウィンでは多くみられる仮装の1つです。特に悪魔は女性に人気の仮装でかわいらしいデザインのドレスやツノカチューシャもあることから、気軽に仮装しやすいのがポイントです。

もちろん男性でも悪魔の仮装をすることが可能ですが、人間を誘惑をするという意味では小悪魔として仮装する女性のほうが多い傾向です。

ガイコツ

ハロウィンの仮装の基本は『怖い物』が基本ワードですので、気軽にハロウィンらしさを取り入れるのであればガイコツは外せません。

ハロウィンで完全な仮装はしたくないけれども、雰囲気は出したいという方にはおすすめです。種類も豊富でガイコツデザインのスーツからジャケット、Tシャツなども販売されています。

ゾンビ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンではハロウィンに大々的に取り入れられている仮装として有名なのが、ゾンビです。ゾンビもハロウィンでは定番中の定番仮装として有名です。

また、ゾンビは男性から女性、子どもまで幅広い層が仮装できるジャンルですので、ゾンビっぽいメイクとボロボロの服に血糊をつけて具合悪そうに歩いていれば気軽にできてしまいます。

また、ゾンビメイクは苦手という方には、ゾンビメイクができる傷シールなども発売されていますので、より気軽に仮装を楽しむことができます。

ゴースト(おばけ)

海外のハロウィンの仮装では、ゴーストも人気の仮装の1つです。ゴーストに仮装するには、白い布を一枚用意して顔を描いてかぶれば完成してしまうほどのお手軽さです。

また、販売されている仮装衣装の中ではどこにでも売っていますので、通販でも手軽に手に入れられるのがポイントです。

ドラキュラ

男性のハロウィン仮装には、ドラキュラはいかがでしょうか。ドラキュラも海外や日本ではすっかりおなじみの仮装です。ドラキュラの仮装衣装も魔女と同じく種類が多く、豪華なものから仮装用のキバのセットも付いています。

または、マントとスーツをよういすれば、簡易的なドラキュラ仮装も可能です。とにかくドラキュラに仮装しておけば、一気にハロウィンっぽくもなりますので、初心者はもちろんのこと幅広い層におすすめの仮装といえるでしょう。

フランケンシュタイン

男性におすすめの仮装衣装では、フランケンシュタインもおすすめです。フランケンシュタインとは、小説に出てくるキャラクターのことで理想の人間を作るために墓から掘り起こされ、死体を継ぎ接ぎにして誕生した怪物のことです。

フランケンシュタインは怪物として恐ろしい魔物のような雰囲気を放つので、まさにハロウィンにはぴったりの仮装といえるでしょう。

死神

死神もハロウィンにはぴったりの仮装です。生きている人間の魂を取りにきたというコンセプトではハロウィンにはふさわしい仮装といえるでしょう。また、死神は男女子ども関係なくできる仮装ですので、大鎌を持って死神の衣装でハロウィンを楽しむのもおすすめです。

また、死神の仮装をするとき大鎌を持ち歩く方がいますが、周りの迷惑とならないように小さめのサイズのコスプレ用の鎌を持ち歩くのがおすすめです。

ハロウィンの仮装の楽しみ方

ハロウィンの仮装が決まったらどんな楽しみ方をしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、ハロウィンの仮装をしながら楽しめるハロウィンの楽しみ方をご紹介いたします。今年はハロウィンに参加してみたいという方やハロウィンの楽しみ方をもっと知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

ハロウィン限定のお菓子を買う

ハロウィンの時期が近づくとハロウィン限定のお菓子や食べ物がスーパーやケーキ屋さんなどで店頭に並びます。ハロウィンだけしか味わえないかぼちゃのスイーツやハロウィンデザインのメニューなどが堪能できます。

おすすめの楽しみ方は、ハロウィン限定のお菓子を買ってきて、仮装をしながらみんなで食べるのもいいでしょう。

ハロウィンイベントに参加する

毎年ハロウィンになると各地で仮装OKのイベントが行われています。ハロウィンの仮装をより楽しむのであれば、ハロウィンイベントの参加をおすすめします。

ディズニーやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのテーマパークイベントから、渋谷や原宿で行われるハロウィンイベントも毎年人気です。最近では、池袋や新宿などでもハロウィンイベントがあるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ハロウィンパーティーを開く

ハロウィンイベントに参加するのはちょっとという方は、自宅でハロウィンパーティーを開くのはいかがでしょうか。仮装はもちろんのこと、ハロウィンの飾り付けやハロウィンにぴったりな料理などを用意して友人や家族で盛り上がってみましょう。

ハロウィンでの仮装の目的

ハロウィンでの仮装の目的とはどんなものがあるのでしょうか。ハロウィンでの仮装の理由などを序盤の方でもご紹介いたしましたが、今一度ここでハロウィンの仮装の目的をおさらいをしてみましょう。

悪霊にあの世へ連れて行かれないため

ハロウィンでの仮装の本来の目的は、悪霊や魔物、魔女にあの世へ連れて行かれないためだとされています。

もちろん、ハロウィンは仮装をするだけでなくハロウィンの合言葉である「トリック・オア・トリート」という言葉でお菓子をあげることによって、悪霊たちを追い払っていたともいわれています。

日本では交流目的であることが多い

日本人はお祭りが国民的に好きな傾向があるため、ハロウィンは西洋のお祭りとして認識している方が多いです。そのため、男女の交流目的としてハロウィンイベントに参加しているという方も少なくはありません。

しかし、ハロウィンは老若男女の誰でも楽しめるイベントですので、ハロウィンイベントに参加することで交友の輪を広げることもできるでしょう。

ハロウィンは仮装をして思い切り楽しもう

いかがでしたでしょうか。今回は、ハロウィンで仮装をする理由や由来、ハロウィンの起源やハロウィンの仮装のルールなどについてご紹介いたしました。

ハロウィンは、日本でもすっかり毎年恒例の秋のイベントとして定着しましたが、仮装はあの世の悪霊たちから自分の身を守る物だと認識しておくと、より楽しめるでしょう。

ハロウィンはここ数年で日本も盛り上がりをみせているイベントですので、ケガやトラブルに注意しながら、ルールを守って好きな仮装し、ハロウィンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related