Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

乾燥肌への対策・食べ物|箇所別/クリーム/男女別/状況別

乾燥肌への対策・食べ物|箇所別/クリーム/男女別/状況別

乾燥肌にお悩みの人は男女を問わず多いでしょう。エアコンや紫外線による外からの刺激や、睡眠不足や食生活の乱れによる体の内側からのトラブルによる乾燥肌など、その原因も様々です。今回は、乾燥肌の原因と原因別の対策方法とおすすめのアイテムをご紹介していきます。

初回公開日:2018年09月10日

更新日:2018年09月10日

記事に記載されている内容は2018年09月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


箇所別乾燥肌への対策

乾燥肌やそれによるトラブルにお悩みの方は多いでしょう。乾燥肌の原因は数多く存在し、その対策方法も色々です。あなたが男性か女性か、普段からどのような生活をし、乾燥肌に対してどのように考えているかによって取るべき対策も異なります。

今回は、乾燥肌になりやすい箇所や男女における乾燥肌の違いをふまえ、乾燥肌の原因とその対策について詳しくお話していきましょう。

まず乾燥肌が気になる箇所といえば「顔」が挙げられます。顔には目の周りなど皮膚の薄い箇所があり、エアコンや外気に長時間さらされることで肌表面の水分を奪われ、肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなるためです。

これらを放置しておくと弱った肌バリアの修復が遅れ、雑菌の侵入を許してしまい肌荒れやかぶれの原因になったり、肌が水分を保てず弾力を失い、シワの原因になったりします。

対策としては、朝晩正しく保湿重視のスキンケアを行い、こまめに水分補給することが大切です。紫外線対策を徹底し、室内ではエアコンの強い場所を避けるよう工夫しましょう。

顔の乾燥も気になりますが、ひじやひざの外側、かかとなどの体の部分も乾燥肌の悩みとしてよく上げられる箇所です。ひじやひざの外側、かかとは皮脂腺が少なく、生活をする上で刺激を受けやすい箇所のため、かさつきがひどくなったり、うまくターンオーバーできずにたまった表面が角質化して、保湿剤を塗布してもなかなか効果が表れにくい部分です。

対策としては、入浴時にガーゼなどの柔らかい布で古い角質を落とし、肌が渇ききらないうちに保湿クリームなどでのケアがおすすめです。またターンオーバーを正常に促すためにも、日頃から生活のリズムを整え、一定の睡眠時間を確保するのも効果的な対策です。

頭皮

頭皮のフケやかゆみでお悩みの経験はあるでしょうか。実はフケやかゆみなどのトラブルは、頭皮の乾燥が主な原因です。顔や体に比べて、髪へのシャンプーやトリートメントだけのケアで済まされがちな頭皮は、乾燥によるトラブルが多い箇所です。

肌質に合わない刺激が強いシャンプーを使い続けたり、濡れた髪をいつまでもそのままにしておくことで湿った頭皮が乾燥しやすい状況を作り出してしまいます。対策としては、洗浄力の強すぎないアミノ酸系シャンプーなどを選び、ドライヤーでの乾燥を短時間で済ませましょう。睡眠時間の確保も重要です。

また、外出時の紫外線も頭皮に強い影響を与えます。顔のケアと同程度に紫外線対策が必要です。季節を問わず帽子や日傘などを活用したり、日陰を選んで移動するなど紫外線になるべく当たらない工夫をしましょう。

男女別乾燥肌への対策

「肌の悩みといえば女性の悩み」というイメージも強いですが、男性の間でも乾燥肌のトラブルはなかなか解消されない深刻な悩みの一つです。また、乾燥肌になる原因も男性と女性で異なるものもあるため、対策も男女それぞれの原因別や特徴で分けて考えることが重要です。

それでは乾燥肌になる原因とその対策を男女別に詳しくお話していきましょう。

男性の乾燥肌の主な原因と対策

乾燥肌への対策・食べ物|箇所別/クリーム/男女別/状況別

男性の乾燥肌はどのようなことが原因で起こるのでしょうか。主な原因とその対策についていくつか挙げてお話していきましょう。

スキンケア不足

男性は女性ほど意識してスキンケアを行わないため、自分の肌がどのような状態にあるかを把握していない方が多く、多少の肌トラブルなら放置してしまう傾向があります。

肌荒れがひどくなったり、湿疹がなかなか治らなかったり、いつの間にかシミやシワが濃くなっていたりなど、深刻な状態になってから初めて「乾燥肌がトラブルの原因」であることに気付く人がほとんどでしょう。

肌の深刻なトラブルの大半は、肌表面の乾燥によるバリア機能の低下が引き起こすと言われています。対策としては、普段から適温の水での洗顔とセラミドやヒアルロン酸など肌に水分を補い、肌バリア機能を高める成分が配合されているローションでスキンケアをすることをおすすめします。

毎日の髭剃り

男性は、髭剃りで毎日肌にカミソリを当てて肌を刺激しているため、髭とともに肌表面の角質を必要以上に落としています。そのため、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌になり髭剃りあとがかぶれたりひりついたりと不快なトラブルに見舞われます。

髭剃りあとの乾燥肌対策としては、髭を剃る前に顔に蒸しタオルを当てて髭が生えているところの皮膚をやわらかくし、泡がしっかり立つタイプのプレシェーブローションを肌に塗ってからカミソリを当てることをおすすめします。

髭を剃ったあとは、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿効果が高いアフターシェーブローションやクリームをしっかり塗り、髭剃りあとのバリア機能を保持しましょう。

過剰な酒・タバコ

仕事で付き合いなどの多い男性は飲酒や喫煙する機会が多く、生活習慣が乱れがちな傾向にあります。食生活の乱れや睡眠不足などの影響で肌のターンオーバーが乱れ、肌バリア機能が保てず乾燥肌の原因になると考えられます。

さらにタバコを吸うことで活性酸素が発生し、体内のビタミンCを大量に消費することになります。ビタミンCは肌のバリア機能を高めたり、コラーゲンの生成を促進するために欠かせない栄養素です。喫煙はビタミンCの持つ「肌機能の修復作用」を阻害してしまいます。

また、酒に含まれるアルコールは血管拡張作用が強いため、乾燥などで肌が荒れている状態で服用することにより、赤みが強くなったりかゆみが増す可能性があります。乾燥肌の対策としては、飲酒も喫煙もほどほどにした上で生活習慣を見直すことが重要です。

女性の乾燥肌の主な原因と対策

乾燥肌への対策・食べ物|箇所別/クリーム/男女別/状況別

女性の乾燥肌および乾燥肌によるトラブルの原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか。乾燥肌の原因とその対策について、いくつか挙げていきましょう。

洗顔・クレンジング過多

毎日メイクをする女性は、男性に比べてスキンケアにかける手間も時間も多く、保湿に関する知識も豊富です。しかし、保湿化粧水やクリームの効果を過信し、間違った洗顔やメイククレンジングをしている人が多く、乾燥肌の悩みを抱えています。

後から化粧水やクリームで保湿するからといって洗顔を入念にしすぎたり、メイクをしっかり落としたいあまりクレンジング剤と洗顔料をどちらも使う「ダブル洗顔」をすることで、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

対策としては、メイクを落とす際はメイクの濃い箇所だけクレンジング剤を使いましょう。コットンを使ってメイクを落とす際は、肌を摩擦しすぎないようクレンジング剤を浸み込ませたコットンを肌に叩くように当て、顔全体はよく泡立てた洗顔料で泡と手を挟み込むようにして洗いましょう。

間違ったダイエット

結果を急ぐあまり、過度な食事制限を伴うダイエットを行うと、乾燥肌やそれに伴う肌トラブルを悪化させてしまいます。極端に食事をとらないダイエットを行うと、本来体に入るべき栄養が入らなくなり、肌を健やかに保つための栄養が足りなくなります。

ビタミンCが不足すると肌のターンオーバーが乱れ、肌がバリア機能を保てなくなったり、コラーゲンを作れなくなってしまうので肌の弾力がなくなります。また、肌の細胞は良質な油脂から作られます。魚類やナッツ類の摂取が不足すると、細胞を新しく作ることができず肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

乾燥肌の対策としては、極端に食べないダイエットは避け、食べ過ぎない程度に色々な食品をとり、適度に体を動かし、夜は睡眠時間を確保しましょう。色の濃い野菜にはビタミンCが豊富に含まれており、肌修復機能を高めてくれるのでおすすめです。

ホルモンバランスの乱れ

極端なダイエットにも通じますが、仕事や人間関係のストレス、乱れた生活習慣や睡眠不足をそのままにしておくと自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌に影響を及ぼします。

特に女性ホルモンの「エストロゲン」は、肌の水分量を保ったりコラーゲンの生成を促す作用があると言われており、加齢やストレスでエストロゲンが減少すると、肌の機能が衰え乾燥肌の原因になります。

ホルモンバランスの乱れによる乾燥肌への対策として、ストレスをためこまないように、いくつかストレス解消になる手段を自分で考えておくことが大切です。夜の睡眠時間を確保し、朝は決まった時間に起きるなど、生活リズムをある程度決めておくと自律神経が安定し、ホルモンの分泌を一定に保つことが可能です。

生理周期など1ヵ月の間にホルモンバランスが乱れ、乾燥肌など肌トラブルが進む場合もあります。いつもより早く休むなどイライラをため込まないよう工夫をしましょう。

乾燥肌への対策になる食べ物

Bottom banner

「肌は食べたもので作られる」と言われています。乾燥肌を改善し肌を正常な状態に保つためには、栄養の豊富な食べ物をバランスよく食べることが大切です。そのなかでも、肌のために良いと言われている栄養素が豊富な食材をいくつか紹介していきましょう。

肉類

肉類や大豆製品に多く含まれるたんぱく質は、肌や筋肉を作る材料となるので積極的に食べましょう。ただ、ボリュームがあり脂質が多く含まれているため、カロリーが高いものが多いので注意が必要です。

また、豚肉には代謝を促すと言われているビタミンB群が豊富に含まれており、肌のターンオーバーを正常に導き、ホルモンバランスを一定に保つのでおすすめの食材です。野菜のおかずや汁物を先に食べたり、一度にたくさん食べないように気を付けるなど対策して摂取しましょう。

緑黄色野菜や果物類

ほうれん草やにんじんなど、色の濃い野菜にはカロテンが豊富に含まれており、カロテンが体内でビタミンAに変わることで肌に有効な成分となります。ビタミンAは皮膚の生成を促したりターンオーバーを活発にします。

また、柑橘系の果物やピーマンなどにはビタミンCが豊富に含まれているため、こまめに摂取することで乾燥肌が受けたダメージを回復してコラーゲンの生成を促すので、積極的に取りたい食材です。

ナッツ類

ゴマやアーモンドなどの種子・ナッツ類にはビタミンEが多く含まれています。ビタミンEは抗酸化作用が高く、皮脂を正常に保ち乾燥肌を改善へ導きます。アンチエイジング目的でも積極的に取りたい食材です。ビタミンEが皮脂を正常に保ち、肌バリア機能を高めてくれることで紫外線などの外的ダメージ対策にもなります。

また、ビタミンEには血流を促進する作用があるため、細胞の新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーが進むことで乾燥した皮膚の回復が早まる効果もあります。ビタミンAやビタミンCが豊富な食材を合わせて摂取することで相乗効果が期待できます。

乾燥肌への対策におすすめの道具

乾燥肌をケアするためにはどのようなアイテムを活用すると効果的なのでしょうか。乾燥肌対策のためのスキンケアアイテムやその使い方をご紹介します。

クリーム

乾燥肌は肌のバリア機能が低下して肌が水分を保持できない状態です。クリームを使う目的は、乾燥して低下している肌バリア機能をサポートすることにあります。乾燥肌の対策としての使い方のコツは、化粧水や美容液で肌に水分を補給したあとに、クリームで肌バリア機能を整えることです。

セラミドなど、肌バリア機能を補う作用が高い成分が配合されているクリームを選びましょう。

パック

保湿化粧水とクリームでのお手入れの間にパックを取り入れることは、より乾燥肌へ水分を補給するために有効です。

ヒアルロン酸など、保湿効果の高い美容成分が配合されているものがおすすめです。しかし、「美容液にたっぷり浸っていたから」といってシートマスクを長時間顔に当てっぱなしにしていては、水分の蒸発を招き効果が半減します。

パックはあくまで保湿目的なので、乾燥対策としては、パックの後もクリームを塗って肌バリア機能をサポートするケアを心がけましょう。

状況別乾燥肌への対策

乾燥肌になりやすい状況に置かれている場合、どのような対策が有効なのでしょうか。乾燥肌の原因と考えられている外的要因と、その対策についていくつか挙げていきましょう。

エアコンが強い室内やオフィス

エアコンをつけていると空気中の水分が減り空気が乾燥します。「職場などでエアコンの風が直接あたる席に座らざるを得ない」という状況も乾燥肌の原因ですが、自分の部屋などある程度行動に自由が効く空間であっても、エアコンをつけている限り空気は乾燥します。

そのため、エアコンがついた室内にいるだけでも肌表面の水分は蒸発して乾燥肌になります。対策としては、直接エアコンの風が当たらないスペースを探すのも大切ですが、ミネラルウォーターなどをこまめに飲むことで体の中の水分を減らさないよう心掛けましょう。

肌表面が乾燥するからといって、対策として化粧水やミネラルウォーターを顔や髪にスプレーしても、エアコンが空気中の水分を減らしてしまうので蒸発してしまい、より乾燥する原因となってしまうので注意が必要です。

紫外線

外出や移動中に紫外線を浴びると、肌表面にダメージを受けることで肌バリア機能が低下し、肌が水分を保てず乾燥肌になります。

紫外線対策としては、季節を問わずなるべく直接肌に紫外線を浴びないことです。紫外線カット効果のある化粧品や帽子、日傘などで紫外線を浴びない工夫をしましょう。日陰を選んで移動することも大切です。

特に夏は外気温も高く汗もかくので、汗が蒸発するとともに肌表面の水分が失われていきます。紫外線を浴びない工夫をするとともに、こまめに水分補給を心がけましょう。

産後

産後の女性は、妊娠出産に伴う急激なホルモンバランスの変化で乾燥肌に陥る傾向が強いです。肌を健やかに保つ効果が高いと言われている女性ホルモン「エストロゲン」は、妊娠中は大変多く分泌されています。しかし、出産後は母乳を出すためのホルモンである「プロラクチン」が多く分泌されるため、エストロゲンの分泌は急激に減少します。

また、赤ちゃんに授乳をすることで体から水分が大きく失われたり、母乳で赤ちゃんに栄養を送るため、母体からかなり大きく栄養が失われることになります。健やかな肌に必要とされる栄養が足りなくなり、肌機能が弱ることで乾燥によるトラブルを引き起こします。

ホルモンバランスが安定するまで時間がかかるため、産後の乾燥肌対策は気長に取り組む必要があります。あまりストレスを抱えないようにし、水分を多めに補給しつつ栄養のあるものを食べましょう。刺激が少ないスキンケアアイテムを選ぶのも重要です。

乾燥肌の原因はそれぞれ。あなたに合ったお手入れを

一言で「乾燥肌」と言っても色々な原因があり、対策も色々存在します。普段置かれている環境があなたの肌にとって乾燥しやすい状況だったり、実は思いもよらぬことがストレスで生活習慣が乱れがちになっていたなど、ただ「クリームを塗ればいい」「化粧水を多めにつければいい」ということだけで改善するわけではないので難しいところです。

乾燥肌を防ぐには、紫外線やエアコンなどの外的要因を特定し、「水分を用意する」「帽子や日傘を使う」など自分でできる対策をいくつか準備することが大切です。また、乾燥肌やそれによるトラブルが長引く場合は、外的要因の他にも生活習慣や日頃のスキンケアを見直すなど、目に見えない原因を探って対策を考えてみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人