Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

黄砂の時期・洗車の頻度・いつまでか|飛来/地域別/日本/上海

黄砂の時期・洗車の頻度・いつまでか|飛来/地域別/日本/上海

黄砂の時期が近づくことで気分が落ち込んでしまったり憂鬱な気分になる人も多いのではないでしょうか。黄砂は人体にも悪影響を与える可能性があるため、予防策を行っておく必要があります。ここでは、黄砂の時期について紹介しているので参考にしてください。

初回公開日:2018年09月13日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


黄砂の時期は?

黄砂が飛来する時期は、基本的に春の季節に多くなる傾向があります。2~5月に黄砂が飛来する可能性が高く、4月がもっとも黄砂が飛来する時期です。そのため、この時期になると黄砂が飛来してしまう時期には黄砂の対策をしっかりしておきましょう。

黄砂が飛来する時期は、ほぼ決まっていますが、黄砂が飛来する回数は毎年違います。一番多い年では46回も黄砂が飛来していましたが、最近では約20回程度に納まっています。そのため、黄砂への被害は少なくなっていますが、PM2.5という化学物質の飛来が問題視されています。

黄砂も人体に悪い影響がでる可能性がありますが、PM2.5の方が悪影響を与えてしまう可能性が高いため、マスクなどで吸い込まないように対策することが大切です。

黄砂とは?

そもそも黄砂の事をしっかり把握できていない人も多いのではないでしょうか。黄砂とは文字のとおり黄色の砂の事をしめてしており、砂漠の砂のことです。砂漠の砂の粒子は非常に細かく、風で舞い上がりやすいです。

黄砂は密集していれば目視することができますが、一粒を目視で確認することができないため、知らない間に吸いこんでしまう場合もあります。そのため、気管支や眼球を傷つけてしまう可能性があります。春の時期に遠くが霞んで見えることがありますが、それが黄砂です。

遠くが黄砂で霞んでいる場合は、これから黄砂が飛来してくるのではなく、既に飛来していると考える事が無難です。黄砂の一粒は非常に小さいですが、積もることで車や家の屋根が砂埃をかぶったように汚れてしまう被害が出てしまいます。

中国大陸から飛来している

黄砂が砂漠の砂ということは上記の説明のとおりですが、どこから飛来しているのか知っておく必要もあります。黄砂は主に中国にある砂漠の砂が日本に飛来してきています。黄砂が春に時期に飛来しやすい原因は、偏西風にあります。

偏西風は春の時期に発生しやすく、中国の砂漠で起きた砂埃が偏西風に舞い上げられ、日本まで飛来してしまう仕組みになっています。自然現象のため、根本的な対処の方法はなく、飛来する時期に吸い込まないようにすることことしかありません。

黄砂が飛来するまでの時期は?

黄砂の時期・洗車の頻度・いつまでか|飛来/地域別/日本/上海

黄砂が中国から日本に飛来するまでの時期は、早くて2日から7日程度です。飛来する時期に大きな違いが表れる理由は、自然現象なことが大きな影響があります。偏西風の強さによって飛来するまでの時期が大きく変わり、場合によっては普段黄砂が飛来しない地域まで飛来することもあります。

黄砂が飛来するまでの時期を独自で調べることもできますが、最近では黄砂の影響を問題視する傾向が強まっているため、ニュースや天気予報で事前に知らせてくれる場合が多いです。そのため、黄砂が飛来しやすい地域に住んでいる人はよく確認することをおすすめします。

また、黄砂が飛来するまでの時期に違いが表れる理由は、どこの砂漠からの黄砂なのかによっても変わってきます。中国に主に3つの砂漠が存在しており、日本までの距離もそれぞれ違うため、飛来する時期にも大きな違いが表れてしまいます。

地域別黄砂の時期は?

黄砂の時期は、地域によって大きく異なるため、対策する時期もそれぞれ変える必要があります。黄砂の影響が出る時期に違いが表れる理由は上記で説明したとおり、発生する場所と偏西風の強さ、黄砂が落下する地点によって異なります。

また、黄砂が飛来する地域は黄砂の元でもある中国に近い地域に限られていると考えている人もいますが、場合によってアメリカ大陸まで飛来してしまう可能性があります。そのため、黄砂は世界中に飛来する可能性があると認識することが大切です。

次に、地域別に黄砂が飛来する時期を紹介するので参考にしてください。

上海の場合

国内で発生する黄砂なため、上海は黄砂の影響を受け、時期も比較的早く飛来します。そのため、場合によっては黄砂が舞い上がってから当日に上海に飛来する可能性もあります。現地の人は飛来してからの対策では遅いため、常にマスクなどで対策しておく必要があります。

日本まで飛来する黄砂は上空まで舞い上がった黄砂ですが、上海の場合は位置的に非常に近いため、砂嵐のような状態で黄砂が飛来することがあり、より多くの影響が出てしまう可能性もあります。

上海は日本に近い位置にあるため、日本人の旅行先としても定番となっています。そのため、上海に黄砂が飛来しやすい時期には旅行の予定を立てないことが無難です。日本での黄砂と規模が違う場合もあるため、甘く見ないことをおすすめします。

九州の場合

日本で黄砂の影響が最も大きいのが九州地方です。特に、福岡県の被害が毎年多く、黄砂の飛来する量も多いです。そのため、福岡県民は春の時期になるとしっかり黄砂への対策を行う必要があります。九州に黄砂が飛来する時期は4月が一番多く、毎年約10日黄砂が飛来しています。

また、日本の中でも最も早い時期に黄砂が飛来する地域でもあるため、特に注意しなければならない地域でもあります。

大阪の場合

大阪に黄砂が飛来する時期は、九州の場合とおなじで4月が多く、九州に飛来した黄砂がそのまま偏西風によって運ばれることが多いです。九州より黄砂が飛来する影響が少なく、時期も数十時間から1日程度の遅れがあります。

そのため、大阪の人は九州に黄砂が飛来する可能性がある場合は、同じように対策をする必要があります。黄砂の量によっては視界が確保しくくなる場合もあるため注意が必要です。

ソウルの場合

ソウルも上記で説明した上海と同様に黄砂が発生する砂漠から近い位置にあるため、大きな被害を被る可能性が高いです。ソウルの人達は黄砂が飛来しやすい3月~5月にかけてしっかり黄砂対策を行っている場合が多いです。

マスクやメガネで黄砂を体内に侵入したり、付着することを極力避けることは当然ですが、喉の痛みに聞く料理などで身体への影響を最小限に食い止めています。ソウルに旅行した際に喉に痛みが生じた場合は、ソウル料理で痛みを軽減しましょう。

台湾の場合

台湾も中国と日本と近い距離にあるため、黄砂の影響を受けている地域だという認識がありますが、台湾が黄砂の影響を受けることは少ないです。多少の黄砂が飛来することもありますが、上海や日本と比べたら微々たる量です。

台湾に黄砂が飛来しない理由は、偏西風の向きが大きく影響しています。偏西風は中国から韓国方向に吹いており、延長線にある日本に飛来する仕組みになっています。台湾は偏西風の進路方向から南に位置しているため、被害が少ないです。

しかし、全く黄砂が飛来しないわけではなく、上海やソウル同様の時期に黄砂が飛来する可能性はあります。

Bottom banner

日本の場合

九州や大阪に黄砂が飛来することは、日本中に黄砂が飛来する可能性があると考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、偏西風の進路上に日本が含まれていても地域によっては全く影響が出ない場合もあります。

その理由は山脈が大きく影響しているからです。飛んできた黄砂が山脈にあたり、その場で落ちたり、進路方向を変えることで、山間の地域では黄砂が飛来することはありません。

黄砂の時期と花粉の時期は同じなのか?

花粉にもさまざまな種類があるため、花粉が飛来する時期もそれぞれ違います。花粉症になるほとんどの人はスギ花粉とヒノキ花粉が影響している可能性が高いです。スギ花粉とヒノキ花粉が飛来する時期は地域にもよりますが3~4月に最も多く飛来します。

黄砂が飛来する時期も春先にかけてなため、花粉の時期と被ります。そのため、黄砂と花粉で普段より体調が悪化してしまう可能性が高いです。黄砂も花粉も呼吸器系に悪影響が出るため、マスクなどで予防対策を行う必要があります。

花粉症は体内に入ることで炎症反応を起こしてしまう場合があり、くしゃみが止まらなかったり、目のかゆみが引かなくなるなど私生活に影響がでる場合も多いです。薬などでも症状を抑えることもできますが、花粉症の人からしたら3~4月は気分が落ち込んでしまう時期でもあります。

黄砂の時期の洗車の頻度は?

黄砂の時期では体調面を気にして吸いこまないように対策をする必要がありますが、車にも対策の仕方を考える必要があります。黄砂は車に与える影響は多く、車の販売店や個人のドライバーの悩みの種でもあります。

黄砂が飛来すると車体の上に黄砂が積もってしまい、酷い場合は数時間で埃をかぶったような状態になります。そのような状態ではせっかくの愛車が台無しなため、洗車をする必要が出てきます。しかし、洗車することは大きな労働なため、できるだけ洗車する回数を少なくする必要があります。

週一回

黄砂が来るたびに洗車をすると常に綺麗な車で運転することができますが、時間を多大に浪費してしまう可能性があり、車にとってもドライバーにとってもあまりよい状態とはいえません。黄砂の飛来する量が通常であれば、週一回程度で洗車することをおすすめします。

洗車する回数を増やすと車体を傷つける可能性を高めたり、コーティングの持久力を短縮してしまう可能性があります。そのため、洗車する時期は週一回にすることに決め、視界が確保しにくい場合や見た目が恥ずかしいぐらい汚れてしまった時に洗車するようにしましょう。

洗車する際の注意点

黄砂が積もった車を綺麗にするためには洗車することが効果的です。しかし、自分で洗車をする場合は注意しなければならない点があり、注意点よく理解しておくことをおすすめします。

水で洗い流す

黄砂が積もった時に行う洗車方法が普段行っている方法とほとんど同じで構いません。しかし、まず車体に水をかけ、車体についている黄砂を洗い流すことが大切です。黄砂は埃のように見えますが、小さな粒であるため、水で濡らしながら洗車してしまうと細かな傷を作ってしまう可能性があります。

スポンジなどで車体を磨く前にあらかじめ水を黄砂を流すことで傷が付く可能性を下げることができます。また、ブロワーなどで黄砂を吹き飛ばすことでも傷を作る可能性を下げることができます。一つの手間を増やすだけで綺麗な車体を維持することができます。

車に黄砂が付かないようにする

黄砂で汚れてしまった車を洗車で綺麗にすることはできますが、人によっては苦痛に感じてしまう場合があります。洗車することが面倒な人は車に黄砂が付かないためにさまざまな対策を行っておくことをおすすめします。

車庫に入れる

黄砂は風と共に運ばれ、空中から降り注ぐように飛来するため、車庫に入れておくことで車が汚れることを未然に防ぐことができます。また、カーポートでも大部分を黄砂から守ってくれるため、おすすめの方法です。

黄砂の時期はいつまでか?

黄砂の時期・洗車の頻度・いつまでか|飛来/地域別/日本/上海

黄砂の時期は、梅雨の時期になれば大方納まる場合が多いです。黄砂が飛来してから2~3か月間は飛来する可能性があるので十分注意することをおすすめします。

黄砂対策をしっかりしよう

黄砂の時期・洗車の頻度・いつまでか|飛来/地域別/日本/上海

黄砂の一粒を目視することは不可能なため、黄砂が飛来する時期になるとあらかじめさまざまな対策をおこなっておくことをおすすめします。見えない物から身を守ることは難しいですが、事前に対策することで被害を最小限に食い止めることができます。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人