Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ステンレス包丁の研ぎ方・ポイント|素材別/特徴別/状態別

ステンレス包丁の研ぎ方・ポイント|素材別/特徴別/状態別

調理する時に、いざ包丁を使おうとしてもなかなか切れないと感じた時は、包丁研ぎが必要なサインです。包丁が良く切れないと、調理しずらくなったり、調理に無駄な時間がかかってしまう事もあります。この記事ではステンレス包丁の研ぎ方について、詳しく解説していきます。

初回公開日:2018年09月10日

更新日:2018年09月10日

記事に記載されている内容は2018年09月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


素材別ステンレス包丁の研ぎ方

ステンレス包丁の研ぎ方は、どのようにして研ぐのが良いのでしょうか。まず最初に、ステンレス包丁を研ぐための素材について解説していきます。

ダイヤモンド

ダイヤモンドシャープナーは、百円ショップの工具売り場などでも販売されており、誰でも手軽に購入する事ができるようになりました。ダイヤモンドは地球上の鉱物素材の中ではもっとも固い素材として知られています。

ダイヤモンドシャープナーは、このダイヤモンドの細かい粉末を、目地の細かいヤスリに吹きつけて固めているヤスリです。ヤスリに吹き付けられている、この細かいダイヤモンド粉末粒子を使い研磨することで、ステンレス包丁などの金属歯なども楽々と研ぎ、先端を加工する事が可能となっています。

砥石

ステンレス包丁を研ぐためには、砥石を活用する事もできます。普段使いとしては、茶色い砥石を活用してステンレス包丁の刃先を切れやすくするために研いでいきます。

緑色の砥石や、グレーの砥石も販売されていますが、これは刃先の刃欠けがひどい場合などに活用する砥石で、中上級者向です。一般的には、茶色、緑色、グレーという順番で、砥石の目地が荒くなっていきます。包丁の切れ味を良くしたい時は、まずは茶色い砥石の研ぎ方から覚えてみましょう。

シャープナー

ステンレス包丁の研ぎ方を知らなくても、ステンレス包丁シャープナーを活用すれば包丁の切れ味を復活させる事ができます。シャープナーは、「スイッチをオンにすると研ぐ研ぎ方のタイプ」や、「刃先を溝でスライドさせて研ぐ研ぎ方のタイプ」などがあります。

解説書が添付されているので、初心者の方でも簡単な研ぎ方でステンレス包丁を研ぐことができるように工夫されているのが特徴です。最新型は、ほんの短時間で高精度に研ぐことができるよう改良されている製品もあります。

特徴別ステンレス包丁の研ぎ方

ステンレス包丁の研ぎ方には、どんな研ぎ方があるのでしょうか。ステンレス包丁を研ぐための研ぎ方というと、少し難しいイメージがありますが、慣れてしまうとスムーズに研げる研ぎ方もあります。切れなくなってしまったステンレス包丁で、何度か練習をして、研ぎ方のイメージを掴んでみましょう。

簡単な

ステンレス包丁が切れなくなってしまった時に、簡単に復活する事ができる研ぎ方で楽な方法は、やはり電動シャープナーを活用した研ぎ方です。スイッチを押してモーターが回転するので、その時に刃先を滑らせて研ぎます。少し時間がかかりますが、手動式のシャープナーも簡単な研ぎ方で刃先を研ぐことができて便利です。

電動シャープナー

電動シャープナーを活用する場合の研ぎ方としては、ステンレス包丁の刃先を溝へセットしてスイッチを押しながら、刃先を前後にスライドさせます。スイッチを押すとシャープナーの砥石が勢いよく回転するため、シャープナーの溝部分へステンレス包丁の刃先をスライドさせると、刃の形が整う仕組みです。

一番簡単で、手軽な研ぎ方と言えるでしょう。また失敗も少ない事から、初心者でもミスする事なく研ぐ事ができます。

手動式シャープナー

手動式シャープナーはモーターを活用しませんが、刃先を溝部分へスライドさせて研ぐ研ぎ方で刃先を整えます。こちらもやはり刃先の形に合わせてシャープナーの溝部分に砥石がセットされており、この間をくぐらせて刃先を整える仕組みです。

使用する毎に砥石の形が変形することから定期的な交換が必要になりますが、こちらの研ぎ方も初心者の方でも安全に研ぐ事ができます。しっかりと研いだのに切れ味が悪いときには砥石が劣化してしまっているため、消耗部品を交換するか、シャープナーごと交換しましょう。

ステンレス包丁の研ぎ方のポイント

今度は、砥石を使った場合、ステンレス包丁を研ぐ時の研ぎ方のポイントを紹介していきます。ステンレス包丁はどのような研ぎ方で研ぐと、効率よく安全に研ぐことができるのでしょうか。詳しく解説していきます。

角度

購入したばかりのステンレス包丁の刃の形をじっくりと眺めてみるとわかりますが、角度が二段階になっています。刃先は緩やかですが、刃の根元に向かって急斜面になります。

切れなくなった包丁は、刃先端の緩やかな部分の頂点が、丸くなってしまっています。この部分の先端を研いで、鋭く刃を作り直す事がポイントです。

力加減

Bottom banner

刃の最先端部分は、軽い力で研ぐことができます。角度を決めたら、力をあまりかけないように何度も両側から研いで先端を尖らせましょう。

製品にもよりますが、一般的なステンレス包丁の場合、最先端部分はおよそ40度ぐらいの山形です。購入時の形を見て、角度を覚えておけば他のステンレス包丁を研ぐときにも同じ研ぎ方で刃先を作ることができます。

早さ

ステンレス包丁を研ぐとき、ゆっくりと刃先を一定方向へスライドさせて刃を研ぐようにしましょう。刃の根元部分を両手で掴んで刃先を砥石に当てたら、今度は刃の根元部分へと向かって包丁をスライドさせます。

一度角度を決めたら絶対にその角度をずらさず、何度も刃先を尖らせるように研磨しましょう。回数としては、刃の状態にもよりますが多くとも20回程度で十分角度が付くでしょう。

立場別おすすめのステンレス包丁の研ぎ方

使っている人の状況、立場などによっておすすめの、ステンレス包丁の研ぎ方を紹介していきます。刃物ですので、研ぎ方を間違えると指を切ってしまったりする場合もあります。安全、確実な方法で研ぐようにするにはどうすればいいのか、解説していきます。

主婦

普段から家事や食事の支度で忙しい主婦の方でも、ステンレス包丁を研ぐ時、安全に研げるおすすめ方法は、難しい研ぎ方を覚えなくてもいいシャープナーを使うのがいいでしょう。ステンレス包丁専用のシャープナーであれば、失敗を気にする必要もなく、また短時間で研ぐこともできます。

最近では、包丁だけではなくハサミなども研ぐことができるシャープナーも販売されており、お得です。スムーズな切れ味の包丁を使うと、調理の効率や安全性も確保され、時短にも繋がります。

高齢者

高齢者の方は、電動シャープナーを活用するのもいいでしょう。若いときから砥石を使って包丁を研ぐ練習をされていた方ならともかく、そういう方ばかりでもありません。

また、手が滑ってしまい、移動中に包丁を落としてしまうというようなリスクもあります。電動シャープナーなら労力を使うこともありませんし、ボタンを押してからほんの数十秒間、刃先を溝に通すだけで簡単に研ぐ事ができて便利です。

学生

学生の方は、砥石を使って研ぐのもいいですが、百円ショップなどで販売されているダイヤモンドシャープナーを使うのも便利です。「砥石は普段あまり使わないし、家に置いておくのはちょっと」と感じる人でも、携帯性にも便利なダイヤモンドシャープナーなら置き場所にもこまりません。

できれば平面上のやすりで、目地が非常に細かいものを使いましょう。刃先の角度を良く見て、その角度に合わせて軽く数回刃先へと向かってシャープナーをスライドさせるだけで、手軽に切れ味を復活させる事ができます。

状態別ステンレス包丁の研ぎ方

では、今度はステンレス包丁の研ぎ方を状態別に分けて紹介していきます。長く包丁を使っていると、刃こぼれや切れないといった不具合が出てきます。いろいろなケースに対応できるように、興味がある方は覚えておくようにしましょう。

刃こぼれ

刃こぼれを起こしてしまっている包丁を研ぐときには、まずこぼれている部分をなくすようにします。砥石であれば、グレー色の粗目な砥石を活用して、刃先を一気に削っていきます。

一端刃先の形がなくなって、切れない包丁になってしまいますがやむを得ません。ここから、さらに緑色の砥石を使い刃の形を作り上げ、最後は茶色の砥石を使って仕上げを行います。

切れない

切れない、あるいは切れ味が悪い包丁の原因とは、新品時のような鋭い刃先ではなく「なだらかな山形」になっている事が原因です。「シャープな山形」であれば、良く切ることができますが、「なだらかな山形」になっていると押しつぶして叩き斬るような形になってしまいます。

この刃先を研ぐ場合は、茶色い砥石(目地の細かい砥石)を活用しましょう。先端ほど軽い力で研ぐことができるため、比較的簡単に切れ味を復活させやすくなります。

錆びた包丁の研ぎ方

錆びている包丁の場合は復旧が難しい事があります。錆の程度にもよりますが、グレーの砥石か、あるいは金タワシを活用してサビをゴシゴシと落として取ります。

側面を綺麗にすることができたら、次は刃先の錆付きによって、刃こぼれを起こしている可能性があります。上記、刃こぼれの研ぎ方を参照しながら、良く切れるように工夫して研ぐようにしましょう。

とにかく最初は切れればOK

最初のうちは、感覚が良く分からずどのような研ぎ方をしたらいいのかわからないという人も少なくはありません。不安を感じるのは誰でも一緒ですから、まずはダメもとで、切れない包丁を活用して研ぐ練習をしてみましょう。

刃の形に先端を尖らせるだけですから、感覚を覚えて切れる研ぎ方のコツを覚えるのがポイントです。特に入門者のうちは、切れる包丁にするだけでもなかなか難しいですから、気長に練習して続けてみましょう

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人