Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月27日

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

今も昔もスポーツカーに一度は乗ってみたいと思う人がほとんどでしょう。今は昔と変わってお手頃のお値段でスポーツカーを安く手にすることが出来る時代になりました。そんな安いスポーツカーを購入するさいに気にする点などを含めて詳しくご説明します。

おすすめの安いスポーツカー

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

安いスポーツカーもたくさんの車種やクラス別が販売されているので、そんなスポーツカーをジャンルごとに分けて比較してみました。理想的なものから現実的に乗れる安いスポーツカーをこの機会にぜひ選んでください。

4人乗り

スポーツカーと言うと、どうしても二人乗りでハイパワー車で、見た目が凄いイメージを想像し求めたくなるものです。しかし、現在は4人乗りのスポーツカーも販売されており、スポーツ性能も充分に発揮し、速く安いスポーツカーがたくさんあります。

ただ、家族持ちの人や、実用性も兼ねたスポーツカーを求める人の需要もあるため、4人乗りスポーツカーも非常に売れています。また、今のスポーツカーは、言われなかったら見た目的に2人乗りのスポーツカーに見れるものもあるので、全然楽しめる安いスポーツカーがあります。

最近では、4人乗り車や積載容量が大きい車種になってくると「スポーティーカー」と位置付けすることもたびたび見かけるようにはなってきました。

新車

安いスポーツカーに乗るならやっぱり新車から乗りたいと思うオーナーも多いはずです。なぜ、中古じゃいけないのかの理由は人それぞれあります。例えば、潔癖症やきれい好きの人は他の人がずっと使っていた車には乗りたくないと思う人が多く、ある程度の収入がある人は即決で新車をずっと乗り換える人が一部に多いです。

またなかには、長年スポーツカーも経ってくると乗り物なので経年劣化で古臭さを感じたり乗ったときの違和感が多少感じることがあり、そんなちょっとした気持ちで乗るよりは、新車で大事に始めから乗りたいと思う人もいます。

しかし新車になるとやはりネックになるのがその新車価格で、現実的に厳しいようであれば一つランクを落として、中古市場にはたくさんの安いスポーツカーがありますのでそれで楽しむのも良いかも知れません。

日本車

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

日本車(国産車)のスポーツカーは、年々たくさんの車種が販売され、安い中古車でも良い日本車のスポーツカーが増えています。

日本車のスポーツカーを作っているメーカーと言えば、「トヨタ」「三菱」「ホンダ」「日産」「レクサス」「スバル」「ダイハツ」「マツダ」とあります。各メーカーとも独創性あるスポーティな車を作っては競い合い、今では外車のスポーツカーにも引けを取らない素晴らしい安い車があります。

外車

やはりスポーツカーというイメージになると外車(輸入車)がまだ根強く残っています。そのなかでも有名なメーカーで例えると、「BMW」「メルセデスベンツ」「アウディ」「ポルシェ」「フェラーリ」「ランボルギーニ」など他にもあります。

やはり外車の洗練されたデザインとあのもの凄いハイパワー車の魅力は一度は経験したいものです。中古であれば安い外車のスポーツカーも意外と出回っているので、昔からの夢である程度落ち着いた年代の人が購入されるパターンも意外と多いです。

一昔前では、スポーツカーの軽と言われると見向きもされないものでしたが、現在の軽自動車はコンパクトでもハイパワーに馬力があったり、車重ももっと軽くなり運動性能も格段に飛躍して、狭い山道や細い裏道などは、キビキビとした走りが一度体験するとやみつきになる人も多いです。

軽のスポーツカーではまた、オープンカーになっている車種からエンジンが後部に乗っているタイプまであり、楽しみ方が幅広いので家族連れだったら4人乗り車や外車で、個人で1人楽しむなら軽のオープンスポーツカーで満喫する二台体制もおもしろいかも知れません。

速い

やはりスポーツカーに乗りたい人が求める一番の理由に上がるのが、「速さ」ではないでしょうか。前に比べてハイパワーな車がたくさん市場に出てきて、どれも最高時速何百キロや瞬間到達時速なども格段に出ています。

よく有名なフェラーリやランボルギーニなども速い高級外車スポーツカーですが、どちらかと言えばスーパーカーの部類になるでしょうか。国産で言えば、インプレッサやRX7、スープラ、ランエボなどがお手頃に安い範囲でのスポーツカーではないでしょうか。

中古の安いスポーツカーを選ぶ時の注意点

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

中古で安いスポーツカーが見つかった場合に、どんなところに気をつけてチェックすれば良いか簡単にまとめてみました。

事故歴の有無

これは安い普通の中古車を買うときでも、安いスポーツカーでも同じことですが、車両に事故歴があるかどうかによって、車の査定額や破損状況によっては壊れた車両同士をくっ付けているあくどい修理業者もいますので、そこは必ず車屋さんに確認してください。

なかにはひどいところでは事故って修理したことを隠して、キレイに塗装して販売している車屋さんもいますのでご注意してください。

車両の傷み具合

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

安い中古車のチェックポイントで車両自体の、年式や走行距離はまず事前に確認します。ある程度の年式や走行距離を走っていれば、車両自体にも傷みが出ているはずなので見逃さないようにしてください。

そして、一通りボンネット内のエンジン回りや車両下を覗きこんだりしてひび割れや破損個所、サビや塗装剥がれなどを軽く目視で確認します。今度は実際に試乗運転してみて、異音や異臭、へんな振動や手を放して真っ直ぐ車が進むかなどを身体に感じてみることが一番分かりやすいです。

前オーナー歴

安い中古市場に並べられている車両は、今までどんなオーナーが乗っていて、どんな整備点検を受けているかなどが分かるときがあります。車両によってはちゃんと小まめに整備点検を受けているスポーツカーは、丁寧に乗っている人が多くて大事にされているので、車両の傷みはそこまでないはずです。

保険料が安いスポーツカー

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

安いスポーツカーを考えるときに大事なことの1つに自動車保険に入ることです。その自動車保険もスポーツカーの車種によっては保険料が他の一般車両に比べて少し割高になってます。しかしそんな自動車保険もいろいろなやり方によって、保険料をグンと抑えることができるのです。

まず、安いスポーツカーは趣味の車として扱われ、市場に出回る台数が少なく事故る率が高い車種を自動車保険会社も分かっているので、「型式別料率クラス」がどうしても高いです。

そこはどうしようもない部分であるので、他の条件でいかに保険料を抑えることができるか見ていきましょう。始めに運転者は誰がするのか自分1人なのか、家族や他の人も保険適用にするかで変わってきます。例えば自分専用で年齢条件や免許証の違反事故歴の有無、以前に保険を使ったことがあるかによってここは大分料金が抑えられます。

対人保険や対物保険と人身傷害保険

車両保険とは別に、「対人保険」や「対物保険」「人身傷害保険」などがありますが、ここは本音で言えばなるべく利用しないか低い設定にしたいところですが、後々のことを考えるのならばしっかりとリスクに備えることをおすすめします。

もし運転していて、人を撥ねたり対向車にぶつかったりしたときに、保険が何も適用されないプランを組んでいたら高額の補償となるケースがたくさんありますので、必ず対人であれば無制限にしたりと備えましょう。

購入時に安くする方法とは

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

実際に欲しい安いスポーツカーが見つかり、さあ買おうと決めたときにもっと安くならないのかそこで値引き交渉を必ずしてください。日本人の場合は外国人に比べて、値引き交渉をするのは悪いイメージを持っていますが、すでに販売している価格には、値引き交渉があっても大丈夫のようにいくらか上乗せ額になっていることがほとんどです。

あとは、購入する際にちょっとした交渉術が必要になるかもしれませんが、熱意で何もしないよりは交渉してください。

安いスポーツカーに求めるもの

おすすめの安いスポーツカー・中古を選ぶ時の注意点|保険料

安いスポーツカーを購入される際の参考になったでしょうか。新古車や国産外車問わずに安いスポーツカーはたくさんの種類がありますので、ご自身の好きな運転スタイルと、スポーツカーにどんなことを求めるかによってスポーツカーを購入してください。スポーツカーでドライブに出かけるのが毎日楽しくなる日々になります。

Related