Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年07月03日

カブトムシのメスかどうかの見分け方・平均寿命・特徴|潜る

カブトムシのメスかどうかの見分け方・平均寿命・特徴|潜る

夏になると昆虫採集へと出かける人も多いのではないでしょうか。昆虫採集でカブトムシなどがとれるととても嬉しい気持ちになります。また、カブトムシを幼虫から育てたいと思う人も少なくないでしょう。カブトムシのメスかどうかの見分け方や平均寿命・特徴などをご紹介します。


状態別カブトムシのメスかどうかの見分け方

夏になると昆虫採集に家族などで出かける機会も多くなる季節です。昆虫採集などでも人気なのがカブトムシです。カブトムシのオスやメスなどを見つけて楽しむ親子も大勢いるでしょう。カブトムシ成虫は、オスとメスを外見から区別をすることができます。

しかし、カブトムシが幼虫のときのオスとメスの区別ができる人は、少ないのはないでしょうか。カブトムシのメスかどうかの見分け方や平均寿命・特徴などをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本のカブトムシには、成長の周期があります。7月頃にカブトムシは、卵を産み卵から孵化した8月初旬から中旬の間もない状態を1令幼虫といいます。8月中旬から9月初旬にかけてカブトムシの1令幼虫が脱皮する時期を2令幼虫といいます。

9月の中旬以降のカブトムシがさなぎになる前の時期を3令幼虫といいます。カブトムシは、卵から成長して3令幼虫になる時期まで待たなければ正確なオスかメスの性別を判断することが難しいといわれています。

幼虫

カブトムシが幼虫として成長してきた3令幼虫になった時期がオスとメスとの性別が見分けやすいといわれる時期です。どのようにしてカブトムシの幼虫のオスとメスを判断したらいいのでしょうか。カブトムシのオスとメスとの性別を判断するポイントをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オスとメスの見分け方

カブトムシが幼虫の時期のメスとオスと見分けるポイントのひとつにメスよりもオスのほうが体重が重いという特徴があります。しかし、体重で判断するには、3令幼虫の後半になってからでないとわかりずらいです。3令幼虫の後半の時期を迎える前に性別を判断する場合は、幼虫のお腹を見ることがポイントです。

お尻のほうからシワを数えて2番目と3番目のシワの間を見て国産のカブトムシだと「V」マークのような印があり、外国種のカブトムシだと「-」の印が付いているのをオスと判断されます。メスは、その部分に印などがありません。

カブトムシのメスの平均寿命

カブトムシのメスかどうかの見分け方・平均寿命・特徴|潜る

カブトムシを飼育していてもカブトムシのメスの平均寿命を知っている人は、少ないのではないでしょうか。カブトムシが成虫になってからの平均寿命は、約2か月といわれています。また、人間のように男女での平均寿命があるようにカブトムシのオスとメスとでの寿命の差があるかどうか疑問に思う人もいるでしょう。

カブトムシのオスとメスとでは、メスのほうが長生きをします。メスの平均寿命は、成虫になってから約3か月~4か月といわれています。メスの中では、夏の時期から年末ぐらいまで長生きするカブトムシもいます。メスがオスよりも長生きる理由としては、メスが産卵などで体力をオスより多く蓄えているためです。

カブトムシのメスは土に潜るのか

カブトムシは、熱に弱いという習性があります。カブトムシを飼育するときは、日差しを避けた涼しい場所に置いてあげましょう。カブトムシのメスは、土の中に日中潜っていることが多いです。カブトムシのメスが土に潜る理由は、産卵のためです。

カブトムシのメスが土に潜ってしまうと数日間、土の中ということも珍しくありません。メスを見かけないということがあっても心配しなくても大丈夫です。メスは、土の中で産卵中なので刺激を与えないように注意しましょう。

カブトムシのメスは飛ぶのか

カブトムシが飛ぶという姿を見たことがない人も多いのではないでしょうか。カブトムシは、夜行性なので夜になると活発に活動します。カブトムシのオスもメスでも飛びますが、メスは、特に産卵場所を探しに夜オスよりも飛ぶことが多いといわれています。

また、カブトムシのオスもメスも光の方向に向かって飛ぶ習性を持っています。しかし、カブトムシは、羽が小さく体が大きいので飛ぶことが苦手な昆虫として知られています。

カブトムシのメスの特徴

カブトムシのメスかどうかの見分け方・平均寿命・特徴|潜る

カブトムシといえば、角の生えたかっこいいオスの印象が強いですが、メスは、どのような特徴があるのでしょうか。オスと比較しながらメスの特徴をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

小さいのか

Bottom banner

カブトムシのメスは、オスに比べた小さいというイメージです。しかし、オスの角を除いてしまえば体長は、ほぼ同じでメスは、オスに比べて体重が軽い特徴があります。オスのような頭部・胸部などに角がなく、メスの色は、オスに比べて黒っぽい色をしています。また、メスのほうが前あしのすねの幅が広い特徴もあります。

動き回るのか

カブトムシのメスは、オスと比べてよく動き回ることが多い特徴があります。メスがよく動き回ることが頻繁になると産卵をしたがっている兆候だといわれています。また、エサなどを探している場合もありますので産卵をするメスには、十分な栄養を与えるといいでしょう。

かわいい

カブトムシのメスを飼ってみるとかわいいと感じる人が多くいます。メスの体がまるっこいところがかわいいや手のひらに乗せるとなついてくれいる感じがしてかわいいなどの声が多く聞かれます。幼虫から育てたカブトムシなどは、育てていくうちに愛くるしさが感じられてくるのでしょう。カブトムシのオスは、かっこいい、メスは、かわいいという一般的な印象があります。

カブトムシを長生きさせるポイント

カブトムシのメスかどうかの見分け方・平均寿命・特徴|潜る

幼虫から育てたカブトムシをできるだけ長生きさせてあげたいという人も多くいるでしょう。カブトムシを長生きさせるポイントをいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

エサを選びのポイント

カブトムシを長生きさせるためには、エサ選びが重要なポイントです。カブトムシにとって水分補給は、大切です。きゅうりやスイカなどを与えすぎても水分のとり過ぎは長生きできません。

カブトムシを長生きさせる最適なエサは、お店などで販売されている高タンパク質が含まれている昆虫ゼリーがおすすめです。昆虫ゼリーは、腐ることもなく、カブトムシが必要な栄養分が調整されていて安心です。

マルカン サムライフラット55 F-22

「マルカン サムライフラット55 F-22」は、味が黒糖ベースで容器が平皿タイプなのでカブトムシなど角を気にすることなく最後まで残さずに食べてくれると評判の昆虫用のゼリーです。原材料は、砂糖やトレハロース・クエン酸ナトリウム・増粘安定剤などが含まれています。昆虫の食いつきがいいと人気の商品です。

底が浅くてとても良いですね。普通のゼリータイプだとカブトムシのオスなどはツノが邪魔して食べれないんですよね。だから別の容器に入れて与えていたんですが、こちらの商品は平らで底が浅いので最後まで残さずカブトムシたちが食べれそうです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2WU4YKIMR1N... |

環境の管理

カブトムシを長生きさせるためには、カブトムシを生活させる環境つくりも大切です。飼育ケースの大きさは、オス1頭とメス2頭を飼育する場合でも飼育ケースは、小さめのSサイズで問題がありません。しかし、カブトムシを長生きをさせたいときは、少し大きめのMサイズの飼育ケースに入れてマットは、針葉樹マットがおすすめです。

また、飼育するときの温度にも気を配りましょう。理想の温度は、20℃から28℃ぐらいがカブトムシにとっては、過ごしやすいです。乾燥には、気をつけながら飼育ケースが蒸れないようにすることも大切です。

ストレスを与えない

カブトムシを一日でも長生きさせたいためには、日頃からカブトムシにストレスを与えないことが重要です。むやみにカブトムシを驚かせたりしないことやカブトムシが生活しやすい環境をつくってあげることでカブトムシのストレスが軽減されます。また、カブトムシに対する愛情をもってかわいがってあげましょう。

時間を大切に育てましょう。

カブトムシは、昆虫の中でも飼育しやすいといわれています。カブトムシを飼育する前には、必ず飼育のポイントや飼育ケースなどの環境の用意などを万全にしてからカブトムシを飼育することをおすすめします。カブトムシの寿命は、1か月~3か月です。カブトムシの飼育する時間を大切に愛情を持って観察しながら楽しく育てていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related