Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年06月26日

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

皆さまは、マウンテンバイクとクロスバイクとロードバイクの違いを知っていますか。スポーツバイクが欲しいと思っても、用途に合わせて適切なスポーツバイクを選ばなければいけません。そこで今回は、マウンテンバイクとクロスバイク、ロードバイクの違いをご紹介します。


クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクとは

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

クロスバイクとロードバイクの違いは、マウンテンバイクよりもスピードを出すことができ、ギア変速の数も多く、重めのギアを中心に構成されています。スポーツバイクとして人気がある商品です。そこで今回は、にクロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの見た目の違いについて、詳しくご紹介していきます。

フレームの違い

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

ロードバイクのフレームは、マウンテンバイクとは似ている所があります。クロスバイクよりも太めで舗装路からの衝撃を吸収する作りになっています。ただし、マウンテンバイクよりも、スピードが出せるようにドロップハンドルになっています。

そのため、ドロップハンドのロードバイクは、競輪やBMXなどの競技用として使われることが多く、見た目的にも違いがあります。特に、タイヤが溝がない細めのタイヤを基本仕様としています。

クロスバイク

クロスバイクのフレームは、アルミ素材が使われることが多く、見た目が細いのが特徴です。アルミ素材以外にも、ブランドによってはクロモリやカーボンがあり、細い見た目でも強度を高めた作りになっています。

そのため、どんな凸凹道でも走りやすく前傾姿勢を取りやすいフレームになっています。さらに、クロスバイクのフレームは一般的な自転車よりもサドルからハンドルまでのフレームに傾斜があり、ハンドル部分も広い作りになっています。

これは、前傾姿勢になったとしても身体を支え、安全な走行を実現するためです。このように、マウンテンバイクと比べても見た目に違いがあることが分かります。

タイヤの違い

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

先程お伝えしたとおり、ロードバイクのタイヤはマウンテンバイクやクロスバイクよりも溝がなく、細めのタイヤを基本仕様としています。これは、タイヤへの摩擦抵抗が減らして、よりスピードを上げるためです。

もちろん、摩擦抵抗を減らすとロードバイク全体に伝わる衝撃が強いため、身体に負担がかかります。この身体の負担をなくすために、フレーム全体が工夫され、高スピードを実現している仕組みです。

クロスバイク

逆にクロスバイクは、身体の負担をなくすために、タイヤの幅を太く強い衝撃を吸収しています。特に、クロスバイクのタイヤは、マウンテンバイクのタイヤと見た目が似ているため、マウンテンバイクとロードバイクの特性を生かした乗り物と言えます。

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの差

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

それでは、実際にクロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違いについて、もっと詳しくご説明していきます。まずは、速度や重量、ギア数の違いをお話しします。

速度の違い

クロスバイクとロードバイク、マウンテンバイクでは、それぞれの平均速度が異なります。クロスバイクは、タイヤの太さが細めのタイプが多いため、平均速度は18kmから25kmになります。

逆に、ロードバイクやマウンテンバイクは、タイヤや太く前傾姿勢でスピードを出せすため、平均速度は20kmから30kmまでになります。このように、クロスバイクとロードバイク、マウンテンバイクの速度には違いがあると言えます。

軽量

Bottom banner

軽量差の違いで考えると、1番軽量な自転車はロードバイクになります。マウンテンバイクは、凹凸の激しい路面や山道を進むために頑丈なフレームとタイヤ、パーツで組み立てられ、強度を重視している自転車です。そのため、軽量で考えると当てはまりません。

次に、クロスバイクはアルミ素材が主流となっているため、マウンテンバイクよりは軽量と言えます。しかし、アルミ素材よりも軽量素材で作られているのがロードバイクです。

ロードバイクの違い

ロードバイクは、カーボン素材が主流で特にフルカーボンのロードバイクはとても軽く、女性でも持ち上げることができます。ドロップハンドルでフレーム自体も軽く、タイヤも軽めの素材でできていますので、三種類の自転車の中でも1番軽量と言えます。

さらに、フルカーボンのロードバイクの特徴は、乗り心地がよく錆びないのが特徴です。雨風の激しい日でも山地を走れるため、クロスバイクやマウンテンバイクよりもお値段は高くなります。このように、クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクには違いがあります。

ギア数

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

他にも、クロスバイクとロードバイク、マウンテンバイクの違いがあります。それは、ギア数です。例えば、マウンテンバイクはタイヤの種類や太さによって異なりますが、ギア数は3段、後ろ9段のタイプがあります。合計、27とおりの組み合わせができます。

クロスバイクは、ギア数は前2から3段、後8から10段のタイプがあります。合計数は、マウンテンバイクよりも多くの組み合わせができます。ほとんどのロードバイクは、ドロップハンドルのため、ギア数は前2、後9から10があります。

ロードバイクも、マウンテンバイクよりも多くの組み合わせができます。このように、マウンテンバイクとクロスバイク、ロードバイクにはギア数の違いがあります。

ブレーキ

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

例えば、マウンテンバイクのブレーキは、ディスクブレーキとVブレーキに分けられます。ディスクブレーキは、泥や雨などの汚れが付きにくく、見た目的にもカッコいいため人気があります。特に、ディスクブレーキは、スピードを出してもしっかりとブレーキが効きます。

また、Vブレーキはマウンテンバイク用ブレーキとして普及し、強力にリムを挟んでマウンテンバイクを停止させます。どちらのブレーキもマウンテンバイクに特化したのが特徴です。

クロスバイク

次に、クロスバイクのブレーキは、Vブレーキとキャリパーブレーキがあります。クロスバイクのVブレーキも、リムをはさんで停止させる役割りはマウンテンバイクと同じです。マウンテンバイクと違いは、キャリパーブレーキです。

キャリパーブレーキは、ブレーキアーチから伸びるアームを引き絞めて、車輪のリムを挟む作りになっています。前輪と後輪でキャリパーブレーキの仕組みが若干違いますが、しっかりとクロスバイクを停止させれます。

ロードバイクのブレーキは、クロスバイクと同じくキャリパーブレーキが一般的です。このように、マウンテンバイクとクロスバイク、ロードバイクのブレーキには見た目的にも違いがあると分かります。

シーン別クロスバイクとロードバイクの違い

さらに、走行中の状況別にクロスバイクとロードバイクの違いについてご紹介します。

登り方の違い

クロスバイクとロードバイクとマウンテンバイクの違い|見た目

まずは、登り方についてです。クロスバイクは、高い機能性を備えたタイプが多く、ギアを使って上手に登ります。ギアだけでなく、タイヤの特性を生かした登り方を行えばロードバイクよりもスムーズに走ることができます。見た目でも違いは明らかです。

例えば、クロスバイクには、21段階に変速できるギアが搭載され、走行性能発揮します。前輪と後輪のギアの組み合わせにより、上り下りの坂もラクラクに運転することができます。逆に、ロードバイクはブレーキとレバーの役割りを持つ、デュアルコントロールレバーが付いていることが多いです。

右手一本で、ブレーキとギアチェンジを行えるため、登り坂には最適な自転車です。クロスバイクと比較しても、デュアルコントロールレバーが付いているロードバイクは初心者でも乗れるのが特徴です。

最適なスポーツバイクを選ぼう!

今回は、マウンテンバイクとクロスバイク、ロードバイクの見た目の違いについて色々な視点からご紹介しました。いかがでしたでしょうか。最近人気のあるスポーツバイクには、ハンドルや速度、ギア数などの違いがあり、それぞれの特性を生かした走行ができます。

特にロードバイクはクロスバイクやマウンテンバイクよりも登り坂がスムーズに走ること可能です。ぜひ、ライフスタイルに合わせて最適なスポーツバイクを選びましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related