Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月06日

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカ・カフェラテ・カプチーノの違いについて詳しく紹介しています。違いが分かるとお店でも注文しやすくなります。材料の違いなどを理解して自分なりにアレンジするなど、休日や仕事の合間にカフェライフを楽しんでみてください。

カフェモカとカフェラテとカプチーノって何が違うの

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

コーヒーショップで「カフェモカ」「カフェラテ」「カプチーノ」を注文している人を見かけますが、何が違うのか分からないという人も少なくありません。「カフェモカ」も、「カフェラテ」も、「カプチーノ」も、エスプレッソを使っているというところは同じですが、その他に入れるものが違います。

ここからは、カフェモカとはどのようなドリンクか、カフェラテには何が入っているのか、カプチーノとの違いについて詳しく紹介していきます。また、材料に違いに注目してください。

カフェラテには何が入っているの

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェラテはイタリア語で「カフェ」がコーヒー、「ラテ」が牛乳・ミルクを意味します。ということで、カフェラテはエスプレッソにミルクを混ぜたもののことを指します。間違えやすいドリンクにカフェオレがありますが、カフェオレとは何が違うのでしょうか。

カフェラテとカフェオレは同じだと考えている人もいますが、カフェオレはドリップコーヒーにミルクを入れたもので、使用するコーヒーに大きな違いがあります。ドリップコーヒーとは、圧をかけずに抽出した一般的なコーヒーのことです。

また、カフェラテはエスプレッソを使用するために、ミルクの割合がカフェオレよりも多くなります。エスプレッソの苦みとミルクのコクを楽しむ、大人のドリンクになります。

カフェモカとはどのようなドリンク?

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカとはどのようなものを言うのでしょう。カフェモカとは、エスプレッソにホイップクリームとチョコレートシロップを混ぜたもののことを言います。分かりやすく言うと、カフェモカとは、カフェラテにチョコレートを加えたもののことです。

カフェモカとは、チョコレートの甘さが加わるので、女性に人気のドリンクです。エスプレッソの苦みが苦手な人でも、飲みやすいドリンクです。普段カフェラテを好んで飲む人でも、少し疲れた時はカフェモカをおすすめします。チョコレートの甘みが疲れた体を癒してくれます。

チョコレートシロップの代わりに、ココアを使用するお店もありますが、風味は一緒です。家庭でカフェモカを作りたい場合は、ココアを使用するのが最も簡単な方法です。

カプチーノは何が違うか

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェラテとカフェモカの違いは理解しましたが、カプチーノは何が違うのでしょうか。カプチーノもエスプレッソとミルクを使用する点ではカフェラテと一緒です。カプチーノは使用するミルクを泡立てて使うところが大きな違いです。

使用するものは同じなので、味も同じではないかと考える人もいますが、味は別のものになります。カプチーノはミルクを泡立てて使用することで、ミルク自体がまろやかになります。また、ミルクの分量はカフェラテよりも少量になり、エスプレッソの苦みを楽しめます。

ビターな大人の味を楽しみたいという人には、カプチーノがおすすめです。また、お店によってはミルクの上にココアパウダーなどでイラストを描いてくれるところもあり、インスタ映えすると人気のお店もあります。

カフェモカとは何が入っているの?

カフェモカとは、エスプレッソとホイップクリームとチョコレートシロップを混ぜたもののことを言います。お店によって、チョコレートシロップの代わりにココアパウダーを使っているところもありますが、風味は一緒です。

カフェモカの「モカ」は豆の種類を指してます。チョコレートに似た風味があることから,エスプレッソにチョコレートを入れたものをカフェモカと言います。

次からは、カフェモカに入っている「チョコレート」「エスプレッソ」「ホイップクリーム」について詳しく紹介していきます。

チョコレート

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカとは、チョコレートを加えたカフェラテです。

チョコレートシロップやココアパウダーを入れているお店もありますが、多くのお店でドリンク用のチョコレートソースである「グルメソース」というものを使っています。アイスクリームにかけたりいろいろな用途があります。また、シロップよりもサラッとしていてドリンクにぴったりのソースです。

自宅で作る場合には、ホットケーキにかけるようなチョコレートシロップがおすすめです。近所のスーパーなどでも手に入りやすい商品で、手軽に使えます。グルメソースよりは粘度があります。こちらもエスプレッソに溶けやすくて便利です。

カフェモカとは、エスプレッソにチョコレートの風味を加えることで甘みとコクを出したドリンクです。エスプレッソ苦みが苦手な人でも飲みやすく、女性に人気です。

エスプレッソ

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

エスプレッソは、深煎りの豆を特殊な方法で抽出したもので、コクと苦みが強いコーヒーができあがります。抽出には、専用のエスプレッソマシンを使うところが多く、普通のコーヒーよりできる量が少なくなります。

イタリアでコーヒーと言うと、このエスプレッソのことを言います。注文して少量のコーヒーが出てきて、びっくるする日本人も多くいます。少量ですが濃いので、後味を楽しむことができ、満足感が得られます。

エスプレッソは急激に圧をかけて抽出するので、できあがるまでの時間が短いのも特徴です。そのために、「急行」という意味のエスプレッソという名前になったと言われています。出てきたものを、熱いうちに飲むのが美味しいとされています。

ホイップクリーム

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカとは、エスプレッソにホットミルク、チョコレートシロップを混ぜたもので、ホイップクリームをトッピングするのが一般的です。エスプレッソとチョコレートシロップを混ぜたものにホイップクリームを乗せて、混ぜて飲む方法もあります。

カフェモカとは、ホイップクリームを使うために高カロリーになりがちですが、ホイップクリームを乳脂肪のものから植物性にすることで、ある程度カロリーを抑えることができます。また、ミルクの代わりに豆乳を使うという方法もあります。

また、通常ホイップクリームには砂糖は入っていません。甘みを足したい場合は、ホイップクリームを乗せた上に、チョコレートシロップやキャラメルシロップなどで甘みを足してアレンジしてみましょう。可愛いイラストを描いてみたり、楽しみながら飲むことができます。

サイズ別カフェモカの平均カロリー

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

気になるカフェモカのカロリーをサイズ別に紹介していきます。カフェモカとは、高カロリーのドリンクなので、気になる人も多いでしょう。お店によって多少数値は違ってきますが、参考にしてください。

ショートサイズのカロリー

カフェモカとは、ホイップクリームが乗っているためか、カロリーは高めの傾向にあります。ホットとアイスでもカロリーが違ってきますので、注意してください。

まず、ホットでは約250カロリーとなります。これは、パンを1つ食べるのと同じくらいのカロリーになります。アイスでは、約180カロリーとホットよりはカロリーが低いことになります。

カフェモカとは、高カロリーですが脂質が高いドリンクです。しかし、そのために腹持ちが良く、ダイエット中でも飲んでOKとする人もいます。朝食をあまり量が食べられないという人は、カフェモカに置き換えてみるのも良いでしょう。

また、ミルクを低脂肪や豆乳に変えることで低カロリーにカスタマイズできます。カロリーが気になる場合は、試してみてください。

トールサイズのカロリー

トールサイズのカフェモカも、ホットかアイスかでカロリーが変わってきます。アイスの方に氷が入るため、ドリンク自体の量が少なくなるために低カロリーになります。また、お店によっても違ってきますので、あくまで目安にしてください。

まず、ホットのカロリーは約390カロリーです。この数値は、油揚げとだいたい同じくらいです。カフェモカと一緒にパンを一つ食べると、1食分のカロリーになりますので、もっと食べたいと感じるのであれば、量を減らすなどの工夫をしましょう。

アイスは、約250カロリーとなります。こちらは、ホットのショートサイズのカフェモカを飲むのと同じくらいです。たくさん飲みたいのであれば、トールサイズでアイスのカフェモカを注文すると良いでしょう。

カフェモカとはどのように作るの?

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカとは、エスプレッソとホイップクリームとチョコレートシロップを混ぜたドリンクです。3つを混ぜ合わせるとカフェモカが完成するのですが、カップに入れる順番があります。

まずは、カップに適量のチョコレートシロップ、またはグルメソースを入れます。甘めが好きな人は少し多く入れましょう。そこに、エスプレッソを注ぎます。エスプレッソを作れない場合は、濃い目のコーヒーでも構いません。

最後にミルクを入れてホイップクリームを乗せればできあがりです。アイスの場合には、氷を入れて冷たくしましょう。ホイップクリームの上にチョコレートシロップでイラストを描いても可愛く仕上がります。

家庭で作る場合は、もっと簡単な方法があります。ココアパウダーを濃い目のコーヒーで溶かしてミルクを入れると、手軽にカフェモカを楽しむことができます。

カフェモカがメニューにあるお店は少ない?

スターバックスやドトールなどのチェーン店には必ずと言ってよいほどあるカフェモカですが、カフェのメニューとして出しているお店は実は少ないです。カフェでは、ドリップコーヒーのみを出しているお店も少なくありません。

エスプレッソマシンがあるお店でも、カフェモカがなかったりまします。コーヒーの香りと味にこだわっている店だと、チョコレートの風味の強いカフェモカは敬遠される傾向にあります。

カフェモカとは、カフェラテにチョコレートを加えたものと考えると、甘味があり女性向けのドリンクになります。男性客の多い喫茶店では、あまりメニューに見られません。そう考えると、意外にもカフェモカをメニューにして置いているお店が少ないことになります。

カフェモカとは癒しのドリンク

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカとは、チョコレートの入ったドリンクです。チョコレートには、健康になるために必要な成分が入っています。老化を防ぐ効果もあるとさえ言われています。

チョコレートの原料であるカカオ豆には、ポリフェノールが多く含まれています。聞いたことがある人も多いでしょうが、この成分に血圧を低下させたり老化を防ぐ効果があります。ただし、チョコレートには砂糖を多く使用しているので、食べ過ぎないように注意が必要です。

カフェモカは、ストレスを軽減してくれるチョコレートシロップを使用しています。その他にも、老化防止や健康促進に効果があるドリンクです。カフェモカとは、癒しのドリンクと言って良いでしょう。

カフェを楽しみましょう

カフェモカとカフェラテとカプチーノの違い・何が入っているのか

カフェモカ・カフェラテ・カプチーノの違いを理解すると、カフェで注文しやすくなります。カフェモカとは、カフェラテにチョコレートを入れたものだと思えば、疲れた時にはカフェモカを注文する気になります。

その時の体の状態や気分で、ドリンクを選ぶことができればカフェライフをより一層楽しめます。カフェモカとは高カロリーのドリンクですが、入れるものを変えることで調整できます。また、トッピングで味に変化を付ける楽しみもあります。

カフェモカとは癒しのドリンクと言っても良いほど、効果が期待できるドリンクです。疲れた時やダイエット中にストレスを感じたらカフェラテを飲んでみてください。休日や仕事の合間にカフェで一息つきましょう。

Related