Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

洗車後におすすめのワックス・人気ランキングTOP3・やり方

洗車後におすすめのワックス・人気ランキングTOP3・やり方

新車の時のツヤを復活させたい、ワックスがけに時間をかけたくないなどさまざまなニーズに応えたワックスをご紹介します。洗車後のワックスがけの方法やその頻度など、ワックスの基礎知識も交えながら、人気のワックスをみていきましょう。

初回公開日:2018年04月16日

更新日:2018年04月16日

記事に記載されている内容は2018年04月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


洗車機のワックスの効果

ガソリンスタンドなどにある洗車機を使って洗車している人もいるでしょう。自分で洗車するよりも簡単で短時間に洗車ができるので便利です。

この洗車機にもワックスがけの機能がついているものもあり、洗車からワックスがけまで、手作業ですれば一日かかるものがほんの数十分で完了できます。

洗車機のワックスがけによって得られる効果は、一般のワックスと同じく、ボディ表面のコーティングと撥水効果です。洗車機の使用するワックスにもよりますが、効果が続く期間は約1か月ほどです。

洗車後のワックスの効果

洗車後のワックスがけは手間と時間がかかってしまいますが、ワックスにはあらゆる効果があります。

ワックスの主成分は油なので、洗車後にワックスがけをすると本体にツヤが出ます。薄く均一に塗らなければなりませんが、慣れれば自分で綺麗なツヤを出すこともできます。

洗車後にワックスがけをすると、表面の撥水効果があります。本体の水はけが良くなり、雨などの水垢がつかず、綺麗な表面を保つことができます。

洗車後の車におすすめのワックス

洗車後に使うワックスにはさまざまな種類があり、形状も液体や固体などがあり、あらゆるニーズに対応したワックスが数多くあります。その中からいくつかおすすめのワックスをご紹介します。

ワックスシャンプー S-31

洗車後にワックスがけをするのが面倒という人も中にはいるでしょう。そんな人におすすめなのがワックスシャンプーです。

汚れを落とすのはもちろん、洗車後にシャンプーを流した瞬間に表面をコーティングして、本体に撥水加工を施します。洗車すると同時にワックスがコーディングされますので、簡単にムラなく仕上げることができます。

ツヤを出す成分は含まれていませんが、洗車するだけで撥水加工をしたい人にはおすすめのワックスです。

このシャンプーをもう数年使っています。
洗車と同時に自分で手軽に撥水コーティングが出来るのでとても気に入っています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3CMW8T88G36... |

ソフト99

本格的なツヤを出したい人におすすめのワックスです。新開発の超微粒子パウダーによって、洗車後のワックスがけと同時に本体のキズも消すことができます。従来のワックスに必要な乾燥や拭き上げが不要で、専用のクロスで磨くだけなので手間がかかりません。

ツヤにおいては、新車に戻ったかのような光沢のある鏡面に仕上げます。ソフト99は車の色や種類によって適する製品が異なるので、自分の車に合ったワックスを選んで使用してください。

塗りこんで行くと、綺麗に伸びていくので白く残らず本当に楽にワックスがけができました。最後に残ったムラを綺麗なウエスで磨き上げると、ピカピカに深い艶になり、鏡面といえるほど映り込みの艶になります。洗車傷も目立たなくなり本当に良かったです!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2O57WLFNINY... |

洗車後にワックスをかけるおすすめの頻度

自分の愛車をいつも綺麗に保ちたいと、多くの人が願っているでしょう。しかし、洗車後のワックスがけが面倒だったり、逆にワックスを頻繁にかけるとかえって塗装を傷めてしまう恐れがあったりと、悩んでいる人もいるでしょう。

一般に洗車後のワックスがけはどのくらいの頻度でした方が良いのか、その形状にも着目して解説します。

ワックスがけの頻度は?

固形のワックスであれば、月に一度で十分です。洗車してワックスをかけた後に拭き上げなければならず、手間がかかるので、パネルごとに分けて毎週少しずつかける方法でも構いません。野外保管であれば、ボンネットと屋根部分は月に2,3度かけた方が良いでしょう。

液状や少し粘り気のある半練(はんねり)ワックスにおいては、コンパウンドという粒子状の研磨剤が含まれています。そのため、頻繁に使用すると塗装の表面の光沢が剥がれていき、ボディ本来のツヤがなくなってしまいます。

特に、液状のワックスには含まれるコンパウンドの量が多いため、水垢防止のために三ヶ月に一度くらいが適切だと言えます。

洗車後のワックスのやり方

初めてワックスがけをする人や久しぶりで、洗車はできてもワックスがけの仕方を忘れたという人もいるでしょう。洗車後のワックスがけの方法をおさらいしておきましょう。

1st:ワックスをスポンジに付ける

スポンジに一度水を含ませてから固く絞り、ワックスをスポンジに付けます。分量はスポンジを軽く2回程度回して取れるくらいで、あまり取り過ぎないようにするのがポイントです。

ワックスは伸びがよいので少量でも十分で、つけすぎるとかえって仕上げの拭き取りが難しくなったり、乾くのに時間がかかったりするので注意が必要です。

Bottom banner

2nd:ワックスを塗り込む

ワックスを塗り込む時には、塗る方向に気をつけましょう。縦や横に隙間なく塗りこんだ最後に、車の進行方法に沿って塗り上げるとワックスのツヤを最大限発揮することができます。

また、ボンネットや屋根などの広い面は50センチ四方ずつ分割して塗ると塗り残しなく仕上げることができます。

3rd:ワックスを乾燥させてから拭き上げる

ワックスを塗りこんだあとはしっかり乾かします。生乾きで拭き取ろうとしても、ワックスを塗り伸ばしてしまうだけで十分な効果を得ることができません。

表面が白くなりだすまで待ちましょう。夏場で5分から10分、冬場で15分から20分待つのが目安です。ワックスがしっかり乾いたら、乾いた布で優しく拭き取りましょう。

洗車後のワックスとコーティング剤の違い

洗車後に使うワックスとコーティング剤はどちらも車に本体にツヤをもたせ、表面を保護するという面では同じと言えます。しかしこれらには異なる点がいくつかあります。どのような違いがあるのでしょうか。

ワックスとコーティング剤との違い

これらの間で大きく異なる点は含まれている成分の種類です。一般的なワックスがカルナバロウという天然のロウが原料に使われています。一方コーティング剤はフッ素やシリコンなどのポリマーが原料です。

使われている原料が異なるので、その効果も違っていきます。洗車後、ワックスでは天然のロウ本来の自然なツヤが出せますが、コーティング剤ではガラスのような人工的なツヤに仕上がります。

ワックスは雨などの耐久性が弱く、こまめに塗り直す必要がありますが、コーティング剤は一度塗れば数ヶ月から数年もちます。

相場の値段も異なり、ワックスは安いものなら数百円から販売されていますが、コーティング剤は安くて2,000円程度と比較的高いです。コーティング剤の方が耐久性が高い分、費用がかかると言えます。

洗車後のワックスの人気ランキングTOP3

あらゆるニーズに合わせた多種多様なワックスがあります。その中からこの記事独自の人気のワックスTOP3をご紹介します。

第3位:車まるごとワックススプレー

オカモト産業が製造・販売する液体カーワックスです。本体価格が約1,000円と比較的安く、車にスプレーして拭くだけで良いので手間がかかりません。

一度ワックスがけをするとツヤや撥水効果が最大二ヶ月感持続するのも特徴の一つです。ボディだけでなく、窓やホイールにも対応しており、洗車後の濡れた状態でも使えるため利便性が高く人気です。

とても良いですよ!
0ウォーターを使ってましたが、値段が高いし、効果も変わりません。詰め替えもありますのでお得ですよ!
オススメです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R455PXUALXI0... |

第2位:RINREI(リンレイ) カーワックス

洗車後にワックスがけをするのは手間がかかりますが、上質なツヤと強力な撥水加工を施したい人にはやはり固形のワックスが重宝されています。

この製品は最上級のカルナウバロウが配合されており、キレのある光沢と深みのあるツヤを出します。撥水加工は特殊ポリマーレジン配合により、水玉が弾けるほどの効果を発揮しいます。

また潤滑パウダーが含まれていることにより、塗り心地がなめらかです。超微粒子セラミックパウダーにより、ツヤや撥水だけでなく、ボディ表面の細かな傷を消すこともできます。

色のバリエーションがホワイト&パールホワイト、ダーク&メタリック、シルバー&メタリックの3種類ありますので、自分の車に合ったワックスを使用してください。

とてもすごいです。
ドアノブについた細かい傷、そこについた汚れがこのワックスをつけて擦っただけで綺麗に消えてピカピカになりました!
擦っても取れなかった汚れもこのワックスを使って磨いたら綺麗に取れました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2F4A409X6M3... |

第1位:シュアラスター カーワックス

最上級のカルナウバロウを使用し、高品質のツヤと光沢を追求した究極のカーワックスです。世界で最も上質と言われているブラジル産の純植物性天然カルナウバロウを主成分としています。

カルナウバロウの中でも希少で最高級のコスメティックグレードを使用し、メーカー独自の精製技術を基に製品化しています。コンパウンドが含まれていませんので、塗装を傷つけることがなく、コーティング車にも使用できます。

市場価格が2,317円と比較的高いですが、耐久性にも優れており、新車に近い光沢とツヤを維持できるので多くの人が愛用しています。

歴史のあるワックス。それだけしっかりとした需要がある証拠。
スプレータイプの「プレクサス」などに比べると時間はかかりますが
仕上げた後の満足感は最高です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1J3K3G9YBHX... |

ツヤと光沢を一日でも長く

車のメンテナンスにおいて、洗車やワックスがけは面倒と感じる人もいるでしょう。洗車後にワックスをかけて乾燥させて拭き上げまでするとなると、一日かかる場合もあります。しかし、時間をかけたくない人でも満足できるワックスがあります。

このようにさまざまなニーズに応えるために、あらゆるワックスが開発されています。ワックスがけは面倒だと諦めず、自分の愛車の輝きを保つためのワックスを探してみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人