Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

おすすめの動きやすい服装|仕事/おしゃれ/運動/季節別/男女別

おすすめの動きやすい服装|仕事/おしゃれ/運動/季節別/男女別
時代やトレンドともに年々変化するファッションスタイルですが、タウニユースなどでは楽に動きやすい服装を好む人が多い傾向にあります。今回は「動きやすい服装」をテーマに、動きやすい服装のコーディネートを季節や目的別にくわしくご紹介いたします。

初回公開日:2018年9月25日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


おすすめの動きやすい服装

普段出かけるときに着る服装は、出かける場所や目的に応じて選ぶことが多い傾向にあります。おしゃれなレストランに行く場合はドレッシーなスタイルに、アウトドアなどの野外イベントに参加する場合は動きやすい服装を選ぶ傾向にあります。

動きやすい服装とは、野外イベントのほかビジネスにおいても好まれている服装の1つです。ストレッチ素材を使ったものや通気性のいい機能性素材も多く、色々なコーデを楽しむことができます。

おしゃれ

動きやすい服装というとジャージやスウェットなどの部屋着のようなイメージが’強い人も多いでしょう。動きやすい服装は外で行動することを踏まえた服装なので、同じ素材でもおしゃれな服装にすることが重要です。

スウェット素材でもタイトなスカートに、シンプルなTシャツとデニムシャツを組み合わせればおしゃれで動きやすい服装の完成です。動きやすい服装も色々なアイテムを組み合わせておしゃれに着こなしましょう。

運動

動きやすい服装にしたいときは、屋外でバトミントンをしたり、屋内ではボーリングなどのスポーツをする場合が考えられます。スポーツをする場合は、体が動きやすいようにストレッチ性のあるパンツスタイルが基本です。

女性の場合はスカートをはくとスポーツに支障がでるので、屋内スポーツだとしても動きやすいようにパンツを合わせてコーディネートすることをおすすめします。また着脱できるシャツやパーカーもいいでしょう。

仕事をするときの動きやすい服装

スポーツなどを行う際は動きやすい服装にするのが基本ですが、ビジネスにおいても動きやすい服装にしなければならない場合もあります。

たとえば、新社会人が受ける「研修」には座学もあれば屋外で行う研修の場合もあります。また学生などが行うバイトは、職種にもよりますが動きやすい服装で働くことが多い傾向にあります。次は仕事をする際におすすめの動きやすい服装についてくわしく見ていきましょう。

研修

ビジネスでは、新入社員や新しいメンバーに対して会社の仕組みや業務内容をレクチャーするための「研修」を行う場合があります。研修はスーツやジャケットスタイルが基本ですが、研修内容によっては動きやすい服装で来るよう指示を受ける場合があります。

研修における動きやすい服装は、ストレートタイプのチノパンや綿パンに、シンプルなカットソーやシャツを組み合わせたベーシックな服装が多い傾向にあります。

バイト

バイトの場合、飲食店などの仕事ではあらかじめ制服が支給される場合があります。しかし、引越し業務や配達などは動きやすい服装で出勤するよう指示される場合があります。

バイトの場合もお客さまの前で失礼のない服装をするのが基本です。ネイビーやブラックなどのボトムスに、カットソーを’合わせたシンプルな服装がおすすめです。秋冬はパーカーなどをプラスして防寒対策をしっかりしましょう。

面接

バイトや仕事の面接の場合、「当日は動くやすい服装でお越しください」などと言われる場合もあります。面接の場合は職種に合わせて適切な服装を選ぶ必要があります。

一般的に面接の軽装は、ジャケットスタイルが一般的です。しかし、動きやすい服装と指定された場合はベーシックなボトムスを着用し、有数スは袖のあるシャツやカットソーを合わせましょう。

メンズ・レディース別の動きやすい服装

ファッションのスタイルが男女で異なるように、動きやすい服装も男女によってややスタイルが異なります。動きやすい服装の基本はベーシックなボトムスにシャツやカットソーを合わせたスタイルが多い傾向にあります。

レディースの場合は色々なボトムスの種類があるので、目的に応じてさまざまなコーディネートを楽しむことができます。では動きやすい服装のおすすめコーディネートを男女別に見ていきましょう。

メンズ

メンズの動きやすい服装の基本は、チノパンや綿パンなどのカジュアルなボトムスを基本としたコーディネートが多い傾向にあります。クルーネックのカットソーやシンプルなシャツを組み合わせて、カジュアル過ぎないコーディネートに仕上げるのはポイントです。

ボトムスのカラーはブラックやネイビーなどを中心としたベーシックなカラーを中心に、有数スはホワイトやブルーなどの爽やかなカラーを合わせるといいでしょう。

レディース

レディースとメンズの大きな違いは、ボトムスの種類です。メンズの場合はストレートタイプのゆるいシルエットが特徴的ですが、レディースの場合は少し細めで裾丈もクロップドやテーパードなどの短めのタイプの丈も人気です。レディースの場合はあまりゆるめのサイズのボトムスを選ぶとカジュアルなイメージが強くなってしまうので、サイズ感にも注意して選びましょう。

季節別動きやすい服装

日本には春夏秋冬の四季があり、それぞれの季節によってファッションスタイルも異なります。春夏の少し暖かな季節の場合はカットソーやシャツなどの軽い羽織りものをプラスしたスタイルが多く、秋冬は寒さを感じる季節のため少し厚手のアウターやコートなども着用することが多くなります。次は動きやすい服装を季節別にくわしくご紹介いたします。

春はまだ少し肌寒い日のときもあるので、シャツやカーディガンなどの羽織ものをプラスしたコーディネートがおすすめです。春のファッションは全体的に明るいカラーが多いので、動きやすい服装においてもホワイトやライトブルーなどのカラーを基調にコーディネートするといいでしょう。

寒くなったときのためのストールやスヌードなどを持参したり、プライベートの場合はニット帽などをプラスしてもいいでしょう。

暑さを感じる夏の季節は、有数スは半袖やノースリーブを合わせるスタイルが多い傾向にあります。タウンユースであれば、ハーフパンツなどの短い丈のボトムスでもいいでしょう。

また夏はビビットなカラーが多いので、有数スにビビットなカラーを持ってくるのもおすすめです。しかし、仕事などでも色が指定されている場合もあるのであらかじめ確認し、仕事の場合は露出の多い服装は控えるようにしましょう。

少し肌寒くなる秋の季節は、ベーシックなボトムスにシンプルなニットやシャツを重ね着したコーディネートがおすすめです。屋外などでスポーツをする場合は、パーカーや薄手のダウンベストなどの着脱可能なアイテムをプラスしておくと体温調整しやすいのでおすすめです。

秋の季節はダーク系カラーのファッションが多いので、季節に合ったカラーアイテムを選ぶことが重要です。ニット帽やスヌードなども上手に取り入れてみましょう。

寒い冬の季節は防寒対策も重要なポイントです。冬は厚手のアウターやコートなどをプラスしたコーデが多い傾向にあります。アウターの中でも動きやすいアイテムといえば、ミリタリー系のアウターや短い丈のブルゾンなどが挙げられるでしょう。

屋外でスポーツをする場合は、薄手のダウンジャケットを着用しておくのがおすすめです。冬場は目的によってもスタイルが大きく異なるので、シーンを考えてコーデするようにしましょう。

目的やシーンに合ったコーデを心がけましょう

動きやすい服装と一言でいっても、屋外でスポーツをすることもあれば、室内でレクリエーションなどをする場合もあります。動きやすい服装は、ベーシックなカラーのボトムスにシンプルなカットソーなどを組み合わせたコーデが基本です。

スポーツをする場合は機能性素材のものにしてより動きやすいアイテムにしたり、寒さが厳しい季節はダウンジャケットなどのアウターをプラスしながら防寒対策をしっかりすることも重要です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related