Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

長財布の使い方|特徴別/男女別/ブランド別/シーン別/箇所別

長財布の使い方|特徴別/男女別/ブランド別/シーン別/箇所別
長財布を使っていますか。お札を折らずに入れられて、カードや小銭の収納量も多い長財布は、大人が持つ財布としてとても便利です。こちらでは長財布を特徴別、男女別、ブランド別、シーン別、箇所別に使い方を紹介します。あなたにピッタリの長財布と使い方を見つけてください。

初回公開日:2018年9月14日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


特徴別長財布の使い方

財布には、極小財布、コンパクト財布、二つ折り財布、長財布などの種類があります。長財布は他の財布よりも札、小銭、カードなどの収納量が多いので、大人の財布といったイメージも強いのではないでしょうか。

こちらでは「かぶせタイプ」「ラウンドファスナータイプ」「小銭入れの無いタイプ」「持ち手付きタイプ」の4種類の長財布について、特徴と使い方を紹介します。

かぶせタイプ

かぶせ蓋タイプは、パタンと蓋をかぶせるデザインの長財布です。財布の外側にファスナーが無いので、すっきりとした印象です。蓋にボタンの付いたタイプもあります。ふたを開いた時にカードが見やすいのも特徴です。ビジネスマンの定番の長財布でしょう。

使い方は、内ポケットに入れる、かばんに入れる、などして持ち歩きます。ズボンの後ろポケットには納まりが悪いです。スーツやジャケットを着る機会の多い人におすすめです。

ラウンドファスナー

ラウンドファスナータイプ長財布は、財布全体をファスナー閉じるデザインで、長財布の中で最も収納力が高いです。かばんに入れても、財布の中身が飛び出る心配がありません。小銭やカードを多く持つ人に人気があります。

使い方はバッグに入れて持ち歩きます。厚手でポケットには納まりにくいので、常にバッグを持って出歩く人におすすめです。最近はラウンドファスナーより少し薄い、L字ファスナータイプも人気です。

小銭入れなし

小銭入れなしタイプは、「札入れ」「束入れ」と呼ばれます。見た目はかぶせタイプとほぼ同じデザインですが、札とカードしか入らない仕様なので、ファスナーやボタンが無くてとても薄いです。

使い方はジャケットの内ポケットやかばんに入れて持ち歩きます。おしゃれでスマートな財布ですが、小銭入れを別に用意する必要があるので、お財布は一つだけという使い方をする人は向いていません。

持ち手付き

持ち手付き財布は、ラウンドファスナータイプ、留め具があるかぶせタイプに、持ち手やストラップが付いた長財布です。見た目は小さなバッグのようなデザインです。

使い方は、財布だけで持ち歩くことができます。スマートフォンが入るタイプもあるのでとても便利です。女性物が多く、パーティー用にもおすすめです。

男女別長財布の使い方

男性と女性では長財布の使い方が少し違います。多くのメーカーは、長財布を男性用と女性用に分けてデザインし、販売しています。

男性用の長財布はビジネススーツに似合うように薄手のデザインで、寒色系の色の財布が多いのに対して、女性用の長財布は収納量も多く、カラフルな財布も多いです。

男女問わずおすすめの革の長財布は、柔らかい布で乾拭きをする、小銭入れを別にする、などの使い方をするとながく愛用できるでしょう。

男性

男性の長財布の使い方をみてみると、上着の内ポケットに入れる人、バッグや尻ポケットに入れる人に大きく二分されます。

内ポケット派は、薄いかぶせ蓋タイプを、バッグ・尻ポケット派は、ラウンドファスナー型で、ビジネスでもプライベートでも使えるものを選ぶ傾向があります。

革の長財布で、高品質のブランドは日本にたくさんあります。特に「ココマイスター」「GANZO」などはおすすめです。

女性

女性の長財布の使い方は、バッグに入れて携帯する人がほとんどです。ラウンドファスナーの方が中身が飛び出す心配がないと、かぶせ蓋よりも人気があります。小銭入れを別持ちしない、マチ付き、大容量の長財布が選ばれています。

大人の女性には上質な革を使った、高級ファッションブランドの財布がおすすめです。後ほど紹介するブランド以外に「グッチ」「ケイトスペード」なども人気です。

ブランド別長財布の使い方

財布を扱うファッションブランドは、世界中にたくさんあります。そのなかでも、男女共に人気の高い「ルイヴィトン」「コーチ」「ボッテガヴェネタ」の3ブランドの長財布の特徴と使い方を紹介しましょう。

どのブランドの長財布も、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。価格は高めですが、大切にしたくなるものばかりです。夫婦やカップルで、同じブランドの長財布を使うのもおすすめです。

ルイヴィトン

ルイヴィトンは、1854年にフランスで創業しました。財布は男女問わず人気があり、丈夫で個性あふれるデザインは、長年愛用する人も多いです。素材はキャンバス地と革がメインです。形は、かぶせ蓋型のボルトフィユと、ラウンドファスナー型のジッパーが主なデザインです。

ルイヴィトンの長財布の使い方は、華やかさを活かして、プライベートでおしゃれをする時のファッションのポイントとして使うのがおすすめです。

男性用長財布

男性用の「ルイヴィトン長財布」の平均価格をご紹介します。

カテゴリー価格
メンズ・折り財布57,240~621,000
メンズ・ファスナー財布65,880~799,200

女性用長財布

女性用の「ルイヴィトン長財布」の平均価格をご紹介します。

カテゴリー価格
ウィメンズ・フラップウォレット55,080~182,520
ウィメンズ・ジップウォレット60,450~146,880

コーチ

コーチは1941年にニューヨークで設立したブランドです。上質な革小物は特に人気があります。コーチのCを全面にデザインした、シグネチャーのバッグや財布はとても有名です。形は、かぶせ蓋型をポケットウォレット、エンベロープウォレット、ラウンドファスナー型はアコーディオンウォレット、といいます。

コーチの長財布の使い方は、シンプルなデザインが多いので、ビジネスやフォーマルな場面にもおすすめです。

男性用長財布

男性用の「コーチ長財布」の平均価格をご紹介します。

カテゴリー価格
メンズ・ポケットウォレット39,960~59,400
メンズ・アコーディオンウォレット39,960~59,400

女性用長財布

女性用の「コーチ長財布」の平均価格をご紹介します。

カテゴリー価格
レディース・エンベロープウォレット59,400~64,800
レディース・フラップウォレット48,600
レディース・ソフトウォレット29,160~34,560
レディース・アコーディオン ジップ ウォレット39,960~54,000

ボッテガ・ヴェネタ

ボッテガヴェネタは1966年にイタリアで設立した、ブランドです。特に革小物は、世界中で人気があります。細い革を編み上げたような生地の、バッグや財布はとても有名です。形はかぶせ蓋型のシリーズは、コンチネンタルウォレット、ラウンドファスナー型はジップアラウンドウォレット、と呼ばれています。

ボッテガヴェネタの長財布使い方は、カジュアルな場面に持つと、良く似合うでしょう。

男性用長財布

男性用の「ボッテガヴェネタ長財布」の平均価格をご紹介します。

シリーズ価格
コンチネンタルウォレット69,120~407,160
ジップアラウンドウォレット93,960~225,720

女性用長財布

女性用の「ボッテガヴェネタ長財布」の平均価格をご紹介します。

カテゴリー価格
コンチネンタルウォレット87,480~124,200
ジップアラウンドウォレット79,920~103,680

シーン別長財布の使い方

仕事やプライベート、フォーマルな場面やレジャーのときなどと、衣服のように長財布を使い分けて楽しんでいる人もいます。カードを使うシーンで気を付けたいことや、お札の便利な使い方を紹介します。

カード

カードを使い方で気を付けたいことは、素早くスマートにカードを取り出すことです。カードはカードポケットに1枚ずつ、入れる場所を決める使い方がおすすめです。

使っていないカードは思い切って減らす、それでもポケットが足りない場合はカードケースがを使うといいでしょう。磁気カード専用のケースもあります。また、長財布と揃いのカードケースを選ぶのもとてもおしゃれです。

カードが普及して、あまり財布に現金を入れない人も増えています。日本は、まだ海外に比べて、現金でしか買い物ができない店も多いので、財布には現金も少しは入れておきたいです。1000×年齢分のお金が丁度いいと言われています。30才なら3万円、35才な3万5千円です位です。

また、便利なお札の使い方として、新札を財布に入れておくのもおすすめです。ビジネスの場で急にお祝いが必要になった時に、とても便利です。

箇所別長財布の使い方

長財布は、お金やカードが収納しやすいように、さまざまなパーツに分かれています。仕切り、小銭入れ、カードポケットなど、長財布の個所別に使い方を紹介します。

上手く整理整頓された財布は、見た目も使い勝手もいいですです。少し使い方に気を付けるだけで、あなたのお気に入りの財布がもっと使いやすくなるでしょう。

仕切り

お金をスマートに扱うには、財布の整理整頓が大切です。まずは、仕切りの上手な使い方を紹介しましょう。仕切りが多いデザインの長財布では、一万円札、五千円札、千円札、レシート、と種類ごとに仕切りで分けて財布に納めるといいでしょう。

財布が一つでなくてもよければ、札入れ、小銭入れ、カード入れを分けて持つのもおすすめです。レシートは、なるべく早く処分して、ため込まないようにするといいでしょう。

カードポケット

カードポケットの使い方で気を付けたいことは、カードの数です。使いたい時に使いたいカードがすぐに見つかるように、財布に入れるカードは厳選しましょう。

キャッシュカードはメインバンクのものを1枚クレジットカードは2つ以上の機能が付いているものを2~3枚選ぶのがおすすめです。ポイントカードはスマートフォンで貯められるお店も多いので、アプリを使って上手く減らしてみてください。

小銭入れ

小銭入れの使い方の前に、小銭入れにマチが入っているデザイン長財布を選ぶと、小銭がとても見やすいです。小銭は使う機会の多い100円を残して、お釣りでもらう機会の多い10円や1円をを減らすように使うと、自然と財布の中の小銭は減っていくと言われています。

小銭入れの中にも仕切りがある場合は、縦になると見分けづらい、100円玉と50円玉、10円玉と5円玉、を分けておくと、さらに使いやすくなるでしょう。

お気に入りの長財布を上手に使おう

あなたの気に入った形の長財布やブランド、使い方はありましたか。会社の同僚や後輩と食事に行く時、友人と買い物に出かける時、家族や恋人と旅行に行く時、いろいろな場面であなたの財布は、意外と他人に見られています。

どのような財布を持っているか、どのような使い方をするかで、あなたの好感度が変わってしまうこともあります。この記事を参考に、あなたの気に入った長財布を、スマートに大切に使ってみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related