Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

運動会におすすめの服装|立場別/特徴別/メンズ・レディース別

運動会におすすめの服装|立場別/特徴別/メンズ・レディース別
運動会の服装はどんなものを考えていますか。運動会はカジュアルに動きやすい服装を心がけるのがおすすめです。その中でも立場や、季節、メンズ・レディース別にふさわしい服装は変わってきます。今回は、運動会におすすめの服装を立場別、季節別などで具体的に紹介します。

初回公開日:2018年9月6日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月6日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


メンズ・レディース別運動会におすすめの服装

小学校や中学校の運動会や地域の運動会、運動会にもいろいろありますが、運動会にはどんな服装をしていくのが好ましいのでしょうか。あまり的外れな服装で、まわりから浮いてしまうのも困ってしまうし、常識はずれになってしまう服装も避けたいところです。

今回はそんな運動会に最適なおすすめの服装を、立場別、特徴別、メンズ・レディース別に見ていきましょう。まずはメンズ・レディース別運動会におすすめの服装を紹介します。

メンズ

運動会は動きやすい、汚れてもよい服装を心掛けることが大切です。男性ならば、シンプルなカットソーに、動きやすいパンツスタイルがおすすめです。日差しの強い日にはキャップをかぶるのもいいでしょう。足元やスニーカーを選ぶのがベストです。

画像のようなカジュアルスタイルもいいですが、自分が参加する立場ならば、思い切ってジャージスタイルで行くのもおすすめです。

レディース

女性の場合も、やっぱり動きやすい汚れてもいいような服装がおすすめです。運動会は天気のいい日に行われることが多いので、羽織りものや帽子などで日焼け対策もしっかりとしておくと安心でしょう。

足元は男性と同じくスニーカーにパンツスタイルがおすすめです。

立場別運動会におすすめの服装

親として運動会に行く場合の他にも、来賓として運動会に呼ばれることもあります。立場別に運動会におすすめの服装を見てみましょう。

親はどんな服装?

子供の運動会は親にとってはとても楽しみでしょう。我が子の活躍を楽しみにしている方も多いでしょう。また、子供の頃を思い出してうれしくなってしまうこともあります。そんな運動会ですが、いったいどんな服装で行くのが好ましいのでしょうか。

あまり的外れな服装で、まわりから浮いてしまうのだけは避けたいところです。だけど、あんまり地味なのもつまらないです。自分の好みを上手に取り入れながら、運動会らしくカジュアルにまとめるのが良いでしょう。

運動会では、親が参加できる競技があったり、親子で参加しなくてはならない競技もあります。そんなときのために、動きやすいパンツスタイルがおすすめです。足元はスニーカーにするのが良いでしょう。

メンズ

男性ならば、Tシャツやポロシャツにジーンズやチノパンを選ぶのがおすすめです。このような服装ならば、運動会でカメラを持って動き回ったり、子供と一緒に競技に参加したりするときにも動きやすいので安心です。

レディース

女性ならばカジュアルなカットソーに、男性と同じくジーンズやワイドパンツを合わせてカジュアルに決めるのがおすすめです。

運動会は晴天の日に行われることも多いので、その日の天気に合わせて、帽子や羽織りものも忘れずにしましょう。日焼け止めクリームなどを使い日焼け対策も万全にしておくとなお安心です。

来賓に呼ばれてしまったら?

運動会に来賓として呼ばれた時は、どのような服装が良いのでしょうか。来賓席にはいろいろな人がいます。年配の方や、それなりの身分の方は運動会でもスーツを着てくる方もいます。きちんとスーツで参加するのもいいですが、競技に積極的に参加したいときなどはジャージで行くのもおすすめです。

運動会の日はジャージも正装とされるので、動きやすい服装で積極敵に参加して楽しむのもよいでしょう。女性の方は、ヒールのある靴や、サンダル・ミュールは避けましょう。カジュアルな服装で問題はありません。

先生は?

先生の立場として運動会に参加するときは、どのような服装が好ましいのでしょうか。先生の立場としては、子供たちの見本になるような服装をしなくてはいけません。おしゃれなランニングウエアなどもかわいいですが、ここは無難にジャージとTシャツ、またはポロシャツがおすすめです。

パンツは長ジャージで子供たちの体操着に合わせて白いポロシャツを有数スにもってくると保護者からはとても好印象を持たれることでしょう。

特徴別運動会におすすめの服装

運動会はカジュアルに動きやすい服装が定番なので、ついついみんな似たような格好になってしまいがちです。ボーダーのTシャツにジーパンで行ったら、「同じような服装の人がいた」なんて経験をしてことがある人もいるでしょう。

運動会ではおしゃれにキメて、「まわりとは少し差をつけたいな」「ちょっぴり目立ちたいな」という方もいるでしょう。パパやママがオシャレだと子供もうれしいでしょう。それでは、特徴別運動会におすすめの服装を見ていきましょう。

おしゃれで差をつけたいとき

運動会はカジュアルスタイルが定番なので、どうしてもみんな似たような服装になりがちです。その中でも、少しでもまわりに差をつけオシャレに見せたい方もいるでしょう。

そんな時は髪型やアクセサリーで、さりげなくまわりと差をつけるのがおすすめです。髪型もただ一つにまとめるだけではなく、コテでしっかりとカールをつけたり、ゆるっと無造作ヘアーにするとそれだけでおしゃれに見えます。

また服のシルエットにこだわるのもおすすめの方法です。定番の形ではなく、さりげなく、流行のシルエットのTシャツやボトムを取り入れるだけで垢ぬけて見えるでしょう。アクセサリーなどで、かわいく飾っていくのもおすすめです。

まわりより目立ちたいとき

運動会はたくさんの人が集まるので、少しでも目立つ服を着てアピールしたい方もいるでしょう。そんな方には明るい色の服を活用するのがおすすめです。

明るい色を着ていると本人のテンションもあがりますし、子供にもどこにいるかすぐに見つけてもらえます。親がちゃんとそこにいて見ていてくれているということが認識できるのは、子供にとっても安心感が持てるでしょう。

季節別運動会におすすめの服装

運動会と言えば秋に行われるのが一般的でしたが、最近では気候の関係で春に運動会が行われるケースも増えてきました。秋に限らず1年中どこかで運動会が行われています。季節が変わると最適な服装も変わってきます。

では、季節別の運動会におすすめの服装を見ていきましょう。

最近増えてきたのは春の運動会です。まだ風は涼しい春ですが、侮れないのが日差しです。春の日差しは紫外線も多く、油断をすると1日で真っ黒に焼けてしまうこともあります。まだまだ日差しに慣れていない春の肌は1日でボロボロになってしまうこともあるので、日焼け対策はしっかりしましょう。

帽子や羽織りものなど服装で日焼け対策をしていくと良いでしょう。

夏の運動会は暑さ対策をしっかりとしていきたいです。しっかりと汗を吸い、そしてすぐに乾くTシャツに、思い切ってハーフパンツをはいてしまうのもいいでしょう。女性の場合は通気性の良い素材のガウチョパンツなどで涼やかに過ごしましょう。

定番の秋の運動会はどうでしょうか。秋の運動会は意外とまだまだ暑さが残っています。日差しは夏のように暑く感じることもあります。日陰に入れば少しは涼がとれるでしょう。

そんな秋の運動会は、春と同じく日差し対策が大切です。帽子や羽織りものでしっかりと日差し対策をした服装をおすすめします。

冬に運動会が開催される場合は、どのような服装が最適なのでしょうか。冬の運動会は、動き回っているときは暑く感じることもあるでしょうが、じっとしていると寒さがこたえてしまいます。冬の運動会には、しっかりと防寒できる羽織りものがあると安心です。特に女性は冷えないように、ストールやホカロンなどで、対策をしっかりとしておくと良いでしょう。

お気に入りの服装で運動会を楽しもう!

色々なパターンや立場別に運動会の服装についてみてきました。基本は動きやすい服装です。いつもの服装を少しカジュアルダウンしてあげると自分らしい素敵な運動会スタイルが完成するのではないでしょうか。難しく考えずに、動きやすくて自分らしいお気に入りの服装で運動会を楽しんでください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related