Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

バーベキューにおすすめの服装|年代別/男女別/季節別/特徴別

バーベキューにおすすめの服装|年代別/男女別/季節別/特徴別
バーベキューはアウトドアの手軽な人気イベントです。都会でも気軽にできるようになり、おしゃれな服装を追い求める人も増えてきました。そこでここではバーベキューに向いたおしゃれな服装を特徴別に紹介していきます。自分のコーデをみつける参考にしてください。

初回公開日:2018年9月18日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2018年9月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


バーベキューにおすすめの服装をチェックしよう

バーベキューで思い浮かべるキーワードは「夏」、そして「キャンプ」あるいは、「海」や「山」ではないでしょうか。しかし、実はもうそんな連想は古いことをご存知でしょうか。バーベキューは今や季節には関係ないイベントであり、自然のある場所でなく都会でも楽しめるものになっています。

そのため、バーベキューは季節に関係なく、かつ場所も問わない気軽なイベントになります。若い人にも楽しめるものであり、都会でするバーベキューパーティーなら服装もおしゃれにきめたいところです。

ここではそんなバーベキューにおすすめの服装を紹介していきます。年代別、男女別、季節別など特徴に合わせておすすめの服をピックアップします。

バーベキューでも服装はおしゃれに

バーベキューはキャンプや家族のレジャー、友だち、あるいはサークルの集まりでするようなものだけでは収まりません。東京都内でもバーベキューのための施設もありますし、いつでもどこでもできるイベントです。

より気軽に楽しめるものですので、身近になった分、キャンプの服装などといった特殊なファッションに身を包むのではなく、よりおしゃれな服装で楽しむことをおすすめします。

かといって、バーベキューに見合った服装とはどんなものか、わからない人もいることでしょう。ここで紹介するバーベキューのおすすめの服装を参考にぜひ自分でコーデしてみてください。

年代別バーベキューにおすすめの服装

バーベキューのおすすめの服装として、まずは年代別にどんな服がいいかを検証します。おしゃれな服装を目指しますので、やはり時代錯誤、あるいは年齢にふさわしくない服装はおしゃれとはいえません。

ここでは、年齢に見合った、おすすめのバーベキュー用おしゃれ服装を紹介します。

20代

10代20代に向いた、つまり若い人がバーベキューに行くときにおすすめのおしゃれな服装を紹介します。コーデの参考にしてもらった、若者らしいおしゃれで自分らしい服装をみつけてください。

男性向けにはラフな服装

若い男性はバーベキューの中心になることは間違いありません。火起こしや焼く係になるでしょう。そんなときのために動きやすい服装がベストです。20代くらいの若い男性バーベキュー用コーデのコンセプトとしては「ラフ」が一番です。

季節によって「ラフ」の意味合いも変わりますが、普段着的な、それでいて清潔感のある服装ですと、よりバーベキューでもおしゃれに見えることは間違いありません。

女性なら「ロングカーディガン」

10代ですとちょっと背伸びしすぎに見えるでしょうが、20代の女性ならバーベキュー向きの服装として「ロングカーディガン」をおすすめします。パンツでもスカートでもどちらでもリゾート感が演出でき、おしゃれに見えます。

「ロングカーディガン」も季節によって布地の厚みを変えることで防寒にもなります。夏場なら薄手でも陽射しを避けるにはベターなことなど、機能的なメリットも大きいです。

30代

しっとりとバーベキューを嗜むにはまだまだ若いのが30代です。この年代の人はどんな服装をすることでバーベキューがよりおしゃれに見えるのでしょうか。ここでも男女別に見ていきます。

30代男性なら「チノパン」を中心に

かつては軍服だったという「チノパン」は大人の雰囲気でもあり、バーベキューの作業にも見合った服装であります。30代男性なら「チノパン」を中心にコーデすることをおすすめします。

「チノパン」でしたら、上になにを着てもだいたい似合いますから、コーデしやすいのもメリットです。春先から夏にかけては薄手のシャツやポロシャツでもいいですし、寒い季節はセーターやマウンテンパーカーでも問題ありません。

「ストール」を使って大人の女性を演出

30代の女性がバーベキューで楽しむおしゃれな服装として、「ストール」をアイテムにするとスマートな女性を演出できます。「ストール」の布地やサイズ、色合いで季節ごとに楽しめますし、価格もそれほど高いものではないですから、選びやすいアイテムです。

「ストール」は機能性も高く、防寒、日よけ、焚き火の火からも守り、また咄嗟の事態に拭くものとしても使えます。バーベキューにはこういった機能性も考慮したいところです。

40代

バーベキューのイベントの中ではやや年上の存在なるのが、この40代です。40代、そしてそれ以上の年代に合ったバーベキュー向きの服装は「大人」をコンセプトに選んでみましょう。具体的にはどんな服装コーデが考えられるでしょうか。ここで紹介していきます。

男性は「ストライプシャツ」で軽快な服装に

「ストライプシャツ」というといろいろなタイプがありますが、ストライプ柄なら全般的に軽快なイメージがあり、動きやすい印象に映ります。40代以上ですと家族や孫と一緒に来ることも多くなり、貫禄を見せつけるチャンスでもあります。そんなときに動きやすい服装は好印象です。

「ストライプシャツ」ならワイシャツ風でもロングTシャツでもなんでもあります。夏場ならこれにハーフパンツを合わせたり、帽子なども似合います。

女性なら「レギンス」を着用して

動きやすさとおしゃれ度を考えると、40代以上の女性は「レギンス」に服装を合わせることがバーベキュー向きのコーデになります。この年代ですと日焼けも避けたいですし、かといって母親として、あるいはグループの中心になって動き回ることも多いでしょう。おしゃれと機能性を両立させるのが「レギンス」です。

最近はいろいろなタイプの「レギンス」がありますから、色や形状などを選んでみれば、よりバーベキュー用服装コーデを楽しめることでしょう。

男女別バーベキューにおすすめの服装

ここでは男性と女性に分けて、おすすめのバーベキュー用おしゃれコーデを紹介します。男性と女性での服装の違いは、大まかにいえば、バーベキューにおける役割、存在の違いによって変わってきます。つまり、男女別にはどんなテーマを持つかということになります。

では、男女別におすすめのバーベキュー服装コーデを見ていきます。

男性向き

男性のバーベキューにおける存在意義を考えると、間違いなく「動きやすさ」と「汚れてもいい」という服装が、バーベキューでのおすすめコーデになります。バーベキューでは男性はたくさんの仕事があります。

このときに中心になるのはやはり「Tシャツ」です。春先から秋まで使えますし、冬場も上着の下に着ておけば、防寒にもなれば身体が熱くなったときにTシャツ1枚になることも可能です。ボトムにはチノパンも合いますし、ジーパンもオールマイティーな服装になるでしょう。

女性向き

女性のバーベキュー向き服装コーデには「好感度」をテーマにすることをおすすめします。バーベキューはみんなで楽しむものですから、おしゃれすぎて機能性が低いと男女から嫌われます。露出度もほどほどで、動きやすい服装がおすすめです。

バーベキューはアウトドアのイベントです。火も使いますし、食材を切るためにナイフも使います。そんなときに露出度が大きいと日に焼けますし、なにより安全性も確保できません。例えば「カットソー」などのシンプルな服装が好感度アップに繋がり、かつ機能的です。

季節別バーベキューにおすすめの服装

今やバーベキューは夏だけのイベントではありません。冬にもバーベキューを楽しむ人が増えています。そのため、バーベキューのおすすめの服装コーデは全気候でのおすすめをそれぞれ考えなければいけません。

ここでは、季節ごとにおすすめのバーベキュー用服装コーデを紹介します。

春に向いたバーベキューのコーデは「長袖シャツ」を中心にすることをおすすめします。動けば暑いですが、座っていると寒いのがこの季節です。どんな役割の中でもバーベキューに向いているのは「長袖シャツ」になります。

「長袖シャツ」といってもワイシャツのタイプやロングTシャツなどさまざまあります。自分らしいコーデをみつけて、バーベキューに合わせていきましょう。

バーベキューの本番の季節、それが夏です。夏のバーベキュー用コーデは「涼しさ」をテーマにしましょう。着ていて涼しい、あるいは見た目に涼しげであるとベストです。ただ、日焼けを避けたり、火の粉にさらされないよう、露出が多めな服装はおすすめしません。

夏場は例えばTシャツ、カットソーなどいろいろと涼しい服装はあります。帽子などもいろいろなタイプが合わせられますし、アイテムのバリエーションも無限です。ただ、一見よさそうですが、ハーフパンツは安全性からあまりおすすめできません。

秋のバーベキューは寒暖差が激しい時期ですので、コーデは難しいです。多少涼しくなれる服装でありつつ、寒さもしのげるタイプがおすすめになります。

そこで目をつけたいのは「デニムアイテム」です。ジーパンはもちろん、デニムシャツなどがこれに当たります。布地も厚めですし、なにより上下で合わせやすい点は大きな魅力です。男女問わず、秋のバーベキューには「デニムアイテム」をおすすめします。

真冬にバーベキューを楽しむ人はあまり多くはないですが、実際に冬のバーベキューを楽しむ人は増えてきています。寒い中バーベキューや焚き火で暖まりながら、仲間との交流を楽しむことができます。

そんなときにおすすめするのがやはり防寒着です。ダウンジャケットのほか、セーターやマウンテンジャケットなど、服装コーデは無数にあります。本格的なアウトドアウエアに身を包むこともおすすめです。

特徴別バーベキューにおすすめの服装

ここまでさまざまな条件別にバーベキューでおすすめになる服装のコーディネートやアイテムを見てきました。重要なのは「機能性」、「安全性」、そして「好感度」であることがわかりました。

この章ではさらにこれらのバーベキュー用服装コーデのテーマを掘り下げ、別の視点からおすすめのテーマとそのアイテムを紹介していきます。さらなるバーベキュー・コーデを自分らしく構築してみてください。

モテる

バーベキューにおいて「モテる服装」というのはなんといっても「好感度」を重視するべきです。これは男女に関係なく、互いがバーベキューで異性の服装にどう好感を持つかの質問に対して挙げる条件になります。

では、バーベキューでどんな服装が好感度を持ってもらえるか。それは女性の場合は露出度が多くなく、かつ汚れてもいいような服装です。ボトムはズボンが望ましいです。有数はカットソーやブラウス、ロングTシャツのほか、薄手のカーディガンなどがおすすめです。

男性の場合は働きやすい服装を考えましょう。ボトムはジーパンやチノパン、できればサンダルやハーフパンツは避けたいです。有数はポロシャツ、Tシャツなど、動きやすく汚れても気にならないアイテムを着ましょう。

実用的

あまりにも本格過ぎるとまわりの人も戸惑ってしまいますが、アウトドアブランドのアウトドアウェアは実用的でおすすめです。アウトドアでの活動を前提にデザインされていますから、当然バーベキューにも向いています。これは男女問わず、また年代にも関係なくおすすめできるアイテムです。

近年はアウトドアブランドも街で着るにもぴったりのデザインが増えてきています。本格的な服装では逆にバーベキューくらいでは動きづらくてマイナスポイントになりますが、シティー派のアウトドアデザインなら問題ないでしょう。

アウトドアブランドをバーベキューに用いる場合、夏場は難しいですが、逆にそれ以外の季節なら気温的にもベターです。

都会のバーベキュー

都会の公園でバーベキューができる施設が増えてきています。こういったところは手ぶらで行け、道具や食材はすべて現地で購入できるというメリットがあります。気軽に楽しめるので、学生など若い人がよく利用しています。

バーベキューのおすすめコーデは機能性などですが、都会でのバーベキューも同じようにそのルールを踏襲しつつ、「爽やかさ」も付け加えるべきです。それによってぐっと都会的で、おしゃれなコーディネートになります。

難しく考える必要はありません。機能や安全を考慮しつつ、爽やかな色合いのアイテムを選択することで、都会的なバーベキュー向きコーデに変わります。薄い水色や黄色、ピンクなどを使ったり、白いシャツなどで爽やかに演出するだけです。

バーベキューの服装を決められる人はおしゃれな人

バーベキューは普通の街中のおしゃれと違って、アウトドアであることや日よけ、安全性、動きやすさなどさまざまな条件下に合ったテーマでコーデする必要があります。そのため、ただおしゃれをすればいいというわけではありませんから、バーベキュー用のおしゃれは難しいです。

つまり、バーベキューコーデはある程度おしゃれに精通していないと失敗しやすいという落とし穴があります。逆にいえば、バーベキューでおしゃれに決められる人は本物のおしゃれということになるでしょう。

今回紹介したコーデを参考に、ぜひ自分なりのバーベキュー・コーディネーションを楽しんでください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related